FC2ブログ
1
3
5
6
10
11
12
13
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2019

NFL テネシータイタンズの戦いを応援していきます。


プロフィール

Code Blue Tokyo

Author:Code Blue Tokyo
テネシー・タイタンズの戦いぶりを通してNFLの面白さや素晴らしさを、皆さんにお伝えする機会としてお役立てれば幸いです!

最新コメント
12

Category: アメフト

Tags: NFL,  テネシー・タイタンズ,  チャンス・ウォーマック,  ジェリー・グレイ,  グレッグ・ウィリアムズ    

Comment: 0  Trackback: 0

9月12日(木): 第2週を前に タイタンズ
NFL開幕ゲーム:ピッツバーグ戦を勝利したテネシー・タイタンズですが、けが人対応等動きがありました。
初戦を迎える直前に、一度は先発FBとしたクイン・ジョンソンですが、怪我の回復具合が思わしくなくIR入りさせ、PSからコーリン・ムーニーを抜擢しました。その後は以下のとうり。

LBのトライアウト実施
元シーホークスLB:リロイ・ヒル
元イーグルスLB:ジャマー・チャネイ
元バイキングス:タイロン・マッケンジー

FB:クイン・ジョンソン カット

T:ジェフ・アダムス 契約




さて次戦:第2週は地区内対決で@ヒューストン・テキサンズ戦です。
個人的に楽しみにしたいのが、チャンス・ウォーマック対JJ・ワットの顔合わせです。
今後10年以上にわたって良い意味でライバル関係となってほしいです。
 タイタンズの守備力は、このテキサンズ戦で判断できそうです。アンドレ・ジョンソンにどう対応するのか?
課題というかテーマになっている”ルビー”守備を多用するのでしょうか? 
ジェリー・グレイ&グレッグ・ウィリアムズのコンビに期待したいです。



関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

19

Category: アメフト

Tags: NFL,  テネシー・タイタンズ,  ドゥエル・ロゲインズ,  ジェリー・グレイ,  グレッグ・ウィリアムズ,  ジャスティン・ハンター,  カール・クルッグ  

Comment: 0  Trackback: 0

タイタンズ ミニキャンプ
テネシータイタンズは、18日からミニキャンプに入りました。
期待されるOLの再建ですが、LT:マイケル・ルース、RT:デビッド・スチュワート、LG:アンディ・レビトレが、健康上の理由で練習を休むようです。今のうちにしっかり養生しておいてください。(今年のドラ2ルーキー:ジャスティン・ハンターWRも4年契約を締結しましたが、「練習欠席続く新人WRハンター、タイタンズのコーチが苦言」と少し前になりますが報道がなされていました)

 昨年シーズン中盤から、クリス・パーマーOCの更迭でQBコーチから昇格したドゥエル・ロゲインズOCですが、
彼が今シーズン用に用意した新しいプレイブックについて少しづつ見えてきています。ランプレイに関しては昨年のプレイをある程度引き継いでいるようです。パスプレイについては根本的に刷新されたようで、選手たちはみな大きく変ったとコメントしています。良い結果につながってほしいですね。
 お騒がせ野郎ケニー・ブリット:WRが大人しく練習に精を出してきています。これまでこんな真面目なプレシーズンを彼が過ごしてきたことなんてありませんから、妙な違和感を感じてしまいます。このまま無事にシーズンを迎えて成果を挙げて、大型契約更改を決めてください。(だめもとの覚悟はできていますからw)
 
 ジェリーグレイDCも昨年のタイタンズ守備の補修に余念がありません。グレッグ・ウィリアムズを迎え入れたことで、大胆な改革を推進中です。 ブリッツヘビーなプレッシャー守備とこだわりのルビー守備を磨いてくることと期待しています。(グレッグ・ウィリアムズは試合中サイドラインに立つとコメントしています)
 アルテラン・バナー:CBをFSで起用したり、スコッ・トソロモン:DEをSLBに、カール・クルッグ:DTをDEとして起用を考案したりしています。 2年前ジェリー・グレイがDCに就任した際に語っていたプランのひとつに、「サイズアップ」があったと記憶していますが、今シーズンやっと形になってきたと言えるかもしれません。ラインも大型化が進みましたし、LB陣、DB陣も若手の進出により確実にサイズアップできています。
 
