FC2ブログ
1
3
5
6
10
11
12
13
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2019

NFL テネシータイタンズの戦いを応援していきます。


プロフィール

Code Blue Tokyo

Author:Code Blue Tokyo
テネシー・タイタンズの戦いぶりを通してNFLの面白さや素晴らしさを、皆さんにお伝えする機会としてお役立てれば幸いです!

最新コメント
31

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  ジョンロビンソン  

Comment: 0  Trackback: 0

8月31日(土) ロスターカットせまる ~ベンジョーンズ更新
まだプレシーズン第4戦を見ていなくてすいません。 どうにも気が進まなくて困っています.....

少しづつ選手のカットが始まっているようですが、C:ベンジョーンズの規約更新の報が飛び込んできました。 ロッカールームでチームの和に気を配れる品行方正なベテランという役どころを評価されているようですが、先発Cとしての評価はどうなっているのでしょう? まあ安ければ文句はありませんが、今なのか?と少々驚かされました。
今直面しているインテリアラインメン問題の当事者でもあるわけですが左右Gの問題になつてしまっているのでしょうか?私的には2017年以降Cを代えるべきという見解から何ら変わっていません。そういう意味でがっかりしています。

ジョンロビンソンGMはまた来年の下位ドラフト指名権とボーダーライン上で綱渡りしている選手のトレードをしました。グリーンベイパッカーズのOLBレジーギルバートがその人です。2020年のドラフト7巡指名権を渡しています。
GMのとりあえずの応急処置的対応の癖みたいですね。もう.....

明日の53名のロスターアナウンスを前にあれですが、今年は戦力補強をうまくまとめられなかった印象を少し感じてしまいます。
次は明るいニュースが出てくると嬉しいですね。



関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

23

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  ジョンロビンソン  マイクブレイベル  マーカスマリオタ  アーサースミス  

Comment: 4  Trackback: 0

7月23日(火) 2019シーズンのテネシータイタンズ  ~キャンプインの前に
いよいよテネシータイタンズもキャンプインが近づいてきました。 そこでオフ期間のFAやドラフト補強を経て、タイタンズ2019シーズン活躍の期待度を探ってみたいと思います。

タイタンズは2016、2017、2018と3年連続9勝7敗が続きました。この間 地区優勝は一度もできておらず、プレイオフへ進めたのは2017年のみというところがファンとしては物足りなさを感じてしまいます。
ジョンロビンソンGMが加入して3年経ち、それなりに戦力強化を図ってきて 若いチームがいよいよステップアップを狙う転機に差し掛かってきました。そんな今年のチームスローガンは”Good to Great”ということでまさにピッタリな気がします。(複数有望選手の契約更新時期を迎えつつあるということでもあります)

昨シーズンはマイクブレイベルがHC職初年度でしたが、彼がつくりたいチームイメージ?やポリシーが具現化されて周囲に一定の評価を得られたこと。とりあえずシーズン9勝できたことで、次年度に期待が高まったというあたりに落ち着くかと思います。
NFL関係メディアによるマイクブレイベル政権コーチングスタッフへの評価は、昨シーズンも今シーズンも総じて低く見られているようです。昨シーズンOCを担っていたマットラフルール氏は、なんとグリーンベイパッカーズのHCに就任してしまいました。タイタンズで初めてプレイコール権を与えられいろいろと経験を積まれたようで、この先HCとして大成していただきたいものです。

この人事でタイタンズのOC職に欠員ができてしまいました。外部から有能な人材を探すことをチーム事情が許さず(毎年コーチが替わり攻撃システムも変更されてきたため一貫性に欠けシステム理解や習熟に時間を要した)、内部昇格という解決策を選択しました。ムラーキー時代からTEコーチをしていたアーサースミス氏をOCに抜擢しました。彼は前任者マットラフルール時代のシステム(言語)を継承することで、選手への負担を減らしていくことを狙っています。このアーサースミスOCの采配にテネシータイタンズの今シーズンはかかっていると言っても過言ではありません。この新OCが現時点では判断不可能なためのコーチングスタッフ低評価なのでしょうか?(他にもポジションコーチで?な人いますが)

選手はというと、
チーム離脱:
TE ルークストッカー, OG ジョシュクライン, OG クイントンスペイン, OLB デリックモーガン, OLB ブライアンオラクポ, NT ベニーローガン

FA獲得:
QB ライアンタネヒル, WR アダムハンフリーズ, OG ロジャーサフォールド, DE/DT ブレントアーバン, DE/OLB キャメロンウェイク

ドラフト指名:
DT ジェフリーシモンズ, WR A.J. ブラウン, G/OT ネイトデイビス, S/CB/LB アマニフッカー, LB デアンドレウォーカー, LB デビッドロング

重要補強ポイントは、エッジ、DL、OL、WR、QB でした。 チームはひとまず弱点を補強すべく手をうちましたが、その結果や如何に?

