FC2ブログ
1
2
3
5
6
7
8
9
10
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2019

NFL テネシータイタンズの戦いを応援していきます。


プロフィール

Code Blue Tokyo

Author:Code Blue Tokyo
テネシー・タイタンズの戦いぶりを通してNFLの面白さや素晴らしさを、皆さんにお伝えする機会としてお役立てれば幸いです!

最新コメント
08

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マーカスマリオタ  

Comment: 6  Trackback: 0

1月8日(金): タイタンズニュース ~再建への道
NFL2015~16シーズンはこれからプレイオフが始まろうとしていますが、我らがテネシータイタンズは球団再構築のために慌しくしています。 プレイオフまで生き残れなくなって久しいですが、困難を克服し戦力を整えて頂点を目指していただきたいものです。

GM候補:
マーチン メイヒュー 元ライオンズGM <面接>
マーク ロス ジャイアンツ カレッジスカウト ディレクター<面接>
クリス バラード チーフスエクゼクティブ
ジョン ロビンソン バッカニアーズ プレイヤーパーソネルディレクター
ジョージ パットン バイキングズGM
クリス ポリアン ジャガーズプロパーソネルディレクター
ジミー レイIII コルツ VP フットボールオペレーション
ブレイク ベディングフィールド タイタンズ カレッジスカウトディレクター
エリック デコスタ レイブンズ アシスタントGM <拒否w>
テッド サンドクイスト 元ブロンコスGM<面接>

スティーブアンダーウッドが社長兼CEOに就任し、GM、GC職を探し始めたわけですが、ここまでの動きで組織作りの手順といいますか 方針が見えてきたようです。 まずはGMを優先的に面接し始めています。 HC職はまだプレイオフを戦うチームにも候補がいることもあるのでそれが自然と言えるかもしれません。
新社長スティーブアンダーウッドは就任発表のプレスカンファレンスで、GM候補:14名、HC候補:150名!(Kウィゼンハント解雇直後から選定作業開始)と発言しています。 興味深いのはHC選考過程で新人マーカス マリオタの意見も参考にするとのこと! マリオタも大変な役割を担ってしまいました。 どうなることやら.....

噂の範疇を出ませんが マイクムラーキー暫定HCが選手達からの信頼も厚そうなので、正式に彼に任せて様子を見ようという意見もまだまだ根強くあります。(タイタンズHCになり手がいなかった場合の保険でもある) 木曜に面接するマーク ロス(ジャイアンツ)はムラーキーがビルズ在籍時代のGMです。 お互い良く知る間柄ということでムラーキーHC就任説の根拠とする見方があります。 ムラーキーがHCとなると「パワフルプレイ」中心と言いながら「TEスーパーハッピー」オフェンスにまたまたなってしまいそうですね。 彼の元でマリオタが育つのか疑問です。 しかしディックルボー師の残留と言う面でのプラス面もあります。 クリスポリアン(ジャガ-ズ)は親父とペイトンマニングのタイタンズ経営参加(または買収)の噂にいつも登場するメンバーです。 この若者 ジャガーズでどんな功績があるのか?ぜひ知りたいものです(苦笑 彼に決まったらPマニングとタイタンズの話が噂からリアルに近ずくということになりますね。 

現ペイトリオッツのOC:ジョシュマクダニエルズがタイタンズHC職に興味を持っているとか。 ブロンコスHC時代の経験を糧にコーチとして成長を遂げてくれていれば期待できるのかもしれません。 ムラーキーよりははるかに期待できそうな気がします。
あちらではタイタンズの次期HCに誰がなるか?も賭けの対象になっています。
オッズは以下のとおり

Mike Shula: 5/1
Adam Gase: 6/1
Josh McDaniels: 6/1
Mike Mularkey: 15/1
Chip Kelly: 20/1 
(ソースonlinegambling.lv:)

マイク シュラがタイタンズHCに興味を持っているとニュースを見た気がします。 まだまだ他にも候補が浮かび上げってきてくれると思うのですが、早くスッキリさせていただきたいと思ったり、じっくり検討するべきだと思ったり、待つことに楽しみを見つけようとしたり、毎朝ニュースを見るのが気になってしかたありません。


 
関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

Comments

Re: Ligerさん
Ligerさん

メイヒューに関する情報をありがとうございます。 
BPA至上主義ですか! 個人的には非常に興味深いものがあります。
1.メイヒューのドラフト戦略はBPA至上主義でニーズ無視と言われておりました。逆説的に言うと、己の型を持たない為、どちらに転んでも対応可能な王道:オーソドックスなスタイル以外に選択肢がなかったとも云えます。
2.実は未練時代以前から、この業界ではDETのスカウト陣の能力自体はかなり高かったとも云われており、その情報を素にした最終決定権者が未練からメイヒューに代わっただけでも、相当なアップグレードであったというのが通説です。
Re: メイヒューですか。。。
Ligerさん

貴重な情報をありがとうございます。

外から眺めていた印象では、なかなか良いドラフトをしていたように見えます。
タイタンズはかれこれ10年近くドラフトとFA補強で失敗を重ねてきているので、
スカウティングのスペシャリスト系を望んでいると思われます。
Re: ハンニバルさん
変化が待ち遠しいですね!
メイヒューですか。。。
他の候補者は兎も角、メイヒューに関して言うなら、オーソドックス、コンサバ、冒険しない、という感じでしょうか。勿論未練の後任ですから、彼に比べれば相当有能にして実務的なので、ウチもかなりまともなチームに生まれ変わったと思うのですが・・・
昨季のスーさんの離脱と云い、今季のCJの騒動と云い、彼の「あとは野となれ山となれ」的な手法の末路とも云えます。
一からの再建には向いている様で、実は大きく局面を打開することは不得手とも云え、今のTENに果たしてどうなのかなぁ・・・という感じですね。
Code Blue Tokyo さん
全く同感です!
私も毎日気になってしょうがないです。

Leave a Comment