FC2ブログ
1
3
4
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  12 ,2019

NFL テネシータイタンズの戦いを応援していきます。


プロフィール

Code Blue Tokyo

Author:Code Blue Tokyo
テネシー・タイタンズの戦いぶりを通してNFLの面白さや素晴らしさを、皆さんにお伝えする機会としてお役立てれば幸いです!

最新コメント
13

Category: アメフト

Tags: NFL,  テネシー・タイタンズ,  チャーリー・ホワイトハースト,  ジュレル・ケイシー  

Comment: 4  Trackback: 0

10月13日(月): NFL 第6週 対ジャガーズ戦
ジャクソンビル・ジャガーズをホームに迎え、AFC南地区最下位対決が行われ、
テネシー・タイタンズが薄氷の勝利をあげました。

タイタンズ連敗ストップ、FGブロックでジャガーズに辛勝

テネシー・タイタンズは現地12日、ホームでジャクソンビル・ジャガーズと対戦。
先制こそ許したものの小刻みに得点を重ねて逆転し、最後はFGブロックのビッグプレイも
飛び出して16対14で競り勝った。これでタイタンズは連敗を4でストップ。
敗れたジャガーズは開幕6連敗を喫している。
(NFL JAPAN)

今期未勝利の相手に大苦戦。 よく勝てたなぁと変な感心をしてしまうくらい、
内容的にはいただけない展開でした。

タイタンズのオフェンスは依然改善されている気配が見れません。
攻撃が続かず1stダウンを更新できません。
LTとして初先発したテイラー・リーワンも含め、OLの錬度が上がっていません。
期待の新人RB:ビショップ・サンキーも先発しましたが、18回キャリーで
61ヤードと活躍できませんでした。
QB:Cホワイトハーストが先発し、28回試投18回成功。キャリアハイの233ヤード。
レシーバーは、TE:デラニー・ウォーカー、WR:ジャスティン・ハンターは各3回、
RB:デクスター・マクラスターが6回と奮闘していました。
ケンドール・ライトがわずか1回、ネイト・ワシントン2回というのはさびしいです。
この先どう戦って行くのでしょうか? ファンの苛立ちはつのるばかりです。

ディフェンスは、ジャガーズの新人QB:Bボートルズに336ヤード投げられています。
ただしCB:BレーウィルソンのINTやJマッコウティによるターンオーバーなど、
久しぶりに大事な局面でターンオーバーを見た気がします。
パスラッシュで6サックを重ねられたのは、ジャガーズOLの出来が良くないから
でしょう。 ジャガーズはスクリーンプレイで対抗し、距離を稼いでいました。
DL:ジュレル・ケーシーは大活躍し、大きな存在感を魅せていました。

スペシャルチームは今週も最悪で、2点リード、残り1分を切った大詰めで、
敵のオンサイドキックをファンブルし、敵にボールを奪われる失態を演じてくれました。
先週に続く逆転負けを覚悟させられるほどでした。

いろいろと文句をつけたくなる内容でしたが、不用意な「反則」は5回48ヤードと
少し改善が見られたようです。
少し明るい材料としては、多くの若手プレイヤーが出場し活躍したことでしょうか?
ILB:エイブリー・ウィリアムソン、DB:マーキストン・ハフら、今年のドラフト組が
活躍してくれました。(Tリーワン、Bサンキーはもちろんですが)
CB:Bレーウィルソンもこの試合では合格点をあげられそうでした。

「隣の芝生は青い」というわけではないですが、ブレイク・ボートルズ選手、
よくプレイしていましたね~  うらやましいなぁ~ 




 

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

29

Category: アメフト

Tags: NFL,  テネシー・タイタンズ,  チャーリー・ホワイトハースト,  ザック・メッテンバーガー  

Comment: 6  Trackback: 0

9月29日(月): シーズン第4週 @インディアナポリス戦
テネシー・タイタンズは、AFC南地区での最初の対戦となったコルツ戦で大敗を喫しました。

41対17  最後は軽く流してもらってこの結果です。

この試合を前に、QB:ジェイク・ロッカーが負傷しインアクティブに。 控えのチャーリー・
ホワイトハーストが急遽先発となりました。 ケン・ウィゼンハントHCのシステムを
昨年チャージャーズで経験しており、その指導役としてオフェンス・チームのガイドを
担っていますが、タイタンズに来てプレシーズン・ゲームでは怪我等もあり、
わずかしかプレイしておらず、スターターとの呼吸を合わす時間はなかったのが実情です。

チャーリー・ホワイトハーストは、23回試投12回成功、177ヤード、1TD, 1INTという結果。
多くを望んだわけではありませんでしたが、やはりチーム状況を変える役割は無理でした。
タイタンズのレシーバー達がポロポロ落球するのを見て、彼には気の毒に思いました。
普段の練習の大切さを痛切に思い知らされました(苦笑

レシーバー陣、酷い内容でした。 今やタイタンズのエースレシーバーになっている
TE:デラニー・ウォーカーしかあてにできない状況は困ったものです。

プレイデザインに問題があるのか?プレイコールの問題なのか?レシーバーの練習不足か?
抜本的な部分にメスを入れないと、この先がたがたになるのではないでしょうか?

