2
3
4
5
6
8
9
10
11
12
14
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
  02 ,2018

NFL テネシータイタンズの戦いを応援していきます。


プロフィール

Code Blue Tokyo

Author:Code Blue Tokyo
テネシー・タイタンズの戦いぶりを
通して、NFLの面白さ、すばらしさを
皆さんに伝えられればと願ってます♪

25

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マーカスマリオタ  コリーデイビス  

Comment: 4  Trackback: 0

12月25日(月) NFL 2017シーズン第16週 ロサンゼルスラムズ戦 
27 - 23 Lose

プレイオフ出場を目指すテネシータイタンズはホームで必勝を期し戦いましたが、ロサンゼルスラムズに敗れてしまいました。

連敗でチームの勢いに陰りが出ている事や守備の主力クラスの相次ぐ欠場など不安要素が多く心配されましたが、現有戦力でできるパフォーマンスは出せたのかな?と思いました。

ラムズのトッドガーリーがシーズンMVP候補に相応しい活躍をランとレシーブで魅せてタイタンズを圧倒しました。 敵ながらあっぱれと言わざるを得ない逸材でした。 この試合のタイタンズの12番目の男に選ばれたジェフフィッシャー元HCが自慢していただけの事はありました。

タイタンズオフェンスもこれまでの反省からマリオタを活かすべくスプレッド体型、ノーハドル、アップテンポを積極的に取り入れて戦いましたが、攻撃力はやはり今一つ物足りないまま終始してしまいました。
マーカスマリオタは39回試投22回成功、275ヤード、1Intという成績でした。 序盤タイタンズの攻撃2プレイ目で手痛いIntを奪われたのはマリオタのミスに見えました。今シーズンを通じ、ほんとうに良いスタートをきれないです。
ラムズ守備がマリオタのラン対策を講じてきており、ランパスオプションで自ずから持って走る選択を封じられてしまった事もタイタンズオフェンスの攻撃の幅を狭められてしまったようです。

WRコリーデイビスが9レシーブ、91ヤードと自己ベストをマーク。ターゲットに13回ですから、今回は頑張りました。ランアフターキャッチでも光っていました。マリオタとの連携をもっと深めていけるでしょうし、来期はNo.1WRに育ってくれそうなイメージは持てるようになった気がしました。 エリックデッカーも6レシーブ、73ヤードとまあまあでした。 リシャードマシューズデラニーウォーカーが少なめでそれぞれ3レシーブにとどまっています。

OLではインテリアラインメンがパスプロテクションにおいてラムズのロバートクインをはじめとする強力DLを受け止める奮闘を見せてくれました。 一方ランブロックではうまく動けず、デマルコマレーデリックヘンリーマーカスマリオタの3人合わせてもランは100ヤードに届きませんでした。デマルコマレーは試合中に膝を故障してしまい、おそらくシーズンエンドになりそうです。

タイタンズ守備は特にセカンダリーが先発2枚落ちの緊急事態となり 緊急継ぎ接ぎデプスで戦ったことを考慮すれば、良く戦ったと言えるかもしれません。 DLジュレルケーシーの鋭いペネトレーションからTDにつながったプレイは見事でした。 トッドガーリーに118ヤード走られましたが、タイタンズのブリッツを逆手にとられてのスクリーンプレイを何度も決められまくったのは痛かったです。 パスではブライスマッケインが狙われました。そしてそれを阻止でいないままでした。 来週も心配の種になりそうです。

スペシャルチームは成果を出そうと頑張ったことは認めなければいけません。 奇襲オンサイドキック攻撃は見事に決まったのになぜかラムズがタイムアウトを取ったということでやり直しになってしまった事はアンハッピーでした。
この試合 審判団は随所でラムズを贔屓気味にジャッジしているように写りました。(私の穿った見方なのでしょうか?)ラムズのキッカーがPAT、FGをそれぞれ失敗してくれるラッキーもありましたが、タイタンズには足りなかったようです。

とうとう8勝7敗まで負けが増えてきました。それでも次週自力でプレイオフ進出を決めれる立場は維持できました。去年はクリスマスにマリオタが負傷しチームも敗れシーズン終了でした。今年は最終戦までかろうじて希望を持てた事は手痛い連敗中の中でファンにとって救いです。最後まで必死で戦ってほしいです。

Rams vs. Titans highlights | Week 16

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

06

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マーカスマリオタ  コリーデイビス  ディックルボー  デマルコマレー  テイラー・リーワン  エリックデッカー  

Comment: 8  Trackback: 0

11月6日(月) NFL 2017シーズン第9週 ボルチモアレイブンズ戦
20-23 WIN !!