チームのPUPリストが発表されました。 DLジュレルケーシー、TEジョンヌスミス、Kライアンサコップが記載されていました。 この3人の健康状態が気になりますね。ジュレルケーシーは最終戦での怪我で手術したんでしたっけ?

ファンとして2019シーズンに願う事は、第1にコルツに勝つこと(しかも2勝)。次はマーカスマリオタが無事にシーズンを通して戦い抜くこと。そうすれば地区優勝やプレイオフ進出という結果がついてくることでしょう。その先は大型契約の更新と続くと嬉しいですね。

今シーズンは厳しいスケジュールや強敵との対戦が多くて苦戦する可能性が高そうですが、期待を込めて10勝6敗という予想にしてみました。












関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

07

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  ジョンロビンソン  UDFA  

Comment: 4  Trackback: 0

5月7日(火) タイタンズ UDFA契約いまだ発表無し
例年になくUDFA契約の発表が遅れているテネシータイタンズ。 ジムワイアット氏のメイルバグコーナーにも質問が来ていましたが、10日経ってもアナウンスしないなんて、困惑してしまいます。  ワイアットさんの回答では、ジョンロビンソンGMは、「健康診断テスト」に合格したことを確認しないと契約交渉に入らないという厳格な姿勢を崩していないのだそうです。今年は有望そうな(ドラフトされていてもおかしくない)選手が何人も上がってきていましたが、どうなるのでしょう?UDFA候補選手のトライアウトは実施されているようなので、もう少しの辛抱なのかもしれません。 9,10日がルーキーミニキャンプですから、そのタイミングの可能性が高そうですね。

まだ行先の決まっていない有力FAの一人、ンダムコンスーさん。 広報のジムワイアットさんによると。タイタンズとしても「内部から話は聞こえてこないが、無いとは言ってない」という微妙な表現をしています。2月SBで彼にインタビューをした感じでは、タイタンズ訪問に好印象を持っていたこと。元ドルフィンズ時代のDLコーチ:テレルウィリアムスがタイタンズに在籍している事。ドルフィンズ時代の同僚キャメロンウェイクの移籍等があるので、まだ希望を諦めずにおこうと思います。 しかしNFLメディアの多くは、スーはインディアナポリスコルツが獲得する確率が高いとしています。かれらはお金がたんまりあるみたいですから、お金を積み上げられてしまったら勝負にならないかもしれませんね.....
真剣にコルツだけはやめてほしいんですけど!

RTジャックコンクリンの5年目オプションをキャンセルした話は、いずれ触れたいと思います。 マーカスマリオタのみならずジャックコンクリンも今年が正念場です。復調してくれると良いのですが。

Tennessee Titans 2019-20 Pump-Up / Hype | The Time is Now | 2018-19 Season Highlights

TITANUP !

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

27

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  エイミーアダムストランク  ジョンロビンソン  マイクブレイベル  

Comment: 4  Trackback: 0

3月27日(水) NFLオーナーミーティング@フェニックス
この時期に恒例のNFLオーナーミーティングがフェニックスで開催されました。
オーナーをはじめ、GM、HC等、各チームの幹部が勢ぞろいする場でもあります。チームの方向性やオフの動向等をチェックする格好の機会ということで、メディア関連の面々も取材に集まってました。

テネシータイタンズ関連の情報を思いっきりかいつまんでアップデートします。

コ・オーナー:エイミーアダムストランク姉:

もっと勝てるチームを目指してもらいたい! ジョンロビンソンGM、マイクブレイベルHCの手腕を信頼している。

ニッサンスタジアムをフランチャイズにして今年で20年。30年のリース契約後の移転等を視野に入れていません。
あちこち問題があることを認識しているが、改善に集中してクリアしていきたい。 
う~む....最新設備のスタジアムでSBを招聘してもらいたいなあ~ .....

マーカスマリオタに成功してもらいたい。 彼に我々のフランチャイズQBになってもらいたいの!

