FC2ブログ
1
3
4
6
7
8
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  12 ,2019

NFL テネシータイタンズの戦いを応援していきます。


プロフィール

Code Blue Tokyo

Author:Code Blue Tokyo
テネシー・タイタンズの戦いぶりを通してNFLの面白さや素晴らしさを、皆さんにお伝えする機会としてお役立てれば幸いです!

最新コメント
09

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  デリックヘンリー  ライアンタネヒル  

Comment: 10  Trackback: 0

12月9日(月) NFL2019シーズン第14週 オークランドレイダース戦
我らがテネシータイタンズは地区優勝の可能性を残して今シーズンの終盤戦に突入しました。来週以降ヒューストンテキサンズ戦を2試合残しているため、ここで負けるわけにはいかない必勝モードです。対戦相手のオークランドレイダースも6勝6敗でぎりぎりプレイオフ戦線に踏みとどまっており、ここで負けると可能性がかなり低くなるため負けるわけにはいきません。しかも来期からフランチャイズをラスベガスへ移転し、この試合がオークランドでの最後の試合となるので尚更勝って有終の美を飾りたいでしょう。

テネシータイタンズも負傷者が多数出てきています。CBローガンライアンは健在ですがマルコムバトラーアドリージャクソンラショーンシムズと主力を3枚欠いたDB構成となりました。WRではアダムハンフリーズが欠場しています。かなりの駒落ち戦力で果たして大丈夫なのか心配していました。

試合の方は前半は21対21と相互に得点を重ねて進みましたが、後半タイタンズが一気に突き放して42-21と大差をつけてテネシータイタンズが快勝しています。前半 タイタンズはライアンタネヒルのパスミスからのINTと守備のカバーミスで2TDを失ってしまいますが、この日はオフェンスがすぐに得点を奪ってくれるので救われました。気が付けば552ヤード獲得しています。

RBデリックヘンリーはこの日もハムストリングを気にしながらの出場でしたが、103ヤード、2TDをマークしています。勝利を確信した後はRBディオンルイスを起用し大事を取っています。今日は最近加入したFBカリブラッシンガミが渋くブロッキングにレシービングに活躍してくれています。タイタンズのお膝元コモドアーズ出身のルーキーです。(発音はブラッシンガミで良いのかブラッシンゲームなのか?悩ましいですね。また他に良い呼び方があったら教えてください)

パスレシーブではルーキーWRAJブラウンがこの日も輝きました。91ヤードTDを含む153ヤード、2TDの大活躍です。WRタジャエシャープ、TEジョンヌスミスら10名がレシーブを記録しています。

QBライアンタネヒルが更に本格化してきています。27回試投21回成功、391ヤード、3TD、1INT、レーティング140.4という結果を残しました。この日はロングパスを有効に決めて有利に戦いを進めてくれました。(タネヒルのロングパスは空からボールが降ってくるような微妙なふんわり感が丁寧だからなのか?安全なのか?何とも言えない感がたまりません)

OLはスタッツ上ですが被サックゼロ!を記録。相手が弱っていたからなのでしょうか? ネイトデイビスは真ん中を割られる危ないプレイがありましたが今後の更なる成長に期待することにしましょう。OLはGJでした!

ディフェンスは前半に攻められた(特にパス)部分を後半見事に修正し、後半はレーダースを攻めあぐねさせました。 先発出場したCBタイスミスが狙われるのかと心配でしたが、なかなか良い働きをしてくれています。新加入トラメインブロックもしっかり働いてくれていました。タイスミスのブロックはファンブルリカバリからTDになった殊勲プレイでしたね。
DB陣はよく守ってくれましたが、今度はSケニーバッカーロが負傷したようで早々にロッカールームへ引き揚げていってしまっています。コンカッションプロトコル入りだそうでこの先が心配です。

LBグループも元気に活躍してくれました。ジャイオンブラウンは本日の殊勲賞でしょう。ファンブルリカバリーTD、ゴールラインディフェンスで絶妙のタイミングでスタートしてランを止めたプレイ(私はSトロイポラマルを思わず思い出しました)素晴らしかったです! 

DLはジュレルケーシージェフリーシモンズダクアンジョーンズオースチンジョンソンアイザイアーマックらが良く踏ん張っていました。

STではリターナーとしてカリフレイモンドが良いプレイをしていました。 問題はKです。この先の厳しい戦いを勝ち抜いていくためには、FGによる得点も欠かせない要素です。ライアンサコップはまだ本調子にまで戻れていないところが惜しいですね。ライアンサントソ選手はどう使うんでしょう?

