FC2ブログ
1
2
3
5
6
7
8
9
10
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2019

NFL テネシータイタンズの戦いを応援していきます。


プロフィール

Code Blue Tokyo

Author:Code Blue Tokyo
テネシー・タイタンズの戦いぶりを通してNFLの面白さや素晴らしさを、皆さんにお伝えする機会としてお役立てれば幸いです!

最新コメント
14

Category: アメフト

Tags: NFL,  テネシー・タイタンズ,  ジェイク・ロッカー,  クリス・ジョンソン,  ライアン・フィッツパトリック  

Comment: 0  Trackback: 0

10月14日(月):NFL第6週@シアトル戦
シーホークス巻き返し、堅守でタイタンズに快勝
現地13日、シアトル・シーホークスは本拠地でテネシー・タイタンズと対戦。前半にミスからリードを奪われるも、
後半着実に巻き返して逆転し、20対13で勝利を収めた。シーホークスは連敗回避で5勝1敗、タイタンズは3勝3敗となった。(NFL JAPAN)

先週もチーフス戦と似たり寄ったりで、オフェンスがまともに機能していません。スペシャルチームは今週はビッグプレイを生み出し、チームに貢献していました。 今回もディフェンスは良くやっていると思います。
終盤息切れを起こすのは、オフェンスが時間を使えない、つまり攻撃が機能しないために影響が出てしまっているよう見受けられます。しかしQB:フィッツさんには、ため息すら出なくなりました.....
このまま彼を使い続けるというのは、どういう魂胆が背景としてあるのか? 試合を見ながらずっと妄想を始めていました~ フィッツパトリックを起用する試合を見るのは、人として懐の深さまたは器量を試されている気がしてなりません。私は我慢が足りないことでそれらの浅さや小ささを自覚せざるを得ないことに気が付くのです。 
タイタンズの控えQB史上最低クラス(ラスティ・スミスとライアン・フィッツパトリック)なのは間違いないです(しかも両方とも今シーズン在籍という悪夢w) お願いですから他QBに活路を見出すことを考えましょうよ!(ジェイク・ロッカーは6週間は無理っぽいとの噂がでてましたw)

 RB:クリス・ジョンソンは33ヤード、いつもと変らずw しかし単調な起用方法にはOCにも責任があるはず。
もっとプレイのバリエーションを増やさないとこのままシーズン終了まで行きそうですね。
OLもC:ロブ・ターナーに加えてLG:アンディ・レビトレもいまひとつ冴えないです。昨年よりはましというレベルでは困りますね。RBにジャッキー・バトルも怪我で途中で引っ込んでしまい、クリス・ジョンソンとダリウス・レイナードしかおらず、ランプレイを制限する限定的な起用にしたのでしょうか?
ケニー・ブリットは2スナップだけと大活躍です。もうトレードしかないですね(3巡が欲しいけど無理かな)

本当に今シーズンのタイタンズのゲームは勝っても負けても、見ていると健康に良くないです。
このオフ、いつになくお金をかけてFA補強してがんばったのに、シーズンインしてから怪我人対策とか戦力の維持に何も動きを見せてくれない(ワークアウトは随時開催しているようですがw)ままできています。中途半端に今シーズンを終わらせないで、とことん行きましょうよ~

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

02

Category: アメフト

Tags: NFL,  テネシー・タイタンズ,  ジェイク・ロッカー,  ライアン・フィッツパトリック  

Comment: 0  Trackback: 0

10月2日(水): ロッカーの怪我など
タイタンズ不幸中の幸い、QBロッカーは3試合欠場か
テネシー・タイタンズは現地1日、9月29日の試合で負傷交代したクォーターバック(QB)ジェイク・ロッカーが今季絶望となる重傷は避けられたことを明らかにした。

 ロッカーは第4週のニューヨーク・ジェッツ戦で、でん部を負傷。NFLネットワークのアルバート・ブリアー氏によると、3試合を欠場する見通しで、戦列復帰はバイウィーク明けの第9週セントルイス・ラムズ戦になると見られている。
(NFL JAPAN)

