FC2ブログ
1
2
3
5
6
7
8
9
10
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2019

NFL テネシータイタンズの戦いを応援していきます。


プロフィール

Code Blue Tokyo

Author:Code Blue Tokyo
テネシー・タイタンズの戦いぶりを通してNFLの面白さや素晴らしさを、皆さんにお伝えする機会としてお役立てれば幸いです!

最新コメント
01

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マイクムラーキー    

Comment: 10  Trackback: 0

9月1日(金) 2017 プレシーズンゲーム 第4戦 @カンサスシティ
プレシーズン中のNo.1プライオリティは”怪我をしない事”だとマイクムラーキーHCが試合後に話していました。 たしかにその点に関してはほぼ予定どおりだったと言えるかもしれません。 (エリックデッカーアアロンワレスらの負傷もありましたが、シーズンエンド級ではありませんし)

プレシーズンの時期にスペシャルチームの立て直しを図るのかと思っていました。この試合でもリターンTDやロングリターンを決められたり一向に改善の兆しが見えないSTユニットですが、きっと大事を取って慎重なプレイに終始したという事なんでしょう(自虐的かな)。

オフェンスはランで試合を組み立てるべくあれこれ試みていましたが、2試合連続TDなしです。 この日もQBアレックスターニーが長い時間プレイしましたが良くありません。彼のプレシーズンゲームでのパフォーマンスには落胆させられました。 2本目マットキャセルを喰うどころかチームに残るのが難しくなってしまったような気がしています。

ディフェンスではビッグプレイを連発させるサービスまでしています。 ディックルボー師を支えるポジションコーチたちにはぜひ頑張っていただきたいものです。 2年目CBカランリードはこれまで良いパフォーマンスを見せてきてくれていたのですが、この日はディープを2発抜かれてしまいました。 たぶんロスター入りできるでしょうが先発の可能性は消えたと見ます。更なる成長を目指してください!

プレシーズンゲームのメインテーマはロスター枠に残す選手の評定ですが、タイタンズファンの皆さんには今シーズンはどう映ったでしょうか? 個人的には今シーズン目立ったり輝いたりしているUDFAやFA選手がいなかったような気がしました。 無理やりあえて見出すとしたらS:デンゼルジョンソン(ヴァンダービルト大)かもしれません。

チーフス戦を前に、CB:ジェレミーボイキンスとWR:メカーレマッケイが負傷しカットされていますが、今日からチームはロスター整理作業に突入です。 (プロジェクト選手の3年目WRトレマクブライトに残ってもらいたいと願っています♪)


関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

30

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マーカスマリオタ  マイクムラーキー  

Comment: 4  Trackback: 0

8月30日(水) ベアーズ戦を終えて 古巣支援 次戦へ向けて
テネシータイタンズのプレシーズンゲームを3戦消化後 情報等を少々

* マーカスマリオタのコンディション

 大きな怪我/手術からの復帰して来てくれたわけですが、まだチームやファンの期待レベルには届いていません。 プレシーズンに合わせ体調を整えてきて、素早くポケットで動いたり、ロールアウトしたり、サイドラインを駆け上がったりできていますが、まだ患部だった箇所に違和感を感じているのだそうです(タイタンズ番記者記事より)。 ベアーズ戦までのマリオタのプレイを見て患部をかばっているように見えたそうです。マリオタの健康面について多方面に取材をかけたところ、そのような話が出てきたとのこと。そういったコンディションがメンタル面のみならずパスフォームにも微妙に影響を与えているのではないかという説を見ました。 たしかにマリオタの場合、ターゲットが見つからなければ自分の足で稼ぐというこれまでのスタイルはあまり見られませんね(コーチに止められているんでしょうけど)。

* タイワンテイラーの汎用性(使いやすさ)

 今年のドラフト3巡WRタイワンテイラーが前評判どおりのパフォーマンスを見せてくれています。 ベアーズ戦では先発WRをつとめ、RBポジションにセットするプレイも織り込まれていました。 ジェットスイープやリバースプレイは彼のためにデザインされたものでしょう。パスキャッチ能力もなかなかのようですし、今後がますます楽しみな新人だと思います。

