FC2ブログ
1
3
5
6
10
11
12
13
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2019

NFL テネシータイタンズの戦いを応援していきます。


プロフィール

Code Blue Tokyo

Author:Code Blue Tokyo
テネシー・タイタンズの戦いぶりを通してNFLの面白さや素晴らしさを、皆さんにお伝えする機会としてお役立てれば幸いです!

最新コメント
12

Category: アメフト

Tags: NFL,  テネシー・タイタンズ,  ダノーリス・シアシー,  ジェイク・ロッカー、  

Comment: 2  Trackback: 0

3月12日(木): FA続報
アグレッシブな大物補強や珍しいトレードなど、今年のFA戦線は大盛り上がりとなっています。 我らがテネシー・タイタンズもWR:ハリー・ダグラスに続き、元ビルズのSS:ダノーリス・シアシーを4年契約2400万$で獲得しました。LB:ザック・ブラウンとはノースカロライナ大で2年間チームメイトでした。 去っていったバーナード・ポラードのリプレイスとして期待がかかります。

FAも速やかに動かなければなりませんが、ドラフト候補のプロデーが始まっており、連日有力候補在籍校へ足を運ばねばなりません。11日はUSCにDT:レオナード・ウィリアムス、12日はオレゴン大のプロデーにQB:マーカス・マリオタを確認にGMを筆頭にHC以下コーチ陣、スカウトが駆けつけます。

現時点でのドラフト候補は、依然レオナード・ウィリアムスとマーカス・マリオタですが、まだまだこの先紆余曲折が待ち受けていそうです。 トレードダウンも依然として可能性があるでしょうし、タイタンズはFAでQB獲得に積極的に動いたのかどうか疑わしく、依然ザック・メッテンバーガーとチャーリー・ホワイトハーストのままという少々心もとないデプスのままという状況が不安視されているのでしょう。 (セインツのエースQBを含むトレードが画策されているとの噂があったり、この時期いろいろ話が錯綜していて楽しかったり、心配したりですね)



若きエースと期待されてきた2011年ドラフト1巡全体8位指名:QBジェイク・ロッカー(26才)が引退を表明しました。負傷に苦しめられたNFLキャリアでした。 当時ラストン・ウェブスターGMとマイク・マンチャック新HCが将来を委ねた期待のQBでしたが、シーズンを通して一度も戦い抜くことができませんでした。 練習熱心で真面目なパーソナリティの持ち主でしたが、結果としてタイタンズ低迷を招いた張本人と言えそうです。 残念でした。 それにしても、こんなにあっさりとNFLキャリアを諦めるとは、相当傷んでいたんでしょうか?

元タイタンズのコートランド・フィネガンも引退表明です。 お疲れ様でした。
ジェッツをリリースされ、オーランドで鉄砲で打たれたクリス・ジョンソンを呼び戻すという話も出ていますが、もうその必要はないでしょう。

デリック・モーガンがファルコンズとバッカニアーズを訪問とか....本人は4-3DEに戻りたいとか? タイタンズはなんとか彼を引き留めた方が良いと思うのですが、どうなるのでしょう? 

そろそろでしょうか 師ディック・ルボーを慕って弟子達が移籍してくるのは? エ○バの証人とかいかないで欲しいです。

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

22

Category: アメフト

Tags: NFL,  テネシー・タイタンズ,  ロブ・ビロナス,  ジェイク・ロッカー、  

Comment: 2  Trackback: 0

9月22日(月): ロブ・ビロナス、NFL 第3週 @シンシナティ戦
今回は悲しい事が重なりました。
ベンガルズ戦前に、タイタンズで長くキッカーを務めていたロブ・ビロナスが交通事故死しました。

前タイタンズKビロナスが交通事故で死亡

現地20日、前テネシー・タイタンズのキッカー(K)ロブ・ビロナスが交通事故を起こし死亡した。
36歳だった。

 『ナッシュビル・メトロメディア』によれば、ビロナスは運転していたSUV車のコントロールを誤り、
道を外れて木が生えているエリアへ突っ込み転倒したという。すぐさま救急車でバンダービルト大の
メディカルセンターに運ばれたが、その後死亡が確認された。ドラッグ使用や飲酒の痕跡はみられないという。
(NFL JAPAN)

NFL Titans Kicker Rob Bironas Killed In Car Crash | Rob Bironas Dies In Car Crash


彼と条件面で折り合えていれば、双方また違った今日を迎えていただろうに.....
テリー・ブラッドショウの娘さんと結婚したばかりだったのに残念です。
ご冥福をお祈りします。



