FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  06 ,2020

NFL テネシータイタンズの戦いを応援していきます。


プロフィール

Code Blue Tokyo

Author:Code Blue Tokyo
テネシー・タイタンズの戦いぶりを通してNFLの面白さや素晴らしさを、皆さんにお伝えする機会としてお役立てれば幸いです!

最新コメント
17

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マーカスマリオタ  ジョンロビンソン  デリックヘンリー  

Comment: 2  Trackback: 0

3月17日(火) FA市場解禁
昨日のQBライアンタネヒルとの複数年契約に続き、RBデリックヘンリーもテネシータイタンズに残留となりました。ヘンリーは予想通りフランチャイズタグを貼られることになり、今後複数年契約変更を話し合っていくことになります。
RB,QBというタイタンズオフェンスの主軸をキープできたことは喜ばしいです。

一方でRTジャックコンクリンクリーブランドブラウンズと3年契約を結びました。それにしても残念です。 ブラウンズではLTをまかされるのでしょうか? むこうでも頑張ってください。
ジャックコンクリンの替わりにRTを勤めるのがデニスケリーです。これまで控えOLだったデニスケリーと3年21M$、8,75M$ギャランティで契約。ジャックコンクリンの負傷中にデニスケリーは立派に代役を勤めてくれていました。しかしこの金額ではタイタンズの先発OTの水準に達していないですね。ずいぶん謙虚なのか?過小評価されているのか? こうなると本年のドラフトで将来の先発候補(OT)を指名する可能性が出てきたように思います。

LTテイラーリーワンのツイートを紹介しておきます。





マーカスマリオタがラスベガスレイダースと契約とのニュース。 とりあえず良いチームに拾ってもらえた気がしてます。 マイクメイヨックGMとジョングルーデンHCならきっとマリオタを活かせると大いに期待したいです。ネバダならオレゴンから近いし(ナッシュビルより)、ハワイからもですね。 
私にとっては最愛の息子を失うような悲しみです。 ウォーレンムーンを失った時以来でしょうか、この気持ちは....また乗り越えなければいけません.....

次はぜひ”強烈な”エッジラッシャーを獲得してほしいものです。ローガンライアンも残してほしいですぞ。

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

26

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  デリックヘンリー  ジョンロビンソン  マイクブレイベル  

Comment: 0  Trackback: 0

2月26日(水) スカウティングコンバイン直前
スーパーボウルも終えて新シーズンに向かって各チームも戦力補強計画に忙しくしていることでしょう。
我らがテネシータイタンズも新シーズンに向け契約が切れてフリーエージェントになる選手が20名以上いるために慌ただしい毎日を送っているようです。

タイタンズでは QBライアンタネヒルRBデリックヘンリーOTジャックコンクリンCBローガンライアンといった選手達に注目が集まっています。テネシータイタンズのキャップスペースも悪くはないものの有力選手を残すためにはかなり上手くやり繰りしていかないといけません。
5年目にしてジョンロビンソンGMの手腕が問われる時期を迎えたと言えます。

2020シーズンのコーチングスタッフは昨シーズンからディフェンスではディーンピースDCとその息子、ILBコーチが抜けてジムハスレットILBコーチが新加入。プレイコールはマイクブレイベルHCとしているものの、ジムハスレットコーチにスイッチを検討中という感じでしょうか。
オフェンスはアーサースミスOC以下今のところ変動が見られません。(アーサースミスOCも2年目なので自分でスタッフを選びたくなるでしょうがまだ見習いモードみたいですね)

オフェンスの戦術は2018-2019を継承しそうなので、RBデリックヘンリーについては契約更新のNo.1プライオリティだと思います。RB2:ディオンルイスはリリースされるのではないでしょうか?

次にOTジャックコンクリンです。この選手は2年目以降怪我に苦しみ続けましたが2019シーズンはしっかりと復調を遂げ重要な役割をプレイし続けてくれました。初年度のパフォーマンスの85%ぐらいまで戻っている感じに見えました。ルーキー契約の5年目オプションを更新されずにきて、フリーエージェントになってしまいます。この選手をひき留めるのにいくらお金が吊り上がるのか非常に怖いです。それでも絶対手放してはならない選手だと信じて疑いません。

