FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  07 ,2020

NFL テネシータイタンズの戦いを応援していきます。


プロフィール

Code Blue Tokyo

Author:Code Blue Tokyo
テネシー・タイタンズの戦いぶりを通してNFLの面白さや素晴らしさを、皆さんにお伝えする機会としてお役立てれば幸いです!

最新コメント
19

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マイクブレイベル  

Comment: 2  Trackback: 0

6月19日(金) NFL やる気ですね
アメリカも社会を揺るがす幾つかの問題が表面化し、まだ騒動は終焉を迎えそうもないようです。それでも少しづつNFL関連の情報も増えてきているようで何よりです。どうか無事に今シーズンが開催されることを望みます。

テネシータイタンズは5月27日にドラフト指名選手2名と契約を締結したままでそれ以降トランザクションに記録がありません。キャンプ直前にならないと球団は動かなそうです。

テネシータイタンズは昨シーズンに大方の予想を裏切る大活躍を見せました。やっとプレイオフに滑り込み、強敵を撃破しチャンピオンシップゲームまで駒を進めることができました(そこで力尽きちゃったんですが....)。この経験を活かし今シーズンはその先を目指す!とチームもファンも願っています。
戦力的にはOTジャックコンクリンやDTジュレルケーシー(デンバーへトレード)、CBローガンライアン(行先未定)を失っていますが、それぞれ補充人材は準備できており、総合的に見てマイナスには振れていないように見えます。 それでもまだ補強のチャンスはあるわけで、ぜひ必要な人材を加えてほしいものです。
今年はあまり準備期間が取れず、各チーム大変だと思います。我らがタイタンズは今シーズンに賭けるものが大きいと考えます。

タイタンズがシーズン前にクリアしておいてもらいたい事を3つ

パスラッシャー
 エッジでもDEでもOLBでもかまいません。常に敵QBにプレッシャーを与えられる”元気な”選手。クラウニーの去就が気になりますが、フルゲーム出場は難しそうです。彼の場合、大事を取って限定的な起用で温存させて12月以降に活躍してもらうように管理してほしいですね。

QB2
 嘘かホントかローガンウッドサイドとルーキー:コールマクドナルドを競わせるとの報道をしていますが信じられません。頂点を目指すチームですから控えQBは重要です。しばらくお休みしていたアフロさんを獲得できればいいなと思います。タネヒルとプレイスタイルは合いませんが、スカウティングチーム役にぴったりだし、プレイメーカー的要素もタネヒル以上に持っている気がします。

DC
ブレイベルHCがプレイコールを出すのが怖いというか不安を感じています。テキサンズでは少し経験があるのでしょうが心配です。一応OLBコーチのシェーンボウエン(Shane Bowen)がDC役を担うようですが、うまく機能してくれるのでしょうか? 果たしてマイクブレイベルHCのDC兼任は吉と出るか凶とでるか? 注目です。

上記以外では、キャプテンを任命されていた選手が皆去ってしまった事。 ジュレルケーシーデラニーウォーカーマーカスマリオタウェズリーウッドヤードがいなくなったということは、もうまったく別のチームに変身してしまっている事を意味します。新しいキャプテンたちのリーダーシップに期待したいです。またロッカールームでも明るい良い雰囲気を維持してくれたら嬉しいですね。

またNFLドラフトをナッシュビルで開催されることが内定したようですね。昨年以上の大成功を実現しなければいけませんね。頑張ってください!



(上手く動画が再生できない場合、ツィッターのマークをクリックしてください。別タブで見れると思います。)

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

26

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  ジョンロビンソン  マイクブレイベル  マーカスマリオタ  

Comment: 2  Trackback: 0

4月26日(日) 2020 NFLドラフト Day3

テネシータイタンズの3日目は5巡からスタート。全体174番目でエネルギッシュなDLラレルマーチソン(Larrell Murchison)ノースカロライナ州立大を指名しました。6-2, 298とDLとしてはややアンダーサイズですがジュレルケーシーも身長は同じくらいでしたしぜひ頑張ってほしいです。5テクから0テクまでどこでもこなせるバーサタリティがあるとアピールしています。ナイスプレイの後にギターをつま弾く動作をタイタンズでも連発してください。