* OLの不調

 エキゾチックスマッシュマウス戦法の根幹をなすタイタンズOLの調子が上がってきません。 ランプレーではまだexOL追加プレーを出していないこともあるでしょうが、RBのための穴を開けることができていません。 LT:テイラーリーワンはまた今年もペナルティで問題になるのでしょうか? ぜひセルフコントロールに努めてもらいたいところです。 OLのパスプロテクションも完璧には程遠い状態で、スタント気味に入ってくるパスラッシュに苦しんでいます。 ラスグリムOLコーチよろしくお願いいたします。

* ケビンドッド

ようやく復帰してきたエッジ:ケビンドッドですが、まだ試運転orリハビリモードという印象に見えてしまいます。これから良化してくるのでしょうが、エリックウォルデンを加えて正解です。アーロンワレスも2年目となり成長著しいようでうかうかしていられません。 ドッドのトレードを画策している噂もちらほらでているようです。

* セカンダリー

これまでのところまだCBのポジションバトルに決着がついていません。 ローガンライアンラショーンシムズアドレージャクソンカランリードの4人は好印象。これに続くのがブライスマッケインデモントレハーストタイスミスデジューンスミスらです。

Sはジョナサンシプリエンケビンビャードダノーリスサーシィブラインデントラウィックか? カーティスライリーが負傷してしまったのは残念です。 デプスの薄さが気になっています。

* DL

 NTの先発がこれまで毎試合違ってます。初戦:アントワンウッズ、次戦:シルベスターウィリアムス、3戦:ダクアンジョーンズ。 この意味は今期大枚はたいてFAで獲得したシルベスターウィリアムスが不甲斐ないということを意味していそうです。今後に注目したいです。
2年目オースチンジョンソンは昨年物足りないパフォーマンスでしたが、今年はどうでしょう? NTへの適性は難しかったようです。本来は4-3のDTなのかもしれません。 そうは言ってもここタイタンズでぜひ活路を見出してください。
個人的にはDTジミーステイテン(MTSU)も頑張っているように見えるので残ってもらいたいと思うのですが大変そうですね。

* スペシャルチーム

今季重要改善ポイントとしてFAやドラフトで補強を重ねてきましたが、昨年と何ら変わらない(つまり良くない)レベルに終始しています。 リターナー候補は期待が持てそうな選手が何人か(アドリージャクソン、エリックウィームス、カルファニムハマド、デビッドフルーレン等)いますが、ブロッキングやタックリングはミスが多いようです。 スペシャルチームコーディネーターを設置したわけですから、しっかり指導してほしいものです。



ハリケーン:ハービー ヒューストンを救え

台風~熱帯低気圧:ハービーによる被害を受けたテキサス州ヒューストンへのサポートが話題になっています。 ヒューストンテキサンズに所属しているJJワット選手はクラウドファンディング型基金を立ち上げて寄付を募り始めました。 テネシータイタンズのコントロールオーナーであるエミーアダムシュトランクはJJワットの’YouCaring'’基金に1M$を供出しました。 迅速かつ大金です 素晴らしい対応ですね。

台風ハービー支援001

この他にもブライアンオラクポ(テキサス大)ら選手達も個別に有形無形の支援活動を始めています。 タイタンズ球団も赤十字を通じ積極的な活動を展開しています。 (写真左から2名は新しい日本からの方でしょうか? 頑張ってますね♪)



今週の練習にはコリーデイビスエリックデッカーも参加しました。 チーフス戦への出場は微妙そうですが、開幕戦にはぜひ間に合わせてほしいですね。


関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

15

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マイクムラーキー  

Comment: 0  Trackback: 0

8月15日(月):続き 2016プレシーズンゲーム第1戦 対チャージャース戦 ~ディフェンス
一夜明けメディアのゲーム評を眺めてみるとテネシータイタンズ初戦のパフォーマンスを概ね好意的に扱ってくれているようです。特に二人のRB:デマルコマレーデリックヘンリーについて大きく取り上げられていました。 マイクムラーキーHCの標榜する「エキゾティック スマッシュマウス」がどういうものか 明らかになってきました。

今日はディフェンスについて書いてみます。

全体的には順調に来ていると思いましたが、もっと迫力が欲しいと言ったら贅沢でしょうか?
ディックルボーDC率いるタイタンズディフェンス陣は、チャージャーズの先発組、2番手クラスのラン攻撃を止めることができませんでした。このあたりはレギュラーシーズンでの戦いを睨んで三味線を弾いていたと思いたいですが....

