3
5
6
8
10
11
12
13
15
17
18
19
20
22
24
25
26
27
  11 ,2016

NFL テネシータイタンズの戦いを応援していきます。


プロフィール

Code Blue Tokyo

Author:Code Blue Tokyo
テネシー・タイタンズの戦いぶりを
通して、NFLの面白さ、すばらしさを
皆さんに伝えられればと願ってます♪

最新コメント
30

Category: アメフト

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

11月30日(水) PS ニューカマー
テネシータイタンズは CB ペリッシュコクスのリリースに関するロスタームーブの一環としてカランリードのアクティブロスター入りにともないCBダジョーンスミス(D’Joun Smith)をプラクティススクワッドに加えたことを発表しました。

ダジョーンスミス(5-11, 193)は2015年のドラフト3巡(全体65位)でインディアナポリスコルツに指名されルーキー年に4試合出場していますが.膝の損傷で大部分を棒に振ってしまいました。怪我の影響で今年のキャンプ終了時にコルツからカットされ、その後9月にライオンズのプラクティススクワッド入りしていましたが2週間前にカットされていました。

フロリダアトランティック大時代は4年間スターターとして活躍し44試合に出場しています。120タックル9INT29パスディフェンス3フォースファンブル2ファンブルリカバー47キックオフリターン(平均23.3ヤード)、2013年MVP 2014ディフェンスプレイヤーオブザイヤーと大学時代の経歴はなかなかのものです。

怪我からどこまで復調できるのかが気になるところです。 もう一つこの選手がコルツをカットされた理由に「プロフェッショナリズムの欠如」があったとの情報がありチーム周辺やファンは少し気がかりですが、ジョンロビンソンGMによるとその話はフィールドを離れたところでの問題だったことと、スミスはそこから学んだことを調査済みなようです。心機一転タイタンズでやりなおしてください。

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

29

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  

Comment: 2  Trackback: 0

11月29日(火) タイタンズ ニュース
シカゴ戦辛勝から一夜明け テネシータイタンズは即座に手を打ってきました。
チームはベテランCBペリッシュコックスの解雇を発表。 そしてプラクティススクワッドより今年のMr.イレレバント カランリードをアクティブロスターへプロモートしています。大幅にパフォーマンスが落ちていたコックスの解雇はタイタンズの残りシーズンに向けて良い改善策と見ています。

パスディフェンスが壊滅的状況となっているCBのデプスは以下の通り

CB1 ジェイソンマッコウティ 膝打撲
CB2 ペリッシュコックス 解雇
CB3 バレンチノブレイク スペシャルチーマー
CB4 ブライスマッケイン スロットコーナー
CB5 ラショーンシムズ 新人ベアーズ戦が初NFL
CB6 カランリード 新人 PSから上がったばかり

こうなったら新人二人に大化けしてもらわないといけません~  ルボー師お願いします!


関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

28

Category: アメフト

Tags: ---

Comment: 6  Trackback: 0

11月28日(月) NFL第12週シカゴベアーズ戦
今週のテネシータイタンズの相手はNFC北地区のシカゴベアーズ。 そのベアーズはここまで2勝8敗と絶不調、主要選手を怪我で欠き気の毒な状態なのは事前にわかっていたのですが..... 
最終的には勝ちはしましたがタイタンズの不甲斐ない戦いぶりがファンとしては不満です。 

タイタンズオフェンスは前半で3TDを稼ぎ、デリックヘンリーも加わったこともあり ランもパスも進みました。マーカスマリオタもレッドゾーンで2TDパスをヒットし、チームの歴代記録をまた更新しました。

RB:デマルコマレーは17キャリー43ヤード これはスランプに入っているのか?はたまた怪我があるのか? 前半戦のパフォーマンスから程遠くなってしまっています。デリックヘンリーやアントニオアンドリュース、ジャルストンフォウラーにもプレイ機会を与えて彼の負担を軽減してあげるべきなのでしょう。ここまでよくやってくれましたもの!