アーサースミスOCの評価を改めないといけないような感じでしょうか? 4連勝して調子が上がってきていますね。攻撃のバリエーションも増えてきてプレイ品質も向上しています。 ここに来てのチーム力アップは彼の成長や能力がそうさせたのか?、ライアンタネヒルがゾーンに入ったままで彼の力のなせる業なのか? 色々な見方ができそうです。

来週はいよいよ地区内ライバル:ヒューストンテキサンズ戦です。JJワット不在でも強敵に変わりありません。自力で久々の地区優勝を目指して勝利してほしいです。
テネシータイタンズの主砲デリックヘンリーの健康が心配です。Sケニーバッカーロも欠けてしまいそうなDB陣も心配です。 








気がつけば弊ブログも10年目に入りました。 フウ~....
タイタンズがプレイオフ常連時代から奈落の底まで転落し、その間オーナーの死もあり、そこから根本的部分から球団の再建が始まりました。今年はドラフトをナッシュビルで開催し成功させ、チームは4年連続9勝をあげるまでになってきました。スーパーボウルでのあとわずかなヤードの記憶を更新させる時期が近づいているように感じています。スティーブマクネアエディジョージに続くヒーローの登場を期待して止みません!

私も老境に入って久しく、いつまで続けられるやら甚だ怪しくなってきていますが、もう少し続けてみようと思います。こんなブログですがテネシータイタンズやNFLのファンが増えてくれれば本望でございます。これからもよろしくお願いします。




関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

05

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  デリックヘンリー    

Comment: 3  Trackback: 0

12月5日(木) 対コルツ戦スナップカウント 他 
第13週コルツ戦のスナップカウントデータです。
数字を見てみると小さな発見がいくつもでてきます。オフェンスではAJブラウン:90%、Cデイビス:68%、Aハンフリーズ:38% う~む
ディフェンスではジュレルケーシー(怪我持ち):83%、ジャイオンブラウン:99%、Kバイアード、Kバッカーロ、Rライアン:100% 酷使? うまく負荷を分散して来月再来月に進んでほしいです。







Titans claim former Cardinals DB Tramaine Brock off waivers

タイタンズディフェンスの強みだったDB陣の相次ぐ故障(マルコムバトラー:IR、ラショーンシムズ:フル練習厳しい、アドリージャクソン:コルツ戦途中退場)で相当な戦力的ダウンが心配されていましたが、ベテランCB:トラメインブロックを加入させています。本人曰く、色々な守備スタイルを経験してきたので、タイタンズシステムにもすぐ適応できる。どちらかというとマンカバーが得意なのでそういったパスシチュエーションで活躍したいとのこと。 ぜひお願いします。




関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

02

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  デリックヘンリー  ライアンタネヒル  

Comment: 10  Trackback: 0

12月2日(月) NFL2019シーズン第13週 インディアナポリスコルツ戦
6勝5敗同士の地区優勝及びプレイオフ進出のためにお互いに敗けられない戦いでした。
結果はテネシータイタンズが勝利し7勝5敗としました。

この試合は両チームともに自軍のミスから相手に得点を献上する形が多く、お互い攻めあぐねて進んでいきます。タイタンズとして大きかったのはコルツのレジェントKアダムビナティエリのミス連発パフォーマンスでした。他のコルツ選手の表情を見ていると気の毒に思ってしまいました。
今回タイタンズは数々の運に恵まれて勝利できました。それはタイタンズのチームとしての努力の賜物が呼び寄せたと思います。

テネシータイタンズマーカスマリオタからライアンタネヒルに交代してからオフェンスが機能しだし得点力が大幅に向上してきています。RBデリックヘンリーは快走を続けてくれています。

この試合、タイタンズの攻撃から始まり 最初のプレイでデリックヘンリーが力強いランでサイドラインを駆け上げるもいきなりファンブルし、コルツに攻撃権を渡してしまいました。そのシリーズでTDまで献上してしまい先行き不安な出だしとなりました。前半だけで被サック5を浴びてインテリアOLの弱点を突かれますが後半は1回だけにとどめています。
QBライアン”タイトウィンドウ”タネヒルは22回試投17回成功182ヤード、2TD、レイティング131.2とこの試合でも良いパフォーマンスを見せてくれました。ここまで良くやってくれていますね! もう少しロングパスの精度をというのは望みすぎでしょうか?

