2
3
4
5
6
8
9
10
11
12
14
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
  02 ,2018

NFL テネシータイタンズの戦いを応援していきます。


プロフィール

Code Blue Tokyo

Author:Code Blue Tokyo
テネシー・タイタンズの戦いぶりを
通して、NFLの面白さ、すばらしさを
皆さんに伝えられればと願ってます♪

23

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  ジョンロビンソン  マイクブラベル  

Comment: 2  Trackback: 0

1月23日(火) タイタンズアップデート
テネシータイタンズマイクブラベル新政権は組閣に忙しそうです。

昨日書いたOC決定についても どうも怪しそうです。
ライアンデイ氏はOSUに残ると決めたとの報道も出てきました。 代わりに浮上してきたのが デトロイトライオンズのQBコーチ ブライアンキャラハン氏の名前です。 マシュースタフォードの成功に一役買ったとの評価を高くして、OCをオファーという流れでしょうか。

ブラベル新HCはコーチングスタッフの決定を急がないと言っていますから、まだいろいろな動きが出てくるのでしょう。

昨日ディックルボー師がタイタンズへ戻らないという報道がありました。キャリア59年で終わってしまうのでしょうか? チームの守備を立て直してくれた功労者に対して申し訳ないという気持ちがあります。一方でディビジョナルプレイオフ戦を見て、ルボーシステムの限界を見たような気もしていて(戦術に柔軟性が無くなっている) 頂点を目指すならば致し方ないとも思っています。 いままでありがとうございました! 

今日は正式に テリーロビスキOC、ルースパノスLBコーチ、スティーブホフマンSTCの解雇がアナウンスされています。
戦犯の一人だったフリスマンジャクソンWRコーチはベイラー大へそそくさと移籍先を決めてすでに逃亡しています。




マイクブラベルHCの守備は、”front multiplicity” だそうです。 直訳すると 「フロントの多様性」ですね。 4-3や3-4という定義を使わない方針だそうです。 きっと いろいろやるよ!ということになるのでしょうか? 
どういったものになるのかまだ見えてきませんが、新鮮なことは間違いなさそうです。
守備では元パッカーズのCBコーチがDCになるのではとの話も出ていますがどうなるのでしょう? コーチ職未経験者ばかりの組閣は非常にリスキーな気もしますが、きっとその背景もしっかりおさえてあるものと期待しましょう。









関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

22

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マイクブラベル  ライアンデイ  

Comment: 0  Trackback: 0

1月22日(月) ライアンデイ ....OC....オハイオ州立大

早くも決まりだしました。

マイクブラベル政権のOCは、ライアンデイ氏 オハイオ州立大のCo-OC !!


そうきましたか♪

49ers....チップケリー.... ふむふむ


Ryan Day on the Ohio State passing game




エドワリナー(Ed Warinner)氏(ミシガン大コーチングスタッフ入り発表済み)がテネシータイタンズ入りする可能性あり!

もしマイクブラベルHCのもとにはせ参じるならば、OLコーチになりそうとのこと!





関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

21

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  ジョンロビンソン  マイクブラベル  

Comment: 6  Trackback: 0

1月21日(日) 新HCは守備の人
テネシータイタンズの新しい指揮官がとうとう決まりました!

mikevrabel01

マイクブラベル氏  


この間まで輝かしい選手生活を続けていて、わずか数年のコーチングキャリアしかなく HC職も初めてとなる、未知の可能性を秘めた人材ということになります。

42才、オハイオ州立大出身 エディジョージのチームメイト。 プロキャリアは申し分なし。 コーチとしての腕前はまだ評価しかねるほど短い。

この人選は マイクムラーキー前政権の反動から生まれたのでしょうか? オールドスクールスタッフだらけのコーチ陣から思いっきり若返りを見せる予兆ととらえて良いのでしょうか?


