FC2ブログ
2
3
4
6
7
8
10
11
13
15
17
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  01 ,2020

NFL テネシータイタンズの戦いを応援していきます。


プロフィール

Code Blue Tokyo

Author:Code Blue Tokyo
テネシー・タイタンズの戦いぶりを通してNFLの面白さや素晴らしさを、皆さんにお伝えする機会としてお役立てれば幸いです!

最新コメント
02

Category: アメフト

Tags: NFL,  テネシー・タイタンズ,  ポジション・バトル  

Comment: 2  Trackback: 0

7月2日(水): ポジションバトル後編
今回はディフェンス編です。 これまでの4-3から3-4へ大胆な変化を遂げるためには多くの問題や課題を
クリアして行かねばなりません。 一筋縄ではないでしょうが、レイ・ホートンDCの手腕に期待が膨らみます。

DL: ジュレル・ケーシー、サミー・ヒル、アル・ウッズ、ダクアン・ジョーンズ、アントニオ・ジョンソン、
マイク・マーティン、チグボ・アノヌビィ

Jケーシー、Sヒル、Aウッズ、Dジョーンズという順になるのでしょうか? ハイブリッド体型のことも考慮すると
4名でしょうか? Mマーティンは残れるかどうか正念場です。

DE: ロパティ・ピトイツア、カール・クルーグ、ラバー・エドワーズ、マーカス・ディクソン
この中で確定的なのはRピトイツアぐらいでしょうか? しかし上記DLと一まとめで考えるべきですね。

LB: アキーム・エイヤーズ、ザック・ブラウン、モイス・フォコウ、ザビアー・グーデン、コーリン・マッカーシー、
ショーン・フリップス、ウェズリー・ウッドヤード、ジョナサン・ウィラード、アベリー・ウィリアムソン、他

OLB/DE: デリック・モーガン、キャメリオン・ウィンブリー

上記2名もここに加わります。 このポジションが最大の激戦区となります。

レイ・ホートンDCが誰を残すのか非常に興味深いものがあります。
トレードなども可能性を残していそうな気もします。 どうなることやら.....

CB: ジェイソン・マッコウティ、コティ・センサボー、ブリジ・レーウィルソン、トミー・キャンベル、カリード・ウーテン、マーク・アンソニー、マーキストン・ハフ

Jマッコウティは不動、対角のATVことアルテラン・バナーの代わりをCセンサボーとBレーウィルソンで争うところに
Tキャンベルがラストチャンスで勝負という構図でしょうか? 若手にもチャンスはありそうなので、誰か頭角を現してもらいたいものです。

SS/FS: バーナード・ポラード、マイケル・グリフィン、ジョージ・ウィルソン、ダイミオン・スタフォード、ハキーム・スミス
 
Bポラード、Mグリフィンは確定、彼らに続くのはGウイルソン、Dスタフォードと、ほぼ順当か? ここも若手の台頭が望まれす。

K/P: マイコン・ボナーニ、トラビス・クーンズ、ブレット・ケーン 

ビロナスの後釜を二人の若者が競い合っています。 Pはケーンで問題なしでしょう。

こうやってロスターを眺めてみると、けっこう期待をもてそうな気もしますが、現実は?
先日NFLネットワークがいくつかアンケートをとっていましたが、テネシー・タイタンズは今シーズンにプレイオフへ勝ち進めるか否か?という問いに、60%の人は「否」と答えていました。  さもありなんw

ワタクシ的にはオフェンスが機能すれば、そこそこ戦えるのではないか?と思ってます。特に「QB」が無事ならばw
今シーズンは対戦スケジュールに恵まれている気がするのですが、ここでやらねばどうするって感じです。
生まれ変わったタイタンズを早く見たいものです。




関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