レシーバーグループも良い働きをしていましたが、ルーキー:AJブラウンが3レシーブで45ヤードをマーク。タネヒルのNo.1ターゲットはコリーデービスではなくAJブラウンという状態が続きます。途中昇格組のコディホリスターカリフレイモンドも良いアピールができましたね。カリフレイモンドのTDレシーブは特に印象的でした。GJ! おめでとうございます!

TEグループも地味にオフェンスに貢献してくれていました。ただパスプロやブロッキングにまわったジョンヌスミスのプレイは目を覆いたくなるシーンばかりです。この人は練習熱心で努力家とのことですが前から課題だったブロッキングをもっとしっかり習熟してほしいものです。さすれば偉大なTEになることも夢ではないでしょうに.... 頑張ってください!

OLはそれなりに練度が上がってきているようです。気が付いたのはRTジャックコンクリンが上手く復調してきて安定感が出ているように見えました。来るオフではぜひ長期契約を結んでほしいものです。しかし! 今シーズン12試合で既に49被サックというペースは、テネシータイタンズのフランチャイズ”ワースト”レコードを更新する可能性が高そうです。

タイタンズDLは良い働きをしてくれています。ジュレルケーシーの怪我は心配ですが、無くてはならない存在ですからこの先も無事にお願いします。ダクアンジョーンズ、新人ジェフリーシモンズ、同じく新人アイザイアーマックオースチンジョンソンらが上手くローテーションで活躍していました。

エッジ:ハロルドランドリーはこの試合でも1サックを含む良いプレイを続けてくれています。カマレイコレアキャメロンウェイクの抜けた穴を元気に埋めてくれています。ジャイオンブラウンラシャーンエバンスウェズレイウッドヤードダーレンベイツらLB陣も良かったです。

DBもマルコムバトラーラショーンシムズの穴をCBタイスミス、CBカリームオアー、Sアマニフッカー、DBジョシュアカルらが奮闘してくれました。アドリージャクソンも良かったですが、今日も目立っていたのはローガンライアンです。要所で素晴らしいパスラッシュを決めてくれます。CBとSのダブルブリッツはけっこうプレッシャーとなってQBジャコビーブリセットを悩ませていたと思います。Sケビンバイアード、CBローガンライアンはそれぞれINTを奪っています。

今日の殊勲賞はスペシャルチームへ。 終盤17-17の局面でコルツのFGトライの場面で、FGブロックからのリターンTDには衝撃を受けました! 素晴らしいです。こういう事もあるのだと思い知らされました。Sデーンクルーシャンク、CBタイスミスのスーパープレイ。敵に3点差をつけられるところを一気に7点リードに変わったゲームチャンジャープレイ。
チーフス戦に続き素晴らしいですね。お見事。



カリフレイモンド選手の印象的なTDレシーブ。



Amaizing!

3連勝で7勝5敗、ヒューストンテキサンズとは2回対戦を残しており自力で地区優勝を勝ち取れることも可能です。残り4試合をこの調子で勝ち進んでほしいです。

TITANUP!!


噂の域を出ませんが、QBマーカスマリオタはこのオフに先発機会を求めて他チームを探すとの内部情報があったようです。


関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

29

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マイクブレイベル  デリックヘンリー  

Comment: 0  Trackback: 0

11月29日(金) タイタンズ ロスタームーブ アップデート
今週テネシータイタンズはTEデラニーウォーカーのIR入りや、新Kが登録されたりと動きがありました。11月になってからの選手のトランザクション情報を記します。

11/02 In DB Joshua Kalu and K Ryan Succop from IR;
Out K Cody Parkey and CB Tye Smith

11/05 IRMalcolm Butler ; In CBTye Smith;
Out C Daniel Munyer ; In WR Rashard Davis PS

11/09 Out G Aaron Stinnie; In WR Cody Hollister from PS

11/12 Out RB Rod Smith

11/13 In FB/RB Khari Blasingame from the Minnesota Vikings PS;
In C Daniel Munyer to the PS

11/26 IR CB Chiris Milton and OLB Cameron Wake ;
In CB Kareem Orr and OLB Derick Roberson from the PS
In CB Kenneth Durden and DT Joey Ivie to the PS