ベテランCB:ジェイソンマッコウティは早々に交代してしまいましたが、元気な姿を見せてくれました。 同じくベテランOLB:ブライアンオラクポデリックモーガンは試運転という印象を受けました。 NTポジションの先発はアルウッズ、ローテーションでUDFAルーキー:アントウンウッズ、ドラフト2巡オースチンジョンソンらがプレイしています。 UDFAで2番手に抜擢された注目株アントウンウッズ選手(USC)は今後もこの位置を守り通せるのか?気になります。 DE:ジュレルケーシーカールクルーグらも順調に仕上がっているようです。 ジュレルケーシーは試合後のインタビューで「守備について、2ndチームや若手バックアップがとても良くプレイしていた。先発組はもっと良い仕事をしなければいけない」とコメントしています。

タイタンズは2サックをマークしましたが、ディオントレスマウントJ.R.タバイ(いずれもOLB)でした。 ともに昨年は怪我で満足に働けなかっただけに2年目の今年は期するものがあるでしょう。 今年のドラフト全体33位指名:ケビンドッドがここに割り込んでくるでしょうし、デビッドバスもいます。厳しいポジションバトルになりますが頑張ってください。

DBポジションではドラフト3巡:ケビンビャードがINTをマーク。いきなり噂にたがわぬ’ボールホーク’振りをアピールして見せました。その他CBでアントウンブレイクが好印象でした。ルーキー達も途中出場を果たしていますが、もっと目立たないといけません。

まだ1試合ですがディフェンスを見ていて感じたのはデプスに少し厚みができてきたかな?というものでした。 これまでが酷かったので良くなるのは当然といえば当然なのですが.... 
オフェンスがスマッシュマウス戦法を取るわけですからディフェンスはプレイ時間が減少し、疲労の軽減もきたいできるハズ。 これはディフェンスにも期待がかかります。 良い方向へ向かってください!

ザックメッテンバーガーがチャージャーズの3本目QBとしてニッサンスタジアムへ帰ってきました。 8回試投2回成功1INTと手痛い里帰りとなりました。 入れ墨だらけの腕が目立ち、こんな感じだったかな?と少々戸惑いました。サンディエゴでウィゼンハントOCと共に精進してください。

Titans safety Kevin Byard picks off Zach Mettenberger

昨日お伝えしたOL:ジョシュマシアスの怪我ですが、手術が必要でシーズンエンド確定とのこと。今後IR登録手続きが取られます。

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

24

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マイクムラーキー  ディックルボー  マーカスマリオタ  

Comment: 0  Trackback: 0

7月24日(日): キャンプインを前に
NFLもやっとキャンプの時期になってきました。 今年は特に長く待たされた気がします。
テネシータイタンズも必死でチーム改革に取り組んできました。 特に今年は躍進が求められるでしょう。
積極的なFAやドラフトによる戦力の補強具合が注目されますし、ロスター枠をめぐる熱いポジションバトルもファンは見守っっていくことになります。

キャンプを前にして 今一度チームのここまでの経緯をざっくりとおさらいしてみたいと思います。

ケンウィゼンハントHC成績不振によりシーズン途中で更迭。 マイクムラーキーアシスタントHCが暫定HCとして指揮をとる

3勝13敗でAFC南地区最下位、リーグ最低の成績で2016年ドラフト全体1位指名権を手に入れる

成績低迷によるファン離れ加速。 ファン、地元、関係者らの不満噴出。 球団及びオーナーグループへの非難高まる

NFLがテネシータイタンズ オーナーシップを問題視。(現在も協議中)

チーム売却説がしきりに流布される。 ペイトンマニンググループによる買収説が特に目立った

球団暫定社長だったスティーブアンダーウッドが正式に社長、CEOに就任

新GM、新HC探し開始

ジョンロビンソンを新GMに迎える

球団売却を完全否定

マイクムラーキー暫定HCを新HCに選任

レイホートンDC チーム離脱 (クリーブランドブラウンズDCへ)

ディックルボーアシスタントHCをDCに選任

パワフルでタフなラン ヘビーフットボールスタイルを明言。 エキゾチック スマッシュマウス戦術と命名

デマルコマレー、ベンジョーンズ、リシャードマシューズ、ラシャドジョンソン、ブライスマッケイン等FA獲得

人事刷新 球団各部門ベテランスタッフ退団

ドラフト指名権をトレードダウン  大量指名権獲得

2016年ドラフトにて、オフェンス3名、ディフェンス7名 指名

(何かトピックスが抜けているかもしれません 申し訳ないです)


