FC2ブログ
1
2
3
5
6
7
8
9
10
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2019

NFL テネシータイタンズの戦いを応援していきます。


プロフィール

Code Blue Tokyo

Author:Code Blue Tokyo
テネシー・タイタンズの戦いぶりを通してNFLの面白さや素晴らしさを、皆さんにお伝えする機会としてお役立てれば幸いです!

最新コメント
20

Category: アメフト

Tags: NFL,  テネシー・タイタンズ,  マット・ハッセルベック,  ライアン・フィッツパトリック,  アンディ・レビトレ、ジョージ・ウィルソン  

Comment: 0  Trackback: 0

3月20日(水): フィッツさん 2年契約で加入
テネシー・タイタンズは、ベテランQB:マット・ハッセルベックをカットして、間をおかず ビルズをカット
されていた ライアン・フィッツパトリックと2年契約をまとめました。 ジェイク・ロッカーの控えとして
また、ベテランとしてマット・ハッセルベックが担っていた指導役を務めることになります。
(決まってしまったものはしょうがないです。 「所変われば、人変わる」と昔から言われることだし、
ラストン・ウェブスターGMとドゥエル・ロゲインズOCの手腕に期待しましょうか)^^

これで3人目です、バッファロー・ビルズから来ていただくのが......
SS:ジョージ・ウィルソンから始まって、LG:アンディ・レビトレが続いて、QB:ハーバードのフィッツさん。
ナッシュビルでもう一仕事がんばってください。

マット・ハッセルベックの「まるで天に向って投げたかのような超山なりの放物線を描く」ロングパスが
急に懐かしくなって来ました~





関連記事

02

Category: NFL

Tags: NFL,  テネシー・タイタンズ,  マイク・マンチャック,  マット・ハッセルベック,  ケニー・ブリット,  カール・クルーグ,  ジェイク・ロッカー,  トミー・キャンベル,  レイ・チルドレス  

Comment: 2  Trackback: 0

9月2日(金)Part.2:プレシーズン第4週@ニューオリンズ戦

プレシーズン・ゲームもいよいよ最終戦、今日は@ニューオリンズ戦です
レギュラー・シーズンの開幕に備えて、若手選手はロスター53人枠への
熾烈なサバイバル競争を戦いました

対戦相手セインツは先発クラスを登場させないため、試合は2度のターン・オーバーを含め、
一方的な試合展開となってしまいました
エース:ケニー・ブリットWRがやっと試合に出場するも、新QB:マット・ハッセルベック
ジェイク・ロッカーと呼吸が合うはずもなく、レシーブ記録はゼロでした^^;

この試合、新人及び若手選手が活躍し、自身の存在をアピールしていました
今年の新人選手、例年になく出場機会を与えられていることもあるでしょうが、
見事に光り輝いています♬

ジェイク・ロッカーQBは15/17、1TDという成績 懸念されていたパス精度の低さを
覆すパフォーマンスを見せてくれました
これまでのところ順調にプロの世界を学んでくれているようです
OC:クリス・パーマーの接し方(試合中のカメラからですが)はまるで
愛しい生徒を指導している経験豊富な’教師’のようです^^

カール・クルーグDT:今年のドラフト4巡指名選手です 
タイタンズの新DC:ジェリー・グレイは、プレイヤーの’サイズアップ’を公言しており、
現に大型選手を多く補強しています
クルーグの275ポンドという重さは少々不利かと見られていましたが、それを補って余りある
活躍を毎試合見せ、激戦区DLの先発ポジションを奪ってしまいそうです

ジェイミー・ハーパーRBは運に恵まれた一人でしょうか?
エースRB:クリス・ジョンソンが長期ホールドアウトで不在、
2ndRB:ジェボン・リンガーが怪我で出場できず、必然的に出番が回ってきました
与えられた出場機会で見事に有能なバーサタイルぶりを見せつけてくれました
特筆すべきは’ボールセキュリティ’です これまで全く不安を感じさせません!

アキーム・エイヤーズLB 一番最初に先発を確定させた魅力的な新人です^^
早い話ですが、ルーキー・オブ・ザ・イヤー候補との評判がでています
素晴らしい体格はDC:ジェリー・グレイ好みで文句なし!怪我に気をつけて活躍してほしいです

トミー・キャンベルCBは今日も1INTを記録 この元空港清掃人は覚醒しつつあります
身長がありスピードもあるという恵まれたフィジカルをぜひ活かして、生き残ってほしいです
ダイヤの原石がどこまで磨かれているのか? 興味はつきません

さて いよいよ 80人を53人にまでシェイプしなければならない時となりました
新HC:マイク・マンチャックはどんな選手を残すのでしょうか???


