FC2ブログ
1
2
3
5
6
7
8
9
10
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2019

NFL テネシータイタンズの戦いを応援していきます。


プロフィール

Code Blue Tokyo

Author:Code Blue Tokyo
テネシー・タイタンズの戦いぶりを通してNFLの面白さや素晴らしさを、皆さんにお伝えする機会としてお役立てれば幸いです!

最新コメント
20

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マーカスマリオタ  マイクムラーキー  

Comment: 2  Trackback: 0

1月20日(水): ムラーキーHCのオフェンスプラン
まあ決まってしまったものはしょうがないです。 新ムラーキー政権による新しいオフェンスに期待したいと思います。
彼の思い描く2016年版オフェンスプランというものは、「前ウィズシステムと類似点があるけど減らしますよ。オーバーホールというわけでもないのだがコーチングツリーが基本的に同じだから。でもそれがマーカスマリオタを助けることになりますよ~」だそうです。 うーむ大丈夫なんだろうか?

「新オフェンスシステムはとてもユーザーフレンドリーなものだ」とおっしゃられています。 マリオタにとってもその他の休養している選手にとってもだそうです。 ムラーキーHCは選手が早くプレイすることを望んでいて、よりアップテンポな攻撃にしたいとか。 敵ディフェンスに考えさせるような(欺瞞要素など)多彩なアイデアを盛り込むのだそうです。 ほんとうに実行してくださいね。 お願いします。

虎の子マーカスマリオタを指導するのが、元OCだったジェイソンマイケルというのもどうかと思うのです。 この人にタイタンズの将来を託す若手QBを育てられるのか疑問に思います。彼の職歴はTEコーチが本職でQBコーチは1年こっきりしかありませんw
TEハッピースタイルは普遍ですモード?

ムラーキーHC がんばってください!
関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

Comments

Re: 先ずはOLと守備の強化から
Ligerさん

ご指摘のとおりだと思います。

シュヲーツさんや、ウォッシュバーン父については、オーナーグループが最も嫌う「フィッシャー臭」を連想されるので無理だったのだと思います。 なにせフィッシャーやその時代のスタッフに辞めた後も長い間残りの契約金やら違約金を払っていることを、オーナーグループが先代の死去後に知ることとなり、揉めに揉めたようですからw シュヲーツさんをプッシュする声はけっこうあったと思います。 何でも4-3をコミットしないってところまで譲歩したなんていう記事も目にしました。 どんなスタイルになるのか興味あったんですけが実現しませんでした。
先ずはOLと守備の強化から
マリオタという潜在能力の高い札を抱えているTEN的には、やはりOCとかQBコーチに目が行きがちでしょうし、オフェンスマインドになるのはある意味正しい手法でしょうが、逆にナカナカ巡り会えないフランチャイズQBを既に手に入れているだけに、ここは王道に沿ってOLと守備の強化からじゃないかと、他所者ながら勝手に思っています。
そこさえしっかり押さえとけば、スキルポジションのオフェンスの選手は、マリオタの成長に伴って向こうから勝手にやって来て「門前市を為す」のではとも愚行する次第。
そういう意味では気心も知れ、実績も充分なシュヲーツさんとか、ウォッシュバーン父子とかはTENが攫って行くのではと思っていたのですが・・・でしたね。
まぁ実際には交渉はしたのかもしれませんけどね。

Leave a Comment