昨シーズ終了時点でマイクムラーキーを残す選択について否定的に見ていたのですが、その後のコーチ人選、選手の補強等を見てきて オールドスクール軍団の真剣度がひしひしと伝わってくるようになり、今では応援する気満々になってしまっています

近年のパス全盛モダンフットボールでムラーキーの描くランヘビー戦術がどこまで戦えるのか? まったく見えていませんが、デマルコマレーデリックヘンリーの2枚を加えた攻撃には期待してしまいます。 そして狙い通りエース:マーカスマリオタを助けることになることでしょう

ディフェンスに関してはさほど心配していなかったりします。 ルボー師に全幅の信頼を寄せています。 DLにも駒が揃ってきましたし、LB陣もFAや新人加入に加え怪我人も元気に復帰してきましたので楽しみです。少し不安が残るのはCBポジションでしょうか? 多くの新人が活躍してくれるのは後半まで待たねばならないのでしょうか?




関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

21

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  ジョンロビンソン  マイクムラーキー  

Comment: 0  Trackback: 0

3月21日(月): タイタンズ ニッサンスタジアム スポーツフェスタ参加
テネシータイタンズニッサンスタジアムで開催されたスポーツフェスタにおいてファン感謝イベントを実施しました。 タイタンズの新人事(組織)発表報告や質疑応答コーナー等もありました。 この時期ですから、やはりFA補強やドラフトについて参加したファンからテネシータイタンズ首脳陣へ鋭い質問が飛び出したようです。 オーナーG代表のエミーアダムシュトランクもファンサービスに務めていました。

ドラフトを前にマスコミやファンを煙に巻く発言に終始したようですが、以下に彼らの発言を記します。

・ドラフトコンバイン中にジョンロビンソンGMからイーグルスGMへRB:デマルコマレーのトレードを持ちかけた。

・マイクムラーキーHCはLT:テイラーリーワンについて、「テイラーが現在我々の先発レフトタックルだ」とコメント。 たしかに現時点ではそのとおりでしょう。 でも契約更新したバイロンベルの位置はRT1?RT2? それによって受け取り方が違ってきます!

・ロビンソンコメント「OG:ルイスバスケスとFS:ラシャドジョンソンらとの進展がないことは、彼らとともにプレッシャーでもある」。
 (今後はその部分の補強をドラフトに求める準備もしていくことになる)

・ロビンソン: 接触レベルではあるが、S:レジーネルソンも代案としてターゲットにしている。

今週はオーナーミーティングがあり、そこにエミーオーナーG代表が初参加することに。 ジョンロビンソンGMとマイクムラーキーHCも同席するとのことで、この行事が終わってからFA補強再開ということになるのでしょうか?

今週も良い発表があればいいのですが~

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

11

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  ラシャドジョンソン  ルイスバスケス  マイクムラーキー  

Comment: 0  Trackback: 0

3月11日(金): タイタンズ 今日のFA動向
連日FA補強のニュースが続いていますが、元カーディナルスのS:ラシャドジョンソンがタイタンズを現地時間:金曜に訪問するとの報がでてきました。 マイケルグリフィン放出の穴埋めということもあるのでしょうが、SSでも働いてくれそうですね。 30歳という年齢を考えると大事に起用していきたいですね。 うまくまとまると良いのですが!

もう一つ。 元ブロンコスのOG:ルイスバスケスが土曜にタイタンズを訪れます。 チャージャーズ、ブロンコス時代にはオールプロ、プロボウルに選出されていた実力の持ち主です。昨年はクービアックのゾーンブロックのスキームにちょっとマッチしなかっただけ!だそうです。 6' 5" 338というサイズで、パワーブロッキングが得意とのこと、ムラーキーHCの求めるOL像にフィットします。 チャージャーズ時代はRTもやっていたそうな! ぜひタイタンズと契約してください♪

信憑性の無い噂の類でしょうが、アルドンスミスという名もあがっていたとかいなかったとか?(数試合しか出れない?)

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

25

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  ジョンロビンソン  マイクムラーキー  マーカスマリオタ  

Comment: 0  Trackback: 0

2月25日(木): テネシータイタンズ FA&ドラフト考
いよいよドラフトのためのスカウティングコンバインが始まりますね。 この時期にしか楽しめない近年のタイタンズですが、新GMと新HCによる変化が「良い兆候」としてチームにもたらされることを期待してやみません。 スカウティングコンバイン会場のインディアナポリスに乗り込んだチームタイタンズは、ジョンロビンソンGM、マイクムラーキーHCの各インタビューが行われました。 基本的には如何様にも受け取れるよう煙幕を炊いたようなコメントに終始したわけですが、ロビンソンGMの補強プランが少し透けて見えたような部分もあったようなないような....