どうやら最悪の事態は免れたようです。 彼の早期復帰を期待します。 同時に膝も捻挫してしまっているので、こちらも気になりますね。 ライアン・フィッツパトリックも環境が変わり、もう1段円熟味を増してもらって、チーフス、シーホークス、49ersらと戦い抜いてください。 そして控えを誰にするのか気になります。 


デビッド・カー、ジョン・スケルトン(49ers入り)のワークアウト後、4人のWRとワークアウトを予定しているようです。
元コルツのオースチン・コーリー、ジョーダン・シプレー、ドリアン・ディッカーソン、アイザイア・ウィリアムス。
うーむタイタンズのレシーバー陣で誰か故障気味なのでしょうか? ケンドール・ライト? 脳震盪とか起こしたとか起こさないとかあったような~ 

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

01

Category: アメフト

Tags: NFL,  テネシー・タイタンズ,  ジェイク・ロッカー,  デビッド・カー    

Comment: 0  Trackback: 0

10月1日(火): どうする第3QB
 QB:ジェイク・ロッカーの次戦欠場が決まりました。 いつ復帰できるかまだ判明していません。
当面はライアン・フィッツパトリックで戦うにしろ、その控えを早急に決めねばならなくなりました。

テネシー・タイタンズは、デビッド・カー(懐かしいな)とジョン・スケルトンのワークアウトを決めた模様。
さらにマット・ライナートも検討しているとのニュースが伝わっています。

 こうなったら あの人はどうでしょう? 前HCもいないし....
充分社会の荒波に揉まれて人間的にも成長してるはず?
ドゥエル・ロゲインズOCとも旧知の仲だし..... 
不可能でしょうかねw  やっぱり......w

せっかく良いスタートを切った今シーズンですが、この難局をどう切り抜けるか?
球団一丸となって必死でがんばるしかないです。

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

30

Category: アメフト

Tags: NFL,  テネシー・タイタンズ,  ジェイク・ロッカー,  ジャスティン・ハンター,  ブレット・ケーン,  アルテラン・バナー  

Comment: 2  Trackback: 0

9月30日(月):NFL第4週NYジェッツ戦
 今期2勝1敗同士、あとがない崖っぷちのコーチ陣、若きエースQB擁立、守備陣が好調と、似通ったチーム事情同士の対戦は、意外な展開となってしまいました。 終始リードを保ちつつ勝ちきったのは初戦スティーラーズ戦もそうでしたが、今回は見ていて胃が痛くなることもありませんでした。 ジェッツには大敗を与えたものの、エースQBを負傷退場させられたのは残念でした。

 タイタンズが何かしたというよりは、ジェッツ(ジーノかな?)の自滅(INTやターンオーバー)をうまく得点に結びつけただけです。このような試合展開に導いたのは、タイタンズ・ディフェンスの奮闘あってのものです。DL、LB、DB みんなGJでした。

 タイタンズQB:ジェイク・ロッカーは、素晴らしいパフォーマンスを披露してくれました。 どうやら先週の活躍もフロックではなかったようです。(個人的にはもう見限っていて、次シーズン前にFA補強かドラフトで新QB選びをと考えていました。彼ジェイク・ロッカー様を見くびっていたようで、彼には深くお詫びします。ごめんなさい) パス24回試投18回成功成功率75%は3Q前半で引っ込む前まででお見事です。しかしジェッツのDT:ウィルカーソンにレイト気味な猛タックルをくらい、足(付け根)にダメージを受けてしまいました。やっと調子が上がってきたエースQBをこの時期に壊されるのはとても痛いですね。 ダメージが浅ければ良いのですが......