ジョンロビンソン氏をGMに採用したことからテネシータイタンズのコーチングスタッフ人事についてもビルベリチックコーチのツリーが選択される流れが生まれた事になりました。
ジェフフィッシャーマイクマンチャック氏まではバド翁の意向が強く反映され、バド翁亡き後は娘婿トミースミスがピッツバーグ人脈を引っ張ってきてケンウィゼンハントに”スマッシュマウス”をやれと無茶な要求を出したこともあり、チームは一気にどん底へ。 ケンウィゼンハントはその低迷の責任を取らされ2年半で更迭。その後暫定的にTEコーチだったマイクムラーキーがHCをつとめ、翌年から3年契約で正式にHCとなってきたわけです。 ここまでは良くも悪くもオーナー一族の意向をかなり汲んだ決定プロセスでした。

しかしマイクムラーキーが暫定HCとなった年からオーナーグループの経営方針の見直しが行われ、娘のエイミーアダムストランク氏がオーナーグループ代表として前面に立つようになり、チームの大改革(正常化)が断行されはじめました。 そしてチーム創設以降 今回初めてGMが主導してHC選考が進められました。 これが嬉しいと思いました。

ニューイングランドペイトリオッツで7年間一緒に戦ったジョンロビンソンGMとマイクブラベル新HCは、一緒に経験を経てきた優勝獲得モデルを共有でき、それを追いかけて行く事になるのでしょう。
それをどんな陣容で進めてゆくのか? 次のニュースが楽しみでなりません。



 

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

21

Category: アメフト

Tags: ---

Comment: 6  Trackback: 0

1月21日(日) 速報 新ヘッドコーチ決まる!
テネシータイタンズの新ヘッドコーチが、
マイクブラベル元ヒューストンテキサンズDCに決定‼️


関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

16

Category: アメフト

Tags: NFL  プロボウル  観戦会  チアリーダー  Sayuri    

Comment: 4  Trackback: 0

1月16日(火)  ご案内 「プロボウル観戦会 in Tokyo」 
拙ブログをご覧のみなさん いつもありがとうございます。 今回は楽しみなイベントのご案内です!

来る1月29日(月) 「プロボウル観戦会」が開催されます。 

以下は主催者:Sayuriさんの案内記事を借用させていただきました! 

プロボウル観戦会001
プロボウル観戦会002
プロボウル観戦会003
プロボウル観戦会004

申し込みはこちらからhttps://goo.gl/forms/yw4NkMrPi1pwYIuX2 


盛りだくさんの内容でNFLファン、アメフトファンには魅力的な企画です♪ プロボウル観戦のみならず、スペシャルゲストの方々のお話や現役NFLチアリーダーのNFLの内側からの話など 興味深い情報を期待できそうですね♪ !

新しいNFL、アメフト繋がりの交流も生まれるでしょうし、楽しみとなりそうです♪ 

皆様こぞってご参加ください!


(テネシータイタンズファンが国内に一体何人いるのか見当もつきません。 おそらくNFLの中でも最も少ない部類だろうなと考えています。 もしこの機会に テネシータイタンズファンの方とお会いすることができたら、嬉しく思います)











 


関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

16

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  ジョンロビンソン  マーカスマリオタ  マイクムラーキー  ディックルボー  

Comment: 6  Trackback: 0

1月16日(火) 新しい朝 テネシータイタンズ 新章のはじまり♪


2017年シーズンを終えたテネシータイタンズは、未来のために 直ぐに行動を開始して重要な決断を下しました。

現地月曜の朝 (コントローリング)オーナー:エイミーアダムストランクは、マイクムラーキー現HCとの決別声明を発表しました。 

先週の時点で次年度以降の話し合いが持たれて、将来の方向性について多くの共通点を見いだせなかったということです。

ケンウィゼンハント政権がシーズン中に崩壊し その後を引き継ぎ、リーグ最底辺からのチーム再建(2年連続9勝7敗、プレイオフ1勝)は、とても良い成果だと思います。ジョンロビンソンGMと共にチームのフランチャイズ基盤を強固なものにしたのも功績です。 

