FC2ブログ
1
3
5
6
10
11
12
13
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2019

NFL テネシータイタンズの戦いを応援していきます。


プロフィール

Code Blue Tokyo

Author:Code Blue Tokyo
テネシー・タイタンズの戦いぶりを通してNFLの面白さや素晴らしさを、皆さんにお伝えする機会としてお役立てれば幸いです!

最新コメント
09

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  アーサースミス  マーカスマリオタ  デラニーウォーカー  

Comment: 14  Trackback: 0

9月9日(月) NFL2019シーズン第1週 @クリーブランド戦 
テネシータイタンズファンの皆様、NFLファンの皆様、アメフトファンの皆様 開幕おめでとうございます♬

待ちに待った2019シーズンの到来。 テネシータイタンズは初戦をオハイオ州クリーブランドにて戦いました。
前評判ではメディアも専門家もクリーブランド有利予想一色で困惑していたのですが、不利予想を覆しタイタンズは敵地で大勝してくれました。
ブラウンズの若く才能あふれる人材集団も 「Discipline」「Execution」の面で少し準備ができていなかったようでした。( ナッシュビルのメディアよりLuke Worsham氏の表現を引用)
18ペナルティで182ヤード罰退は逆の意味でスゴイです。ディシプリン 「鍛錬」、「訓練法」、「(鍛錬で得た)抑制」、「自制(心)」、あとフィットするのは「しつけ」でしょうか。「規律」と「(それを踏まえたうえでの)実行力」 この点においてテネシータイタンズの方がしっかり仕上がっていたという感想でした。

そしてこの日まで三味線を弾いていたタイタンズの心理戦といいますか、1年ぶりTEデラニーウォーカーや新加入のベテランエッジ:キャメロンウェイク、2年目エッジ:ハロルドランドリーらをあまり表面に出さず準備してきたことも功を奏したように思います。 デラニーウォーカーはマリオタのNo.1ターゲットですが、昨年怪我で休んでいたこともあって対策ができていなかったのでしょうか? 2TDで華麗なカムバックを魅せてくれました。

テネシータイタンズファンの注目ポイントとして、”OCに就任したアーサースミスOCの実力や如何に?”があるのですが、バランスよくオフェンスを組み立てていたと思いました。マーカスマリオタのモビリティも制限を徹底させて、グラウンドアタックとショート中心のパスを多用して難敵ブラウンズのパスラッシュを牽制していました。
その副作用として安定しないOL(特にパスプロテクション)のパフォーマンスのボロが出にくかったこともあげられるでしょうか?

タイタンズディフェンスは素晴らしかったです。
ブラウンズの希望星ベイカーメイフィールドから3INTを奪う活躍をしたDB陣はお見事でした。 DL及びフロントボックスは終始良いプレッシャーを与え続けました。

3rdダウンコンバージョンが10回中2回成功というのは早急に改善していかねばなりません(ブラウンズは10回中1回)。
急遽交代したキッカー:カイロサントスは、上々のデビューを飾りました。53ヤードを決めるあたり良いアピールになりました。ライアンサコップには期待していなかった距離でした。

久しぶりに開幕戦を勝てた気がします。 最高です!



このプレーで試合の流れが決まりました。









関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

18

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マーカスマリオタ  デラニーウォーカー  

Comment: 2  Trackback: 0

8月18日(日) プレシーズン第2戦 NEペイトリオッツ戦 ~ not to do it again


先発したマーカスマリオタは良いドライブを続けTDを奪い PATで2ポイントコンバージョンを狙いに行lき 自分で走ってフィニッシュしたのですが、体を投げだすリスキーなプレイになったため、チームメイトが心配してかけた言葉が上記ツイッターで紹介されています。ライアンタネヒルも良いプレーを続けています。控えQBとしてはタイタンズ史上これまでにいないレベルの信頼感を得られる選手になりそうな気がします。

TEデラニーウォーカーが久しぶりに戻ってきました。マリオタと息の合ったプレイでTDを獲得しています。このままうまく復調してくれれば、オフェンスもうまく回ることでしょう。

OLはRGポジションをいろいろ試していますが、候補のひとりジャミルダグラスはちょっといただけないパフォーマンスに終始していました。ケビンパンフィルの方がかなり安定しているように見えました。RTジャックコンクリンはだいぶ復調できているようでこの先も期待できそうです。