両チームともに地上戦を展開できず、特にタイタンズのRB:クリス・ジョンソンは15キャリー21ヤードと押さえつけられました。OLもまだまだ課題が多いようです。特にC:ロブ・ターナーはウィルカーソンにやられっぱなしでした。
レシーバー陣はQBが好調なので捕球機会が増えています。ネイト・ワシントンが頼もしい活躍を続ければ、ダミアン・ウィリアムス、ケンドール・ライトも良いターゲットになっていました。特筆すべきはジャスティン・ハンターの先週に続くTDレシーブでしょうか? このルーキーはドラフト34番目としてタイタンズが遡って指名に行った甲斐があったというものですね。”何か”を持っている選手の予感がします。
(ケニーブリットがインアクティブでも問題なく戦えました。どこかとうまくトレードを決めてほしいです)

 ディフェンスでは、CB:アルテラン・バナーが2INTをマーク、もうタイタンズのウィークサイドCBとは言わせない活躍ぶりです。ジェイソン・マッコウティ、コティ・センサボーもしっかり仕事をしていました。 セーフティもジーノ・スミスを混乱に陥れる活躍ぶりは見事でした。DL:カール・クルーグも光っていました。
 
 この試合で印象に残ったプレイは、3QNYジェッツの攻撃:4th&1のギャンブルを止めたプレイです。 9人がフロントに上がって、ジェッツのランを阻止しました。 レックス・ライアンHCの親父さんもオイラーズのDCをしていたこともあり、バディ&レックスファミリーへのオマージュ・プレイなのかと思ったりしました。

STでは、ブレット・ケーンのパントが素晴らしかったです。 常に良いフィールドポジションで戦えていました。

ここまで3勝1敗。このオフからのテコ入れは間違っていなかったと言えるのでしょうか?
ともかく、勝って兜の緒を締めよ! テネシー・タイタンズ♪



関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

23

Category: アメフト

Tags: NFL,  テネシー・タイタンズ,  ジェイク・ロッカー,  クリス・ジョンソン,    

Comment: 0  Trackback: 0

9月23日(月): NFL第3週ホーム開幕戦
待ちに待った本拠地ナッシュビルでのオープニング・ゲームは、プレゲームショウとして大物歌手エイミー・グラントを準備する気合の入れようで、試合もファンにとっては最後までハラハラドキドキのスリリングな展開となりました。

タイタンズ逆転勝ち、QBロッカーが終了間際に決勝TD

テネシー・タイタンズは現地22日、本拠地でサンディエゴ・チャージャースと対戦。クォーターバック(QB)ジェイク・ロッカーが試合終了間際に決勝のTDパスに成功し、に20対17で勝利した。これでタイタンズは2勝1敗、連勝を逃したチャージャースは1勝2敗となった。(NFL JAPAN)

最後にドラマチックなTDパスで逆転勝ちを決めたタイタンズでした。この試合のMVPはディフェンス陣に与えたいと思います。チャージャーズの主力が欠場したことにも助けられましたが、Pリバースのパスを184ヤード、1TD に抑えられたのは、評価してあげたいです。 
 
オフェンスではQB:ジェイク・ロッカーがキャリア2位の記録となる299ヤード1TDと期待に応える活躍を見せ、WR:ネイト・ワシントンは8捕球131ヤード、ケンドール・ライト:6捕球71ヤード、TE:デラニー・ウォーカー:5捕球49ヤードとレシーバー達も結果を出せています。地元テネシー大出身のルーキーWR:ジャスティン・ハンターはプロ初捕球がTDレシーブ、しかも勝負を決する大事な局面で魅せてくれました。試合前金曜の練習でハンターがロングパス捕球を練習で決めていたニュースを写真付きで見ましたが、まさに同じ事を大一番で決めてくれました。
クリス・ジョンソンは19回キャリーで90ヤード、平均4.7ヤードとしっかり仕事をしてくれています。ロッカーのTDを決めたプレイでは、良いところでブロックをし、貢献しています。
 
ディフェンスではDL,LB、DBそれぞれが良いタックルを見せ、大きなダメージにつながる流れを作らせなかった事が大きいと思いました。DT:アントニオ・ジョンソン、LB:モイス・フォコウ、CB:ジェイソン・マッコウティらが印象に残りました。SS:バーナード・ポラードはFGブロックを決めてくれました。この人が加入したことで若い選手たちが成長しているのでしょう。本当に良い選手を獲得できものだとつくづく感ぜずに入られない今日この頃です。
LB:アキーム・エイヤーズ、ザック・ブラウンの二人はそれぞれ1タックルと数字的には物足りないですが、負傷で無ければ良いのですが気になります。

