FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2020

NFL テネシータイタンズの戦いを応援していきます。


プロフィール

Code Blue Tokyo

Author:Code Blue Tokyo
テネシー・タイタンズの戦いぶりを通してNFLの面白さや素晴らしさを、皆さんにお伝えする機会としてお役立てれば幸いです!

最新コメント
02

Category: アメフト

Tags: NFL,  テネシー・タイタンズ,  ケンドール・ライト,  ジュレル・ケイシー  

Comment: 0  Trackback: 0

12月2日(月): NFL第13週テネシー@インディアナポリス戦
チームはプレイオフ戦線に生き残るべく、必勝を期してこの試合に挑んだはずですが、
14対22で敗れ去りました。フィッツ(もう今後は省略します)は大事な局面で3INTも決めてくれましたw

この試合の感想を少し書いてみると、

オフェンス:
 序盤でTE:デラニー・ウォーカーが負傷し引っ込んでしまい、クレイグ・スティーブンスも故障中なので、
3番手:テイラー・トンプソンに活躍を期待したのですが、うまくいきませんでした。
RB:クリス・ジョンソンは18回69ヤード、フィッツのアップテンポ、ノーハドル・スタイルのもと、活躍機会が
限定されています。XとかZに位置させたり工夫してきているのでしょうが、効果的と言うには程遠いものでした。

 Kライト6回、Nワシントン5回、Cジョンソン6回レシーブ。ケンドール・ライトは今回も活躍してくれましたが、ジャスティン・ハンターは少しさびしかったでしょうか?(1回のみ)その分ネイト・ワシントンのレシーブ
機会が増えていました。

OLもまだまだ調子が上がっていません。途中3人目のTマイク・オットーをラインに加えて、ランブロック強化等
実施してそれなりに効果を出せていたようにみえたのですが、こういった攻め方に徹しきれないところが
なんとももどかしいです。

ディフェンス
 DL なかなか良いプレッシャーをAラックに与え続けていました。ジュレル・ケイシーはプロボウルに推薦
しても良いような気がするのですが、甘い評価でしょうか? カール・クルーグも少し目立つ動きをしていました。
LB陣ではアキーム・エイヤーズ、ザック・ブラウンはともかく、モイス・フォコウの失態(反則)は痛かったです。
FS:マイケル・グリフィンが1試合出場停止という事態に、ジョージ・ウィルソン、バーナード・ポラードが
がんばっていました。 引き気味で守るBポラードも悪くないかな?と思ったりしていました。

スペシャルチーム
 レオンワシントン、なかなか良いパフォーマンスを見せてくれました。 若手のお手本になれば良いですね。

コーチ
 こんな試合にした原因はここにありそうです。 タイタンズファンは失望感に打ちのめされ続けていることでしょうw

現マンチャック政権は、今後ドラフト指名巡を上げる方向に舵を切って、テネシーのファンのためにチームが
再スタートを速やかにできるよう貢献していただきたいですが、まだプレイオフに望みを繋げるんでしょうか?


関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

25

Category: アメフト

Tags: NFL,  テネシー・タイタンズ,  ケンドール・ライト,  ジャスティン・ハンター  

Comment: 0  Trackback: 0

11月25日(月) NFL第12週@オークランド戦
先週の敗戦ですっかり現政権に見切りをつけた気でいるので、今シーズンの残りスケジュールも少し距離を置いて
静かに来期を考えたいと思っていたのですが......

この時期になると、どのチームも戦力の維持に苦心していて大変です。AFCも混戦模様となっており、
この試合の勝者はプレイオフAFC第6シードのポジションを(一時的に)位置でき、プレイオフ戦線に生き残れる
という意味合いもあったため、テネシー・タイタンズはここで踏ん張りましたw

しかしながら貧弱なオフェンスは改善されておらず、攻めあぐねてばかりと苦戦します。前半は特に調子が上がらず、オークランドのミス(INT、FG失敗等)に救われました。後半に入りTDを奪いリードするも、終盤逆転されますが残り10秒でTDパスを決め、勝利を掴みました。

この試合における評価すべきポイントは、昨年ドラフト1巡指名のWRケンドール・ライトがすっかりエースレシーバーとなって活躍を見せてくれたこと。さらに今年のドラフト2巡WRジャスティン・ハンターもプレイ機会が増え、大事な局面でプレイメーカー振りを見せ始めたこと。タイタンズの将来を担うレシーバーたちの成長を確信できたことは収穫でした。

猛省すべきポイントは多々あれど、まずはスペシャルチームです。 今回はパントブロックされました。
KR/PRはタッチバックばかりでぼろが出なかったと言えるかもしれません。今シーズン始めからこのような状態が続き改善されていないわけで、今更なに言ってんだって感じですねw

タイタンズはペナルティ10回100ヤード罰!これには、困ったものです。 特にOL レビトレ、ウォーマックが多く取られてました。 C:シュウェンケが復帰したので、ここから錬度を上げてほしいところです。

ディフェンスは、グレッグ・ウィリアムズ色が薄れてきている気がします。もっとアグレッシブな守りを期待しているのですが、今は我慢のときなのでしょう。

さて次戦はインディアナポリスへ乗り込んで、プレイオフへの生き残りを賭け、背水の陣で戦います。


 

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