OLは被サックゼロとパスプロテクションは良く守れていましたが、ランブロックでは最近調子を落としたままです。 3rdダウン、4thダウンショートの大事な場面でランでゲインできないのは厳しいですね。3rdダウン成功率が45%しかないのもこの辺が原因でしょうw

レシーバー達は試合ごとにマーカスマリオタとの呼吸が合ってきているようです。リシャードマシューズタジャエシャープの活躍が楽しみになっています。この試合では久しぶりにハリーダグラスが出場し重要なタイミングで良いレシーブを見せてくれました。
TEはデラニーウォーカーアンソニーファサーノの2名のみの出場でした。デラニーウォーカーは3レシーブで50ヤードでした。

ディフェンスはパスラッシュでQBにプレッシャーを与えているようですがサックまでいたらない物足りなさがあります。 CBやセーフティも織り込んだブリッツを仕掛けていましたが、このベアーズ戦でもサックを奪えていません。
またベアーズはスクリーンプレイをうまく仕掛け、タイタンズディフェンスをうまく牽制していました。 ダクアンジョーンズアンジェロブラックソンがインアクティブで、アルウッズと新人オースティンジョンソンが出場。

LBはINTを奪う活躍もありましたが、ラン守備、パス守備もう一息という感じでしょうか? 新人ケビンドッドはいつ戻ってくるのでしょう。心の問題もあるとのことで気になります。 

セカンダリーはセーフティはそれなりで....CBは相変わらずボロボロ。 今回も狙われまくりました。ベアーズのレシーバーが信じられない場面でポロポロ落球してくれたので助けられましたが、目を覆いたくなる場面の連続でした。 ルボー師のシステムもパターンが単調化してきていて、少し変化をつけた方が良いと思われるのですが.... 百戦錬磨なルボー師にここからの奮闘を期待したいところです。

スペシャルチームはまたオンサイドキックのボールを取り損ねる失態をしでかしています。ミスがなくなるまで練習あるのみ!

先週ESPNタイタンズ担当記者が記事にしていましたが、タイタンズのゲームプランはその週の火曜にコーチたちが集まって円卓会議のようなミーティングを持ち参加コーチたちが自由に意見交換をして作り上げていくのだそうです。マイクムラーキーHCがアトランタ時代に実践していたものをタイタンズに持ち込んだ形。
それにしてもゲームプランやプレーコールがプアな気がして仕方がありません。老人集会の様相を呈しているからでしょうか? フォーメーションとかいろいろなバリエーションを駆使したりして、努力しているのはわかるのですが 使うべきスペシャルプレイとタイミングがフィットしていないような気がするのは私だけでしょうか?

テネシータイタンズは6勝6敗と勝率を5割に戻し、かろうじて地区優勝の可能性もうっすら残しているポジションに踏みとどまりました。 テネシータイタンズの将来(なるべく早くSBを勝つ!)を考えるとコーチ陣の交代は必須だと多くのファンは考えているはずです。 しかし今年タイタンズが勝ち越したりするとムラーキー政権を交代させるのが難しくなります。このあたりオーナーサイドは考えているのでしょう? 

ともあれバイウィークをうまく使い 残り試合を勝ちぬいてほしいものです!!


Titans vs. Bears highlights week12






関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

23

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マーカスマリオタ  

Comment: 4  Trackback: 0

11月22日(火) 敗戦の代償
昨日の手痛い敗戦でテネシータイタンズはいくつかの変更を余儀なくされてしまいました。 

まずは手痛いミスをしでかしてくれた先発CBペリッシュコックスをベンチに下げ、代わりに新人ラショーンシムズかベテランバレンチノブレイクかスロットのアントウンブレイクを起用する案等ありますが、どうやらチームは新人ラショーンシムズを抜擢する意向のようです。 どうか新人君がこのチャンスをものにできますよう祈ることにします。

LTテイラーリーワンがコルツ戦で捻挫したようで次のベアーズ戦への出場は直前判断になるのかもしれません。 リーワンは3年目ということでこの先契約更改を控えているのですが、HCからシーズンを通して戦い抜けという課題をもらっており、3年連続で未達としてしまうと契約交渉で不利な要素となってしまいそう。 ここは踏ん張って出場してほしいものです。
もし彼がインアクティブとなった場合、ジャックコンクリンをコンバートさせるか?、デニスケリーに任せるか?、当初の計画通りクイントンスペインで行くか?重要な決断が必要となります。

せめて勝ち越してシーズンを終えてほしい.....来季のためにも

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

21

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マーカスマリオタ    

Comment: 6  Trackback: 0

11月21日(月) NFL第11週 インディアナポリスコルツ戦
試合開始前まで同地区内ライバルに10連敗中している悪循環を、テネシータイタンズは今度こそ断ち切ってくれるものと期待をしていました。 試合が始まると早くも期待と真逆の展開へと進みました。タイタンズも追撃をするも力及ばず敗れています。 11連敗 ここまでくると重症です.....