これに前後して新GM:ジョンロビンソンに注目を集めるべく、かっての上司達(パッツ:ビルべりチック、バックス:ジェイソンリット)がサポートコメントを発表しています。 GMとしての初舞台となるこのタイミングでロビンソンの過去の実績を大きく評価してくれる援護砲は嬉しいでしょうね。 がんばってください。

ロビンソンが関わったドラフトではかなりのトレード(指名権up&downや選手との交換等)が毎年数度発生しており、今年も3~5回はあるのでしょうか? 非常に気になります。 楽しみでもあります。

MメイヨックがQB:カーソンウェンツアンドリューラックと比較するという持ち上げ方をしてくれました。 ここからQBを指名したいチームのチェックが厚くなり、スカウティングコンバインでのパフォーマンス次第では、トレードアップをして獲りにくることも起きるか?と期待したくなってしまいます。(私は今回 可能であればトレードダウンしてほしい派なんですw) ブラウンズの前にさらってしまうところが出てくれないか? またはブラウンズが1位を望んでくれないか? しかし現実は厳しいのでしょうね~

チームの最優先方針が、 QB:マーカスマリオタを守る となっています。 OLの建て直しは大きなウェイトを占めますから、FAやドラフトでどう補強していくのか気になります。 現時点でLT:テイラー リーワンに満足している。しかし、もしよりふさわしい候補が現れた場合、リーワンはRTへコンバートしても対応できる能力を持っていると発言。(当たり障りのない感じ?)

一方マイクムラーキーHCはマリオタの足を生かした戦術を取り入れる事を以前から発言していましたが、今回ラン攻撃のデザインが終了したところで、これからパスの部分を作り始めるとの報告がありました。 

ドリエル-グリーンベッカム(DGB)を先発起用するが、将来はDGB自身にかかっているとコメント(昨シーズン中と一緒)。 思うにまだ精神面で子供なんだろうな?という気がします。 カレッジ入学の際は5スターの全米No.1WR候補だったのですから、まだまだ成長の余地はたくさんあると思いますが? マリオタとの呼吸もシーズン前半はさっぱりという感じ心配でしたっけ。 きっと2年目はブレイクしてくれるはずです!

C:ブライアンシュウェンケの怪我歴が問題になっているようで、FAでベテランCを補強することを否定していないのは良い判断な気がしますがいかがでしょう。 (ブルースマシューズやケビンマワウェが健在だったころのOLの安定度を考えるとCというポジションは地味ながら重要だと思い知らされます)

昨年のドラフト3巡指名ジェレミアポータシはRTで起用され地獄を見ましたが、今後OGとして競っていくことになったそうです。

マーカスマリオタはオレゴンで英気を養っているようです。 きっと課題を克服してレベルアップして来てくれることでしょう!

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

31

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マイクムラーキー  

Comment: 0  Trackback: 0

1月31日(日): タイタンズ アップデート
テネシー タイタンズのコーチ陣に新たに1名追加です。 キースウィリス氏がアシスタントDLコーチとして加わりました。 元カナディアンフットボールチームのモントリオールアレッツ(Montreal Alouettes)でDLコーチやってました。 1959年生まれ。 ピッツバーグで長く頑張っていたようです。 ピッツ人脈ですね この人も。 これからよろしくお願いします。



タイタンズのGM職の候補として面接をした元ブロンコスGM:テッドサンドクイスト氏が、彼のタイタンズ再建案をメディアに公開しています。また 面接時にタイタンズは既にマイクムラーキーのHC就任を決めていたことも暴露してくれちゃいましたw 社長スティーブアンダーウッドの面子丸つぶれです。 彼もまたオーナー一族を守らねばならない役割ですしつらいでしょうね。 噂の域を出ませんが、マイクムラーキーの複数年契約(3年)というのも毎年更新するハードルがかなり高くて、初年度で成果を出すしかないという心積もりのようです。 これだけ年配のコーチ陣で政権を組むというあたりにムラーキーの覚悟が見えるような気がします。 ムラーキーによる背水の陣に注目していきたいと思います。 がんばれ!




関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