11/27 IR TE Delanie Walker;In K Ryan Santoso

さすがにこの時期になると選手の健康状態が大きく試合に影響してきます。 CBマルコムバトラーの離脱は痛いです。替わりのラショーンシムズも今週は2日連続で練習できていません。どうやらCBタイスミスが更に代役を勤めることになりそうです。

TE:デラニーウォーカーのIR入りということは、このままタイタンズでのキャリア終焉を予感させてくれるような....いやいや来年には復帰して来てほしいものです。(患部の写真を見る限り、もうダメだろと思ってしまいます)

インジュリーレポート

CBラショーンシムズ(肩)
OLBレジーギルバート(膝)
上記2名練習不参加

Sデンクルークシャンク (肩)
CBアドリージャクソン (ふくらはぎ),
DEダクアンジョーンズ (助骨,
DBジョシュアカル (肩)
WRタジャエシャープ (ハムストリング)
OLケビンパンフィル(膝)
練習には参加できている

キャメロンウェイクのIR登録により、ますますエッジのデプスが寂しくなってきました。期待のシャリフフィンチもまだ怪我からの全快という状態には程遠そうですし、困ったものです。44番カマレイコレアと新人デリックロバーソンの活躍に期待しましょう。

タイタンズのメインウェポンRBデリックヘンリーもハムストリングを傷めて、練習では調整モードになっているようです。この先も戦力として期待が大きいので無理使いは禁物です。ディオンルイスと新加入のカールブラッシンゲイムが上手く補ってくれると助かるのですが、地区優勝とプレイオフ進出を競っている状態で余裕を出せる状態ではありません。デリック”キング”ヘンリーが怪我をしませんよう祈ることにします。


















関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

25

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マイクブレイベル  デリックヘンリー  アーサースミス  

Comment: 8  Trackback: 0

11月25日(月)NFL2019シーズン第12週 ジャクソンビルジャガーズ戦
テネシータイタンズはBYEウィーク明けのホームゲームでAFC南地区ライバルのジャクソンビルジャガーズと対戦しました。
5勝5敗でまだ自力で地区優勝の可能性を残しており、プレイオフ出場を目指し残り全勝(6勝)に近い成績を求められる状況にあります。一方ジャクソンビルジャガーズも4勝6敗と首の皮1枚残ってもう負けることができない立場でした。QBもニックフォールズが復帰して来て調子を上げていきたいところです。

試合は前半はそれなりに拮抗していましたが後半に入りテネシータイタンズが一気に攻め立て得点を重ね大差をつけて逃げ切りました。

RBデリックヘンリーの活躍による猫退治は年末近くの風物詩になりつつあるようです。この試合でも159ヤード、2TDと大暴れしてくれました。ジャガーズは3試合連続で敵に200ヤード以上走られてしまったことになります。

パス攻撃も冴えを見せライアンタネヒルが18/14、259ヤード2TD、パサーレイティング155.8とほぼパーフェクトに近いパフォーマンスを見せてくれました。お見事でした!

ルーキーAJブラウンが4レシーブ、135ヤードと活躍。8名に投げ分けパスを有効に使っていました。
オフェンスラインは被サックは1、ラントータルで219ヤードという数字は悪くないですね。GL際でのプレイではOTデニスケリーをレシーバーにするトリックプレーも成功させました。

今シーズン初めての大量得点ゲームとなり、タイタンズのオフェンスに久しぶりに爽快な思いかつ興奮させられました。
アーサースミスOCのプレイコールも合格点をあげられそうです。

ディフェンスもDLジュレルケーシー、LBジャイオンブラウンらが復帰し、ジャガーズを苦しめました。
LBラシャーンエバンス、Sケニーバッカーロらが良いプレイを見せてくれました。
スペシャルチームもPブレットカーンの頼りになるパントとLBダーレンベイツによるターンオーバー誘発&リカバリが決まりました。

タイタンズはシーズン中の小さな休み期間を有効に使えたようで、ジャガーズ戦に十分な準備を用意できたようです。





次戦はアウェイのコルツ戦です。地区優勝を狙うには絶対負けられない試合です。 
残り試合は全部負けられないんでした!





関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

11

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マイクブレイベル  アーサースミス  デリックヘンリー  

Comment: 8  Trackback: 0

11月11日(月)NFL2019シーズン第10週 カンサスシティチーフス戦
今週の試合 どう表現したらいいのでしょう? ....思いがけず勝ってしまいました!かな? いや こんな勝ちもある!でしょうか?