テネシータイタンズはホームであるニッサンスタジアムでボルチモアレイブンズと対戦し見事勝利を飾りました。バイウィーク明けでチームはじっくり前半戦を振り返り, オフェンスもディフェンスも改善を加え戦力強化に努めてきたはず!ということで今期調子が今一歩のボルチモアレイブンズを相手にどんな戦いをするのかを楽しみにしていました。

マーカスマリオタは今シーズン初めて1QでTDパスを決め、”スロースターター”という課題に答えました。19/28、218ヤード、2TD,1Int という成績。パス成功率68%. この試合では特にプレイアクションパスが極めて優秀でした。8/8パーフェクト、109ヤード、1TDという内容はお見事でした。

ようやく復帰を果たした新人WRコリーデイビスは5ターゲット、2レシーブ、28ヤードと控えめなスタッツですが、23ヤードのサイドライン際でのナイスキャッチはさすがというものでした。これから練習を重ねマリオタとのシンクロ度を深めてほしいものです。レシーブではTEデラニーウォーカーが肩の回復が気になるも強行出場して、5レシーブ、71ヤードと活躍してくれました。やはりこのチームに欠かせない貴重な存在です。リシャードマシューズも4レシーブで70ヤード、1TD、エリックデッカーは3レシーブ21ヤード、1TDと要所で活躍しています。 

OLはLGクイントンスペインが欠場し、替わりにブライアンシュウェンケが先発しています。 OLは大きなほころびは見せませんでしたがパスプロで3サックを許し、ランオフェンスではトータル71ヤードと封じ込められました。特にデマルコマレーデリックヘンリーの2名は17キャリー45ヤードしか稼げませんでした。 ランオフェンスは早く立て直してほしいところです。

この試合はディフェンスが勝たせたようなものという印象を受けました。レイブンズのランオフェンスをきっちり止め(22キャリー73ヤード) て見せ、4thダウンでも止めるパフォーマンスはナイスでした。 DLが良く働き ジュレルケーシーは大活躍していました。カールクルーグも良い働きを見せ、やっと本調子に戻ってきたようで嬉しく思いました。
LB陣もよく動き ウェズレイウッドヤードデリックモーガンブライアンオラクポエイブリーウィリアムソンエリックウォルデンジャイロンブラウンらが良く守ってくれました。この試合には久しぶりにケビンドッドも出場しました。

セカンダリーも良く動けており、改善の成果が出ていたようです。新人CBアドリージャクソンは毎試合ターゲットにされていますが、徐々に経験を積みながら成長しているように見えます。(贔屓目でしょうか?) 
”I'm in the zone !”と雄たけびをあげている絶好調Sケビンバイヤードはこの日も2INTをマークしています。ボールホークとして入団以来期待されてきたヤングセーフティがいよいよ才能開花を迎えたようで嬉しい限りです。日々フィルムスタディでの鍛錬を欠かさない努力家でもあります。これからも楽しみでなりません。

タイタンズもレイブンズも守備面ではまず敵のランを封じ パスを投げさせる作戦を取り合い、双方ランを止められてその通りに試合は動きます。 お互いボールコントロールオフェンスを展開したいのですがタイタンズは相変わらず3rdダウン更新が進まず(3/11,27%)苦労していました。 この試合の勝因はやはりタイタンズディフェンスの奮起にあると言えます。 2INTはジョーフラッコに大きな影響を与えたと思います。タイタンズフロントボックスもプレッシャーを与え続けました。
一つだけ言いたいのですが、リードを確定してからのプリベントディフェンスについてタイタンズのシステムは少し極端なのではないでしょうか?