GMジョンロビンソン:

FA補強はまだ終わっていない.....

(OL再構築にあたりC(センター)ポジションについて)新加入のHroniss Grasu((ホ)ロニスラシュウ:H,Gは発音しないケースかな?)、元ベアーズ、オレゴン大にもCの先発争いをさせる。それと昨年の控えコリーレビンも同様、ベンジョーンズと争わせるとのこと。

(少しがっかりな気がします。このメンツならドラフト高位でCセンター狙いに行かないといけない気がしてきました)

マイクブレイベルHC

TEデラニーウォーカーはリハビリの真っ最中。チームの貴重な戦力なので急がせずじっくりと立て直してもどってきてもらいたい。

新加入DEキャメロンウェイク 彼のコンディションにおどろかされる37才とは思えない。最初のプランではローテーションでシチュエーションによりプレイしてもらう予定だったが、任せるスナップ数を増やすかどうか様子を見たい。

OCアーサースミスは、OCを任されることに興奮している。彼は誰も彼も良いオフェンスのために引きずり込もうとしている。私(HC)、ポジションコーチ、スタッフなどなど。グループで一緒に良いアイデアを思考しようと試みている。 

OTジャックコンクリンの5年目オプションについてどうこう言う前に、彼がまず素晴らしかった頃に体調を戻す事を最優先すべきだよ。早く元に戻ってほしい。

インテリアラインメンの見直しを進める中で、LG:ロジャーサフォールドを加えことに成功した。RG候補としてケビンパンフィルに挑戦させたい。昨年はOTをプレイ中に負傷してしまい残念だった。

昨シーズンはピンチの時によく働いてくれていた印象はあります。インサイドの方が良さげな記憶もあるかな?


最後に ユニフォームのマイナーチェンジが発表されています。 ライトブルージャージーのみです。
ライトブルージャージー着用の場合、数字の視認性が良くなかったとのことで、数字がくっきりした感じです。
数字の幅を広げて、太くした仕様だそうです。





関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

16

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  ジョンロビンソン  マーカスマリオタ  ライアンタネヒル    

Comment: 6  Trackback: 0

3月16日(土) ジョンロビンソンGMいや トレーダージョン.....
テネシータイタンズはその後、
CBタイスミスと1年延長の発表。
RGジョシュクラインをリリースと続きました。

次に飛込んできたのがイルカさんとトレードをまとめたニュース。QBライアンタネヒルを獲得してしまいました。マーカスマリオタの控えとして、ブレインギャバートよりはアップグレードなのかな?と思うのですが、ドラフト指名権を差し出しすぎだと思うんです。特に来年の4巡は....給料はかなりの部分ドルフィンズの方で負担してくれるような内容らしいのとのことで、そこはGJかな? 

この発表の後、QB2ブレインギャバートのリリースが報じられました。

さあ次はどうくるでしょうか? 去年はだめでしたが、「スーさん」をもう一回狙うのもあり!と、淡い期待を抱いています。そうすると本当に強烈なフロントボックスが構築できるのですが.....

ジョシュクラインの後釜、そしてCまでFAでいけるか? 楽しみにしてみます。

GMはドラフト指名権を雑に扱いすぎ! と感じる部分が好きではありません。 もっと大切にしてほしいです。
2018年はトレードアップで4人しか指名してないですし、3人しか残っていません。今年は6巡指名権がないのに。(タネヒルので今年の6巡は獲得も、7巡を差し出してる)

もっと頑張れ~







関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

13

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  ジョンロビンソン  ロジャーサフォールド  キャメロンウェイク  

Comment: 6  Trackback: 0

3月13日(水) タイタンズ 続報
今年のFA市場はビッグネームの移籍情報に溢れて賑やかなようです。
テネシータイタンズは今日も

RGロジャーサフォールドと4年44M$、22.5M$保証

DEキャメロンウェイクと3年23M$、10M$保証

2名のビッグネームを獲得しています!

