FC2ブログ
1
3
5
6
10
11
12
13
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2019

NFL テネシータイタンズの戦いを応援していきます。


プロフィール

Code Blue Tokyo

Author:Code Blue Tokyo
テネシー・タイタンズの戦いぶりを通してNFLの面白さや素晴らしさを、皆さんにお伝えする機会としてお役立てれば幸いです!

最新コメント
17

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  ジョンロビンソン  マイクブレイベル  

Comment: 4  Trackback: 0

1月17日(木) 待ち遠しいOC発表
テネシータイタンズのOCがなかなか決まらず、もどかしい日々を送っています。

外部から招聘するものと思っていたら、まだ誰もインタビューのために声をかけていないようですし、周囲を見渡してみれば 他チームは着々とコーチングポストが埋まっていきます。 可能性ある候補として何人も予想されていましたが、タイタンズは沈黙を守り通しています。

この期に及んで まだ可能性があるのは、内部昇格パターンか?プレイオフ真っ最中チームのコーチか?という辺りになりますでしょうか? もう一つ重要なポイントがあります。マットラフルールOCがグリーンベイでHC職に就任するにあたり、裸で行ったという事。つまりすべてのポジションコーチはタイタンズに残っているという現実です。新OCが外部から来ると入れ替わるでしょうが、内部昇格OCとなった場合、チーム内コミュニケーションに苦労せず、スムーズなシステムの更新が進みやすくなると思われます。 タイタンズのポジションコーチから抜擢される可能性があるのは、二人に絞れそうです。
QBコーチ:パットオハラとTEコーチ:アーサースミスが候補と噂されています。

パットオハラマイクブレイベルHCがテキサンズから連れてきた人で、マットラフルールがOCに就任する前からQBコーチとして就任することがアナウンスがされていました。
16年のコーチングキャリアのうち10年をAFL(アリーナフットボール)でHC職やコーチを歴任してきました。元々QBで1991年にタンパベイバッカニアーズからドラフト(10巡)指名されています。またハリウッドと言いますか映画/映像の世界でもNFLやフットボール業界に関するコンサルタントを手掛けており、俳優としても活躍して 1995年以降2015年まで多数の映画やドラマに関わってきています。有名なところでは人気TVドラマ「Gleeグリー」「ザゲームプラン」「エニーギブンサンデー」「ザウォーターボーイ」「ロンゲスト・ヤード」等で活躍していました。ザロックことドウェインジョンソンの演技に関するコンサルタントもその一つ。
かなり異色な経歴を持つパットオハラ氏ですが、NFLでは2015年のテキサンズからです。一匹狼っぽく見えるのですが、コーチングネットワーク等大丈夫なのか?気にはなります。 どんな攻撃フィロソフィーを打ち出してくるのか?楽しみでもあり怖かったりします。

アーサースミスは、2011年からテネシータイタンズで働いていて、2015年以降TEコーチを務めています。2006年にノースカロライナ大を卒業後すぐにワシントンレッドスキンズでコーチ業を開始しています。
実はこの人、あの”FedExフェデックス”の一族で、創業者の孫にあたります。 タイタンズではムラーキー、ロビスキ、ラフルールの下でTEコーチを続けてきており、コーチングキャリアを磨いてきています。たしかに2018シーズンはデラニーウォーカーが不在のなか第5TEまで使い、各自それなりに活躍させていましたね。ひょっとしたらOCとして成功をおさめる可能性を持っていそうな雰囲気を醸し出しているような??? 口さがないファンからは、エキゾチックスマッシュマウス2.0になる。とか、TE偏重になりそうとか、いらぬ心配をされていたりするようです。
もしフェデックスナッシュビルにもお金を落としてくれるようになると、それはそれで素晴らしい事でしょうが、メンフィスグリズリーズと2部のメンフィスハッスル(渡辺選手活躍中)に続くのか? まあナッシュビルは、アマゾンが来たりと、最近経済好調モード見たいですから、より大きく繁栄していってほしいですね。

もし既存のポジションコーチ達が彼らに協力すれば、比較的スムーズに新オフェンスへ移行できそうです。

外部からでは、まさかまた....ニューイングランドペイトリオッツから誰か連れてくるとかないでしょうね?