チームのこれらの必死さが、結果として実を結んでくれることを期待せずにはいられません。
最低ハードル:プレイオフ1勝以上としないと、現体制を維持できないのではないでしょうか?
ここまできたら、オーナーの夢を叶えてあげたいでしょうね~


Former Pack QB Ross Dausin Going to Rookie Mini-Camp with the Tennesse Titans


5人目QB。がんばれ。

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

14

Category: アメフト

Tags: NFL,  テネシー・タイタンズ,  マイク・マンチャック,  グレッグ・ウィリアムス,  ジェリー・グレイ,  ドラフト  

Comment: 0  Trackback: 0

4月14日(日): ドラフト近づく
2013年ドラフトもあと2週間と言うところまで来てしまいました。
今年のタイタンズの1巡指名権は、全体10番目というポジションです。
マイク・マンチャック政権3年目、ラストン・ウェブスターGM2年目となる今回、
どのような指名をするのか? とても楽しみではあります。

今回 FAマーケット期間では、テネシー・タイタンズは積極的に動きました。
<IN>
S:ジョージ・ウィルソン
OG:アンディ・レビトレ
TE:デラニー・ウォーカー
MLB:モイス・フォコウ
DT:サミー・ヒル
RB:ショーン・グリーン
OG:ロブ・ターナー
DT:ロパティ・ピトイツア
SS:バーナード・ポラード
QB:ライアン・フィッツパトリック
C/G:クリス・スペンサー
WR:ケビン・ウォルター

FB:クイン・ジョンソン(再契約)
PR/KR/RB:ダリウス・レイナウド(再契約)

<OUT>
SS:ジョーダン・バビノー
OG:スティーブ・ハッチンソン(引退)
TE:ジャレッド・クック
QB:マット・ハッセルベック
DT:サンデリック・マークス
DE:ジャリウス・ウィン

デプスの穴をいくつか埋めることはできましたが、まだまだ足りません。
そんな事情もあり、デプスの深さにまで気を配るレベルにも至っていないです。

タイタンズの2013ドラフト1巡指名を予想にあたり、今回のFA補強は参考になりそうです。
マンチャック政権はこれまで2回、大方の予想を覆す指名をしてきました。
2011年全体8位指名時は、マスメディア等周囲は、DT:ニック・フェアリーの指名が有力と
見られていたところ、ワシントン大QB:ジェイク・ロッカーを指名し、周囲を驚かせました。
2012年全体20位では、ベイラー大WR:ケンドール・ライトを指名し、CB,DT/DEの指名を
有力視していたメディアや関係者を驚かせています。
わずか2回ではありますが、現政権のドラフト・スタイルを考えると、今回も1位指名は、
サプライズ(目立たせず、他に目を向けさせている)である可能性が高い気がしますが? 
どうでしょうか?

別の視点から眺めてみると、コーチングスタッフの変更が重要な意味を持つでしょう。
ジェリー・グレイDCは残留するも、かっての師:グレッグ・ウィリアムズ氏をアシスタントに
迎え入れたことは要考慮ポイントです。昨年はパスラッシュが足りないということで、
コーチ&選手を強化したはずも、期待にこたえられず、最低な守備成績に終わっています。
グレッグ・ロゲインズOCにとって、初めてOCとして迎えるシーズンになりますが、
これまでのクリス・パーマー前任のようなパス・ヘビー攻撃から、ランとパス バランスの取れた
戦い方に戻す方向性が見え隠れしています。
マイク・マンチャックHCも後がないことは承知でしょうし、即戦力が欲しいでしょうね!