QBについてもライアンタネヒルで続けていきたいところですが、金銭面で折り合いがつくかどうか? タネヒルはエージェントをデリックヘンリーと同じところに変更してきています。QB3:ローガンウッドサイドは昨シーズンIRでしたが、2020も残るようなことをGMかHCが話していました。
あのトムブレイディをタイタンズに招聘するという噂も未だに消えません。スーパーボウルウィークあたりにはナッシュビルの学校に子供の転入手続きに来たとか話題になっていましたが真偽のほどはどうなんでしょう?
タイタンズが真剣にスーパーボウルを勝ちにいくのであれば、タネヒルでいいのか?という疑問を感じますが、ブレイディならば2020年一発勝負という賭けなら”あり”だと思います。(もっとも金銭的な問題を解決しなければならないでしょうが)
それでもNEペイトリオッツが最後まで面倒見てあげるのが最善だと思うのですが....

ディフェンスはディーンピースDCが抜けてどう変化が起こるか?興味深いです。 2019シーズンはフロントマルチピラシースタイル2年目で怪我人が出るまではとても良く機能していたのですが、立て続けにエッジの選手が戦線離脱し、CBマルコムバトラーがIR入りし、アドリージャクソンローガンライアンらも負傷を抱えながら戦うはめに陥ってしまいました。そういった事情もあったせいでしょうか? パスラッシュが効かない事態に苦しんでいました。
ディーンピースDCはQBへのプレッシャーとパスカバレッジのバランスをみると、カバレッジに枚数を割きたい傾向が見られるように思いましたが、マイクブレイベルHC/ジムハスレットコーチになるとこのあたりが大きく変わってくるのではないかと考えたりしています。

スペシャルチームはキッカーをどうするのでしょう? ライアンサコップは復調できたのか気になります。 ドラフト下位指名でキッカーを指名するのもありだと思います。パンターはブレットカーン様が健在なので何の心配もなし。STとしてはリターンゲームをもっと改善していく必要があると見ています。この辺もおろそかにせぬようお願いします。

スカウティングコンバインでタイタンズの宝石を発見してほしいですね。
今年のドラフト指名巡は29番目ですから、じっくり構えてこぼれてくる選手をBPAで拾うのも良いでしょうし、”トレーダージョン”が動いて繰り上がり指名を狙うのか?楽しみではあります。
とは言ってもまずはFAでしっかり仕事を決めてくれないといけませんね。

TITANUP!





関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

06

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マイクブレイベル  デリックヘンリー  

Comment: 0  Trackback: 0

2月6日(水) タイタンズ アップデート
今年のスパーボウルはカンサスシティチーフスが勝利しました。 見応えのある素晴らしい試合でしたね。

私個人では痛い目に会いました。GamePassで観戦していたのですが、GAMEPASSが不調で苦労させられました。DAZNに助けられています。


NFLは2020シーズンに向け動き出しました。 各チーム準備に余念がないと思います。 これからのNFL主要スケジュールを以下に記します。

Feb. 24-March 2: NFL Combine in Indianapolis.
2/25: First day clubs can designate franchise or transition players.
3/10: Prior to 3 p.m., deadline for clubs to designate Franchise or Transition Players.
3/16-18: Clubs are permitted to contact, and enter into contract negotiations with, the certified agents of
players who will become Unrestricted Free Agents upon the expiration of their 2019 player contracts.
3/18: The 2020 league year and free agency period begin at 3 p.m., Nashville time.


全てのNFLチーム、ファンがチームビルディングに夢を抱ける貴重な時間ですね。 しっかり楽しみましょう♪



テネシータイタンズは第2期マイクブレイベル政権の組閣に取り組んでいます。
ブレイベルHCはマイアミでスーパーボウル行事にアテンドしていてその間活動が制限されていた感がありましたが、これからいろいろと人事等表面化してくるのでしょう。

さっそく飛び込んできたのがLBポジションコーチにオハイオ州立大ネットワークで、シンシナティ大DCマーカスフリーマン氏にオファーを出していたものの振られてしまったニュースでした。

こちらはフューチャー契約でTE獲得のニュースです。若く6-4とサイズがあるので期待したいですね。


タイタンズ唯一の主攻撃力デリックヘンリーがフリーエージェントとなります。契約について恐ろしい事を話しています。ダラスカウボーイズのRBエゼキエルエリオットの契約が下敷きになると!
これまでの奮闘を称えてリーグ最高のRB契約をまとめてあげてほしい気もします。しかしタイタンズは主力の繋ぎ止めにかなりの金額を要する厳しい懐事情も事実ですね。本人には不本意でしょうがフランチャイズタグを貼ることになるのでしょうか?