Beneath the Surface with Tight Ends Coach Arthur Smith










関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

10

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マイクブレイベル  フランクピライノ  

Comment: 2  Trackback: 0

1月10日(木) 新コーチ(ストレングス&コンディショニングコーチ)決まる
テネシータイタンズは、先日ストレングス&コンディショニングコーチトムカナビーを解雇しましたが、後任を速やかに決めてくれました。

フランクピライノFrank Piraino

フランクピライノは、カレッジ界でストレングス&コンディショニングコーチとして16年のキャリアがあります。ボストンカレッジ(2013年 - 3018年)テンプル(2011年 - 2012年)マーシャル(2010年)フロリダ州立大(2005年 - 2009年)ノートルダム大(2004年)ミシガンステート(2003年 - 2004年)と歴任してきています。

プロを担当するのは初のようですが、問題なく活躍してくれることでしょう。 2019年シーズンこそは、選手の健康維持力が大幅に向上していくことを期待して止みません!

次は OCですね! 

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

08

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マイクブレイベル  マットフルール  マーカスマリオタ  

Comment: 8  Trackback: 0

1月8日 ブレイキングニュース: マットフルールOC グリーンベイHCに!
2018シーズンにテネシータイタンズOCに招聘され、初めてプレイコール権を得て、1年を戦ったマットフルール氏が、グリーンベイパッカーズのHC職に就任するようです。

グリーンベイパッカーズは以下の10人を候補として検討した模様。

ジムコールドウェル(元コルツ、ライオンズHC)
チャックパガーノ(元コルツHC
ジョーフィルビン(暫定HC)
ジョシュマクダニエル(ペイトリオッツOC)
ブライアンフローレス(ペイトリオッツDC)
マットフルール(タイタンズOC)
ピーターカーマイケルJr.(セインツOC)
アダムゲイズ(ドルフィンズHC)
ダンキャンベル(セインツアシスタントHC/TE)
トッドモンケン(バッカニアーズOC)

マットフルール、39才。2008年にテキサンズでQCコーチとしてスタートを切り、2010年レッドスキンズでQBコーチ、そこからノートルダム大で1年、またNFLに戻ってアトランタで2年、ラムズでOCとして1年。今年テネシータイタンズに移り、来期はグリーンベイへ。 なんと慌ただしいキャリアなんでしょう。それでも自身の「才」を周囲に認めさせるものがあるのでしょうね。

さてさて我らがテネシータイタンズは、OCの穴を埋めなければなりません。 すでにもう動いているようです。現時点でタイタンズは2名の候補を検討中らしく、

ケビンステファンスキー(バイキングスOC)
ジョンデフィリッポ(元バイキングスOC)

なかなか興味深い人選という気がしますが、皆さんはどう思われますか?
しかし、マーカスマリオタにとっては5シーズンで4人目のOCを迎えることになります。その点はマリオタがかわいそうに思えてきます。 ポジティブにとらえれば、短期間で多くの指揮官を知ることができ、幅広く見識を得ることができ、良い経験を蓄積できたとも言えますね。

この動きについては、タイタンズからグリーンベイへ働きかけたという背景があるとか? つまり、マイクブレイベルは別のOCに切り替えたかったという意味でしょうか? 少し調べてみようと思います。

早くも慌ただしくなってきましたね!!






関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

07

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マーカスマリオタ  マイクブレイベル  ジョンロビンソン  

Comment: 4  Trackback: 0

1月7日(月) タイタンズニュース等
NFLもプレイオフステージに突入し、激しい戦いが繰り広げられているようです。 2019シーズンこそはテネシータイタンズもプレイオフを勝ち進み頂点を目指してほしいものです。

少し遡って フューチャー契約者リストの紹介です。

RB Dalyn Dawkins
OL Jamil Douglas
CB Mike Jordan
WR Roger Lewis
OLB Gimel President
OL David Quessenberry
WR Kalif Raymond
WR Devin Ross
S Damon Webb.

