FC2ブログ
1
2
3
5
6
7
8
9
10
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2019

NFL テネシータイタンズの戦いを応援していきます。


プロフィール

Code Blue Tokyo

Author:Code Blue Tokyo
テネシー・タイタンズの戦いぶりを通してNFLの面白さや素晴らしさを、皆さんにお伝えする機会としてお役立てれば幸いです!

最新コメント
26

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マーカスマリオタ  デマルコマレー  ディックルボー  

Comment: 4  Trackback: 0

9月26日(月): NFL第3週 対オークランドレイダース戦
先週勝った勢いを維持し本拠地ニッサンスタジアムで勝利したいテネシータイタンズでしたが、またもホームで勝利をあげることがなりませんでした。

17-10

リーグNo.1オフェンスを相手に17点に抑えることができたタイタンズディフェンスはよく働いたと思います。今回も敗因を見つけるとしたらタイタンズオフェンス、特にQB:マーカスマリオタということになりますか? 決定的だったのは大事な局面での「反則」? (Tリーワン、Aジョンソン)の終盤大詰めでのものでしょうか? やはりコーチ陣のゲームプラン(前半終了間際の時間の使い方や引き出しの少ないオフェンスプレイコールなど)でしょうか?

2年目QB:マーカスマリオタは33回試投17回成功0TD2INTという精彩を欠く内容でした。 レーダースDB陣にパスを封じられてしまいました。ここまでの3試合の結果から考えるとマリオタとWR達とのコミュニケーションが足りていないということは明白です。
TE:デラニーウォーカー、WR:ケンドールライトの不在は苦しいと思います。

この試合でランニングゲームは数字を伸ばせました。デマルコマレーは114ヤードを走りました。これはタイタンズにとって2013年に(CJ2K)クリスジョンソンが走っていらい久々の100ヤード超えでした。(ここまで長かったなあ~)
デリックヘンリーは45ヤードを走り3rdダウンバックとしてしっかり機能してくれていました。

TEではデラニーウォーカーの代わりのジェイスアマロが出場し3レシーブ59ヤードの成績でした。アンソニーファサーノ、フィリップスパーナウらはランブロッキングに働いてくれたのでしょうか? レシーブ記録なしに終わっています。

OLはチャンスウォーマックが抜けたRGにジョシュクラインが抜擢され先発しました。 被サック1回で、ランが179ヤードですからタイタンズOLとしては上出来と言える内容だと思います。ルーキーRT:ジャックコンクリンは良く動けています。LT:テイラーリーワンも同様安定感が増していました。 あの反則さえなければ.....惜しまれるところです。

DLはジュレルケーシー、アルウッズ、ダクアンジョーンズ、カールクルーグら、LBもデリックモーガン、ブライアンオラクポ、エイブリーウィリアムソン、ウェズレイウッドヤードらは良く守りました。 デビッドバス、ケビンドッド、シーンスペンスらもユニットしてがんばっていました。サックが1というあたりが少々物足りない気がしますが今後に期待しましょう。

DBは苦戦させられました。前半はパスを通されまくりで心配でしたが、中盤以降はやはりディックルボーワールドへレイダースオフェンスを誘い込ませ、ロースコアゲームへと流れを作ってみせました。

4Q2ミニッツを切ってからの「寄せ」ドライブに期待がかかりましたが、反則を重ねてしまい自ずからチャンスを潰してしまう幕切れとなってしまいました。 もう少しのところでしたが残念でした。 

ここまでの3戦でだいぶ今年の戦力が分かってきたような気がしています。
マイクムラーキーHCは3年契約しましたけれど、やはり無理だったかという雰囲気が立ち込め始めた気がします.....
ジョンロビンソンGMのダイナミックな動きで、「接戦」まではできるチームになれたようですが、ここまできたら勝たないといけません!

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

12

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マーカスマリオタ  デマルコマレー  

Comment: 10  Trackback: 0

9月12日(月):NFL2016第1週 ミネソタバイキングス対テネシータイタンズ戦
待ちに待ったNFL2016シーズンの戦いが始まりました。 われらがテネシータイタンズはホームのニッサンスタジアムミネソタバイキングスを迎え開幕戦を戦いました。

25-16 のスコアで、初戦を勝利で飾れませんでした。

ミネソタバイキングスは昨シーズンNFC北地区で優勝し、今期はスーパーボウルコンテンダー候補の一角との下馬評も多く目にする充実著しいチームです。エースQB:テディブリッジウォーターが開幕直前に怪我でシーズンを戦えないチームの緊急事態となっても、皆がまとまり、各自高い気力に満ちていることが見て取れました。 敵ながら素晴らしいですね。

この試合タイタンズの戦いぶりは「自傷行為」とでも表現すればよいのでしょうか? キープレイヤーのミスやコミュニケーション不足により、敵ディフェンスに2TDを献上してしまったことが命取りとなってしまいました。 

ディックルボー師率いるディフェンスは敵オフェンスを進めさせるけれど得点はさせない老獪な戦いぶりで奮闘していました。 あのRB:エイドリアンピーターソンを19キャリー31ヤードと完璧に封じ込むことに成功、トータル65ヤードしか走らせませんでした(そのかわりパスはけっこう通されまくったような気がしたのですが、トータル236ヤードでした)。

一方「エキゾチックスマッシュマウス」を標榜しているテネシータイタンズはトータル64ヤードしか走れていません。ああ情けないw 序盤だけでしたねパワーランw  そこに今日の敗戦の原因が見て取れます。 タイタンズの「ゲームプラン」「プレイコール」です。 終盤に近付いてくると過去2年間の悪夢が再現されているかのようなデジャブ感覚が甦ってきました。 指揮官がバイキングスの強力守備に臆してしまっていました。 バイキングス/ノーブターナーOCはかたくなにエイドリアンピーターソンを使い続けました。だからパスも生きてくるのでしょう。 タイタンズは今日のバイキングスを見習って、もっと覚悟して戦わないといけません。デマルコマレーデリックヘンリーの「ライトニング&ライトニング」をもっと徹底してほしいですね。スマッシュマウスやるんだから!
こんな戦い方が今年も続くようだと、マイクムラーキー軍団はシーズン序盤で首が飛んでしまいそうですね....