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

08

Category: アメフト

Tags: NFL,  テネシータイタンズ,  マイクマンチャック,  ジェリー・グレイ,    グレッグ・ウィリアムズ  

Comment: 0  Trackback: 0

2月8日(金): 祝!NFL復帰
テネシー・タイタンズは、グレッグ・ウィリアムズをコーチングスタッフとして
迎え入れたことを公式に発表しました。
ポジションは守備のシニア・アシスタントというもので、ジェリー・グレイDCを補佐する役割です。

予想外に早く復帰が実現したような印象を受けるのですが、これまでの彼のNFLキャリアで関わってきた
仲間たちが、水面下で彼を復帰させるために相当な努力を展開してきた賜物なのでしょう
フットーボールにすべてを捧げてきた人生の中、大変厳しい罰則を受け入れての再スタートです。
この逆境から学んできた、新しいグレッグ・ウィリアムズ哲学をNFLで披露してください。

テネシー・タイタンズ/オイラーズで11年コーチのコーチ歴があり、古巣からの再スタートは
タイタンズファンからも暖かく受け入れてもらえているようです。

低迷するタイタンズに、少し光明が見えてきた気がしています♪


関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

31

Category: NFL

Tags: NFL,  テネシータイタンズ,  マット・ハッセルベック、ジェイク・ロッカー,  ジェリー・グレイ,  グレッグ・ウィリアムス  

Comment: 0  Trackback: 0

12月31日(土): 最終週を前に
この時期までゲームを楽しめるなんて思ってもいませんでした。 ありがたい事ですね~
プレイオフ出場を果たすためには以下の3ケースに当てはまらねばなりません。

Case 1
Titans beat the Texans, and
Jets beat the Dolphins, and
Ravens beat the Bengals, and
Chiefs beat the Broncos

Case 2
Titans beat the Texans, and
Jets beat the Dolphins, and
Ravens beat the Bengals, and
Chargers beat the Raiders

Case 3
Titans beat the Texans, and
Dolphins beat the Jets, and
Ravens beat the Bengals, and
Broncos beat the Chiefs, and
Raiders beat the Chargers

タイタンズ勝利は絶対条件ですが、他にもかなり幸運に恵まれないといけません。
マイク・マンチャックHCの持つ「運」に期待してみます。

NFLではプロボウル選出プレイヤーの発表がありました。 テネシー・タイタンズはというと、残念ながら’ゼロ’ということになっています。 これは仕方が無いのでしょうね....傑出した選手不在で戦って来ましたから.....

さあ残り1試合、勝ちに行ってください!



 

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

29

Category: NFL

Tags: NFL,  テネシータイタンズ,  マット・ハッセルベック、ジェイク・ロッカー,  ジェリー・グレイ,  グレッグ・ウィリアムス  

Comment: 8  Trackback: 0

プレイオフ出場の可能性:首の皮一枚つながってますエディション
テネシー・タイタンズにとって今シーズンは長期フィッシャー政権を終え、新HCに生え抜きマイク・マンチャックを抜擢した再スタートの年であり、戦力的にもかなり貧弱な陣容から始まったわけですが、FA補強、ドラフトを通じて、かろうじて戦える戦力を整え、ここまで6勝5敗できました。
 今シーズンは見えない何かがタイタンズを助けてくれ続けます。 AFC南地区のライバルチームに次々と問題が発生しました。この10年南地区の覇者であったインディアナポリス・コルツの大黒柱:ペイトン・マニングの不出場、ジャクソンビル・ジャガーズでは開幕直前これまた正QBだったデビッド・ギャラードの突然の解雇、ここに来てヒューストン・テキサンズのQBが相次いで故障しシーズン終了という事件発生という具合に、ライバルチームのトラブルに救われる形で、サバイバル戦線にぶら下がっています。

 AFC南地区、首位を走るヒューストン・テキサンズとはW17最終週で直接対決が残っています。ここまで地区優勝またはプレイオフ出場の可能性を残すにはもう負けるわけにはいきません。 残るスケジュールを予想してみると、コルツジャガーズはもちろんバッファロー・ビルズにも勝たないといけません! ニューオリンズ・セインツにはどうがんばっても無理そう?なのでここは捨てて3勝1敗でテキサンズと戦い、そして勝つ!というのがベストのシナリオでしょうか? もちろん対セインツ戦も楽しみにしているんです。 グレッグ・ウィリアムスVSジェリー・グレイの’師弟対決’に大注目をしていまして、大金星を期待しています^^;

ここまで来たらプレイオフを狙って欲しいです! GO TITANS!