(太字選手はシーズンを通してロスター及びPSに名を連ねていた選手です)
OLBギメルプレジデント、WRデビンロスは2018シーズンのUDFAで怪我で活躍期を逸した感がありますが、来期はぜひチャンスをつくってほしいです。



テネシータイタンズは、ストレングス&コンディショニングコーチ:トムカナビーを解雇しました。超ベテラン:スティーブワターソンを引退させて、抜擢させた1年目コーチでした。彼の管理下での負傷なのか、前任者からの負の遺産なのか?知る由もありませんが、これだけ怪我や負傷者が続出してしまったわけで、責任を問われるのは仕方がないと思われます。 後任人事は、ブレイベルHCのオハイオ州立大コネクションで何人か目途をつけている模様。NBAの人とか?



シーズン中盤(@コルツ戦)で試合中倒れてしまい、その後すぐに復帰して指揮を執り続けたディーンピーズDCは健康上の問題をクリアし、2019シーズンもDCを続けたいとの意向を表明しています。これは朗報ですね♪

2018シーズン、守備総合で8位、被得点で3位という強いディフェンスを構築してくれました。(パス守備は6位、ラン守備は18位)
2年目となる来期はより強力なディフェンスを披露してくれることを期待したいです。




いつも熱いチーム愛あるコメントをいただくTwentySevenさん2018シーズンの総括を始められたので、こちらもそろそろ触れていきたいと思います。色々な見解が出てきて議論できればと楽しそうですね。

今回は QB編とします。

マーカスマリオタ
ブレインギャバート
ルークフォーク(2018ドラフト6巡199位) マイアミへ
オースチンデービス マリオタ負傷で17週用にロスター登録

テネシータイタンズの将来を託したいヤングマエストロ:マーカスマリオタは、4年目となる2018シーズンもフル出場はかないませんでした。開幕戦で肘、指、神経にダメージを負い、序盤に苦しみ、終盤16週にまた痛打(stingerをかってに訳してみました)等ダメージを受け、前半終了間際でブレインギャバートに交代しました。
現在マリオタが抱えている怪我や傷は、首筋(手術しない決断をしたばかり)、肩(打ち身:スティンガー)、肘、指(神経系痺れ等)、足(デビュー年に痛めた古傷らしい)となっているそうです。マリオタのモビリティも彼の持ち味の一つなわけで、リスク承知の戦いを続けていくのは既定路線です。2018シーズンのパス成功率:68.9%はテネシータイタンズのフランチャイズレコードを更新しました。契約更新を控える時期になったマリオタ自身は「契約金額なんか気にしない、タイタンズでプレイしたい」とコメントしています。
一部のファンからは、「インジュリープローン」扱いされ、ジョンロビンソンGMマイクブレイベルHCコンビで新QBに切り替えろという厳しい意見も最近はよく見かけます。より建設的?な対案としては、マリオタの怪我をある程度想定しておき、控えQBにもう少しプレイメーカー要素を持つ選手を確保するという意見も見かけます。(ブレインギャバートでは役不足という判定になっているようです)
いずれにせよ今年ドラフトで獲った新人QBをさらわれてしまったため、2019年ドラフトでのQB指名はありそうと見ています。

私的には、マーカスマリオタを大切に育てたい派なので、控えQBにモビリティ能力のある選手が欲しいと考えています。テディブリッジウオーターとかRG3とかレッドスキンズで対戦したジョシュジョンソンとか? 皆さんもいろいろとアイデアがあるところでしょう!

QBデプスもマットフルールOCの去就が気になるところですね。可能であれば2年目で攻撃システムの完成度を高めてほしいのですが、このあたりはコーチ編でいろいろ書いてみたいと思います。







関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

02

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  ジョンロビンソン  マイクブレイベル  マーカスマリオタ  マットフルール  ブライアンオラクポ  

Comment: 9  Trackback: 0

1月2日(水) 謹賀新年
あけましておめでとうございます。 新年もよろしくお願いします。

一足先にシーズンを終えたテネシータイタンズには、すでにいくつか動きが出ています。

マーカスマリオタの評価


これはプレイオフを賭けた最終戦に出場しなかったことが多くのファンに失望を与えてしまい、過去4年間毎年怪我をしていることもあり、”インジュリープローン”というありがたくないレッテルを貼られようとしています。
しかし、球団は必死で彼を擁護しようと対応中です。タイタンズはマリオタをフランチャイズQBとして、長期大型契約を結びたかったのですが、今回の負傷はそれを阻害してしまうというマイナス要素を高めてしまいました。2019年は5年目オプションの範疇ですが、その後フランチャイズタグを貼るという形態も考慮しうることになるのでしょうか?