ベンガルズが開幕3連勝、33点連取でタイタンズ一蹴

現地21日、シンシナティ・ベンガルズは本拠地でテネシー・タイタンズと対戦。クォーターバック(QB)アンディ・ダルトンが
奇策でTDレシーブをマークするなど序盤から一方的に攻め立て、33対7で完勝した。ベンガルズは8年ぶりの開幕
3連勝を決め、次週のバイウィークに入る。
(NFL JAPAN)

この試合結果はあまりに想像どおりだったのが悲しいですが、冷静を保って見る事ができました。
敗因を幾つもあげることもできますが、ここではコーチ陣に帰するということにしておきます。
残り13戦を考えるとチームの改革ポイントがより明らかになりました。

しかし、ジェイク・ロッカー どうしちゃったの??

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

13

Category: アメフト

Tags: NFL,  テネシー・タイタンズ,  ジェイク・ロッカー、  

Comment: 0  Trackback: 0

9月13日(土): 第2週ダラス戦を前に
初週チーフス戦で良い戦いぶりを発揮できたことで、タイタンズ周辺はハッピーモードのようです。
今度のカウボーイズ戦もやや有利というイメージをマスメディアが意図的に流しているようで心配です。

Cover 3 w/KB: Previewing Titans-Cowboys

パワフルで威力のあるダラスの攻撃力をどこまで止めることができるか? 
タイタンズ:レイホートンDCの新システムの試金石となることでしょう。 

侮る無かれ タイタンズ! 

Continue

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

08

Category: アメフト

Tags: NFL,  テネシー・タイタンズ,  ジェイク・ロッカー、  

Comment: 0  Trackback: 0

9月8日(月): 祝開幕! ナイス テイクオフ タイタンズ!
テネシー・タイタンズは敵地アローヘッド スタジアムで開幕戦 勝利を飾りました♪
フランチャイズ通算400勝達成! 新オーナー:トミー・スミス(故バド翁の義理の息子)就任初勝利!

タイタンズの攻守が好連携、3INT奪取でチーフスに完勝

現地7日、テネシー・タイタンズは敵地でカンザスシティ・チーフスとの今季開幕戦に臨み、
守備陣が3INTを奪うなど攻撃陣と好連携。効果的に得点し、26対10で完勝した。
(NFL JAPAN)

タイタンズ@チーフス ハイライト

 タイタンズの完勝と言わせてもらっても良い試合内容でした。 もっともペナルティの多さやパスプロ等
反省すべき材料を幾つも挙げることができますが.... 今は素直に勝利を喜ばないといけませんね。

以下に寸評を記します。

QB:
ジェイク・ロッカー: 22/33回成功、266ヤード、2TD、Rating 111.4
 
何度もプレッシャーやサックを受けつつ、冷静にプレイしてくれました。 GJ! 
彼の健康を維持することは、チームの至上命題ですから、一刻も早くフィックスしてください。

RB:
ショーン・グリーン、デクスター・マクラスター、ビショップ・サンキー、レオン・ワシントン
SグリーンとDマクラスターを中心に起用し、リードしてから新人をデビューさせました。
ラン攻撃はまだまだ良くなる素地があるので、今後に期待したいところです。

WR: TE:
ジャスティン・ハンター、ケンドール・ライト、ネイト・ワシントンをメインに8人がレシーブを記録。
Jハンターのレシーブ3回で63ヤードは、敵にとって脅威になるでしょう。今後が楽しみです。
TE:デラニー・ウォーカーが信頼感あるレシーブを随所で見せてくれました。レッドゾーンでも見事。

OL:
OTの二人はまずまず及第点でしたが中のOG,とCは、特にパスプロで問題が露呈してしまいました。
アンディ・レビトレは特に良くなかったです。 やはり万全ではないのでしょうか?
大黒柱ジェイク・ロッカーを守るために早急に対策を講じるべきでしょう......
ランブロックも良くなかったと思います。

ディフェンスは、プレシーズン・ゲームを通して心配されたきた新守備システムでしたが、
この日は締めるべきところはしっかり仕事ができていました。 爪を隠していたのかホートンDC。

DL:
ジュレル・ケーシー、サミー・ヒル、Rピトイツア、控えのカール・クルーグも奮闘。
敵QB:アレックス・スミスへのプレッシャーを与え続けていました。 GJでした。