タイタンズオフェンスの課題だったレッドゾーンでの決定力についてはこの試合2TDを決めており、一応改善の成果と見て良いようですが、3rdダウン更新率の低さは改善の兆しが見えず、プアなプレイコールが続いていました。 テリーロビスキOCさん、何とかしてください~

この試合でも怪我人を出さずうまく戦い抜けたようで、次戦へ向けて良い状態をキープしていきたいですね。



テネシータイタンズは5勝3敗になりました。 2010年以来の成績だそうです。 この試合の前ではタイタンズのプレイオフ出場の可能性は40%でしたが、レイブンズ戦に勝利したことで、60%に跳ね上がったそうです。

そうは言っても道はまだ途中です。

TITAN UP !


関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

31

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マーカスマリオタ  コリーデイビス  

Comment: 2  Trackback: 0

10月31日(火) タイタンズの後半戦スタート
テネシータイタンズはシーズン中盤のちょうど良いタイミングでバイウィークを迎え、チームはしっかりリフレッシュし、残りのシーズンを戦い抜く準備が整ったかのように見えます。 タイタンズ関連のニュースをいくつか

明るいニュースから行きましょう。
今年のドラフト全体5位WRコリーデイビスはようやく復帰できそうとのことで、月曜の練習に限定的ではありましたが参加しました。 やっと という感じですね~ 長かった。 そろそろ活躍してくれないとプレイオフへの道は険しさを増すことでしょう。 
同様に今年加入したSジョナサンシプリエンも練習に限定参加し出場に望みをつないでいます。 この人がフルにプレイできるようになるともっとSケビンバイヤードが生きてくることでしょう。 やはり復帰が楽しみでなりません。

TE:デラニーウォーカーは月曜に練習を休んでいますが、マイクムラーキーHCは楽観的に捉えているようです。RB:デマルコマレーも月曜練習には参加するも限定的なものになっています。 それでも主力ベテラン選手は順調に調整できているようです。

タイタンズオフェンスの核となるQB:マーカスマリオタに関してもハムストリングの怪我は順調に癒えているようで一安心というところでしょうか。 WR陣とのコミュニケーションをアップさせ、攻撃力を高めてほしいものです。

怪我で心配なのはLG:クイントンスペインのつま先の怪我です。月曜練習は休んでいます。今日がゲームだったら不出場とHCが言っていましたのでゲームタイムデシジョン濃厚です。 代役としてブライアンシュウェンケが練習しています。 この人がいないとOLのパワーは減退する気がしますが仕方ありません。 新人コリーレビンはまだ使えないのでしょうか? 少し見てみたいのですが....

明るい... かな?
NFLは最近ロンドンでのゲームを複数回シーズン中に開催していますが、NFL UK マネージングディレクター:アリステアーカークウッド氏は2018年シーズンに向け6チームを候補に挙げており、テネシータイタンズグリーンベイパッカーズフィラデルフィアイーグルスヒューストンテキサンズシアトルシーホークスカロライナパンサーズがその意中のチームだそうです。
仮にタイタンズが選ばれた場合、フィラデルフィアイーグルスヒューストンテキサンズというカードしかありませんね。 遠距離移動を伴うロンドンでのゲームは正直避けてほしいですがどうなるでしょう? 12月には発表があるそうです。

悲しいニュースいきます
「タイタンズ」、「レイブンズ」、「女性」、「事件」というキーワードが揃うと、なんともやりきれない残念な記憶が甦ってしまいますが、なんと同じパターンが発生してしまいました。 テネシータイタンズ勃興期のレジェンドの一人:WR:デリックメイソンが(重罪級)家庭内暴力で逮捕されてしまいました。 家庭外の「女性」の存在が発端のようです。 デリックメイソンは43才、引退して数年、スター選手はいろいろと大変ですね。

噂話
2年目OLBケビンドッドは怪我から回復するも出場機会を得られずインアクティブの扱いが続いています。どうもケビンドッドは4-3のDEに適性がある(というかそこしか働けないw)そうで、タイタンズのルボーシステムの中に居場所がないため、トレードを画策しているそうですがまとまらないそうです。トレードの交換条件として2018年のドラフト6巡指名権でもだめで、7巡にまで落とすかというレベルなのだそうです。ドラフト全体33位(2巡1位)だったんですけど.....
できればタイタンズでブライアンオラクポデリックモーガンの後継者になってほしいのですが、かなわぬ夢だったのでしょうか? 長い間タイタンズはドラフトで特に2巡で苦労しますね。