11月も下旬になるまで地区優勝やプレイオフの可能性も残せて戦えてきたことでも昨シーズンより大きく前進しているのですが、ここまできたらもっと目標を高く掲げて上を狙ってほしいのがファン心理と言うものです。 シーズン序盤はオフェンスの攻撃力が足りずに苦しみ、ディフェンスに助けられてきました。その後オフェンスのプレイの練度が上がってくるとチームも勝てるようになってきたのですが、最近はパスディフェンスがチームの足を引っ張っています。

スペシャルチームは..... 何かアグレッシブに動こうとするのは良いのですが 時と場合を良く考えてほしいものです。
バレンチノブレイクはコーチ批判めいた発言していますが、どうしてしまったんでしょう?

マーカスマリオタは5サックを浴びプレッシャーをかけられ続けますが落ち着いてプレーできていたと思います。 無理に走らずターンオーバーの危険を回避したのは良いのですが、程度問題だと思うんです。(ぜいたくでしょうか?) もう少しうまい身のかわし方を習得してくれたらスティーブマクネアみたいなプレイメーカーになれると思うのですが。 

OLはテイラーリーワンが後半負傷し代わりにデニスケリーがLTに入っていました。この試合はマリオタを守れず苦戦です。 敵のペネトレーションに苦しみ デマルコマレーのランを伸ばせず 21キャリーで70ヤードと低調でした。

パスディフェンスのやられっぷりには目を覆いたくなるほどです。優秀なQBにはパスを通されまくり。 もう少し何とかならないものでしょうか? ルボー師も頑なにスタイルを変えないですからこういう時は困りものですw

3rdダウン、4thダウン各成功率の低さ(35%、33%)はいただけないです。 序盤 低調なオフェンスのプレーコールも含めてゲームプランから練り直しが必要です。 ちゃんと相手の研究しているんでしょうね?

この敗戦で地区優勝はかなり難しくなったわけですが、最後まであきらめずに来期につなげるよう頑張ってほしいです。

Week 11 Titans vs. Colts Highlight




関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

16

Category: アメフト

Tags: テネシータイタンズ  ジェレミアマッキノン  コディリッグズ  

Comment: 2  Trackback: 0

11月16日(水) タイタンズ In & Out
テネシータイタンズはCB ジェレミアマッキノン(Jeremiah McKinnon)をプラクティススクワッドに加え、CBコディリッグズをウェイブしたと発表しました。

ジェレミアマッキノンはFIU出身で4年間で40試合 24スタート、106タックル、5Int を記録を持っている今年のUDFAルーキーです。ダラスカウボーイズのPSにいましたが負傷のためウェイブされていました。
C-USAだとタジャエシャープと戦った経験があるのでしょうか? また 怪我から回復できているのか?

コディリッグズはアクティブロスターとPS、フリーと慌ただしく移動が続きます。 かなり厳しい状況が続いていますが報われる日は来るのでしょうか?





関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

14

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マーカスマリオタ  テイラーリーワン  

Comment: 11  Trackback: 0

11月14日(月) NFL第10週 グリーンベイパッカーズ戦
テネシータイタンズはグリーンベイパッカーズをホームニッサンスタジアムに迎えて序盤から得点を重ね、25-47と大差をつけ撃破。5勝5敗とし勝率を5割に戻しました。

試合はいきなりオンサイドキック奇襲を試み、スペシャルチームもいろいろ努力しているぞとアピールしてくれました。今回失敗に終わりましたが、試した価値はあったのではないでしょうか。

開始5分経過あたりで起きたアクシデント:LTテイラーリーワンの退場 これは自チームのQBがいきなり飛び掛かられ倒されたのですから、テイラーリーワンの相手への怒りはごく当然と思うのですが.... 事態の収拾を図ろうとしている審判にコンタクトしてしまったことを反則に取られてしまいました。 マイクムラーキーHCはジャッジは正しいとコメントしており、リーワンはハドルにすぐに戻るべきだったとのこと。リーワンは感情の抑制がもう少し管理できれば更に優秀な選手に到達できると思うのですが、逆にあの性格こそが彼の良さなのかもしれません。
あのリーワンの退場がタイタンズの起爆剤になったと思います。

マーカスマリオタの活躍。 先週の反省を糧に更に成長してくれたようなパフォーマンスでした。26回試投19回成功 295ヤード 4TD 0INT パサーレイティング149.8 とても良くやってくれました。 