ドラフトのため下準備にも動いているようです。 主力選手の離脱やベテランのFA獲得等が容易に予想されますが、テネシータイタンズのドラフトニーズはけっこうはっきりしていると思われます。

エッジ(DE,OLB)、CB、QB、RB、OL, LB、WR 毎年のことながらどこもかしこもではありますが、ドラフト高位ではエッジ、CB、QBあたりが有力視されています。 先日行われたシュラインボウルでは、QBジョーダンラブ(ユタ州立大)に関心を示したり、エッジ:ブラッドリーアナエ(ユタ大)にインタビューをかけたりしていたようです。
これから多くの選手がピックアップされてくるのが楽しみです!


今年のCM 凄く良い出来だと思いました。将来のドラフト1位指名候補。



関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

20

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  デリックヘンリー  

Comment: 12  Trackback: 0

1月20日(月) AFCチャンピオンシップゲーム 対カンサスシティチーフス戦
スーパーボウル出場権を賭けたAFCチャンピオンシップゲーム、敵地カンサスシティに乗り込みカンファレンスチャンプを狙いましたが、残念なことに力尽きてしまいました。チーフスはさすがでしたね、攻守にわたって実に強力でした。CCの仮想敵としてニューイングランドペイトリオッツを想定して準備していたそうですが、きっちりとテネシータイタンズも分析されており、チーフスの実力を見事に発揮していましたね。



テネシータイタンズのディフェンスは、最後までQBパトリックマホームズの足を止めることができませんでした。パスラッシュに人数を割かずに彼をポケットに封じ込めるような策は用いず、カバーを厚くする傾向が多く、ゾーンでもマンでもマホームスがスクランブルした際には走り負けてしまい完敗でした。
早い段階でILBラシャーンエバンスが負傷してサイドラインに下がってしまったのは痛手でした。

タイタンズのオフェンスはOLが良くなかったです。ランでもスクリメージラインをコントロールできずタイタンズ唯一の切り札であるRBデリックヘンリーのランを活かせずじまいでした。ハーフタイムの直前のシリーズで安直なランプレイを続け簡単にパントを蹴る羽目におとって以降、後半戦においてもなぜかデリックヘンリーのランを中心としたゲームを進める選択をしませんでした。デリックヘンリーは怪我でもしたのでしょうか?
前半12キャリーで62ヤード走っていましたが、後半はわずか7キャリー7ヤードです。これは本来のゲームプランからかけ離れていますね。

テネシータイタンズの今シーズンの功労者の一人QBライアンタネヒルはこの日は良いパフォーマンスを発揮できずじまい(終始プレッシャーを浴びていたこともあり)でした。パスプロは及第点だったようですが被3サックでした。危険なパスを通そうとしたり レシーバーを見つけられず苦しんだようです。
シーズンを通して優秀な活躍をしてくれたライアンタネヒルに対しこんな事を言ったら異論百出かもしれませんが、このプレイオフという大舞台において”プレイメーカー””ゲームチェンジャー”という特殊スキルは持ち合わせていない事を確認した気がします。(決して彼を非難しているわけではありません)

STは後半にフェイクパントを決めていますが、あっさり決まりすぎでお情けで助けてもらったのか?と思ってしまいました。



9勝7敗でギリギリ第6シードに滑り込み、第3シード(東地区1位)、第1シード(北地区1位)を連続撃破してここまで駒を進められたことに対し、健闘を称え感謝します。テネシータイタンズのチームの皆さん お疲れさまでした。1月のこの時期まで楽しめたことを喜んでおります。

カンサスシティチーフスにはぜひスーパーボウルで勝ってほしいです。


関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

19

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  デリックヘンリー  アーサースミス  ディーンピース  マイクブレイベル  

Comment: 2  Trackback: 0

1月19日(日) ”TAKE EVERYTHING”
テネシータイタンズ頑張れ!




関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

18

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マイクブレイベル  デリックヘンリー  

Comment: 2  Trackback: 0

1月18日(土) タイタンズ インジュリーレポート他
テネシータイタンズ、今週のインジュリーレポートのアップデートです。


LBグループが3名もクエッショナブルになっています。おそらくジャイオンブラウンは当日判断レベルか見送りか?微妙そうです。CBローガンライアンも風邪から無事に戻ってきています。RTジャックコンクリンが肩を痛めたようで状態が心配です。
スーパーボウル出場を賭けた大一番ですから持てる戦力を総動員してほしいです。


懐かしのブライアンオラクポのナレーションが効果的なショートムービーです。 プレイオフ時のスローガン:”TAKE EVERYTHING” スタイリッシュで気に入っています♪





フランチャイズのお膝元だって盛り上がっているようです。
ナッシュビル0118
ファンも個人レベルから地域や組織でタイタンズを応援している写真や動画がたくさんアップ!


