FC2ブログ
1
2
3
5
6
7
8
9
10
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2019

NFL テネシータイタンズの戦いを応援していきます。


プロフィール

Code Blue Tokyo

Author:Code Blue Tokyo
テネシー・タイタンズの戦いぶりを通してNFLの面白さや素晴らしさを、皆さんにお伝えする機会としてお役立てれば幸いです!

最新コメント
17

Category: アメフト

Tags: NFL,  テネシータイタンズ,  マイクマンチャック,  マイケル・ルース,  アンディ・レビトレ  

Comment: 0  Trackback: 0

4月17日(水):オフェンス戦力
この時期、チームが公開しているデプスチャートは、まったく当てになりませんが、
一応定期的にケアしているようです。(これはわずかですが、進歩しているんでしょう^^)

ドラフトを前にして、今回はタイタンズのオフェンス陣に触れてみます。

QB:ジェイク・ロッカー、ライアン・フィッツパトリック、ラスティ・スミス

ロッカー3年目、勝負の年です。課題のパス精度をどこまで克服できるか?
彼はマイク・マンチャックHCの命運を握っていると言っても過言ではありません。
ラスティ・スミスに替えて、可能性のある若い人を加えていただきたいです。

RB:クリス・ジョンソン、ショーン・グリーン、ジェイミー・ハーパー、ダリウス・レイナウド

RBコーチが替わり、FAでショーン・グリーンが加入し、CJ2Kの起用法に変化がありそうです。
疲れさせないで、活躍してくれれば良いのですが....
ランプレイの機会増加が予想されるだけに、がんばって欲しいです。

FB:クイン・ジョンソン、コーリン・ムーニー

ここは昨年と変わらずか? クイン・ジョンソンには、よりいっそうの奮闘を期待したいです。

WR:ケニー・ブリット、ケンドール・ライト、ネイト・ワシントン、ダミアン・ウィリアムス、
  ケビン・ウォルター、マイケル・プレストン、ラベル・ホーキンス、マーク・マリアーニ

OCが代わって、プレイブックも一新されるでしょうし、ここでこのユニットの低評価を覆して
ほしいものです。一応数だけは揃っていますが、ブリットの怪我と素行問題やネイト・ワシントンの
トレード画策等、強化策としてチームは選手の入れ替えが必要だと考えているのでしょう。

TE:デラニー・ウォーカー、クレイグ・スティーブンス、テイラー・トンプソン、ブランドン・バーデン

クックが出て、ウォーカーが入り、ブロッキング力は確実に向上するでしょう。2年目となるテイラー・
トンプソンの成長も急務です。

OT:マイケル・ルース、デビッド・スチュワート、バイロン・スティンジリー、マイク・オットー

これまでまともだったLT:マイケル・ルースとRT:デビッド・スチュワートの先発組でしたが、
昨年スチュワートが故障してしまい、その回復具合が気になります。二人ともベテランの域に
入ってきてしまいました。控えにマイク・オットーとバイロンス・ティンジリーが名を連ねています。

OG:アンディ・レビトレ(LG)、ロブ・ターナー(RG)、ケーシー・スタッダード、クリス・スペンサー

左をレビトレに任せられるでしょうが、右の先発がいない状態です。今年のドラフト1巡指名で、
メディア等では、チャンス・ウーマックやジョナサン・クーパーの指名が有力視されています。
ここは攻撃力アップのためには、絶対にテコ入れしなければならないポジションです。
しかし、ウーマックもクーパーもLGをプレイしていて、RGポジションでも同様の活躍が
見込めるのでしょうか? この点だけはすこし気になります。

C:フェルナンド・ベラスコ、ユージン・アマノ、クリス・スペンサー

昨シーズン控えから先発に抜擢され、それなりに期待に応えてみせたベラスコが先発登録。
今期長期離脱していたアマノは復帰できるのでしょうか? このポジションももう1枚
保険の意味でも加えておきたいはずです。(ケビンは帰ってこないでね~w)

あらためて思うことですが、補強が必要なポジションだらけですね。
3年目のQB:ジェイク・ロッカーにチームの将来を託せるのか否か?
テネシー・タイタンズ現政権の正念場を迎えます。




関連記事