6巡指名権がないタイタンズは7巡224番目でQBコールマクドナルド(Cole McDonald)ハワイ大を指名。6-3, 218とグッドサイズでディフェンスの読みに長けているのがセールスポイントだそうです。パス成功率はハワイ大で通算61%ですがこれからこれから!ハワイ大進学前からマーカスマリオタ信奉者で彼がレイダースへ移った現在でも多くのアドバイスを受けているとのこと。タイタンズで先輩の後を引き受けることに”クール!”とコメントしています。コールマクドナルドは今後QB2のポジションをめぐってローガンウッドサイドと競い合うことになります。 ハワイ州民へマリオタを放り出した事の贖罪ではないことを祈ります。すいません 言い過ぎました。 パイナップルマンの人がまたスタジアムで活躍できる機会が生まれそうです?

7巡指名権を3つ所持していましたが、7巡237番目指名権とカンサスシティチーフスの2021年ドラフト6巡指名権でトレードを敢行。これは来期につながる良いトレードな気がします。

テネシータイタンズは7巡243番目にDBクリスジャクソン(Chris Jackson)マーシャル大を指名。6-0,186 少し細身なのでしょうか。ディープを任せられる存在として成長してほしいですね。


2020年のドラフト、テネシータイタンズはどんな評価を受けるのでしょう? ポジションニーズを堅実に充当していった形になりましたね。私的には懸念があるとすれば2巡のCBクリスチャンフルトンでしょうか?能力的には何の心配もなく頼もしくて大いに期待していますが、彼が2巡目最後近辺まで残っていてタイタンズが指名できた理由と思われる過去にしでかした事件を反省して同じ過ちを繰り返さない事を切に願います。

今回エッジラッシャーを誰も指名しませんでした。これはクラウニーの獲得発表が控えている事を意味するのでしょうか? 期待感が増してきました~♪

3つあった7巡指名でKも指名するか?と思っていましたが指名はありませんでした。UDFAタッカーマッカンTCUと契約できたみたいです。他にもFAで拾ってきて競わせるのでしょうが....今年はKで悩みたくありませんね。
UDFA関連はのちほど記事にするつもりです。


関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

25

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  ジョンロビンソン  マイクブレイベル  

Comment: 6  Trackback: 0

4月25日(土) 2020 NFLドラフト Day2

2020NFLドラフトも2日目を迎え2,3巡の指名が行われました。我らがテネシータイタンズは2巡全体62番目で待望のCBクリスチャンフルトンLSUを指名しました。バーサタリティ溢れる有能なDBを獲得できたことを素直に喜びたいです。


続く3巡全体93番目では欠員が出ていたRB2ポジションを獲りにいき、RBダリントンエバンスアパラチアン州立大を指名しました。
ダリントンエバンスは 5-10, 205というサイス。2019年は1480ヤードラッシング、198レシーブ、386キックオフリターン、全部合わせて2064ヤードという記録を残しています。NFLドラフトコンバインでは40ヤードを4,41秒で走り、参加RB中2番目のタイムをマークしていました。大学での計測では4,31を出せたらしいです。典型的なスピードタイプのようでレシーブも期待できるというのでチームに貢献してくれそうですね♪



しかし....1日目のマイクブレイベル家の中継は意外でした? 息子さんたちのコスプレや奥の部屋の件とか私には”意図?”がわかりませんでした。ジジイだからかな?

1巡指名のアイザイアウィルソンのニックネームが”パンダ”というのも面白いですね!

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

24

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  ジョンロビンソン  マイクブレイベル  

Comment: 6  Trackback: 0

4月24日(金) 2020 NFLドラフト Day1


COVID-19騒動で世界中が深刻な影響を受ける中で、NFLは無観客という方法で大きなイベントを開催し無事初日を終えました。素晴らしいですね! ファンとして今年もドラフトを楽しめることが何とも嬉しい限りです。

我らがテネシータイタンズは指名巡が29番目という微妙な位置なため、あらゆる事態を想定したうえでチームニーズを満たす基本方針なのだろうと勝手に想像していましたが、OT(RT)をそれもなかなか良さげな人材をゲット。OTとしては6人目でしたが、ジョシュジョーンズ(JoshJones)ヒューストン大も残っている中でアイザイアーウィルソン(Isaiah Wilson)ジョージア大を指名しました。
これはジャックコンクリンの後継者候補としてデプスを埋めたことになり、ファンとしては納得のいく指名だったのではないでしょうか。

アイザイアーウィルソンの頼もしいランブロックはRBデリックヘンリーの走りに大いに貢献してくれそうですね♪ まずは堅実な初日を迎えてくれました。


明日以降も楽しみですね!
TITANUP !