タイタンズディフェンスは頑張っていましたが、パスラッシュが全然かかりません。これはどうしたものかw プレシーズン中は「能ある鷹は爪を隠す」作戦なのだろうと思っていたのですが少し心配です。 OLB:デリックモーガンも試合中に故障してしまいました。軽い程度ならよいのですが....

今年のドラフト5巡WR:タジャエシャープは見事に開幕戦先発を成し遂げました。 レシーブ7回で76ヤードを記録。正真正銘 マーカスマリオタのNo.1ターゲットです! リシャードマシューズ、アンドレジョンソン、ハリーダグラスも良いプレイを見せていました。WRユニットは昨年に比べるとかなり良化していると思われ、今後もっと活躍してくれそうな気がします。

OLは許したサックは2回、反省と改善が必要です。 ドラ1ルーキーRT:ジャックコンクリンはデビュー戦にしては悪くなかった気がします。これからも頑張ってください。 バイキングスのディフェンスは強力でした。タイタンズOLは今日の対戦を糧に成長していただきたいです。

スペシャルチームも足を引っ張りました。 後半戦のキックオフ、いきなり大きくリターンされ、フィールドゴールを与えてしまいました。 復帰したマークマリアーニはリターナーとして良いパフォーマンスを見せてくれたのが救いでしょうか?

タイムオブポゼッションについてタイタンズは前半戦を支配していましたが、後半は逆に支配されてしまいました。 
反則は2回10ヤード罰退(LT:テイラーリーワン) 確かに反則は減っています。 今後もゼロを目指してください。

気を取り直してがんばれ テネシータイタンズ!

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

23

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  デマルコマレー  デリックヘンリー  マーカスマリオタ  

Comment: 0  Trackback: 0

8月23日(火): タイタンズ関連
カロライナパンサーズ プレシーズンゲームで序盤パンサーズオフェンスに標的にされたCB:アントウンブレイクでしたが、WR:テッドギンのスピードを警戒し10ヤード引いて守っていました。この対応がムラーキーHCは不満だったらしく、サイドラインからブレイクにもっと近づいてプレッシャーをかけろ! もっとタイトにつけ!と叫び続けたのだそうです。9ヤードのフックパスのはずが61ヤードTDに化けしまいましたから頭が痛いですね。ブレイクはこれまでニッケルが本職だったのですがタイタンズにてアウトサイドを任せられるのか?少し不安になってしまいますね。 チャージャーズ戦では悪くなかったのですが...

テネシータイタンズの新オフェンス:エキゾチックスマッシュマウスのキーとなるRB:デマルコマレーデリックヘンリーのデュオにニックネームがついたようです。その名も「サンダーアンドサンダー」だそうですw ベタな気がしないでもないですが、この呼称がメディアを賑わすように祈ります。



mariota600-081516.jpg

マーカスマリオタのフェイスマスクをご覧ください♪
彼自身がオレゴン大に仲間と一緒にデザインしたもので、今年になりNFLの規定変更等でこのフェイスマスクデザインが容認され、実際に着用を始めたものとのことです。コンセプトは「808」。 ハワイのエリアコードナンバーに基づいているそうでハワイ出身であることの誇りを現しているそうです。 デビューシーズンから着用したかったそうですが一年遅れで実現しました。
先の2試合で16投15成功1TD1INTとチームの期待に沿う活躍を見せてくれています。 今年も色々あるでしょうが経験を積んで長くタイタンズを牽引していってください♪




関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

08

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  デマルコマレー  

Comment: 2  Trackback: 0

3月8日(火): RB補強
2014年のUDFA:RBアントニオ アンドリュースと単年度契約を更新を済ませたタイタンズですが、次に飛び出してきた噂は、NT先発ポジションとして Jetsのダモンハリソンを狙っているというもので、新GMのジョンロビンソンはなかなか良いではないか!とにやにやしていたところに、イーグルスのRB:デマルコマレーをトレードで獲得とのニュースが飛び込んできました。 イーグルスはチップケリー前HCのカラーを払拭したい意向もあるのでしょうが潔い決断をしたと言えます(ドルフィンズにも2名行くようですし)。 イーグルスでの不振はチップケリーのシステムにマッチできなかったことにあるのか?それとも前年度頑張りすぎて峠を越えてしまったのか? いろいろと疑問点があると思いますが、捲土重来ということでタイタンズでがんばってください。

これでますますOLの補強に関心が高まってきました。 ドラフト1位でトンシル? それともFAでベテランを加えるか? タイタンズOLで必要としているポジションは、RT(LT可), C, LGです。 それぞれ魅力的でそれほど老けていないベテランがFAマーケットにでますよね? そんな彼らをFAで獲得してほしいと願う今日この頃なのでした。 吉報は近いと思っています!


関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