テネシータイタンズは開幕からここまでチームとしての戦力が整わず苦戦を続けています。その戦いぶりにタイタンズファンからの厳しい不満が充満してきていることがひしひしと伝わってきたのが、スタジアムの半分がカンサスシティチーフスのジャージーカラーを身に付けた観客だったことです。バッファロービルズ戦も同様でしたが今回は赤ということもあり凄く目立ちました。
スティーブアンダーウッド球団社長がジョンクーパー市長を招いて一緒に観戦していたようですが、もっとフランチャイジーを強化する必要があることを認識してくれれば良いのですが....

パトリックマホームズも投げも投げたり443ヤード,3TD。 タイタンズディフェンスはパスを通され続け、止めることができません。ファーストダウン28回(タイタンズ19回)、タイムオブポゼッション チーフス 37:51、タイタンズ 22:09とほぼ倍近い差がついています。
いつもなら大差をつけられて余裕で逃げ切られて負けというパターンなのですが、この試合はディフェンスがターンオーバーを誘発させファンブルリカバリーTDをLBラシャーンエバンスが決めたり、デリックヘンリーのランを中心にタイタンズオフェンスが食いついていき僅差のシーソーゲーム的な展開となりました。

4Q終盤残り1分27秒でタイタンズ5点ビハインドでチーフスが47ヤードFGと言う場面でテネシータイタンズは絶体絶命のピンチでしたが、チーフスSTが大ポカをかましてくれます。ホルダー、Kの準備が整わない状態ですLSがスナップしてしまい、ホルダーは慌ててボールをサイドラインに投げ捨ててインテンショナルグランディングのペナルティを取られてしまいました。
残り1分21秒自陣39ヤードラインからタイタンズは必死に反撃を開始します。QBライアンタネヒルのスクランブル、WRアダムハンフリーズへのTDパスを決め、逆転に成功します。33対32としましたが2ポイントコンバージョンを選択しタネヒルのトリックランで2点を加え35対32。粘るチーフスはマホームスがパスを続けてとおし残り時間3秒で52ヤードFGで同点、延長を狙いました。そこでもタイタンズのスペシャルチーマーDBジョシュアカルーが値千金のFGブロックを決めて劇的な勝利を決めました。

WRコリーデイビス、TEデラニーウォーカー、DTジュレルケーシー、LBジャイオンブラウン、CBマルコムバトラーら主力の欠場で大いに心配していましたが、よく戦ってくれました。
RBデリックヘンリーが188ヤード、2TDという活躍を見せたことがタイタンズ勝利に大きく貢献しています。
QBライアンタネヒルの体を張ったプレイはチームメイトの士気を大いに高めたことでしょう。素晴らしかったです。
パスターゲットはTEが10回、WRが7回と”相変わらず”なのですが、Dヘンリーが走ってくれたおかげということで今回はオッケーです。
OLはパスプロは相変わらず不安定でした。LTテイラーリワンは不用意な反則を重ねて良くなかったです。要反省。

ディフェンスはかなり攻められてしまいました。チーフスオフェンスは凄い破壊力ですね。リーグ最強オフェンスの噂に違わぬパフォーマンスを演じられてしまいました。
タイタンズディフェンスはマホームズに対してサック2回しか奪えませんでした。パスも36回446ヤードも決められてしまいました。タイタンズのゾーン守備はそうとう研究されていたのでしょう。この試合ではタックルミスも目につきチーフスレシーバー陣に手をやいていました。それでもこのディフェンス陣の奮闘でここまで5分の成績を残せたのですから感謝しなければいけませんね。

どうにか5勝5敗でBYEウィークを迎えることができました。この貴重な時間をじっくり有効に使ってチーム力の向上に役立ててください。




こんな勝ちもあるのですね! 

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

04

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マイクブレイベル  アーサースミス  デリックヘンリー  

Comment: 6  Trackback: 0

11月4日(月) NFL2019シーズン第9週 カロライナパンサーズ戦
NFL2019シーズンも後半戦へと折り返し、第9週のゲームが行われました。テネシータイタンズは敵地カロライナへ赴きパンサーズと対戦しました。
ここまで4勝4敗という成績でAFC南地区では最下位ながらも差が少ない接戦となっています。キャムニュートン不在のパンサーズを相手に調子を上げていってほしいと願っていましたが、タイタンズは攻撃の歯車が噛み合わず(いつもです)前半戦を終了。後半に入りデリックヘンリーのランでTDを上げたりと少し反撃しかけましたがパンサーズに逃げ切られてしまいました。

もうスタッツに触れる気にさえなりません....