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

26

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  デリックヘンリー  ジョンロビンソン  マイクブレイベル  

Comment: 0  Trackback: 0

2月26日(水) スカウティングコンバイン直前
スーパーボウルも終えて新シーズンに向かって各チームも戦力補強計画に忙しくしていることでしょう。
我らがテネシータイタンズも新シーズンに向け契約が切れてフリーエージェントになる選手が20名以上いるために慌ただしい毎日を送っているようです。

タイタンズでは QBライアンタネヒルRBデリックヘンリーOTジャックコンクリンCBローガンライアンといった選手達に注目が集まっています。テネシータイタンズのキャップスペースも悪くはないものの有力選手を残すためにはかなり上手くやり繰りしていかないといけません。
5年目にしてジョンロビンソンGMの手腕が問われる時期を迎えたと言えます。

2020シーズンのコーチングスタッフは昨シーズンからディフェンスではディーンピースDCとその息子、ILBコーチが抜けてジムハスレットILBコーチが新加入。プレイコールはマイクブレイベルHCとしているものの、ジムハスレットコーチにスイッチを検討中という感じでしょうか。
オフェンスはアーサースミスOC以下今のところ変動が見られません。(アーサースミスOCも2年目なので自分でスタッフを選びたくなるでしょうがまだ見習いモードみたいですね)

オフェンスの戦術は2018-2019を継承しそうなので、RBデリックヘンリーについては契約更新のNo.1プライオリティだと思います。RB2:ディオンルイスはリリースされるのではないでしょうか?

次にOTジャックコンクリンです。この選手は2年目以降怪我に苦しみ続けましたが2019シーズンはしっかりと復調を遂げ重要な役割をプレイし続けてくれました。初年度のパフォーマンスの85%ぐらいまで戻っている感じに見えました。ルーキー契約の5年目オプションを更新されずにきて、フリーエージェントになってしまいます。この選手をひき留めるのにいくらお金が吊り上がるのか非常に怖いです。それでも絶対手放してはならない選手だと信じて疑いません。

QBについてもライアンタネヒルで続けていきたいところですが、金銭面で折り合いがつくかどうか? タネヒルはエージェントをデリックヘンリーと同じところに変更してきています。QB3:ローガンウッドサイドは昨シーズンIRでしたが、2020も残るようなことをGMかHCが話していました。
あのトムブレイディをタイタンズに招聘するという噂も未だに消えません。スーパーボウルウィークあたりにはナッシュビルの学校に子供の転入手続きに来たとか話題になっていましたが真偽のほどはどうなんでしょう?
タイタンズが真剣にスーパーボウルを勝ちにいくのであれば、タネヒルでいいのか?という疑問を感じますが、ブレイディならば2020年一発勝負という賭けなら”あり”だと思います。(もっとも金銭的な問題を解決しなければならないでしょうが)
それでもNEペイトリオッツが最後まで面倒見てあげるのが最善だと思うのですが....

ディフェンスはディーンピースDCが抜けてどう変化が起こるか?興味深いです。 2019シーズンはフロントマルチピラシースタイル2年目で怪我人が出るまではとても良く機能していたのですが、立て続けにエッジの選手が戦線離脱し、CBマルコムバトラーがIR入りし、アドリージャクソンローガンライアンらも負傷を抱えながら戦うはめに陥ってしまいました。そういった事情もあったせいでしょうか? パスラッシュが効かない事態に苦しんでいました。
ディーンピースDCはQBへのプレッシャーとパスカバレッジのバランスをみると、カバレッジに枚数を割きたい傾向が見られるように思いましたが、マイクブレイベルHC/ジムハスレットコーチになるとこのあたりが大きく変わってくるのではないかと考えたりしています。

スペシャルチームはキッカーをどうするのでしょう? ライアンサコップは復調できたのか気になります。 ドラフト下位指名でキッカーを指名するのもありだと思います。パンターはブレットカーン様が健在なので何の心配もなし。STとしてはリターンゲームをもっと改善していく必要があると見ています。この辺もおろそかにせぬようお願いします。

スカウティングコンバインでタイタンズの宝石を発見してほしいですね。
今年のドラフト指名巡は29番目ですから、じっくり構えてこぼれてくる選手をBPAで拾うのも良いでしょうし、”トレーダージョン”が動いて繰り上がり指名を狙うのか?楽しみではあります。
とは言ってもまずはFAでしっかり仕事を決めてくれないといけませんね。

TITANUP!





