FC2ブログ
1
2
3
5
6
7
8
9
10
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2019

NFL テネシータイタンズの戦いを応援していきます。


プロフィール

Code Blue Tokyo

Author:Code Blue Tokyo
テネシー・タイタンズの戦いぶりを通してNFLの面白さや素晴らしさを、皆さんにお伝えする機会としてお役立てれば幸いです!

最新コメント
08

Category: アメフト

Tags: NFL,  テネシータイタンズ,  マーカスマリオタ,    

Comment: 4  Trackback: 0

11月8日(日): セインツ戦を前に
今週のテネシータイタンズはHCの交代で慌しい週となりました。 既にニューオリンズに到着しているチームの面々ですが、どのような戦いをしてくれるのか? ちょっぴり期待を含めて楽しみにしたいです。

本日ブラウンズからトレードで獲得したRB:テランス ウェストを解雇しました。 この事によりタイタンズは2016年のトレード指名権(7巡)を守ることになるそうです。 パワフルだったのですが、ファンブル癖は致命的ですね..... 
今年のドラフティ:RBデビッド コブも来週からカムバック予定ですし、問題は軽妙だと思います。

ウェストOUTで CB:B.W. ウェブ(ウィリアム ウィルソン ウェブなのになぜかB.W.)をアクティブロスター登録しています。 5-10, 184というサイズ、ウィリアム&メアリー大学出身、2013年ダラス カウボーイズにドラフト4巡指名を受けています。 タイタンズのCB:デプスがスカスカなので大抜擢となります。 ぜひこのチャンスをモノにしてタイタンズに定着していただきたいものです。

マーカス マリオタが先発することを正式にアナウンスしています。 無理をしないでくださいね。
WRケンドール ライトは不出場決定。 ジャスティン ハンター、DGB、ハリー ダグラス、リコ リチャードソンが出場予定。

RBはアントニオ アンドリュース、FB:ジャルストン フォウラーの活躍にかかってくるでしょう。 突撃あるのみ。

OLは再シャッフルを前回紹介しましたが、練習ではLGポジションはルーキー:ジェレミア ポータシを外して参加したばかりの元49ers ジョー ルーニーをCから移し、ルーキーC:アンディ ガリックをCで練習させたようです。 大丈夫でしょうか? 
 
さて今回のHC交代劇の続きです。 インテリウムCEO:スティーブ アンダーウッドがオーナー代表:エイミー アダムス ストランクに次期HCを選定する際、今年獲得した虎の子QB:マーカス マリオタは将来チームを背負っていける素材であると評価し、彼を育成するためにも優秀なオフェンスマインドの持ち主を選ぶべきであると進言したそうです。 2016年の1巡指名はCBに使うべきと思っているのですが、OLかな? 来年のことを言えば鬼が笑うというパターンに嵌っていますw

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

Comments

Re: ブリーズを凌ぐ千両役者、マリオタ
さっそくの祝辞をありがとうございます!

若きエース:マリオタですが、スタッツではグレートな結果を残していますが、久々なこともあったのでしょうがボロボロでした。
実際2発はINT獲られていたも同然だったのですが、奇跡的にTE:デラニーウォーカーがレシーブできたという’神の思し召し’としか考えられない珍事が続いたのです。やっと後半になって調子がでてきてOTにまで縺れ込めたというような内容でした。

それでも久々の勝利です。 嬉しかったですね。 ムラーキーHCが涙ぐんでフィールドに飛び出てきて来ているのを見て、わたしも目頭が熱くなってしまいました。 スーパーボウルを勝ったわけでもない 唯の勝利なのですが 今シーズンはもうないかもと思っていたので..... 
ブリーズを凌ぐ千両役者、マリオタ
OTにまで縺れる試合を見事制し、あのNO相手に敵地で勝利。おめでとうございます。
スタッツ見る限り、マリオタは休み明けとは思えないバリバリ全開みたいな感じで、獲得yd、成功率も、ブリーズと互角。TD4つでINTは無しと逆に凌駕してますし、最後のドライブで勝利をつかむTD挙げる辺り、千両役者としてもSB・MVPのQBに、もう肩を並べそうな勢いですね。
Re: 希望の星
Ligerさん、

あたたかくやさしいお言葉をいただき、どうもありがとうございます。

ライオンズの再建もたいへんだと思います。これから適材適所に人材が見つかると良いですね。

希望の星
>今年獲得した虎の子QB:マーカス マリオタは将来チームを背負っていける素材であると評価し、彼を育成するためにも優秀なオフェンスマインドの持ち主を選ぶべきであると進言したそうです。

ウチの新GMや社長、新HCはどの様な再建案を持って臨むのだろうかと思案中に
ふと見た全てを焼き尽くしてしまったかの様な、一面黒焦げの隣の山林火災の焼け跡で、焦土の間から芽を出す若木を見つけたような心境で、思わず涙腺が緩みそうになりました。ファンの期待を担うマリオタが、怪我なくスクスクと成長して行ってくれることを祈って已みません。

Leave a Comment