どうもお疲れさまでした。 「エキゾチックスマッシュマウス」の完成形態を見れずじまいで残念でした。 また期待の若者マーカスマリオタをじっくりとプロの世界に適応させていった配慮は、マーカスマリオタの著しい成長を見れば大成功と評されるべきだと思います。

同志テリーロビスキOCを最後まで守り通した男気には、ファンとしてはいただけませんが、人間として今や魅力的なものを感じてしまいます。 ディックルボー師をはじめ一部有能なコーチ達をチームに迎え入れたことにも感謝したいです。 ムラーキーさん お疲れさまでした。




(早く頂点を目指したい)テネシータイタンズファンとして これは 「吉報」以外の何物でもありません!

テネシータイタンズはチャンピオンシップ獲得というGOALを目指し、新しいステージに進む事になりました。コーチ獲得競争に遅ればせながら参戦です。   ますます目が離せないテネシータイタンズ。 今後に注目です♪  


関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

14

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マーカスマリオタ  マイクムラーキー  ディックルボー  デリックヘンリー  

Comment: 11  Trackback: 0

1月14日(日) ディビジョナルプレイオフ 対ニューイングランドペイトリオッツ戦
チーム力の差をまざまざと見せつけられた試合でした。 途中からワンサイドゲームと化していたと言っても過言ではないでしょう。 昨シーズンのチャンピオンに楽勝されてしまいました。

ベリチックHCのゲームの行方が決まっても相手のプライドを折りに来る容赦ない戦い方は, 見ているファンの心もへし折ってくれました。 プロたるものこういう心構えで戦わないと頂点など夢のまた夢という事なのでしょう.....

テネシータイタンズは勝つために望んだ試合展開を作れずじまいでした。 ルボーディフェンスは特に前半はいろいろと対策を講じてプレイに盛り込んでいましたが、オフェンスの攻撃が続かずプレイ時間が増すとともになし崩し的になってしまい、弱点であるTEやRBのカバーを狙われ崩されてしまいました。

PATSオフェンスの繰り出す各プレイが如何にロジカルに構成されているかを垣間見た気がしました。その上でディフェンスの気配を読み、QBが適切な選択をするという仕組みが見事に構築されていて、試合への準備度合いが全く違う(タイタンズが足りない)とつくづく考えさせられました。

タイタンズのオフェンスには「不完全燃焼」のまま終始してしまい、これでよいのか?と大いに憤慨させられました。しかし、試合後のマイクムラーキーHCの囲み取材で、「マーカスマリオタは1Qのランで負傷してしまい、限定的な動きしかできなくなっていた」とコメントを残したことが判明。 これが原因かと一部納得するものの、デリックヘンリーの起用(すなわち今回の場合:ランプレイ)が極端に少なかったのはどうしたことでしょう。 そしてRTジャックコンクリンが早々に膝を負傷し退場してしまったことは本当に不運でした。 彼が不在のOLはガタガタにされ被サック8個という屈辱を喫しています。マーカスマリオタを守ることが至上命題でしたが、なすすべもなく.....

出だしは珍しく良いドライブを続けてWRコリーデイビスのスーパーキャッチで先制できたことは素晴らしかったのですが、2Qの不運なペナルティが連続し敵に勢いに乗せてしまった事が悔やまれます。
この試合、審判のジャッジがかなりPATS寄りだと多くの人は感じたのではないでしょうか? 4Qの大勢が決まった場面でタイタンズに少し甘めにして帳尻を合わせた感が気に食わなかったです。

若い選手にとって貴重な体験となったのではないでしょうか? また、頂点を極めるには何が必要か?それぞれ学ぶものが多々
あったことでしょう。 来年以降のプレイに活かしてください。


テネシータイタンズの2017シーズンはこの試合で終了となりました。

シーズンをとおして良くも悪くもハラハラドキドキの連続だったように思います。 来期はさらにパワーアップしたテネシータイタンズとなって世界中のお茶の間を沸かせるようになってほしいですね♪

TITAN UP !

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