同じナッシュビルのNHLチーム:プレデターズも洒落た応援をしてくれています♪



地域の学校の看板でもタイタンズを応援。

TITANUP !!


関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

16

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  デリックヘンリー    

Comment: 7  Trackback: 0

1月16日(木) タイタンズ、チーフス インジュリーレポート
テネシータイタンズは現地水曜日の練習にWRアダムハンフリーズとLBジャイオンブラウンが戻ってきています。これは朗報ですね。
アダムハンフリーズは12月1日のコルツ戦で負傷し6週間ぶりとなります。ジャイオンブラウンはまだ様子を見ながらという状況のようです。無理は禁物です。
CBローガンライアンは風邪で練習を休んだようです。






どうか悔いのない戦いを見せてください。
TITANUP !!

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

14

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  デリックヘンリー  アーサースミス  

Comment: 8  Trackback: 0

1月14日(火) テネシータイタンズのウィークポイント
2019-20シーズンを9勝7敗でぎりぎりプレイオフに進めた我らがテネシータイタンズでしたが、ワイルドカードでAFCチャンプニューイングランドペイトリオッツを破り、ディビジョナルプレイオフではAFCトップで第1シードのボルチモアレイブンズを撃破し、周囲を驚かせていることでしょう。しかしプレイオフの2戦はいずれもしっかり完勝という勝ちっぷりでファンとしてはとても頼もしく思えます。

勢いに乗って難敵カンサスシティチーフスを攻略してもらいたいものですが、テネシータイタンズの今シーズンを通してここまで致命的な弱点を抱えたまま来ていることも事実です。

キッカーが定着せずタイタンズは極力フィールドゴールを狙う状況を避けています。レギュラーシーズン第13週以降一度もFGで得点できていません。12月15日のヒューストンテキサンズ戦以降一度もFGを蹴ってもいません。今シーズンFGを18回トライして、成功はたったの8回という凄いデータを残してくれています。

プレイオフではRBデリックヘンリーの大活躍とアーサースミスOCのプレイコールが冴えてここまで勝ち進むことができましたが、Kは心配でなりません。Kライアンサコップが故障してから選手を入れ替え、サコップが復帰したと思ったら全然復調に程遠くて、また代理を探して急遽起用している状態です。TD後のPATを外すのではないかとけっこうヒヤヒヤしながらタイタンズファンは見守っています。

弱点だけ触れてもあれですから、良い面も一つ。
シーズン終盤~プレイオフに入ってからの過去4戦でテネシータイタンズのレッドゾーンオフェンスが劇的に向上していまして、11回トライ11回成功という驚異的な結果を出せています。 デリックヘンリーの強烈なランとともにレッドゾーン攻撃も楽しんでいただけるかと思います。

こんなテネシータイタンズですが、どうかNFLファンのみなさま 応援をよろしくお願い申し上げます!


やっとプレイオフへ出れたチームですから、最後までアンダードッグはしょうがないです。

TITANUP!

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

12

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  デリックヘンリー  ライアンタネヒル    

Comment: 16  Trackback: 0

1月12日(日) ディビジョナルプレイオフ  ボルチモアレイブンズ戦 
テネシータイタンズの素晴らしい戦いぶりに感動させられ 打ち震え、貴重な勝利の喜びにむせび泣いてしまいました。なんという誇らしい戦いぶりでしょう!!

テネシータイタンズはまたまたやってくれました。ディビジョナルプレイオフゲームで14勝2敗という素晴らしい戦績でAFC第1シードのボルチモアレイブンズを撃破し、AFCチャンピオンシップゲームへ駒を進めました!