RBではディオンルイスがランにレシーブに良いプレーを連発して健在ぶりをアピールしてくれました。またジェレミーマクニコルスもロスター入りに向けて元気良いプレーを見せています。二人ともパスプロ時のラッシュのピックが上手く、使いやすいRBですね。

ルーキーWR:AJブラウンがついにデビューしています。レシーブは記録できなかったものの3rdダウン時にパスインターフェアランスのペナルティを誘発するなど見せ場を作りました。マッチョなのは前から有名でしたがもう少しチーム練習を重ねないと心配な気がします。頑張ってタイタンズオフェンスを助けてください。

WRタイワンテイラーは4Qまで出ずっぱりだった気がします。先週の失敗を払しょくさせるための措置なのか?トレード売り出し中のプロモーションなのか? ちょっと不自然な気もします。

ディフェンスはDL,LB主力が不出場ということもあり、今回はランディフェンスで弱みを露わにされてしまった印象です。
新人DLアイザイアーマックがサックを決める活躍を見せています。このままがんばってほしいですね。
ハロルドランドリーが不出場でしたが、シャリフフィンチは先週に続き頼もしいパフォーマンスを魅せてくれました。キャメロンウェイクから先発を奪うことも可能な頼もしさを感じました。セーフティを奪ったプレイはお見事でした。


DB陣はローガンライアンがINTを記録したり 順調そうでした。


このプレイは1月以降でお願いします!

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

09

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マーカスマリオタ  デラニーウォーカー  

Comment: 8  Trackback: 0

10月9日(火) タイタンズ 敗戦からの反応
昨日今日のテネシータイタンズは反省モード。

テネシータイタンズのオフェンス強化についてあれこれ意見が噴出しているようです。
パスオフェンスに関しては、マリオタの決定的な瞬間に信頼のおけるレシーバーが不在(デラニーウォーカーみたいな)や、TEがさっぱりレシーブしない(直近2試合レシーブ0ゼロ)とか控えWRの品質問題(ダリウスジェニングス、ニックウィリアムスの絶好球ポロリ)等いろいろと出てきています。

ランでは、デリックヘンリーがビルズ戦ではそこそこ走れましたが、チームが期待しているのはまだまだこんなものではないはず。ジョイントNo.1ディオンルイスもうまく走れずじまいでした。 OLに病み上がりが二人もいたり、インテリアラインマンのパワー不足や技術レベルや反応力が足りなくて容易にペネトレイトを許してしまうとか、OL全員がいろいろと鍛錬を積み上げる必要があったり、大変です。

選手だけの責任にするには可哀そうかもしれません。各コーチ達にもよく考えてもらいたいですね。

そこで テネシータイタンズバッファロービルズ戦の敗戦から一夜明け、ロスターをいじりました。
プラクティススクワッドにいたTEアンソニーファークサーを53名ロスターにプロモートし、RBダリンドーキンスをウェイブしました。ドーキンスは他から声がかからなければタイタンズのPSへ戻るものと想像されます。

TEジョンヌスミスの活躍機会が増えるものと思っていましたが、2年目のジンクスなのかレシーブもブロックも物足りないものがあります。 ルークストッカーはHバックやFBもこなしブロッキングで頑張っていますが、レシーブは記録なし。 新加入のマイコールプルイットはST要員がメインです。 デラニーウォーカーの離脱はあまりに大きいです。

ディフェンスではILB。ビルズ戦ではボロボロでしたね。今年のドラ1新人ラシャーンエバンスはまったく存在感をアピールできず、試合後にSNSでファンからの批判に不用意な反応をしてしまい、即座に消去する羽目に。 ドラフト1巡選手ですから即戦力を期待したかったのですが、この選手は本来の能力をこの世界で活かすためにはもう少し時間が必要そうです。オフシーズン中全然練習できていませんでしたし、ほかの選手との連携などそう簡単にできるわけもないです。くじけずに頑張ってもらいたいものです。 FAで補強したウィルコンプトンもビルズ戦では消されていた気がします。ここまでの4試合で感じたのは、コンプトンはスピードが足りないのでは?という印象です。けっこう守備範囲が狭そうとみていますが......

