FC2ブログ
1
3
5
6
10
11
12
13
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2019

NFL テネシータイタンズの戦いを応援していきます。


プロフィール

Code Blue Tokyo

Author:Code Blue Tokyo
テネシー・タイタンズの戦いぶりを通してNFLの面白さや素晴らしさを、皆さんにお伝えする機会としてお役立てれば幸いです!

最新コメント
10

Category: NFL

Tags: NFL,  テネシー・タイタンズ,  ジェイクロッカー,ジャレッドクック,  ケニーブリット  

Comment: 0  Trackback: 0

12月10日(月):@コルツ戦 反省する良い機会?
NFL2012シーズン第14週@インディアナポリスコルツ戦は、27対23で敗れ、負け越し決定です。
13点リードしてハーフタイムに入れたのですが、後半はコルツにあっさり逆転されてオシマイw

LT:マイケルルース以外先発不在で継ぎ接ぎだらけのOLで挑みました。LGにC:Fベラスコを入れ、
ケビンマシューズをCで先発させ、RG:ルツイ、RTにMオットーというラインナップ。
RB:クリスジョンソンもさすがに走れず、この試合最長ゲイン距離がわずか8ヤードで
トータル44ヤードでした。(それでも今季も1000ヤード突破できたのかな?)

オフェンスはこれからも厳しそうです。Nワシントンがレシーブ1回というのは寂しいです。
TEは、Jクックが途中で抜け3回のみ、Cスティーブンスも1回という不活発さ。
PSから昇格したMプレストンもレシーブ1回を記録したのみ。一方Kブリットは、8回レシーブで
143ヤードと今季初めて頑張ってくれました。
QB:Jロッカーはところどころ不用意なパスを投じINTを提供していました。 
反省して今後の糧にしてもらいたいです。

ディフェンスはけっこう善戦していました。DLによるQBへのパスラッシュは4サックでしたが、
それ以上にプレッシャーを敵QB:Aラックに与え続けることができたよう見えました。
(終盤になるとそのパスラッシュも疲労からか効果を挙げられなくなり、消極的で単調なプレイが
敵に余裕を与えていました。)
ここ3試合に限っては守備陣はそう悪くないです......

テネシータイタンズにとって、今後どうするべきか? 考えさせられる試合でした。



Continue

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

05

Category: NFL

Tags: NFL,  テネシー・タイタンズ,  マイクマンチャック,  マットハッセルベック,  ケニーブリット  

Comment: 0  Trackback: 0

11月5日(月): NFL2012シーズン9週ベアーズ戦
ボールセキュリティ、タックルミス、数々の反則、 膿をすべて出しきってくれたのかな?
攻撃しなければいけないのに、逆に責められてしまうタイタンズのオフェンス(涙

ベアーズ戦の敗戦を反省するよりも、ここまできたら抜本的な大手術を施さないともうダメかもしれません。
球団、コーチングスタッフ達にメスを入れるべきなのかもしれないです。
マイクマンチャックHCが昨年就任時に掲げたスローガン「One Team One Goal」
崩壊の危機を迎えています。



関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

16

Category: NFL

Tags: NFL,  テネシータイタンズ、OL,  リロイハリス,  ケニーブリット  

Comment: 0  Trackback: 0

8月16日(金): 気になるOL
次の@タンパベイ戦では、ジェイクロッカーが先発するとニュースになってます。
うまくスタメンを勝ち取ってほしいです。

このところ連日@シアトル戦を見直しています。なんだか気分はフイルムスタディです(苦笑
CJ2Kは走れなかったし、彼だけではなくリンガー、ハーパーもだめだったし、スクリーンプレイも
うまく決めれなかったりという OL(オフェンスライン)の出来が気に喰わないので、
OLに特化して見ています。

参考資料として トムゴウワー氏(トータルタイタンズ)によると、
タイタンズがこのゲームで使ったオーダーセットは以下のとおり

LT - LG - C - RG - RTの順
ルース、ハッチンソン、ベラスコ、ハリス、スチュワート:24プレイ
(QB:ハッセルベック全プレイ、ロッカーの最初の2ドライブ)
スティンジリー、デュランド、ベラスコ、マシューズ、オットー:11プレイ
(後半から、QB:ロッカー以外のセットとして)
スティンジリー、デュランド、マシューズ、デヴァン、オットー:27プレイ
(すべてQB:ラスティスミスの時)
スティンジリー、ビアス-モーリス、ブラコス、クロポグ:6プレイ
(QB:ニックスティーブンスの時)

先発組でランがまるで駄目だった原因の多くは、RG:リロイハリスに見られます。
ちょっと目を覆いたくなるプレイの連続です。まだ初戦ではありますが、
スピード、敏捷性、インテリジェンス面と足りていないようです。
(そもそもケビンマワエを外して、ハリスが昇格した時から、タイタンズのラン攻撃は
凋落しだしているわけで、昨年も彼をFAで売ろうとしたけどダメだったという経緯もあります)

現時点で組めるチームOLのベストオーダーは、
ルース、ハッチンソン(orデュランド)、ベラスコ、デュランド(ハッチンソン)、スチュワート
こうなるのではないでしょうか??
どうしてもハリスを使いたいなら、パスプロ専用としての控えでの起用が良い所だと思います。
(ハリスに対してかなり厳しい見方と思われるかもしれませんが.....)

ここ数年悩み続けているタイタンズのOLのオーダー問題ですが、つくづく人と人の組み合わせって
大切なんだなあと感ぜずにいられません。だから深くて面白くもあるんですね^^




チャド・ジョンソン(オチョシンコ)がドルフィンズから解雇されていますが、
ドルフィンズは大丈夫なのでしょうか? この機に、こちらのWR:ケニーブリット
来年のドラフト1巡指名権と交換トレードを申し入れたらどうかなあ?と思ったりしてます^^;
(こういうことがあったらNFLというかグッデル氏も寛大な処置をしてくれるかも?)
双方ハッピーになれそうなんだけどなあ~

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