RBデリック”キング”ヘンリーがこの試合でも活躍してくれました。30スナップ、195ヤードをこなしてくれています。ファンとしても本当に頭が下がる思いです。

タイタンズオフェンスはこの試合もラン偏重の戦い方で、QBライアンタネヒルは14回試投7回成功、88ヤード、2TD、ランで13ヤード,1TDという結果でした。レイブンズの強力ディフェンスを相手に冷静にプレーしていました。

OLもランにパスプロにとても良く動けていました。被サックは1個のみでした。
レシーバー陣はTEジョンヌスミスが超絶ワンハンドキャッチを決めて先制TD、WRカリフレイモンドがPAからのディープパスをTDレシーブと、序盤に2TDを決めて先制できたことは大きかったと思います。パスレシーブ数は稼げませんでしたが彼らはランブロックでもしっかり活躍してくれています。

1年目アーサースミスOCのゲームプランやプレイコールもどんどん良化が進んでいるようです。これも喜ばしい成果ですね。さすがの一族の血を引く者だからでしょうか?これからも期待できそうです。



先週のNEペイトリオッツ戦に続いて、この試合でもタイタンズDLいやフロントボックスは強固な守りを見せてくれました。レイブンズの4thダウンギャンブルをことごとく封じてみせました。タイタンズ守備フロントがこんなに強い状態って、過去を振り返っても今が最強かもしれません?! ルーキーのDLジェフリーシモンズを獲って大正解でした。次戦以降敵チームはGLダイブタイプのプレイを選択しづらくなったのではないでしょか。


レイブンズ強力オフェンスへの対策としてセーフティを増やしてパスカバーにランストップにQBラマージャクソンのラン用スパイにと敵QBを困惑させることができていたようです。ディフェンスにおいてもDCディーンピースが入念なゲームプランを準備してきた成果でしょう。素晴らしいディフェンスでした。

よくぞここまで勝ち上がってきたものです。次戦の相手はどちらでしょうか? ここまできたら頂点を目指すしかないです!

TITANUP!!




関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

09

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  デリックヘンリー  ミュージックシティミラクル  

Comment: 4  Trackback: 0

1月9日(木) 祝!ミュージックシティミラクル20周年


伝説のプレイ”ミュージックシティミラクル”から今日でちょうど20年だそうです。
祝20年! ここはひとつ ディビジョナルプレイオフへ向けて縁起を担ぎたいものです♪





現地水曜時点でのインジュリーレポートです。
テネシータイタンズはOLBカマレイコレアとRGネイトデイビスは風邪をひいたようですがネイトデイビスは出場できそうな感じでしょうか? WRカリフレイモンドはコンカッションプロトコルから脱出できたようで、本人は出場を希望しているようです。

先週の試合で負傷(古傷の肩)してしまったLBジャイオンブラウンは火曜日に簡単なストレッチをしている動画を目にしましたが、火、水とチーム練習ができていません。今一番帰ってきてほしい選手ですが今後に注目。もし彼が不在となるとその穴をウェズレイウッドヤードダーレンベイツデビッドロングJRで埋めていくことになります。シーズンが進むにつれて新人デビッドロングJRが順調に成長してきているようで一層の期待をしたいです。

WRアダムハンフリーズは今週も無理そうです。先週復帰したCBアドリージャクソンも火、水の練習には参加できていませんが、地元メディアによると試合には出場する見込みとの事です。
OLBカマレイコレアがもし出場できないとなるとエッジ/DE/OLBのフロントボックス(ハロルドランドリーの反対側)が厳しい事態に陥ってしまいそうです。新人デリックロバーソンは数試合しか経験を積めていませんが新人にここで奮起してもらわねばならなくなりそうです。あとはレジーギルバートです。

タイタンズのSグループは健康を維持できていそうなので、レイブンズ戦でもランにパスに活躍を期待せずにおれません。ケビンバイアードケニーバッカーロアマニフッカーデーンクルーシャンクジョシュアカル全メンバー出陣して敵オフェンスをかく乱してほしいものです。

今シーズンのAFCトップチーム:ボルチモアレイブンズは圧倒的な攻撃力と堅守な守備を兼ね備えたベストチームです。戦力的に1枚も2枚も劣ることは周知の事実だと思いますが、チームの雰囲気は素晴らしい状態を維持していますし、唯一の切り札デリックヘンリーが健在なので、戦略、戦術面でも知恵を絞ってぶつかってほしいです。



関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

05

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  デリックヘンリー  ライアンタネヒル  

Comment: 10  Trackback: 0

1月5日(日)プレイオフ ワイルドカード NEペイトリオッツ戦

我らがテネシータイタンズは敵地で昨年のチャンプを相手に勝利を勝ち取ってくれました!!