LB:
開始早々ザック・ブラウンが負傷退場で心配されましたが、そんな不安を払拭する働きを見せました。
印象的だったのは、デリック・モーガンがボールキャリアを追廻し続ける驚異的な運動量でした。すごいです。
結果としてジャマール・チャールスをわずか19ヤードに封じ込めたのはフロント、2列目の功績ですね。

DB:
ドニー・エイブリーに7回84ヤードを許すも、彼へのディープパスを2INTし、勝利を引き寄せたのは、
CB:ジェイソン・マッコウティーやセカンダリー陣のがんばりでした。 初先発のCB:ブリジレー・ウィルソンも
ニッケルに回ったコティ・センサボーも、無用な反則を取られたりしましたが、及第点はあげられるかな?
セーフティー:マイケルグリフィンも1INTゲット。パスカバーにランサポートに効果的に動いてくれたようです。

スペシャル・チーム:
チーフスから来たライアン・スコップが堅実にPATやFGを決め、古巣を見返す形になりました。
リターナーのレオン・ワシントンは序盤にファンブルするも味方がカバーし事なきを得ました。

反則12回、110ヤードと乱発。 これで1TDを献上したようなものでした。
タイムオブポゼッション 37:44 リードを維持して試合を支配できました。

”勝って兜の緒を締めよ” というわけで、次戦はホームにダラス・カウボーイズを迎え討ちます!





関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

28

Category: アメフト

Tags: NFL,  テネシー・タイタンズ,  ジェイク・ロッカー、  

Comment: 4  Trackback: 0

6月28日(土)ポジションバトル
現在選手90人が在籍し最終ロスター入りを目指して熾烈なポジションバトルが始まっていますが、
ポジションごとに簡易ブレイクダウンをしてみます。

QB:
ジェイク・ロッカー、チャーリー・ホワイトハースト、ザック・メッテンバーガー

怪我がちなエースは後がありません。今年こそシーズンを通してプレイできることを証明する必要があります。
チームリーダーとして他の選手から一目置かれている存在というのは嬉しい限り、頑張って下さい。
チャーリー・ホワイトハーストは昨シーズンからチーム’WIZ’の戦術を理解している頼もしい控役です。
ルーキー:ザック・メッテンバーガーは3番手でプロの水に慣れて(けがを完治させて)、後半以降で出場機会を
待つということになります。 もしジェイクに何かあったら、この人が代役を務める可能性が高い気もします。

RB:
ショーン・グリーン、ビショップ・サンキー、デクスター・マクラスター、ジャッキー・バトル、コーリン・ムーニー、
レオン・ワシントン、アントニオ・アンドリュース、ウェイモン・ジェームス他

ショーン・グリーンのコンディションが気になるところですが、ルーキー:ビショップ・サンキー、デクスター・マクラスターの3人は確定的です。残り1枠あるかないか?をその他のメンバーで競っている状況です。レオン・ワシントンはリターナーとして残れるでしょう。

WR:
ケンドール・ライト、ジャスティン・ハンター、ネイト・ワシントン、マイケル・プレストン、ブライアン・ロビスキ、
マーク・マリアーニ、リコ・リチャードソン、etc...

ケンドール・ライト、ジャスティン・ハンター、ネイト・ワシントンは確定、4番手をマイケル・プレストン、ブライアン・ロビスキ、マーク・マリアーニで競い合う状況ででょうか? ケニー・ブリットとダミアン・ウィリアムスがチームを去り層が薄くなっています。このポジションはUDFAにもチャンスがありそうな気がします。

TE:
デラニー・ウオーカー、クレイグ・スティーブンス、テイラー・トンプソン、アダム・シルツ、ジェイソン・シェルパー

このポジションはHCのシステムのコアとなるようで1名枠を増やすかもしれないです。これまでの3名(ウオーカー、スティーブンス、トンプソン)にもう1名という感じでしょうか?

OL:
マイケル・ルース、アンディ・レビトレ、ブライアン・シュエンケ、チャンス・ウオーマック、マイケル・オアー、アンディ・レビトレ、テイラー・リーワン、バイロン・スティンジリーその他

今年のタイタンズのOLは、なかなか頼もしそうな予感がしています。 ルース、レビトレ、シュエンケ、ウオーマックは昨年と変わらず、RTにマイケル・オアーか今年のドラ1:テイラー・リーワンという構成になります。リーワンには左右いずれでも起用を想定しているようです。今年のOLにはランゲームもパスプロテクションでも活躍を期待したいものです。



Continue

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