チーム低迷の原因はいろいろ考えられますが、マイクブレイベルHCの方針は既存メンバー(選手&コーチングスタッフ)でフィックスさせると言い続けています。ほんとうにそれが最適解なのでしょうか? 
毎回批判の矢面に立たされているアーサースミスOCも自分で選択したポジションコーチではないですし(新任ですし人脈すら乏しいでしょう)、可哀そうではあります。チームも経済的な面でタイタンズだけでなくNFLにも影響を与える大企業の子息ということで処遇にも注意しないといけないですね。
とりあえずまだシーズンは続くわけで、抜本的な改革はさておき局所手術的な施術を速やかに実施してほしいです。例えばポジションコーチやコーディネーター、HCを補助する”(知能面や指導経験豊富な)アドバイザー”的な人材を補充するとか....

ジュレルケーシー不在のDフロントは全然パスラッシュでプレッシャーをかけられませんでした。Kライアンサコップが復帰してきましたが、非力さに磨きがかかっておかえりのようで、もう少し養生していた方が良かったかもしれません。CBマルコムバトラーが手首を痛めたみたいです。深刻でなければ良いのですが....

怪我人が増えてきてロスターのやりくりも大変そうです。もう1試合でBYEウィークになりますから、なんとかしのいでほしいものです。一応まだプレイオフへの望みも消滅したわけではありませんし....




きっと来週はしっかり自分たちのプレイをパフォーマンスを見せてくれることを期待しましょう....

関連記事

31

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マイクブレイベル  デリックヘンリー  

Comment: 10  Trackback: 0

12月31日(月) NFL2018シーズン第17週 インディアナポリスコルツ戦 
テネシータイタンズのNFL2018シーズンが終了してしまいました。インディアナポリスコルツとの最終戦に、残念ながら勝つことができませんでした。
マーカスマリオタがインアクティブ登録されました。木、金曜の限定練習はコルツへの欺瞞工作だったみたいですね。今考えますと.... チームがマリオタの不出場を事前告知してしまうのは、マーケティング的にうまくないでしょうし、仕方なかったのかなと....
先週のレッドスキンズ戦で負傷した箇所が、首、肩、肘、足と広範にわたり、コルツ戦に出場した場合、ダメージが更に深刻化するリスクが高すぎると一人のドクターからストップがかかったそうです。

ブレインギャバートが先発したのですが、タイタンズオフェンスはコルツディフェンスを攻めあぐね、ダウンの更新すらできず苦しみます。一方コルツはアンドリューラックがじっくり時間を使って得点を重ねて先行しました。これはタイタンズが展開したかったゲームプランのはずですが、コルツに時間を使われてしまいました。

2Qに入ってアンドリューラックからLBジャイオンブラウンがインターセプトを奪い、そのままGLまで走り抜けTDを返しました。 タイタンズはAラックにパスを通されまくりますが、コルツの拙攻に助けられ、何とか1ポゼッション差でくらいついていきました。

3Q終盤からタイタンズはRBデリックヘンリーのランに活路を見出そうとしますが、最後の追いつくチャンスにオフェンスがペナルティを連発してしまい時間を浪費してしまい、最後はQBギャバートがインターセプトを献上し息の根を止められました。

結局タイタンズはコルツ攻略の糸口を見つけ出せませんでした。 それでもディフェンスは主力を欠くデプスで良く奮闘したと思います。オフェンスはゲームプランやプレイコールを外した感が否めません。 もっとデリックヘンリーのランを使うべきだと思いました。相手は嫌だからフロントに駒を集めるのですから.... 

スペシャルティームはリターナーのアドリージャクソンが基本的なミスをしでかしました。パンターのブレットカーンが良いパントを蹴り、(タイタンズにとって)良いフィールドポジション(敵のGL前)から攻めさせることには成功できていました。

テネシータイタンズはこれで4年連続9勝7敗となり、プレイオフ進出は昨年のみという結果です。
マイクブレイベル政権は、残念ながら1年目はプレイオフへは進むことができませんでした。

きっと来期こそは!

テネシータイタンズファン、NFL、アメフトファンの皆様、良いお年をお迎えください!!


関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