トレードの期限を迎える直前に目まぐるしいほどのトレードが成立して驚いています。 テネシータイタンズではRB:デマルコマレーが候補になっている記事を見ました。ランオフェンスをテコ入れしたいデトロイトライオンズへのトレードという内容でしたが、コルツのフランクゴアもライオンズが検討しているとか? よほどの条件でないとタイタンズはマレーを出さないと思います。

ジャガーズやテキサンズがシーズン半ばで戦力の梃入れを実施したことで地区内対決も激戦必至です。
今一度タイタンズのオールドスクールコーチ陣の老獪な采配に夢を託します。

TITAN UP !


関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

24

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マーカスマリオタ  コリーデイビス  セレブレーション  

Comment: 4  Trackback: 0

10月24日(火) ブラウンズ戦を終えて
昨日のブラウンズ戦に関し多くの関係者やタイタンズファンは不満を溜めてしまった事と思います。 特に”オフェンス”のパフォーマンスについてがっかりさせられました。 昨年以降より続いている”スロースタート”や昨年と打って変わって今年絶不調の”レッドゾーンでの決定力”等 これら重要な課題が改善の気配がまったくない事が残念でした。

コーチ陣はこのバイウィークを利用して詳細にフィルムスタディにて ゲームプラン、プレイブック編集、プレイにおける選手構成の再評価等徹底的にやると発表しています。 オールドスクールコーチたちを支える若手アシスタントの奮起を期待して止みません! 




ブラウンズ戦でのWRエリックデッカーは(たったの)2回ターゲットとなり、ドロップありの0レシーブという結果でしたが、この内容にデッカーの夫人である人気歌手ジェシージェームスデッカーツイッターで「先週(コルツ戦)は何だったの? なんでそれをリピートする決断をしないの? わたしはとても困惑してしまうわ!」と書き込んでいます。 夫であるデッカーはコルツ戦では大活躍していましたから気持ちはわからくもないですが、けっこうストレートにものを言う方なんですね~

ブラウンズ戦を終えて、TEデラニーウォーカーがふくらはぎの筋肉ではなく骨が原因の痛みが出ているようです。とても痛いらしいのですがレイブンズ戦には出場してほしいとマイクムラーキーHCがコメントしていますから深刻なレベルではなさそうです。
LGクイントンスペインがつま先を傷めたそうです。以前から引きずっていたらしいのですが、ここで同じ個所をまたやってしまったという事らしいです。

今年のドラフト1巡WRコリーデイビスは今週(月曜)から練習に参加し、レイブンズ戦に出場を予定しています。同じくS:ジョナサンシプリエンも同様でボルチモアレイブンズ戦に帰ってくる予定とのこと。 これはグッドニュースです。




アメフトで良く使われる言葉や慣習に ”セレブレーション”がありますが、テネシータイタンズは昨年あたりから 勝利後のロッカールームで 80年代の名曲「セレブレーション」のフレーズを歌うことを続けているのだそうです。 キースウィリスDLアシスタントコーチが盛り上げ役で一役買っています♪
オリジナルはクールアンドザギャング(Cool & The Gang)で当時世界中で大ヒットを記録した名曲と言えます。アメリカの今の若い人たちの中には”クールアンドザギャング”やEWF(アースウィンド&ファイヤー)を知らない人が多数いるという(信じられない)事実に驚きを隠せません。 そういう時代になったんですね~
音楽的にオールドスクールとして扱われていますが、彼らの音楽はクラシックの名曲として燦然と輝くものばかりです。 機会があればぜひ聞いてみてください♪

テネシータイタンズは今年とうとう本物をチームに招いてしまったというトピックスがESPNで映像になっていますので、興味のある方はどうぞお楽しみください♪

The Titans are celebrating the good times




Continue

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

21

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  コリーデイビス  アーロンワレス  

Comment: 0  Trackback: 0

9月21日(木) テネシータイタンズ ロスタームーブ
2017年シーズンも序盤2週を終えたばかりですが、故障者やデプスの薄いところを繕うロスターの更新で多くのチームは忙しそうです。 

テネシータイタンズもロスターの動きがありました。

OUT  OLB:アーロンワレス       IR登録

IN   WR:ザックパスカル(PSから)