オフェンスラインはランブロック、パスプロとも、少しづつ良化してきているように見えるます。
テイラー・リーワンのプレイ機会をもっと増やしてあげればいいのにと思ったりしてました。

RBの起用法はちょっと納得できないものがあります。 ショーン・グリーン、デクスター・
マクラスター、ビショップ・サンキーの順を崩さないのはいかがなものか? 
もう少し柔軟性を持たしたほうが良いと思うのです。(サンキーの出番を増やせという意味す)
ランの比重をもっと増やさないと、時間も使えないし、今のタイタンズ・オフェンスでは、攻撃を
組み立てられないのは明白なんですけど....今週も ’アップテンポ’パスオフェンスの練習でしたw

コルツには、OTの外側からのブリッツを何本か入れられQBサックを献上していましたが、
スクリーン・プレイを織り交ぜる練習まで進めなかったのでしょうか? しょうがないのかな~

力尽きて ディフェンスは次回ということで....

最後に ザック・メッテンバーガーが4Qにプロデビューを果たしました! 次、がんばれ!


関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

25

Category: アメフト

Tags: NFL,  テネシー・タイタンズ,  チャーリー・ホワイトハースト,  ザック・メッテンバーガー,  ブラッド・ソーレンセン  

Comment: 4  Trackback: 0

9月25日(木): タイタンズ ニュース アップデート
次戦はAFC南地区内対決となるインディアナポリス戦です。 
どうしても勝っておきたい試合ですが、チーム状況を考えると非現実的に見えますw

QB:ジェイク・ロッカーはMRI検査を済ませ、骨にまではダメージが無いとの報告でしたが、
水曜の練習はベンチで見学でした。 回復に向かっているとのことで出場はできそう?
それともプレシーズンゲームで1試合数スナップだけプレイしたチャーリー・ホワイトハースト
先発するのでしょうか? ルーキー:ザック・メッテンバーガーの出場の可能性も高まって
きたのですが、今週は親族に不幸があり、数日帰郷したのは、運が良かった?悪かった?

この一連のジェイク・ロッカー負傷騒動で、QB:ブラッド・ソーレンセンをPS登録させ、
CB:リシャード・アンダーソンをカットしました。

今週水曜の練習に、TEグループはデラニー・ウォーカー、テイラー・トンプソンが不参加となり、
急遽キャンプに参加していたTE:チェイス・コフマンをロスター登録、代わりに加入したばかりの
WR:T.J.グラハムを解雇しています。

チームに”負”のオーラが蓄積されつつある現状を打破してほしいものです。
ザック・メッテンバーガーを起用するチャンスが訪れるよう願ってみます。

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

15

Category: アメフト

Tags: NFL,  テネシー・タイタンズ,  チャーリー・ホワイトハースト,  ウェスレイ・ウッドヤード,  マイケル・オアー  

Comment: 0  Trackback: 0

3月15日:(土):タイタンズ FAアップデイト
テネシー・タイタンズは以下の選手の加入を公式に発表しました。

QB:チャーリー・ホワイトハースト

チャージャーズでPリバースの控えQBとしてケン・ウィゼンハントを
支えていたこともあり、”ウィズ”のシステムを良く理解しているQBです。8年のNFLキャリアを
持つベテランですが、先発は4試合、出場は13試合だけという実戦経験の少なさはあります。
彼の加入でライアン・フィッツパトリックはリリースとなるのでしょう。

ILB:ウェスレイ・ウッドヤード

3-4、4-3どちらのシステムも経験しているというのはタイタンズの新システムにフィットしてくれそうです。
6年間チームキャプテンを任されてきたことは、優秀なリーダーシップの持ち主なのでしょう。
6-0,233とサイズは大きくありませんが、彼の持つスピードとタックルの精度に期待しているようです。

OT:マイケル・オアー

ブラインドサイド君がボルチモア・レイブンズからUDFAとなり、タイタンズと3年契約で合意しました。
デビッド・スチュアートの抜けた穴RTを任すことになりそうです。4年のNFLキャリアですから、
まだ若いというのは魅力的ですね。 長く活躍して欲しい選手です。

ここまでケン・ウィゼンハントHCとラストン・ウェブスターGMのアプローチはとても堅実な手順を
踏んでいるように見受けられ好感が持てます。 次の一手が楽しみになってきました。 
CJ2Kとケニー・ブリットの処遇も見ものです。

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