こちらの新人ハロルドランドリーシャリフフィンチはOLBとしてもっと経験を積めば期待に応えてくれそうな雰囲気を感じています。今LBで唯一元気で目立っているのは2年目ジャイオンブラウンです。パスカバーのみならずブリッツでも結果を出せていますね。 このままこのまま どうか成長を続けてください。



関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

06

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マーカスマリオタ  デラニーウォーカー  

Comment: 6  Trackback: 0

12月6日(水) タイタンズ アップデート
今シーズン ここまで8勝4敗で来て もう少しでプレイオフ確定まで漕ぎ着けられそうな、テネシータイタンズです。
しかし テネシータイタンズの進撃(直近で7戦6勝ですからそう表現させてもらっても良いですよね?)をNFLご本尊はあまり話題にしてくれません。大都市の監督が首になったり、試合中の選手同士の暴力行為ばかりに偏向しているのが気に食わない今日この頃です。
チームだけではありません。TE:デラニーウォーカーやS:ケビンバイヤードらはここまでリーグを代表できるレベルの活躍を見せているのですから、もっと脚光を浴びさせてあげたいと多くのタイタンズファンは思っている事でしょう。

先のテキサンズ戦を終えて 「これ(タイタンズ)はコルベットではない。 これはダンプトラックだ」と 元NFLのヘッドコーチのトニー・ダンジー(Tony Dungy)氏はテネシータイタンズを評して語ったようです。さらに 「これは彼らが持っているすべてです。 醜い(Ugly)、しかし彼らは勝っている」と締めくくってくれています(一応スマイルな表情で言ったと補足されています)。

このコメントを知ったマイクムラーキーHCは、「私は本当にそれが何を意味するのか分からない」、「私たちが退屈でそれに対処する負担があるとしても、私はそれでOKだ」とコメントしています。
トニーダンジーさんが思ったことは多くのタイタンズファンも同感だと想像しますが、勝ち進んでしまっているので、ムラーキーHCに「それがどうした!」と跳ね返されてしまいますね。 タイタンズのオールドスクール軍団は頑固で容易に自説を曲げないです。

そんなオールドスクール軍団率いるタイタンズですが、今週ロスターに手を入れました。
DLダクアンジョーンズが負傷しIR登録とし、FAでTE:ルークストッカー(Luke Stocker)を2年契約で53名ロスターに迎えました。

今シーズンテネシータイタンズはランオフェンスで目指した効果をあげられず苦闘中で、その課題の解決策としてブロッキングTEを探してきたと見られています。昨シーズンまで在籍していたアンソニーファサーノ の穴が埋まらないための措置ですね。 新人ジョンヌスミスにこの役割も期待していたようですがままならず、今後はデラニーウォーカー同様レシービングTEとしてアサインしていくようです。もう一人のTE:フィリップスパーナウもプレイ品質の面で重い責任を任せられないという判断です。
FB:ジャルストンフォウラーはここ2試合インアクティブ扱いされており、構想から外れつつありそうです。TE出身のTE大好きHCですからやむなしなのでしょうか? UT(テネシー大)出身でもあるルークストッカーの活躍を願うばかりです。

対戦相手に恵まれている、チームスタッツ上プレイオフチームに相応しくない等辛口評価もいただいておりますが、もっと勝ち進んで第2シードまで目指してしまいましょう! 然ればいやでもメディアが取り上げるようになりますね♪

TITAN UP !



関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

29

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  デラニーウォーカー  

Comment: 4  Trackback: 0

9月29日(金) 抗議行動余波、怪我人情報等
NFL先週のゲームで多くのチームの選手達が取った"抗議行動"は社会的な問題としてまだ収拾へ向かっていません。テネシータイタンズ関連では物騒な話が表面化しています。 

TE:デラニーウォーカーのインスタグラム投稿写真に「死の脅迫」コメント(彼と息子さんに向けて)が書き込まれました。国歌斉唱の時チーム全体の意思としてロッカールームに留まるという抗議行動をしていました。(これはシアトルシーホークスも同様でした) 彼は日ごろ多面的な社会奉仕活動を行っており、またミリタリー方面へも尊敬と感謝を忘れず慰問活動等も積極的に活動しているNFLでも模範的な選手です。抗議行動の趣旨を取り違え早合点した人物がしでかしてしまったのでしょうか? 彼が狙われたのはタイタンズ選手で一番の年長者であり、キャプテン格で影響力を持つ人物だったという事でしょうか?
この書き込みを受け取り、デラニーウォーカーは傷ついたそうですが、その後チームを通じ力強いステートメントを発表しています。 この日の国歌斉唱を担った歌手:メーガンリンゼイ(Meghan Linsey)さんも歌い終わった後膝をつく抗議行動をとったそうですが,同じように「死の脅迫」メッセージを受け取ったそうです。 テネシータイタンズの周囲でこのような事件が起きてしまうのは残念です。




