FC2ブログ
1
2
3
4
5
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
27
28
29
  02 ,2020

NFL テネシータイタンズの戦いを応援していきます。


プロフィール

Code Blue Tokyo

Author:Code Blue Tokyo
テネシー・タイタンズの戦いぶりを通してNFLの面白さや素晴らしさを、皆さんにお伝えする機会としてお役立てれば幸いです!

最新コメント
01

Category: NFL

Tags: NFL,  テネシー・タイタンズ、ビンス・ヤング、クリス・ジョ  

Comment: 0  Trackback: 0

10月1日(金): W4デンバー・ブロンコス戦 

NFLレギュラーシーズン第4週 テネシー・タイタンズは、地元LPフィールドに
デンバー・ブロンコスを迎え対戦します

スポーツ・ブックの予想では、タイタンズが -6.5 というラインを切られています
ほんの少々 タイタンズ優勢という前評判という認識でよろしいのかもしれません^^;

現在のブロンコスというと、やはり最高峰シャットダウン・コーナーに鎮座して久しい、
チャンプ・ベイリー選手をすぐに思い浮かべるのですが、まだバリバリで元気なんでしょうか?
そろそろ下降線を辿ってくれないと、彼のいるサイドに投げられないですね....
ハイマージンガー&ビンス・ヤング
は、彼とどう向きあうつもりなのでしょか? 興味深いです
(一番シンプルなのは、彼のところに投げないことの徹底でしょうかwwww 
そりゃ情け無さすぎです)

そしてブロンコス・パッシング・オフェンスタイタンズ・プレッシャー・ディフェンス
400ヤード超以上投げられてしまうのか? さもなくば大量サックを計上できるのか? これも興味はつきません
スタメンCBを務める新人:アルテラン・バナー選手が、どういうパフォーマンスを見せるのか?楽しみです 
(個人的にはすごく期待しています 将来タイタンズの守護神となって欲しいと願っています)
しかしロスターにCBを追加しなくて良いのでしょうか??? 3人で我慢させ、FSのビンセント・フラーに代役させるというアイデアなんでしょうか?

CJ2Kクリス・ジョンソン
ジェボン・リンガーのRBデュオの起用方法も注目です
ジェボン・リンガーの出場機会が増えることで、CJ2Kに良い影響が現れてくるのか?
そろそろフィジカル勝負のラン・プレイで敵を圧倒してください
オフェンス・ライン間のコミュニケーションも良好になってきているのか 要注目




    NFL VIDEO Playbook : Broncos vs Titans ←click



関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

27

Category: NFL

Tags: NFL,  テネシー・タイタンズ、ビンス・ヤング、クリス・ジョ  

Comment: 0  Trackback: 0

9月27日(月): NFL W3 TEN@NY ReCap

NFLレギュラー・シーズン 第3週 テネシー@ニューヨーク

先週の不名誉を払拭すべく、テネシー・タイタンズニューヨーク・ジャイアンツと対戦
真新しい”ニュー・メドウランズ・スタジアム”で戦いました(NJですけど^^)



テネシー・タイタンズが 29 - 10 で勝利


勝因として まずニューヨーク・ジャイアンツの自滅を挙げたいです
先週の我々タイタンズを思い起こさせるターンオーバーを量産してくれました
勝利は勝利で嬉しいのですが、課題山積みな部分が気になってしまいます

幾つかワタシ的な感想を書き出してみますと....

◯ 相変わらず偏向しているように見えるオフェンスのゲームプラン

  ジェフ・フィッシャーHCは、ビンス・ヤングにパスを投げさせたくないんでしょうか?
  言い換えれば ”信用されていない”とも表現していいのかも?
  (この試合、前半はわずかに6回、後半は12回しか、パスを選択していません)
  もう少しパスを投げなければ、ランだって距離出しにくいはずです

◯ ケニー・ブリットWRが大事なところで活躍してくれた(ターゲットになった2回とも重要な場面でした)
  
  ニュージャージー・ネイティブですから、地元に凱旋公演って感じでしょうか^^
  相変わらず”高さ”を生かしたキャッチは感心させられます さすがドラフト1位ですね
  もっと彼をターゲットとなる機会を増やした方が戦いやすくなると思うんですけど....

◯ ディフェンスは距離を稼がれましたが、しぶとく耐えて最小限の失点に抑えることに成功しました
  
  チャック・セシル(シーソー)DCの采配はどうなんでしょう?(個人的には好きになれないです)
  相手QBに強烈なプレッシャーを与え続けることには成功しています
  でも...3メン・ラッシュとか勘弁してもらいたいです^^;(パスしっかり通されてましたものw)
  終盤の プリベント・ディフェンスを多用ってのも、ちょっと芸が無い気がするのですが
  386ヤード結果的にパスを投げられてるのは、ターンオーバーが無ければと思うと、ぞっとしますw

◯ リターナー:マーク・マリアーニ(ルーキー) 良いリターンをしていました

  今年のドラフト7巡指名(モンタナ大学)な彼は、良いお買い物の典型ですね 

◯ ビンス・ヤングQBは、先週の敗戦を払拭することができました

  彼がプレイフィールドへ入る際、入れ替わるディフェンスの選手を激励しているようなシーンを
  幾度となくカメラが追っていましたね なぜかとても印象的でした

◯ オフェンス・ラインは少し良化してきた程度(目標にはまだ遠そう)

  CJ2KがTDを決めたプレイにおける、C:ユージン・アマノのプルアウトのブロック すごく良かったです 
  Mマンチェック・コーチはこういう機動力溢れるラインマンがお好みのはず!
  昨年みたいにこの人にLG任せたら、CJ2Kも走りやすいだろうなあと思ったり....

◯ CJ2Kことクリス・ジョンソン選手 試合後のインタビューで、
  「もちろん フラストレーションを感じてるよ!」とコメントしてます
  32キャリーで125ヤードは、彼にとっては不本意な結果ですものね



ジャイアンツのOCのケビン・ギルブライド氏は、ヒューストン・オイラーズ時代にオフェンシブ・
コーディネータ
をやっていました ちょうどオイラーズのR&S時代大躍進していた頃のことです 
ウォーレン・ムーンと絶妙の相性を持っていたように記憶してます^^
ああ 懐かしい...


NFLのシーズンがインしてしまうと、試合結果に一喜一憂してしまいまして、
毎週 ハッピーな気分か、不満と不安一杯な気分か どちらかに染まってしまいますw
これはこれでたまらないです

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