RB:デマルコマレーもワークホースぶりを発揮し17キャリー123ヤード1TDと貢献してくれました。 デリックヘンリーも9キャリー31ヤードと試合に出場してきました。 試合展開のあやで逃げ切りを図るべく時間消費目的のプレイが後半ほとんどとなり無理をさせないランプレイばかりでした。

TEデラニーウォーカーは素晴らしかったですね。9レシーブ124ヤード 1TDとパッカーズディフェンスは彼を止められませんでした。マリオタのNo.1ターゲットとして頼れる存在として輝いていました。ランアフターキャッチも良かったです。

OLはテイラーリーワンが抜けた穴をデニスケリーが良く埋めてくれました。 またパスプロテクションもマーカスマリオタをよく守れておりよく働いていました。ただインサイドを突くランプレイが先週に続きあまりゲインできていません。怪我で休んでいたクイントンスペインも途中出場していましたし、この部分も今後復調してくれると攻撃の幅が広がると思います。

DLはジュレルケーシーはもちろんのことアンジェロブラックソンがNTに入ってよい動きを見せてくれていました。ダクアンジョーンズオースティンジョンソンもがんばっていました。
アルウッズがインアクティブでしたが、ルボーシステムで補完しあったという形でしょうか?

LB陣ではデリックモーガンが通算6.5サック目をマーク、ブライアンオラクポは9サック目マークと、共にアーロンロジャースにプレッシャーを与え続けました。

DBでは新人ケビンビヤードがキャリア初サックをマークしたり、ランストップに貢献したり奮闘が光っていました。この人も今後が楽しみな若手の一人です。
CBペリッシュコックス、スロットアントウンブレイクがパッカーズオフェンスに狙われ続けましたが、コックスは通算3個目のINTを奪い、ブレイクも今シーズン初INTを記録しています。


Marcus Mariota Highlight Week10 2016




この試合を終えて少々....

大活躍してくれたデラニーウォーカーらチームの面々は、ある種の「怒り」を胸に抱きながら試合に入っていったようです。 地元ナッシュビルにあるフランチャイズホーム:ニッサンスタジアムでの試合でテネシータイタンズファンで満たされないで対戦相手チームの応援者が多数駆けつけ、アウェイゲームに近い騒音を起こされたり、「ホームスイートホーム」とは程遠い環境でのプレイを強いられることに対してのことです。

今週は数日前にパッカーズファンが多数ナッシュビルに集結し、パーティを開いて気勢を上げたり、スタジアムにパッカーズカラーがずらりと揃ったり、チーズヘッドの被り物があちらこちらで目立つなどしていました。

ピッツバーグスティーラーズナッシュビルに試合に来るとファンが多数応援に駆けつけてテリブルタオルを振り回し、「ここはハインツフィールド南競技場」という大きな看板を掲げTV放映させるようにしています。 悔しいですがタイタンズファンでホームを満杯にできないのですから文句も言えませんw

何しろタイタンズはここ数年ホームで勝っていなかったこともあるのですが、通年ホームゲームのチケットセールスが大苦戦している有様です。正直ここ2-3年はブラックアウトを防ぐのでやっとという感じなのではないでしょうか?  NFLがテネシータイタンズのオーナーシップ問題に厳しいのも球団の長期フランチャイジーに少なからず懸念があるからではないか?と勘繰りたくなってしまいます。

チームの選手たちも良いプレーを見せることで勝利を得て、これまでの残念な悪癖?悪習?を変えていこうと意識を高めていっている兆候だと思います。球団の経営陣も人事を一新し昨年から新組織としてこの問題に取り組んでいるようですから、少しづつその効果が浸透してくると良いのですが! (ニッサンスタジアムそのものも毎年改修改装を繰り返してファンサービスに力を入れていますが、スタジアムとして根本的な部分が良くなさそうですねw)

マーカスマリオタが健在なうちにフランチャイジーを地域にしっかり根付かせることができれば良いのですが~
ここから常勝チームとなってほしいものです。

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

09

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マーカスマリオタ  テイラーリーワン  

Comment: 7  Trackback: 0

11月9日(水) テネシータイタンズ トランザクション
まずは先週のサンディエゴでのゲーム後のトピックス。 NFLジャパンさんが記事にしてくれているので紹介します。

悔し泣きするファンを励ますリワン

今シーズンはいろいろな角度からテイラーリーワンをプッシュする記事をよく目にします。今季まだサックを許していないだの、PFFでの高評価などなど。確かに昨年までよりかなり良くなっており、このままいけばプロボウルにも選ばれそうなプレイを続けているのも事実です。(感情を抑制し、もう少し反則が減ると更に良いのですがw)
今シーズンこそ無事にフル出場を達成し、有利な契約更改につなげていただきたいです。