一方この試合でメタメタだったのがケニー・ブリットでした。ここまで全然調子が上がってきていませんw 大事な局面でのミスを連発し、最終的に0捕球は痛いです。 つい先日ツイッターでタイタンズとは今年限りで終わりだとか問題発言をしたばかりでその余韻も覚めやらぬタイミングでこの体たらくとは、自分で墓穴を掘ったも同然です。ここまでチームがどれだけプライベートでやらかした数々の失点を庇い続けてくれたのか、念頭にもうないんでしょうねw パックマン・ジョーンズ、ビンス・ヤング、ケニー・ブリットと続いたタイタンズのドラフトの黒歴史時代に幕を引いてもらいましょう.....
K:ロブ・ビロナスもミスが続きます。 昨年もシーズンイン直前までスランプに苦しんでいましたが、シーズンにはしっかり本来の自信を取り戻してプレイできていましたが、今年は心配です.....
チームで反則:11回116ヤード罰退: これは目を覆いたくなる酷さです。これを減らせればもっと楽になれるのですが、なかなか難しいですね~ 

思えば1992年以来チャージャースには勝てていなかったらしいです。9連敗中という不名誉な記録更新中だったわけで勝ててよかったです。今のコーチ陣のコアメンバーはその1992年現役選手として活躍していたですから、ずいぶん時代を感じます。

これで2勝1敗、ここから波に乗って勝利を重ねてください!







関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

16

Category: アメフト

Tags: NFL,  テネシー・タイタンズ,  ジェイク・ロッカー,  クリス・ジョンソン,    

Comment: 0  Trackback: 0

9月16日(月): NFL第2週テネシー@ヒューストン
テネシー・タイタンズはヒューストンで第2戦を戦い、OTオーバータイムで力尽き負けてしまいました。
タイタンズ・ディフェンスはかなりがんばったのではないでしょうか? オフェンスが時間を使えずにディフェンスが終盤スタミナ切れをおこし敗れてしまいましたが、終盤までロースコアゲームの展開を維持できていました。
 この試合の敗因は、オフェンスのプアなパフォーマンスにあると思います。OL特にC:ロブ・ターナーによる反則の連続は致命的でした。QB:ジェイク・ロッカーも中には良いドライブやパスもありましたが、トータル148ヤードはちょっと悲しい数字ですね。パス攻撃はバリエーションを増やさないとこの先望めないのではないでしょうか? ロッカーの機動力を活かすプランはどこに消えてしまったのでしょう? この2戦、不満の残るタイタンズの攻撃でした。

 最終的にフォスター、テイトの二人にトータルで172ヤード走られましたが、開始から56分間はそれなりに対処できていたのではないでしょうか?(苦笑 
新加入のサミーリーヒルは早々に負傷退場しています。先週も17スナップしかプレイしておらず、少々物足りない働きぶりです(ジュレル・ケーシー:45、デリック・モーガン:49 スナップ)。
パス守備もまだまだヌルイですが、昨年よりは数段まともになってきているようです。
アルテラン・バナー、バーナード・ポラードが各1INTを記録したものの、サックはデリック・モーガンとキャメリオン・ウィンブリーの各1回に止まりました。LB陣ではザック・ブラウンが最多の12タックルと活躍しています。
エイヤーズ、フォコウ共々良くやってくれているように見えます。

この地区チャンピオンとの対戦/敗戦から、多くを学んでいただきたいものです。
次週はホームでの開幕戦になります。 がんばってください。


Continue

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

09

Category: アメフト

Tags: NFL,  テネシー・タイタンズ,  チャンス・ウォーマック,  ジェイク・ロッカー,  ショーン・グリーン,  クリス・ジョンソン,  マーク・マリアーニ    