関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

07

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マイクブレイベル  ジムハスレット  

Comment: 2  Trackback: 0

2月7日(金) ILBコーチ決まる
テネシータイタンズは現地木曜日にジムハスレット氏をILBコーチに採用したと発表しました。
マイクブレイベルHCは筋金入りのベテランコーチを連れてきました。

選手として9年、NFLコーチとして24年というキャリアを持っています。マイクブレイベルHCがピッツバーグで最初に指導を受けたDCがジムハスレットでした。HC、DC、ポジションコーチとあらゆる立場を経験しており、補佐役としては適任かもしれません。
もしDCの後任をブレイベルHCが兼務するのであれば、職務の役割分担を細分化させて何人かでアシストするような体制をつくるのでしょうか? 師匠にあたるNEペイトリオッツのビルベリチック流を踏襲するのでしょうか? 現時点ではワクワクドキドキというよりもハラハラドキドキが強い気がしますが、ブレイベルHCの能力を問われるシーズンになりそうです。

関連記事

06

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マイクブレイベル  デリックヘンリー  

Comment: 0  Trackback: 0

2月6日(水) タイタンズ アップデート
今年のスパーボウルはカンサスシティチーフスが勝利しました。 見応えのある素晴らしい試合でしたね。

私個人では痛い目に会いました。GamePassで観戦していたのですが、GAMEPASSが不調で苦労させられました。DAZNに助けられています。


NFLは2020シーズンに向け動き出しました。 各チーム準備に余念がないと思います。 これからのNFL主要スケジュールを以下に記します。

Feb. 24-March 2: NFL Combine in Indianapolis.
2/25: First day clubs can designate franchise or transition players.
3/10: Prior to 3 p.m., deadline for clubs to designate Franchise or Transition Players.
3/16-18: Clubs are permitted to contact, and enter into contract negotiations with, the certified agents of
players who will become Unrestricted Free Agents upon the expiration of their 2019 player contracts.
3/18: The 2020 league year and free agency period begin at 3 p.m., Nashville time.


全てのNFLチーム、ファンがチームビルディングに夢を抱ける貴重な時間ですね。 しっかり楽しみましょう♪



テネシータイタンズは第2期マイクブレイベル政権の組閣に取り組んでいます。
ブレイベルHCはマイアミでスーパーボウル行事にアテンドしていてその間活動が制限されていた感がありましたが、これからいろいろと人事等表面化してくるのでしょう。

さっそく飛び込んできたのがLBポジションコーチにオハイオ州立大ネットワークで、シンシナティ大DCマーカスフリーマン氏にオファーを出していたものの振られてしまったニュースでした。

こちらはフューチャー契約でTE獲得のニュースです。若く6-4とサイズがあるので期待したいですね。


タイタンズ唯一の主攻撃力デリックヘンリーがフリーエージェントとなります。契約について恐ろしい事を話しています。ダラスカウボーイズのRBエゼキエルエリオットの契約が下敷きになると!
これまでの奮闘を称えてリーグ最高のRB契約をまとめてあげてほしい気もします。しかしタイタンズは主力の繋ぎ止めにかなりの金額を要する厳しい懐事情も事実ですね。本人には不本意でしょうがフランチャイズタグを貼ることになるのでしょうか?



ドラフトのため下準備にも動いているようです。 主力選手の離脱やベテランのFA獲得等が容易に予想されますが、テネシータイタンズのドラフトニーズはけっこうはっきりしていると思われます。

エッジ(DE,OLB)、CB、QB、RB、OL, LB、WR 毎年のことながらどこもかしこもではありますが、ドラフト高位ではエッジ、CB、QBあたりが有力視されています。 先日行われたシュラインボウルでは、QBジョーダンラブ(ユタ州立大)に関心を示したり、エッジ:ブラッドリーアナエ(ユタ大)にインタビューをかけたりしていたようです。
これから多くの選手がピックアップされてくるのが楽しみです!