ここしばらくダイナスティを築いていたニューイングランドペイトリオッツ王朝の終焉を示唆したかのようなゲームだったと感じたのは私だけでしょうか? タイタンズが祇園精舎の鐘を鳴らしちゃったみたいです。



ライアンタネヒルの無理投げINTやお手玉等ありましたが、タイタンズディフェンスが要所でペイトリオッツの攻撃を抑え込む健闘を見せてくれました。CBアドリージャクソンの復帰は良く効いていました。Sケニーバッカーロ、CBローガンライアンらが良く働いてくれていました。DLの面々も今回素晴らしかったです。ダクアンジョーンズジェフリーシモンズジュレルケーシーらも良く守っていました。
レッドゾーン特にゴールラインでの守備にはしびれました!!

オフェンスはレシーバーがしっかりカバーされてしまい働けずじまいでした。コリーデービスAJブラウンは仕事をさせえもらえませんでした。それでもタイタンズはデリック”キング”ヘンリーのランでゲームを組み立て活路を開いていきました。TEアンソニーファークサーのTDレシーブも貴重なプレイでした。

STもPブレットカーンが安定のパントで活躍してくれました。KはFGを外すのではないかとヒヤヒヤしていましたが何とか仕事をしてくれました。まだ弱点であることに変わりはなさそうです。

今日は めでたいです! ディビジョナルプレイオフ進出おめでとう!!


関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

01

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マイクブレイベル  デリックヘンリー  

Comment: 10  Trackback: 0

2020 謹賀新年
テネシータイタンズファンの皆様、NFLファンの皆様、アメフトファンの皆様、
あけましておめでとうございます。新年もよろしくお願いします。



テネシータイタンズはプレイオフへ進むことができました。ワイルドカードでニューイングランドペイトリオッツと対戦します。敵地フォックスボロに乗り込みます。

今週の朗報として CBアドリージャクソンが練習にフル参加できています。これまでNo.1No.2CB共に不在で苦しんでいたタイタンズディフェンスにとって嬉しいニュースです。
またLB/STダーレンベイツ、WRコディホリスターも限定的ですが練習に復帰してきました。
練習に参加できていないのはWRアダムハンフリーズとWRカリフレイモンドの2名です。
きっとチームの雰囲気も更に向上していることでしょう♪

ワイルドカードの試合ですが、ニューイングランドペイトリオッツ勝利を予想するところがやはり多いです。ただそれほど大きな差をつけられてはおらず、充分覆す可能性がありそうです。

元NFLヘッドコーチにして現NBCアナリストをしているトニーダンジー氏がニューイングランドペイトリオッツにテネシータイタンズには気をつけるべきと発言しています。
Tony Dungy warns Patriots to ‘watch out’ for Titans in wild card game

テネシータイタンズ
のオフェンスを見るのが楽しい。タイタンズのスマッシュマウスフットボールは脅威だぞ!と言ってくれています。

タイタンズファンはシーズン後半以降のタイタンズオフェンスには何ら心配を持っていないでしょう。ただし、前半素晴らしかったディフェンスが主力選手の負傷欠場で崩壊気味なのが不安材料になっていると思います。特にDE/OLBとCBのポジションですね。ブレイベルHCとピーズDCがどんな準備をしてくるか注目したいです。

我らがテネシータイタンズ(含ヒューストンオイラーズ)はプレイオフのワイルドカードゲームにおいて、記録&記憶に残る名勝負を繰り広げてきました。
Top 10 Wild Card games of all-time

1. Buffalo Bills 41, Houston Oilers 38 (OT) – 1992
2. Tennessee Titans 22, Buffalo Bills 16 – 1999
3. San Francisco 49ers 30, Green Bay Packers 27 – 1998
4. Indianapolis Colts 45, Kansas City Chiefs 44 – 2013
5. San Francisco 49ers, New York Giants – 2002
6. Arizona Cardinals 51, Green Bay Packers 45 (OT) – 2009
7. Seattle Seahawks 10, Minnesota Vikings 9 -2015
8. Seattle Seahawks 21, Dallas Cowboys 20 – 2006
9. Denver Broncos 29, Pittsburgh Steelers 23 – 2011
10. Seattle Seahawks 41, New Orleans Saints 36 – 2010
(Patriots’ shocking loss, NFL playoff schedule Fansidedサイトより)
最近では一昨年カンサスシティチーフスを相手にアップセットを演じてみせてくれましたね♪
今度もきっと立派に戦ってくれるに違いありません!

タイタンズ頑張れ~!





関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