Comment: 0  Trackback: 0

8月9日(金): プレシーズンゲーム① レッドスキンズ戦
プレシーズンゲーム第1週:対レッドスキンズ戦がホーム:LPフィールドで行われました。テネシータイタンズとしては、オフシーズンのすごし方(言い換えますと準備ですか)を問われる機会が始まったことになります。

<オフェンス>
勝負の年となるQB:ジェイク・ロッカーは、前半2Q通してプレイしました。パス試投11回、成功7回、獲得ヤード58ヤードという数値が示すように、パッシングゲームは不安を払拭できなかったように見えました。手の内を隠したとか、ショーヤーデージに多投させてパス精度向上をアピールさせたとか、いろいろ事情はあるでしょうが、成長してくれているのでしょうか?? 

オフェンスラインの強化に力を注いできたわけですが、今日はRT:デビッド・スチュワートが欠場し、代わりにマイク・オットーが先発しました。Cはロブ・ターナーが抜擢されています。ドラフト1巡:チャンス・ウォーマックはRG、アンディ・レビトレがLGでプレイしています。 ウォーマックはひとつサックを与えるミスをしでかしましたが、ショーン・グリーンのTDランのプレイでは、きれいなプルアウト・ブロックを決めて貢献しています。
OLの練度を高めるためにも、より練習が必要そうです。 でも今日は及第点あげてもいいかな?

<ディフェンス>
グレッグ・ウィリアムスがサイドラインに立ち、ジェリーグレイDCはコーチBOXという変化を最初に発見。 チームで一番注目されている(はず?)のCBのポジションバトルですが、今日はジェイソン・マッコウティーとアルテラン・バナーが先発しました。(次戦はトミーキャンベルが先発するようです)ニッケルにコティ・センサボーということで、昨年と変らないメンバーで、昨年と変らないがんがんパスを通されるザル守備という内容に見えました。
これでCBのマンカバー・プレイを増やしていいのでしょか? 少し心配しています。
ルーキーCB:ブリジレー・ウィルソンもバトルに加えてあげてください。 

昨年FA加入したキャメリオン・ウィンブリーが控えでプレイしていたように見えたのは気のせいでしょうか? 新勢力の台頭だったら嬉しいのですが。デリック・モーガンは動きが良かったように見えました。かなり体をシェイプして現れたと報じられていましたし、今後の活躍が楽しみです。

MLBはモイス・フコウが先発していました。コーリン・マッカーシーの健康状態が完全ではないのでしょう? アキーム・エイヤーズ、ザック・ブラウンは元気そうでした。スコット・ソロモンがDEからOLBにコンバートして出場していました。MLBが固定化され、踏ん張れれば、楽しみなユニットだと期待しているのですが~w

スペシャルチームで、マーク・マリアーニが復帰し、彼らしい良いリターンを見せてくれています。ダリウス・レイナウドと交代で、KRを勤めていました。 何とか最後までロスターに残ってもらいたい選手です。

タイタンズ、がんばってください。


関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

23

Category: アメフト

Tags: NFL,  テネシー・タイタンズ,  ジェイク・ロッカー,  ドゥエル・ロゲインズ,  チャンス・ウォーマック  

Comment: 0  Trackback: 0

7月23日(火): キャンプ開始
今年はいつになく シーズンまでが長く感じられます。
やっと今週末からキャンプが始まりますし、いよいよという雰囲気になってくるのでしょう。
(シーズンが始まると夢が消え去り、現実に向き合わねばなりませんし、今だからできる妄想を楽しんでおきます)

我らがテネシー・タイタンズ、もっぱらの話題は司令塔:ジェイク・ロッカーについてばかりです。
たしかに3年目エースQB:ジェイク・ロッカーの成長にすべてがかかっていっているといっても過言ではありません。
ドゥエル・ロゲインズOCは、ロッカーの機動力を活かしたクオーターバッキングをさせると公言しています。
怪我とは無縁のシーズンを送ってもらいたいです。

今年のドラフト1巡全体10位指名のOG:チャンス・ウォーマックとチームはまだ契約をまとめられていません。
指名前後の人の状況を見ているのでしょうか? 早くすっきりしてください。


関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