今年のCM 凄く良い出来だと思いました。将来のドラフト1位指名候補。



関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

30

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マイクブレイベル  ディーンピース  タイロンマッケンジー  

Comment: 2  Trackback: 0

1月30日(木) タイタンズ コーチング人事アップデート

昨日の記事を書いている時にテネシータイタンズ公式HPでコーチ紹介の部分を確認していたら、ディフェンス部門が寂しかったんです。オフェンスは9名が名を連ねているのにディフェンスは6名のみ....しかもディーンピースさんはまだ残っていました。そこにあまり気にかけずにいたのですが、一夜明けて内部昇格候補1番手と噂されていたILBコーチ:タイロンマッケンジーが解雇されたとの報道が駆け巡りました。確かに昨日確認できなかった事を思い出しましたが.... 解雇?

タイロンマッケンジーの新しい職場は、デトロイトライオンズマットパトリシアHCのもとLBコーチとして加入することになりました。彼がコーチ業を始めたのがパトリシア氏の元だったとのこと。


しかしなぜ「解雇」だったのでしょう? ペイトリオッツコネクションで、ライオンズで苦戦している旧友を助けるため!とか、タイロンマッケンジーのキャリアアップのためにILBのみでなくLBポジション全体を任せる機会を提供したとかなら、自然な流れとも思えるのですが、「解雇」はないですよね~ 一体何があったのでしょう??

2019-20シーズンはラシャーンエバンスジャイオンブラウンそして後半にはデビッドロングJRが台頭してきており、ポジションコーチとして十分な評価を得ていたはずです。ファンとして時折サイドラインでの仕事ぶり等を垣間見る時、いつも精力的でコーチングボックスに居たディーンピースDCとマイクブレイベルHCの間を上手く繋いでいたように見えたのですが、どうしてしまったのか?知りたいです。

マイクブレイベルHCはDC役も兼務するつもりということになるのでしょうか? 大丈夫かなあ??





関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

29

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マイクブレイベル  ディーンピース  ケリークームス  ダントンリン    

Comment: 0  Trackback: 0

1月29日(水) 新シーズンへ向けて ~コーチングスタッフ人事(訂正版)
テネシータイタンズは新シーズンに向けて始動しています。

マイクブレイベル政権第2期となるコーチ人事が決まってきたようです。タイタンズの屋台骨となっていた「守備」でしたが、ディーンピースDCの引退とケリークームスセカンダリーコーチの栄転と、二人のキーパーソンを失ってしまうことに。

新シーズンのための戦力補強やドラフト指名を検討するためにも、早くコーチングスタッフを決める必要がありました。
まず見えてきたのがセカンダリーコーチのポジションです。ヒューストンテキサンズの元ディフェンシブバックコーチだったアンソニーミジェット氏を招へいすることになったようです。

ケリークームスさんの後釜として大任を課せられました。アンソニーミジェット氏は41才、バージニアテック出身の元CBでコーチ経験はカレッジ、NFLとそれぞれ経験を積んでいます。2014-2017年にヒューストンテキサンズAJボイエジャスティンリードらの活躍時期に指導していました。

若くて才気あふれるコーチの着任はワクワクしてきちゃいますね♪

さてDCはどうなるのでしょう? インタビュー情報が全然ないのは、球団の情報管制が優秀だからでしょうか?はたまたインタビューの必要がない内部昇格だからでしょうか? DCはブレイベル政権の「肝」となるので、よく考え抜いていただきたいです!



TITANUP !!



テネシータイタンズで短い期間でしたが良く活躍してくれたRB:デマルコマレーが母校オクラホマ大のRBコーチに就任するようです。
おめでとうございます。 非常に温和な人柄で、人とのコミュニケーション力が高い選手だったと思います。きっと素晴らしい指導者として成功されることでしょう。 頑張ってください♪

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

19

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  デリックヘンリー  アーサースミス  ディーンピース  マイクブレイベル  

Comment: 2  Trackback: 0

1月19日(日) ”TAKE EVERYTHING”
テネシータイタンズ頑張れ!