昨年FAで獲得したOGケビンパンフィル(前半で負傷,IRで2018シーズンを終えていた)と1年の延長契約をまとめたようです。

ここまでのFA補強戦線でのパフォーマンスは、悪くないのではないでしょうか? 昨年が残念な失敗に終わっているだけに、ジョンロビンソンGMは失敗するわけにはいきません。 この調子であと数人即戦力を確保してほしいところです。

地区内ライバルのジャクソンビルジャガーズもQBニックフォールズを獲得したそうです。 インディアナポリスコルツヒューストンテキサンズも気になりますね。



関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

01

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  スカウティングコンバイン  ジョンロビンソン  マーカスマリオタ    

Comment: 4  Trackback: 0

3月1日(金) 2019スカウティングコンバイン
NFLのスカウティングコンバインがいよいよ始まりました。 今年はどんな選手が頭角を表すのでしょうか? オフシーズン中の楽しみの一つです。2019シーズンを迎えるにあたり テネシータイタンズは、補強すべきポジションが非常に明確でわかりやすいのが今期の特徴と言えるかもしれません。

オフェンスでは
QB2: ブレインギャバートがまだ契約期間中ですが、彼を使い続けるとしても モビリティの高いQBに手を出すかもしれません。これは昨年のドラフトでも下位指名(6巡)でQBルークフォーク(ワシントン州立大)を指名しているように、ファンのみならず球団もブレインギャバート以上のQBを求めていると思います。FAでテディブリッジウォーターRG3を獲得できれば、よりマーカスマリオタの代役にフィットすることでしょう。

WR1またはWR2: ジョンロビンソンGMは、コンバイン入りする直前にメディアを前にして質疑応答をしましたが、FA市場でベテランWRを探す意向があることを明言しています。魅力的なベテランが何人か揃っているので、うまくまとめてほしいです。 ドラフトでもWRは中位までで良い選手を拾えそうな気がしますが、FAでの補強次第でしょう。

TE: タイタンズがドラフト上位でTEを指名するモックドラフトを見かけますが、新OCとなったアーサースミスコーチが直前までTEコーチだったこと、No.1TEのデラニーウォーカーの賞味期限(怪我もありました)が心配という懸念からでしょうか? BPA順でトップTE候補を選んだという発想もあるでしょう。

OL: アーサースミス新OCのデビューにあたり、このOLユニットの組み合わせが最大の「胆」となることは衆目の一致するところ。タイタンズ広報ジムワイアット氏を通して再三コメントを発しています。特にインテリアラインメンの強化が最重要課題です。CRGは新しい人材を用意する予定に見えます。優秀なCはなかなか市場に出てこないので、チャンスがあればぜひ頑張っていただきたいです。LGクイントンスペインもフリーエージェントとなるので、うまくつなぎとめておきたいところですが、本人はUDFA出身ということもあり、市場に出て自分の価値を確認したいという希望もありそうです。そうなるとCと両ガードが入れ替わる事態になってしまいます。ここはGMの手腕にきたいしたいところですね。
コンバイン計測直前ではありますが、すでにインタビューをしているOL候補が数人出てきています。今のところみなドラフト中位指名候補とみなされる存在ばかりのようです。ミシシッピ大のRTポールアダムスは大のタイタンズファンで、4才の時ミュージックシティミラクルの試合に観戦に来ていたとのこと。その後はブルースマシューズに憧れ、2年前にはLTテイラーリーワンと話す機会を得て感激したそうです。彼の背番号は77番。

ディフェンスは、
DL: ジュレルケーシーの相方というかNTができる巨漢&重石タイプが理想的です。ダクアンジョーンズオースチンジョンソンの2名は、ディーンピーズDCのシステムだとローテーションメンバーどまりという評価のようで、惜しいですが少しだけ足りないようです。ここにうまく良い人材がフィットすれば、フロントラインのパフォーマンスは飛躍的に改善されると見ています。

OLB/Edge: ブライアンオラクポ(引退)とデリックモーガン(契約更新無し予定)不在となる両OLB兼エッジポジションをどう埋めるのか?が重要ポイントとなります。昨年幸運にもドラフト2巡指名で拾えたハロルドランドリーが一翼を担う事を期待されていますが、もう片方をどうするか? レイブンズから移ってきたカメレイコレアは、ローテーションクラスだと思われるし、2018のUDFAから残ってきたシャリフフィンチ は前半は怪我もあり出場機会を得られませんでしたが、後半に頭角を表してきました。個人的には大変期待している若手なのですが、まだ試合経験等が足りていません。そうなると先発級のエッジラッシャーが必要になります。 ここ2年テネシータイタンズ守備によるパスラッシュは、敵QBへのプレッシャーが残念ながら足りておらず、是が非でも改善させたい要所です。