9月28日付インジュリーレポート




関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

21

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  ジョンロビンソン  マーカスマリオタ  ラスグリム  デラニーウォーカー  

Comment: 4  Trackback: 0

7月21日(金) タイタンズ雑感
キャンプが近づくにつれドラフト1巡指名選手の契約がまとまる報道が続いています。 ジェッツのSジャマールアダムス、チーフスのQBパトリックマホームスが決まったそうで、残りは4名でしょうか? 
49ersのソロモントーマス、レイダースのCBガレオンコンリー、ブラウンズのOLBジャブリルペッパーズ、それからテネシータイタンズの1巡全体5位指名WRコリーデイビスもまだ締結に至っていません。 近々発表してくれることを期待しています。




キャンプイン前に2017年版チームロスターを展望したいと思っていますが、その前に昨シーズンのテネシータイタンズ(どん底から這い上がって9勝7敗まで戦えた)を振り返り、個人的に功労者を選出しておきたいと思います。

2016 テネシータイタンズMVP   ジョンロビンソンGM


 おそらくすべてのタイタンズファンから同意してもらえる選定だと思います。 短期間で戦える戦力を整えた手腕は見事でした。またスカウティングのみならずチームの組織改革にも取り組み、勝つための文化を他所から導入(ロッカールームや練習施設、それらの環境など)させた仕事ぶりはチームに非常に良い雰囲気に変えたように見えます。 今年を飛躍の年にするにはこの人の尽力が不可欠です。素晴らしい人材に巡り合えたことをタイタンズファンは喜んでいることでしょう♪

2016 コーチオブザイヤー     ラスグリムOLコーチ

 ドラフト1巡をOLに使うも成果を出せずランオフェンスが機能しない年が続いていましたが、このHOFコーチが加わってからのOLは見違えるような輝きを放ちだし、LT:テイラーリーワン(デビュー以来フルタイム出場を果たせていなかった)を全試合出場、プロボウル選出と立派なLTに仕立ててくれました。新人RT:ジャックコンクリンもオールプロ選出、UDFAだったクイントンスペインを抜擢しLGで成功させた功績もお見事でした。 テリーロビスキOCは良くこの人を連れてきてくれました♪

2016 プレイヤーオブザイヤー   デラニーウォーカー(TE)

生え抜きではないですがこの人もマリオタのNo.1ターゲットとしてパスにブロックに大活躍してくれました。 チームへのロイヤリティ等若手選手のお手本的な存在になっているようで、フィールド外でも良い働きをしてくれているありがたい選手だと思います。

2016 ガッカリ賞          ペリッシュコックス CB  

よくわかりませんが先発CBだったのにシーズン途中から調子を落とし、ルボーシステムに反するプレイを連発しだしてシーズン中にクビになるという悪夢のような事件がディフェンスをより苦しめました。 




選手のところは他にもいろいろと異論が出そうです。 RBデマルコマレーを忘れてはいけません! この人も素晴らしい活躍を見せてくれました。 
マーカスマリオタも2年目で成長してくれましたが、シーズン終盤での怪我はマイナス評価としました。 3年目こそ、フル出場を果たしてほしいものです。

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

08

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  デラニーウォーカー  マーカスマリオタ  エミーアダムスストランク  

Comment: 0  Trackback: 0

5月8日(日): タイタンズ短信

テネシータイタンズは、TE:デラニーウォーカーとの複数年契約に同意したと発表しました。 
詳細は未公表ですが関係筋によると、2年間の契約延長で14.7M$でそのうち$8.2Mが保証されているという内容とのことです。 まずはめでたしめでたしですね。 マーカスマリオタの頼れるターゲットとして残しておきたいベテラン選手ですから。

もうひとつ チームにとって良い方向に向かう兆候かもというニュース。 テネシータイタンズの(コントロール)オーナー:エミーアダムスストランクがナッシュビルに家を購入したというもので、彼女の父バド翁はついぞヒューストンから動かず、ナッシュビルはサテライトという位置づけで通してきていました。 翁の孫ケネスアダムス(オーナーグループメンバー)はチームにフロント入りし働いており既にナッシュビルに住んでいますが、オーナー代表が引っ越してくるとなるとオーナー一族の本気度が感じられる気が。(完全な定住ではないようですが.....)
この流れでNFLとのオーナーシップに関する問題も解決できると良いのですが.....

Continue

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