関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

06

Category: NFL

Tags: NFL,  テネシータイタンズ,  マット・ハッセルベック、ジェイク・ロッカー,  ジェリー・グレイ,  クリス・パーマー  

Comment: 0  Trackback: 0

9月6日(火):2011~12シーズン:初期ロスター
タイタンズ:2011~12シーズン最初のロスター・メンバーリストです

K (1) – Rob Bironas

P (1) – Brett Kern

LS (1) – Ken Amato

QB (3) – Matt Hasselbeck, Jake Locker, Rusty Smith

TE (3) – Jared Cook, Daniel Graham, Craig Stevens

RB (4) – Jamie Harper, Chris Johnson, Quinn Johnson, Javon Ringer

S (4) – Jordan Babineaux, Michael Griffin, Chris Hope, Anthony Smith

CB (5) – Tommie Campbell, Cortland Finnegan, Chris Hawkins,
     Jason McCourty, Alterraun Verner

WR (5) – Kenny Britt, Lavelle Hawkins, Marc Mariani,
     Nate Washington, Damian Williams

LB (7) – Akeem Ayers, Patrick Bailey, Colin McCarthy,
     Gerald McRath, Barrett Ruud, Tim Shaw, Will Witherspoon

DL (10) – Dave Ball, Jurrell Casey, Zach Clayton, William Hayes,
     Jason Jones, Karl Klug, Sen’Derrick Marks, Derrick Morgan,
     Malcolm Sheppard, Shaun Smith

OL (10) – Eugene Amano, Leroy Harris, Troy Kropog, Kevin Matthews,
     Mike Otto, Michael Roos, Jake Scott, Dave Stewart,
     Byron Stingily, Fernando Velasco


OL、DL 10人ずつって...タイタンズらしいです^^;
WRは5人だけ(含マーク・マリアーニ)! ここがキーな気がしてます
(RB/FBで4人、TE:3人) となると.... クリス・パーマーのシステムに期待です

ディフェンスは、手の内を隠し続けた後半のプレシーズン戦からは推察できず、未知数ですね
DC:ジェリー・グレイは、いったいどんなシステムを披露してくれるのでしょうか?
それにしてもDEポジションは大丈夫なんでしょうか???

タイタンズ新守備がどこまで戦えるのか興味はつきません!




Continue

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

05

Category: NFL

Tags: NFL,  テネシータイタンズ,  マイク・マンチャック,  ジェリー・グレイ,  クリス・パーマー,  ペイトン・マニング  

Comment: 0  Trackback: 0

9月5日(月):プラクティス・スクワッド

テネシー・タイタンズは7名のプレイヤーと’プラクティス・スクワッド’契約を締結しました

RB ハーブ・ドナルドソン(Herb Donaldson)
OG ライアン・デュランド(Ryan Durand)
DE パネル・エグボー(Pannel Egboh)
TE キャメロン・グラハム(Cameron Graham)
S ロバート・ジョンソン(Robert Johnson)
WR ジェイムス・カーケンドール(James Kirkendoll)
WR マイケル・プレストン(Michael Preston)

ライアン・デュランド、パネル・エグボー、ロバート・ジョンソンは即戦力、
いつでも戦線復帰できそうです
まあまだ最初のロスター・ラインナップでありPSなので、
まだまだ入れ替わりがあるでしょう、ここはじっくり構えて見ていることに!




そろそろ同地区のライバルの状況も気になりだした今日この頃(苦笑
コルツペイトン・マニングQB選手の健康状態が気になるのですが、
ワタシの邪推ではありますが、開幕はおろか数試合ひょっとしたら
シーズン中~終盤まで、いやシーズン全休まであるのではないか?と
考えてしまいます^^;
これはケリー・コリンズQBとの契約締結プロセスとその金額から推察したものです^^;
ケリー・コリンズ2年で14M$という契約をどう捉えるか!?
この条件、引退したベテランQBにとって破格の待遇です 
(タイタンズが残留オファーを提案したとしてもこの条件は出せないと思います^^;)
Pマニングが僅かな時間で復帰するならこんな契約をまとめるわけがありません

どうかワタシの予想が当たっていますように.... こんなの情け無いかな?
ここはひとつ、彼に復帰してもらってきっちり引導を渡してやりましょう!
南地区の覇権交代劇だ~


Continue

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