OUT移籍  OT:タイラーマーズ(PSから) チャージャース契約

IN   OT:ブラッドシートン(2017ドラフト7巡)      PS加入

IN   OLB:トニーワシントン(オレゴン大)        PS加入 


WR:ザックパスカルの昇格は、期待の新人WR:コリーデイビスが先週の試合でハムをまた痛めてしまい、第3週は欠場が決まったため、層が薄いくなったWRデプスの補充措置でしょう。
チャージャースさんがOT:タイラーマーズを引き抜いてくれたため、新人ブラッドシートンがプラクティススクワッドに入れました。
OLB:アーロンワレスのIR入りは2週連続でインアクティブだったケビンドッドを起用すると思われるのですが、トニーワシントンも中も外もプレイできる利便性を買われてPSに加わっています。

アーロンワレスはプレシーズンから成長ぶりを見せていましたから残念ですが、しっかり健康を取り戻してきてください。ケビンドッドは彼自身のプロキャリアにおける正念場を迎えることになりそうです。 復調できればいいのですが.... 頑張れ!




NFL's Top 5 Offensive Lines for Week 2

テネシータイタンズOLはなかなかの評価をいただいているようです。 まだ2週にすぎませんが、ラン攻撃:リーグ6位、パスプロテクション:リーグ1位タイ、 ぜひともこの調子でお願いします♪





 

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

11

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マーカスマリオタ  コリーデイビス  アドレージャクソン  

Comment: 8  Trackback: 0

9月11日(月) NFL 2017シーズン 開幕 対オークランドレイダース戦
待ちに待ったNFL 2017年シーズンが始まりました。 テネシータイタンズはホーム:ニッサンスタジアムにオークランドレイダースを迎えオープニングゲームを戦いました。

26-16で敗れ、開幕を勝利で飾ることはできませんでした。 

今シーズンはタイタンズに対して 特に大きな期待を胸に抱きこの日を迎えたのですが.....

キックオフ最初のプレイ(オンサイドキック)からガックリさせられ、タイタンズディフェンスがレイダースの攻撃に手を焼き続け、一方タイタンズオフェンスは終始点数をリードされたこともあり ラン攻撃で戦ったのがほぼ前半だけ(少し言い過ぎ)。タイタンズがやりたかったラン攻撃を、逆にレイダースにうまくやられてしまったという内容でした。 

しかしビーストさんのすごい破壊力は健在でした。 タイタンズDLはレイダースOLに歯が立ちませんでした。この先DLも鍛錬を進めないと心配になってくるかもしれません。

新人CB:アドリージャクソンが先発をしましたが思いっきり狙われ、ほろ苦いデビューとなってしまいました。それでも随所にナイスプレイもあり、今後経験を積んでいけば楽しみな選手になってくれそうな片鱗を垣間見せてくれました。 リターンゲーム時の牛若丸かのような八艘飛び(二人まとめて飛び越えた)は気持ちが入っていたのでしょう。 まああまり無理せずにお願いします。

QB:マーカスマリオタは41試投25成功、256ヤード、0TD, 0INT、26ヤードラン、1TDという成績。 エリックデッカーコリーデイビスタイワンテイラージョンヌスミスらとは最初の実戦でもあり、少々苦労していました。 自分で走って攻撃をつなげたり、悪くはなかったと判断したいです。あとは上記メンバーと息が合ってくれば今後パスオフェンスも楽しみになると思います。

今年のドラフト全体5位指名WR:コリーデイビスは限定的な起用ということでしたが、6レシーブ、69ヤードとなかなかの活躍でした。サイドライン際を駆け上がりCBと競り合ってジャンプキャッチしたプレイは圧巻でした。将来タイタンズの代表レシーバーとして活躍してもらいたいですね~

ベテランWR:エリックデッカーは3レシーブ10ヤードと本来の実力を考えると不甲斐ないものでしたが、今後に期待でしょうか。

スペシャルチーム.....  真剣に取り組まないと地区優勝とかプレイオフなど望めません! と、チームも十分に承知しているのに結果が好転してきません。 K:ライアンサコップも50ヤード前後のキックの精度をあげてほしいところです。 レイダースのピンチヒッターKが素晴らしかったので、ついぼやいてしまいました。

ゲームプランとプレイコールについての不満は、(昨年の開幕バイキング戦の記事でも書いているのですが)まったく進化いや進歩がまったく見られないことにあります。 高齢者コーチ軍団だからこそ踏ん張って活躍してほしいのですが、HC, OC、STCは良く反省してほしいですね~


Oakland Raiders vs. Tennessee Titans highlights | Week 1






SAYURIさん、MARIさん、テネシータイタンズチアリーダーズデビューおめでとうございます!!