テネシータイタンズは期待のルーキーRBデリックヘンリーが復帰まで2-3週かかるとの診断結果を受け、PSからデビッドフルーレンをアクティブロスター登録し、CBコディリッグズをウェイブしました。

第10週はホームでグリーンベイパッカーズ戦との対戦です。 最近はプレイオフの常連チームという印象がありますが2連敗しており調子に乗れていないコンディションのようです。 マーカスマリオタが大好きなアーロンロジャースとの対戦となり、マリオタの一層の発奮と活躍に期待したいです。


関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

07

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マーカスマリオタ  

Comment: 2  Trackback: 0

11月7日(月) NFL2016シーズン第9週サンディエゴチャージャース戦
先週の快勝の勢いを維持し苦手としているサンディエゴへ乗り込み連敗阻止を狙ったテネシータイタンズは返り討ちに会いまた敗れてしまいました。
35-43、ハイスコアゲームとなり地力に勝るチャージャースが競り勝った形です。

敗因はターンオーバーやミスタックル、ゲームプラン等あげだしたら切りがないですが、マリオタの2INT、1ファンブルがダメージとして大きかったです。この試合はマーカスマリオタの良いところと悪いところ、モバイルQBがプロになって2年目の現在が良く表れていました。これも「成長の痛み」ということで今後彼の肥やしになってくれればと考えるようにします。

マリオタのランをゲームプランに盛り込んでいる以上、こういうファンブルはリスクとして織り込み済なはずです。 ただできればファンとしてはゼロに近づけていただきたいものです。 INTについても今回の2回は不思議なパスでした。最初のはTE:デラニーウォーカーがフリーになっていたのにその奥に投げ込んだものでした。ミスコミュニケーションなのでしょうがもったいなかったです。2個目のINTはタイタンズの最後のチャンスにとどめを刺すものとなりました。これは痛かったです。

マリオタはパスで2TD、ランで1TD、43回試投27回成功、313ヤード投げています(2INT) 終始落ち着いたクオーターバッキングができていたのですが、後半のファンブルを機に少し冷静さを欠いたような気がします。このあたり自己の湧き出てくる感情をうまく抑制する術を身に着けてほしいと思いました。

それでも....昨年のデビュー年と比較するとしっかり成長の跡がうかがえます。チャージャースとしっかり戦える攻撃力を身に付けたのですから.....前半の2ミニッツオフェンスの寄せを見ていて惚れ惚れしてしまいます。今後これが7点だけではなく、より多くの点を取れるよう精進してもらいたいです。

デリックヘンリーがゲーム直前の練習でふくらはぎに張りが出たということで大事を取り休ませる決断をしたアクシデントも残念でした。アントニオアンドリュースが代役を務めるも2キャリーしか使われませんでした。

ディフェンスではメルビンゴードンに196ヤード走られ、チャージャースにがっちりボールコントロールされ続けました。ここまで走破されると敵なが見ていて気持ち良いものですね....あっぱれ!

フィリップリバースは24/33、275ヤード、2TD。 名QBはさすがの貫禄を示し、タイタンズのディフェンスを切り裂きまくりました。DB陣は一層の奮起が必要です。 

タイタンズディフェンスでは比較的強いと思われるフロントセブンも守る時間が長く、かなり疲労させられてしまいました。
ケビンドッド、オースチンジョンソンら新人に早く活躍してもらわないとデプスに厚みがでませんね~

タイタンズはターンオーバーを奪うようにならないともう一歩先へ進めません。 それは来期以降? いえいえ今期中に成長してください。お願いします。



Marcus Mariota Highlights

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

04

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マーカスマリオタ  ジャックコンクリン  テイラーリーワン  ビッグ10  

Comment: 2  Trackback: 0

11月4日(金) 第9週チャージャース戦を前に
テネシータイタンズの次の対戦相手はサンディエゴチャージャースです。ここまで3勝5敗で、AFC西地区最下位に甘んじる成績となっています。互いに後半戦で良いスタート切りたいところです。

これまで対チャージャーズ戦では大苦戦しており、これまで敵地サンディエゴでの試合は9連敗中となっており、1993年以来つまりヒューストンオイラーズ時代から負けっぱなしという悲しい歴史を更新中です(プレシーズンゲームを除く)
テネシータイタンズとしては今度こそ連敗記録を阻止してほしいものです。