ポジションニーズ: Edge、WR、DT、C, OG  



それと RT:ジャックコンクリンの5年目オプション行使についてまだ意志決定していないことが、彼のパフォーマンスリカバリに問題があるのではないか?と心配になってしまいます。何とかRTポジションを守れるよう養生してほしいです。
  
ヤングマエストロ:マーカスマリオタは、順調に回復していることをチームに報告、4月から練習再開予定とのこと。今年はマーカスマリオタにとっても正念場となります。大ブレークするマリオタに期待しています。




関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

17

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  ジョンロビンソン  マイクブレイベル  

Comment: 4  Trackback: 0

1月17日(木) 待ち遠しいOC発表
テネシータイタンズのOCがなかなか決まらず、もどかしい日々を送っています。

外部から招聘するものと思っていたら、まだ誰もインタビューのために声をかけていないようですし、周囲を見渡してみれば 他チームは着々とコーチングポストが埋まっていきます。 可能性ある候補として何人も予想されていましたが、タイタンズは沈黙を守り通しています。

この期に及んで まだ可能性があるのは、内部昇格パターンか?プレイオフ真っ最中チームのコーチか?という辺りになりますでしょうか? もう一つ重要なポイントがあります。マットラフルールOCがグリーンベイでHC職に就任するにあたり、裸で行ったという事。つまりすべてのポジションコーチはタイタンズに残っているという現実です。新OCが外部から来ると入れ替わるでしょうが、内部昇格OCとなった場合、チーム内コミュニケーションに苦労せず、スムーズなシステムの更新が進みやすくなると思われます。 タイタンズのポジションコーチから抜擢される可能性があるのは、二人に絞れそうです。
QBコーチ:パットオハラとTEコーチ:アーサースミスが候補と噂されています。

パットオハラマイクブレイベルHCがテキサンズから連れてきた人で、マットラフルールがOCに就任する前からQBコーチとして就任することがアナウンスがされていました。
16年のコーチングキャリアのうち10年をAFL(アリーナフットボール)でHC職やコーチを歴任してきました。元々QBで1991年にタンパベイバッカニアーズからドラフト(10巡)指名されています。またハリウッドと言いますか映画/映像の世界でもNFLやフットボール業界に関するコンサルタントを手掛けており、俳優としても活躍して 1995年以降2015年まで多数の映画やドラマに関わってきています。有名なところでは人気TVドラマ「Gleeグリー」「ザゲームプラン」「エニーギブンサンデー」「ザウォーターボーイ」「ロンゲスト・ヤード」等で活躍していました。ザロックことドウェインジョンソンの演技に関するコンサルタントもその一つ。
かなり異色な経歴を持つパットオハラ氏ですが、NFLでは2015年のテキサンズからです。一匹狼っぽく見えるのですが、コーチングネットワーク等大丈夫なのか?気にはなります。 どんな攻撃フィロソフィーを打ち出してくるのか?楽しみでもあり怖かったりします。

アーサースミスは、2011年からテネシータイタンズで働いていて、2015年以降TEコーチを務めています。2006年にノースカロライナ大を卒業後すぐにワシントンレッドスキンズでコーチ業を開始しています。
実はこの人、あの”FedExフェデックス”の一族で、創業者の孫にあたります。 タイタンズではムラーキー、ロビスキ、ラフルールの下でTEコーチを続けてきており、コーチングキャリアを磨いてきています。たしかに2018シーズンはデラニーウォーカーが不在のなか第5TEまで使い、各自それなりに活躍させていましたね。ひょっとしたらOCとして成功をおさめる可能性を持っていそうな雰囲気を醸し出しているような??? 口さがないファンからは、エキゾチックスマッシュマウス2.0になる。とか、TE偏重になりそうとか、いらぬ心配をされていたりするようです。
もしフェデックスナッシュビルにもお金を落としてくれるようになると、それはそれで素晴らしい事でしょうが、メンフィスグリズリーズと2部のメンフィスハッスル(渡辺選手活躍中)に続くのか? まあナッシュビルは、アマゾンが来たりと、最近経済好調モード見たいですから、より大きく繁栄していってほしいですね。

もし既存のポジションコーチ達が彼らに協力すれば、比較的スムーズに新オフェンスへ移行できそうです。

外部からでは、まさかまた....ニューイングランドペイトリオッツから誰か連れてくるとかないでしょうね?

Beneath the Surface with Tight Ends Coach Arthur Smith










関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