関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

18

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マイクブレイベル  デリックヘンリー  

Comment: 2  Trackback: 0

1月18日(土) タイタンズ インジュリーレポート他
テネシータイタンズ、今週のインジュリーレポートのアップデートです。


LBグループが3名もクエッショナブルになっています。おそらくジャイオンブラウンは当日判断レベルか見送りか?微妙そうです。CBローガンライアンも風邪から無事に戻ってきています。RTジャックコンクリンが肩を痛めたようで状態が心配です。
スーパーボウル出場を賭けた大一番ですから持てる戦力を総動員してほしいです。


懐かしのブライアンオラクポのナレーションが効果的なショートムービーです。 プレイオフ時のスローガン:”TAKE EVERYTHING” スタイリッシュで気に入っています♪





フランチャイズのお膝元だって盛り上がっているようです。
ナッシュビル0118
ファンも個人レベルから地域や組織でタイタンズを応援している写真や動画がたくさんアップ!


同じナッシュビルのNHLチーム:プレデターズも洒落た応援をしてくれています♪



地域の学校の看板でもタイタンズを応援。

TITANUP !!


関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

01

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マイクブレイベル  デリックヘンリー  

Comment: 10  Trackback: 0

2020 謹賀新年
テネシータイタンズファンの皆様、NFLファンの皆様、アメフトファンの皆様、
あけましておめでとうございます。新年もよろしくお願いします。



テネシータイタンズはプレイオフへ進むことができました。ワイルドカードでニューイングランドペイトリオッツと対戦します。敵地フォックスボロに乗り込みます。

今週の朗報として CBアドリージャクソンが練習にフル参加できています。これまでNo.1No.2CB共に不在で苦しんでいたタイタンズディフェンスにとって嬉しいニュースです。
またLB/STダーレンベイツ、WRコディホリスターも限定的ですが練習に復帰してきました。
練習に参加できていないのはWRアダムハンフリーズとWRカリフレイモンドの2名です。
きっとチームの雰囲気も更に向上していることでしょう♪

ワイルドカードの試合ですが、ニューイングランドペイトリオッツ勝利を予想するところがやはり多いです。ただそれほど大きな差をつけられてはおらず、充分覆す可能性がありそうです。

元NFLヘッドコーチにして現NBCアナリストをしているトニーダンジー氏がニューイングランドペイトリオッツにテネシータイタンズには気をつけるべきと発言しています。
Tony Dungy warns Patriots to ‘watch out’ for Titans in wild card game

テネシータイタンズ
のオフェンスを見るのが楽しい。タイタンズのスマッシュマウスフットボールは脅威だぞ!と言ってくれています。

タイタンズファンはシーズン後半以降のタイタンズオフェンスには何ら心配を持っていないでしょう。ただし、前半素晴らしかったディフェンスが主力選手の負傷欠場で崩壊気味なのが不安材料になっていると思います。特にDE/OLBとCBのポジションですね。ブレイベルHCとピーズDCがどんな準備をしてくるか注目したいです。

我らがテネシータイタンズ(含ヒューストンオイラーズ)はプレイオフのワイルドカードゲームにおいて、記録&記憶に残る名勝負を繰り広げてきました。
Top 10 Wild Card games of all-time

1. Buffalo Bills 41, Houston Oilers 38 (OT) – 1992
2. Tennessee Titans 22, Buffalo Bills 16 – 1999
3. San Francisco 49ers 30, Green Bay Packers 27 – 1998
4. Indianapolis Colts 45, Kansas City Chiefs 44 – 2013
5. San Francisco 49ers, New York Giants – 2002
6. Arizona Cardinals 51, Green Bay Packers 45 (OT) – 2009
7. Seattle Seahawks 10, Minnesota Vikings 9 -2015
8. Seattle Seahawks 21, Dallas Cowboys 20 – 2006
9. Denver Broncos 29, Pittsburgh Steelers 23 – 2011
10. Seattle Seahawks 41, New Orleans Saints 36 – 2010
(Patriots’ shocking loss, NFL playoff schedule Fansidedサイトより)
最近では一昨年カンサスシティチーフスを相手にアップセットを演じてみせてくれましたね♪
今度もきっと立派に戦ってくれるに違いありません!

タイタンズ頑張れ~!





関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