FC2ブログ
1
3
5
6
10
11
12
13
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2019

NFL テネシータイタンズの戦いを応援していきます。


プロフィール

Code Blue Tokyo

Author:Code Blue Tokyo
テネシー・タイタンズの戦いぶりを通してNFLの面白さや素晴らしさを、皆さんにお伝えする機会としてお役立てれば幸いです!

最新コメント
16

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マーカスマリオタ  ディックルボー  マイクマンチャック    

Comment: 4  Trackback: 0

11月16日(木) TNF @ピッツバーグ戦に向けて 
第10週シンシナティベンガルズ戦が終わって間もないのに、もうTNF(現地木曜)で試合をしなければなりません。テネシータイタンズにとてもピッツバーグスティーラーズにとってもハードな条件ですね。

テネシータイタンズはここまで6勝3敗、AFC南首位タイという成績ですが、地区優勝するためにも その先を見据えるためにも 是が非でも勝ちたいゲームです。 もし勝てた場合、プレオフで1stラウンドバイという特典まで可能性として出てきます。

今週のインジュリーレポートによると、怪我人はほぼなしという願ってもないベストメンバーで挑めるようです! マーカスマリオタの肩の怪我も大丈夫で、デラニーウォーカーも月曜練習だけ限定メニューでしたが火、水と練習にフル参加できています。 LGクイントンスペインも復帰してきます。 

このTNFゲームについて周囲の分析によると、ピッツバーグに -7 というハンデがついています。 この点差がつくのはかなり厳しそうです。 それでもテネシータイタンズにはチャンスはあると思っています。 タイタンズのオールドスクールコーチ陣の腕の見せ所です。ディフェンスの練度が上がってきており良い守りで勝利を掴んできています。 ルボー師に恥をかかすんじゃないぞ!とスタッフ達のネジを巻いていることでしょう。 タイタンズがどう戦うのか楽しみでなりません!

そもそもヒューストンオイラーズ時代は同じ地区に所属していたライバルでした。 バド翁存命中は絶対にピッツバーグ人脈(コーチ)をチームに入れなかったのですが、バド翁亡き後娘婿が暫定で経営を引き継いでジェフフィッシャーマイクマンチャックと続いたHC職の後任にケンウィゼンハントを引っ張ってきたことから、今のマイクムラーキーディックルボー政権へ繋がり、ピッツバーグにかなり縁のある人が加わってきました。 同じように私のヒーローの一人:HOFマイクマンチャックがタイタンズHC職を追い出され、ピッツバーグスティーラーズのOLコーチを今でも務めています。 いつかまたタイタンズへ戻ってきてくれることを願いながらこっそり応援しています。

QBベンロスリスバーガーの長期に渡る活躍に称賛を惜しみませんが、今年35才 本人も引退時期を考える頃合いのようで、場合によっては今シーズン限りで...とも考えている可能性もありそう? 誰しも有終の美を飾りたいでしょうが、ここは次世代を引き継ぐわれらがヤングマエストロ:マーカスマリオタが控えています。この対戦でマリオタが世代交代を印象付けてくれることでしょう。


Super Marcus Mariota leads team to victory | 'NFL Turning Point'



TNFはCBSがスカイカムというカメラシステムを使用し、ゲームパスで見慣れた画面以外の構図を楽しめそうです♪
テネシータイタンズにとってMNFに続く2試合目の全米放送です。 成長著しいテネシータイタンズをお茶の間にアピールしてもらいたいものです!


Titans vs. Steelers | 'NFL Playbook'


TITAN UP !

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

26

Category: NFL

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マイクマンチャック  ジャレッドクック  

Comment: 0  Trackback: 0

11月26日(月): NFL第12週@ジャクソンビル戦
休み明けで体調も戻し、プレイクオリティも練度を上げて、ここから快進撃という
シナリオは単なるワタシの脳内だけの妄想でした。
敵は1勝9敗、主戦RBは早期戦線離脱、先発QBが負傷欠場という満身創痍な地区内ライバル。
この戦は絶対落としてはならない重要な試合だったにもかかわらず、覇気が見られませんでした。

ジャガーズも決して好調とはいえないプレイ振りだったにもかかわらず、レシーバー陣の不調?が
響きました。復帰2戦目となるQBジェイクロッカーは、自分のリズムをつかめずパス成功率は50%に
届かないという結果になりました。ジェイクロッカーのクオーターバッキングにも敗戦の原因の
一部はありそうです。RB:クリスジョンソンは奮闘するもランは80ヤードまででした。
3rdダウンショートでランを選択できないというのは、少々問題ですね。
控えRBとしてダリウスレイナウドがプレイしていましたが、リターナーと兼務ですし、
FBクインジョンソンにはキャリーさせていません。 駒が足りないですね。

 ディフェンス。 パスラッシュは久々に大活躍でした。この試合だけで7サックです。
(DLのサックは3回だけというのが物足りないです)パス守備のザル振りは少ししか改善されて
いませんでした。 ランは敵も不調なので大きな被害が出なくてラッキーでした。

どん底の相手にこの醜態は、ファンは今季終了モードにスイッチが入ったと思います。
コーチ陣(特にコーディネーター両名)を更迭して、やり直しましょうよ......
もう少し今シーズンを楽しませてもらいたかったんですが~



関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