マリオタのクオーターバッキングは、ラン、パスに加えて自身のランも大きな要素となっており、危険を承知の戦術は誰もが黙認/納得してきたわけです。更にOLはマリオタを守り切れなかった低パフォーマンスが続きました。デビュー2015年:54被サック、2016年:28被サック、2017年:35被サック、2018年:47被サック....2015、2018年はリーグワーストでした。 
今後OLの補強は最優先事項の一つです。(個人的にはOLコーチも同罪だと思います)
2019シーズンでは、マーカスマリオタが健康で、本来の能力を発揮できるような環境を与えてほしいと思います。

ブライアンオラクポ引退

レッドスキンズでの活躍の後、低迷期のテネシータイタンズにFAとして加入し、ベテランとして良く働いてくれました。チームはオラクポと同等の活躍をしてくれる代役を探し出すのは簡単ではないでしょう。お疲れさまでした。
アイスクリームやお菓子などスイーツ系ビジネスを本業として手掛けるのか?フットボール業界に残るのか?わかりませんが健闘を祈ります。

2019スケジュール

来期の対戦相手が決まっています。
ホーム: 
ヒューストンテキサンズ、インディアナポリスコルツ、ジャクソンビルジャガーズ、カンサスシティチーフス、ロサンゼルスチャージャーズ、ニューオリンズセインツ、タンパベイバッカニアーズ、バッファロービルズ

アウェイ:
ヒューストンテキサンズ、インディアナポリスコルツ、ジャクソンビルジャガーズ、デンバーブロンコス、オークランドレイダース、アトランタファルコンズ、カロライナパンサーズ、クリーブランドブラウンズ
(レイダースはラスベガス移転前なのでどこで試合をするのか未定)

2019ドラフト指名順位決定

2019年はNFLドラフトをテネシータイタンズの地元ナッシュビルで開催する特別な年になります。そしてタイタンズは全体19位での指名権となりました。この特別なドラフトで、”トレーダー・ジョン”の異名をとるジョンロビンソンGMはどう動くのでしょうか? これまでの経緯を振り返ると、おとなしく順番を待つタイプではないので、派手に立ち回ってくれることでしょう。

マットフルールOC

2018シーズンを低迷したチームを中心に、HC、GM職の解雇/入替えが進行中です。 現時点で判明しているのは、タイタンズからマットフルールOCが、グリーンベイパッカーズのHC職候補としてインタビューを受ける予定が入っているようです。2018年 初プレイコールを任されたOCとしてのパフォーマンスがどう評価されたのか?不思議ではありますが、どうなるのでしょう? 

プレイオフへ進出できませんでしたが、ファンとして2018シーズンを楽しめたと思います。応援する立場としては少し張りつめていたものが解け、ほっとしている自分がいます。
2019年こそ、テネシータイタンズはNFLの頂点を目指してほしいです!!




TITANUP !!


関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

31

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マイクブレイベル  デリックヘンリー  

Comment: 10  Trackback: 0

12月31日(月) NFL2018シーズン第17週 インディアナポリスコルツ戦 
テネシータイタンズのNFL2018シーズンが終了してしまいました。インディアナポリスコルツとの最終戦に、残念ながら勝つことができませんでした。
マーカスマリオタがインアクティブ登録されました。木、金曜の限定練習はコルツへの欺瞞工作だったみたいですね。今考えますと.... チームがマリオタの不出場を事前告知してしまうのは、マーケティング的にうまくないでしょうし、仕方なかったのかなと....
先週のレッドスキンズ戦で負傷した箇所が、首、肩、肘、足と広範にわたり、コルツ戦に出場した場合、ダメージが更に深刻化するリスクが高すぎると一人のドクターからストップがかかったそうです。

ブレインギャバートが先発したのですが、タイタンズオフェンスはコルツディフェンスを攻めあぐね、ダウンの更新すらできず苦しみます。一方コルツはアンドリューラックがじっくり時間を使って得点を重ねて先行しました。これはタイタンズが展開したかったゲームプランのはずですが、コルツに時間を使われてしまいました。