Sayuriさん09112017
Marisann]09112017

ニッサンスタジアムも大いに盛り上がっていたようで良かったですね。 長いシーズンですが頑張ってください。






関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

22

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マーカスマリオタ  コリーデイビス  タジャエシャープ  

Comment: 3  Trackback: 0

8月22日(火) コリーデイビス、タジャエシャープ復帰近し
テネシータイタンズ、先週のカロライナパンサーズ戦では主力級レシーバーを4名も欠く布陣で戦いましたが、今週から2年目タジャエシャープが練習に参加するようになりました。PUPリストから脱出です。 また今年のドラフト全体5位:コリーデイビスもプレシーズンゲーム第4戦:カンサスシティチーフス戦でプレイすることを念頭に置き調整に入っているとのニュースがアナウンスされています♪

ここに来てみな戦列に復帰してくるようで楽しみです。 リシャードマシューズも怪我ではないので今週はプレイするはずです。 

マイクムラーキーHCは第3戦シカゴベアーズ戦では、マーカスマリオタと先発陣を前半戦いっぱいプレイさせると言っています。先発クラスはここでしっかり調整してほしいですね。

ロスター入りを狙う選手にとってもあと2戦しかありません。 集中してアピールできることを期待しています。

 

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

02

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マーカスマリオタ  コリーデイビス  

Comment: 2  Trackback: 0

8月2日(水) テネシータイタンズ キャンプ day 4
テネシータイタンズのキャンプ4日目です。

この日最も目立って優秀だったのはQB:マーカスマリオタだったそうです。良く動けており、自分の足を積極的に使う場面も見せたとのこと。 ポケットでの動き、またポケットを出てからの動き、とても良い判断ができているそうです。
テリーロビスキOCはマリオタの動き(含ロールアウト等)を生かしたプレイを設計し、今年のプレイブックに組み入れているそうです。 チームもファンも心の中でひっそり心配していたマリオタのモビリティについて、これまでの4日間で不安は一掃されたと言ってよいのではないでしょうか。

ILBエイブリーウィリアムソンがOLと小競り合いを演じてしまったようです。みな必死でヒートアップしてしまうのは止む無しなのでしょうが怪我にまで発展しないようお願いします。 
Sジョナサンシピエンブラインデントラウィックらが強烈なタックルを新人達にヒットすることが続き、ハードヒットを好むムラーキーHCもさすがに”キルショット”を避けるよう指示をだしたようです。

注目のWRコリーデイビスは今日は良いパフォーマンスを見せ、Play of the dayを獲得したようです。




新人TE:ジョンヌスミスはブロッキングドリルを熱心に取り組み、ケビンドッドアーロンワレスらを相手にOne on oneでパスプロ(パスラッシュ)ドリルをこなしたようです。

OL。 昨日はDLにしてやられた感のある彼らは、今日見事にやり返して見せました。 ジョンロビンソンGMがWWEプロレス風チャンピンベルトをフィールドに持ち寄り、ポジションユニットごとに競わせました。 今日の対戦は、One on one OL対DL。
テイラーリーワンVSブライアンオラクポクイントンスペインVSジュレルケーシーベンジョーンズVSダクアンジョーンズジョシュクラインVSオースチンジョンソンジャックコンクリンVSデリックモーガンという対戦組み合わせ。
結果はOLの圧勝。 クイントンスペインがジュレルケーシーに敗けた以外はすべてOLが勝ち、チャンピオンベルトを獲得、保持するそうです。

タイタンズの4日目はとてもフィジカルな練習日となったようです。 怪我人情報としては、タジャエシャープがまだ見学を続けているぐらいで、みな元気でいるのが素晴らしいと思います。

現地水曜は休み、木曜から再開です。

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