この試合にはマーカスマリオタの大応援団が地元ハワイから駆け付けるとのことで、アウェイゲームに心強い味方がいるのは良い兆候だと思います。ぜひ遠路はるばる応援に来てくれる地元ファンの期待に応えていただきたいですです♪

この対戦での注目はいくつかあると思いますが、
まずはルーキーマッチアップ ボサ対コンクリンのビッグ10対決が面白そうです。大学時代3年間戦っていますがジャックコンクリンは一度もサックを許していないとのこと。
同様にボサ対リーワンもビッグ10対決です。こちらも楽しみです。

タイタンズディフェンスはディックルボー師が率いるようになってもレシーブの良いTEを苦手にしています。先のコルツ戦でもズタズタにされました。チャージャースにはアントニオゲイツハンターヘンリーがいます。はたして抑えることができるのかLB、DB陣の活躍が期待されます。

名QBフィリップリバースもさすがに全盛期を過ぎてきているはずですが円熟の境地に達している怖い存在です。彼を封じるためにはパスラッシュでプレッシャーを与え続ける必要があります。CBペリッシュコックス不在の中パスディフェンスはいつも以上に注意しなければなりません。

懐かしい顔?が何名かいるのも感慨深いものがあります。 ケンウィゼンハントOC、デクスターマクラスターが在籍しており、お互い勝利したいと願っていることでしょう。




テネシータイタンズが出場したサーズデーナイトゲームを日テレジータス社で放送してくれました。 実況、解説の2名がお話になっているセットの背景にジャガーズの5番ボートルズのユニフォームが飾られていました。一方タイタンズのは28番のユニフォームが飾られていました。28番は現在インアクティブで試合に出ていないCB:コディリッグズのものなのですがタイタンズを代表する選手とは言い難いものがありました。ジータス社が用意した28番はクリスジョンソン時代のものの使いまわしなのだろうなあと見ていました。せめて相手がボートルズならこちらはマリオタの8番を使ってくださいな~とお願いしたいです。

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

02

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マーカスマリオタ  トレマクブライト  

Comment: 0  Trackback: 0

11月2日(火) 時はきた ~トレマクブライト
テネシータイタンズはベテランアンドレジョンソンをリタイア登録し、そこにPSからトレマクブライトをプロモートしたと発表しています。同時に元バンダービルト大出身WRジョナサンクラウス( Jonathan Krause)をPSに入れています。

トレマクブライトは2015年のドラフト7巡指名WRで昨シーズン終盤7試合に出場しTDも記録していました。今シーズンは53名のロスター入りを期待されていましたが最後の最後残ることができず、PSに身を置いてチャンスを待っていました。 スペシャルチームでの活躍も期待できそうで起用も近いのではないか?と思えます。

現時点でのWRロスターは、ケンドールライトリシャードマシューズタジャエシャープハリーダグラスマークマリアーニトレマクブライトの6名構成となり、アンドレジョンソンの穴埋めはリシャードマシューズの起用増で埋めることが予想されますが、ハリーダグラスとトレマクブライトで最後の枠を競う形となります。(ここまで一人はインアクティブ扱いでした)

ジョナサンクラウスは2014年にクリーブランドでUDFAとなりますが、その後ペイトリオッツ、イーグルス、バッカニアーズ、チャージャースとさすらっていました。2014年にはペイトリオッツのPSでスーパーボウル優勝を経験しています。
ご縁があったのでしょうね タイタンズで活躍の機会を待ってください。




関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

01

Category: アメフト

Tags: アンドレジョンソン  

Comment: 2  Trackback: 0

11月1日(火)おつかれさま Sensei !
今年FAでテネシータイタンズに加入していたアンドレジョンソンが引退を表明!

私にとってアンドレジョンソンのプレイングキャリアのほぼ95パーセントは敵としてありがたくない存在でした。
今年タイタンズに加わった時もタイタンズ若手のお手本兼練習相手でキャンプまでだろうと軽視していました。(本当にすいませんでした)ところがどうして彼は一生懸命働きロスターに残って見せました。ジャスティンハンターやDGB、タジャエシャープらのライバル兼アドバイザーとして、またチームの若手らの先生としてだんだん重要な役割を担うようになっていきました。『Sensei』と呼ばれていたそうです!
短い期間でしたがアンドレジョンソンがタイタンズの一員となってくれた効果は計り知れないものがある気がします。
将来HOF入り確実な彼は最後にテキサンズと1日契約して終わるのでしょうか?
感謝感謝! おつかれさまでした!

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