2Qに入ってアンドリューラックからLBジャイオンブラウンがインターセプトを奪い、そのままGLまで走り抜けTDを返しました。 タイタンズはAラックにパスを通されまくりますが、コルツの拙攻に助けられ、何とか1ポゼッション差でくらいついていきました。

3Q終盤からタイタンズはRBデリックヘンリーのランに活路を見出そうとしますが、最後の追いつくチャンスにオフェンスがペナルティを連発してしまい時間を浪費してしまい、最後はQBギャバートがインターセプトを献上し息の根を止められました。

結局タイタンズはコルツ攻略の糸口を見つけ出せませんでした。 それでもディフェンスは主力を欠くデプスで良く奮闘したと思います。オフェンスはゲームプランやプレイコールを外した感が否めません。 もっとデリックヘンリーのランを使うべきだと思いました。相手は嫌だからフロントに駒を集めるのですから.... 

スペシャルティームはリターナーのアドリージャクソンが基本的なミスをしでかしました。パンターのブレットカーンが良いパントを蹴り、(タイタンズにとって)良いフィールドポジション(敵のGL前)から攻めさせることには成功できていました。

テネシータイタンズはこれで4年連続9勝7敗となり、プレイオフ進出は昨年のみという結果です。
マイクブレイベル政権は、残念ながら1年目はプレイオフへは進むことができませんでした。

きっと来期こそは!

テネシータイタンズファン、NFL、アメフトファンの皆様、良いお年をお迎えください!!


関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

29

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マーカスマリオタ  デリックヘンリー  マイクブレイベル  

Comment: 9  Trackback: 0

12月29日(金) WIN AND WE ARE IN
最終決戦へ向け テンションは上がるばかりでございます。
今年は最後まで楽しませていただき感謝感謝です。 もう少しだけ....来年までこの状態を引っ張っていってください!

Welcome to the South! #TitanUp


HYPE for Sunday Night Football !!


(ドレス)コード ブルー モードに入っています。

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

25

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マーカスマリオタ  デリックヘンリー  マイクブレイベル  

Comment: 4  Trackback: 0

12月25日(火) テネシータイタンズ プレイオフピクチャー
NFL第17週最終戦を テネシータイタンズが勝った場合、プレイオフ進出がどうなるのか? 複雑なシナリオが幾通りもあるので、以下にまとめてみます。

〇第6シード
 
 TEN 勝利 IND 負け
  HOU 勝利  JAX 負け
 
もっとも可能性が高いシナリオで、プレイオフ ワイルドカードの対戦相手は、NEとBALに影響を受け、NE:勝利&BAL負けの場合、テキサンズが対戦相手になります。

〇第4シード
 
 TEN 勝利 IND 負け
 JAX 勝利 HOU 負け
 NE 勝利  NYJ 負け
 BAL 勝利 CLE 負け

HOUがJAXに負けた場合、複雑になっていきます。 TEN勝ち&HOU負けで、AFC南地区の優勝が転がり込んできます。プレイオフ ワイルドカードラウンドをホームのニッサンスタジアムで戦えることになります。この場合、対戦相手はチャージャーズまたはチーフスとなります。

〇第3シード

 TEN 勝利 IND 負け
 JAX 勝利 HOU 負け
 NYJ 勝利 NE OR CLE 勝利 BAL負け

第17週タイタンズ勝利とテキサンズ負けに加えてレイヴンズまたはペイトリオッツのいずれかが負けた場合、タイタンズは3シードを得られます。プレーオフのワイルドカードラウンドをホームのニッサンスタジアムでテキサンズを迎えることになります。

〇第2シード

TEN 勝利 IND 負け
JAX 勝利 HOU 負け
NYJ 勝利 NE 負け
CLE 勝利 BAL 負け

目指せる最高のシナリオです。 もしこれが実現すると、1stラウンド バイです! ホームのニッサンスタジアムでワイルドカードの勝者を迎え撃てます!

タイタンズファンは、サンデーナイトゲームの前に、

ジャガーズジェッツブラウンズの勝利を祈らなければなりません!





TITAN UP !!




関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