Continue

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

29

Category: NFL

Tags: NFL,  テネシータイタンズ,  ビンス・ヤング,  マット・ハッセルベック,  デリック・メイソン,  ジェイソン・バビン  

Comment: 4  Trackback: 0

7月29日(金): 去る選手

NFLは、各チームは、シーズン・インに向けて慌ただしくなってきました
我がテネシー・タイタンズも例外ではありません


VYビンス・ヤング(QB) を放出(カット)発表

トニー・ブラウン(DT) を放出(カット)

ドミニク・リンゼイ(RB) 放出

マーカス・ホワード(DE) 放出

カリーム・ブラウン(DE) 放出

ジェフ・ハンセン(OL) 放出

ここまでは クビ扱いw

ビンス・ヤング.... 「心」、「技」、「体」、 
この人の場合、「心」の部分に少々足りないものがあっただけです
大学王者になった時のような スーパーなオーラを纏った スーパーな活躍を見せてください!
このまま埋もれさせるのは あまりにも惜しいです 

Vince Young vs Cardinals game winning drive



この大逆転劇を目にしたときは、完全復活を確信したのですが......





ジェイソン・バビン(DE) Phiイーグルス
 
前DLコーチ:ジムワッシュバーン師に開眼させられたこともあってのPhiへの復帰
(5年契約ってのは少々理解しかねるのですが、あちらでがんばってください!)


今日からテネシー・タイタンズは、待望のキャンプが開始されるのですが、
CJ2K:クリス・ジョンソンホールドアウトへ突入とか、嫌な噂が飛び交っていますw
(毎年これだと、チームの士気に関わってきますし、トレードに出すのも良い方策かも知れません^^;
今なら超高条件で売りに出せますから!)

ボルチモア・レイブンズをカットされた元タイタンズ選手:デリック・メイソン(WR)に興味を示しているようです
(この人を失って、どれほどのダメージを受けたか...あと1年はプレイできるでしょうが  
最後はタイタンズで!






関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

19

Category: NFL

Tags: NFL,  テネシー・タイタンズ,  シアトル・シーホークス,  マット・ハッセルベック,  ジェイク・ロッカー,  ビンス・ヤング,  マイク・マンチャック,    

Comment: 0  Trackback: 0

6月19日(日): 綱引き全開モード

FA市場の解禁が近付いているのでしょうか? チームの補強プランや、FA選手の動向が
にわかに熱を帯びだしてきたようです

我がテネシー・タイタンズも、FAで補強したいポジションがあちらこちらとあるのですが、
まずは最優先に検討すべきなのは、”QB”のポジションです

今年のドラフト全体8位で、ジェイク・ロッカー(ワシントン大)を指名しました
このジェイク・ロッカー選手は、まだ”生” つまり、もっと調理するなり、味付けするなり、
教育する必要がある 言い換えれば まだまだ成長する余地がたくさんあるという評価なため、
当初はベテランQBの控えとして、プロの世界をじっくり学ばせる計画でしたが.....

現在選択可能なものは以下のようになると思われます:

プランA: 16年目のベテラン:ケリー・コリンズと条件付き再契約をする(新人の教育係)
プランB: 新人ジェイク・ロッカーをいきなり起用させる(ベテランQBを先発要員として補強しない)
プランC: FAとなっているベテランQB(先発級)を外部から獲得する

上記案では、C案がもっとも理想的なわけで、テネシー・タイタンズ
シアトル・シーホークスの功労者:マット・ハッセルベックを狙っています
一方シアトル・シーホークスも”QB”ポジが優先度の高い補強ポイントとなっていて、
今年のドラフトにおいてQBを指名に動かなかったことをファンやメディアに叩かれています

このような状況で、マット・ハッセルベックをめぐってタイタンズシーホークス間で
”綱引き”が水面下で強烈に繰り広げられているようです

ワタシの勝手な妄想の域を出ないのですが、
シアトル側: タイタンズは新人ロッカーにサラリーとして 7~8M$/年ぐらい?と想定し、
         さらにハッセルベックにいくら出せる? 現実的なところで5M$/年あたりでは?
         (先発&控え合わせて15M$/年は無いだろう?と予想する?)
         今年我々が「7M$」をオファーすれば、キープできるのでは??

テネシー側: Vヤングに10M$/年、Kコリンズに5~6M$/年:合わせて16M$/年だったw
         新人ロッカーに8M$/年だから、8M$/年までなら、去年と変わらない
         でもオーナーがドケチのシブチンだから、少し節約した成果をみせないとまずい
         更なる差別化案として、引退後のキャリア・パスを提案したらどうだろ? 
         
         ハッセルベックとのコネクションは、GMは前職がシアトルのGMでよく知っているし、
         OC:C、パーマーは1986年頃同じ街に住んでいて、既に知り合いだったし、
         ジェイク・ロッカーはシアトルのカレッジ・アイコンなわけで、地元のヒーローと
         一緒に練習している仲という とても受け入れ易い環境を用意できる


ビンス・ヤングとのトレード...... 相手が乗ってこないかな??
(VYは、AFCチームに拾われたくない 対戦となると手ごわいです(因縁やら怨恨やら~)
       

Matt Hasselbeck Tribute Highlight Seahawks





         
       
     



関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