FC2ブログ
1
3
5
6
10
11
12
13
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2019

NFL テネシータイタンズの戦いを応援していきます。


プロフィール

Code Blue Tokyo

Author:Code Blue Tokyo
テネシー・タイタンズの戦いぶりを通してNFLの面白さや素晴らしさを、皆さんにお伝えする機会としてお役立てれば幸いです!

最新コメント
18

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マーカス  マリオタ  

Comment: 0  Trackback: 0

12月18日(金): タイタンズ IN&OUT
ペイトリオッツ戦を前に今週はロスタームーブがありました。

CB キャリー ウィリアムズ 訪問/トライアウト 未契約

RB/KRデクスター マクラスター選手をシーズンエンディングIR登録
S ジョシュ オーブリー(Josh Aubrey)選手をアクティブロスター登録
QB マイク カフカ(Mike Kafka)トライアウト PS登録
WR ニック ハーウェル(Nick Harwell)トライアウト PS登録
(LB ヘンリー コーリー(Henry Coley) トライアウト 未契約)
(DB マット ダニエルズ(Matt Daniels) トライアウト 未契約)

WR ダマリス ジョンソン(Damaris Johnson)選手をペイトリオッツから調達
OLB デリック モーガン選手をシーズンエンディングIR登録

3rdストリングスQBにカフカですか どうなんでしょう?

フォックスボロでの試合を見るのが怖い気がしますが、どうか希望の持てるクリスマスウィークを過ごさせてくださいまし!



今年で契約が切れる選手達

RT Byron Bell
TE Craig Stevens
NT Al Woods
NT Sammie Hill
CB Coty Sensabaugh
ILB Zach Brown
OL Jamon Meredith
G-C Joe Looney
DE Mike Martin
ILB Steve Johnson

この中で何人が契約できるでしょうか? 多くの選手は期待はずれでした。


関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

03

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マーカス  マリオタ    

Comment: 2  Trackback: 0

12月3日(木): タイタンズ ニュース
テネシー タイタンズはここまで2勝9敗の成績です。 タイタンズは早々に地区優勝やプレイオフの可能性も消え、残り5試合は消化試合ということになってしまっています。 ファンとしてチームの若手の成長に注目したり、カレッジ界の有力候補探しをしたりと 他に関心を見出してシーズンを乗り切ろうとしているはず......

NFL第13週前の現段階で2-9のタイタンズは、94%の確率で2016年ドラフト指名順位5位以内を確保できる見込みだとか.....たしかに5位どころか1位の可能性も高そうですw そうなると1978年ヒューストンオイラーズ時代以来の1位だそうです。 
オハイオ州立大のOTやDE、フロリダ州立大のCBや、デューク大のセーフティ等チームのスカウトが現れるとすぐにSNSで情報が発信される凄い時代になりましたね。  

育成 育成 タイタンズのプラクティススクワッドは現在以下のとおりです。

WR Rico Richardson
DB Shaquille Richardson
TE Kevin Greene
LB J.R. Tavai
C Dillon Farrell
LB Jason Ankrah
G/T Will Poehls
G Josue Matias
RB David Fluellen
S Josh Aubrey

彼らも出場機会に恵まれると良いのですが(それは主力の負傷欠場やアクシデントを意味するのですねw)

タイタンズの次期HCについて チップケリー現イーグルスHCを結び付けようとする変な記事が出ていましたね。 タイタンズの2016年ドラフト一巡指名権とトレードでチップケリーHCを迎え入れる計画とか!? タイタンズがこんな調子ですから何を書かれてもしょうがないと言えばそうなんですが..... 古巣PAC-12のUSCのHC職が決まってしまったことから派生した話だと思います。
HC人事もどうなるのでしょう?? 今後に注目したいです。

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

18

Category: アメフト

Tags: NFL,  テネシー  タイタンズ,  マーカス  マリオタ,  ロスタームーブ  

Comment: 4  Trackback: 0

11月18日(水): ロスタームーブ、トライアウト
今週のテネシー タイタンズ、戦力の維持に苦心していますが、特に深刻なWRポジションに トレ マクブライト, アンドリュウ タージリをロスター登録しました。 トレ マクブライドはPSでプロの水に慣れるよう練習してきました。 アンドリュウ タージリは今年のUDFAでタイタンズと契約するもキャンプ中怪我をしたこともあり、ロスターに残れませんでした。その後49ersのPSに籍を置いていたところを、タイタンズがオファーを出し呼び戻した次第。 この二人がどんな初出場を飾るのか楽しみです。

ディフェンスではLB:ヤニック クジョーバージル(2015タイタンズUDFA)、CB:シャキール リチャードソン(2014スティーラーズUDFA)をPSに加えています。 

今週火曜にトライアウトを実施たメンバーは以下のとおりです。
QB McLeod Bethel-Thompson
WR Damarr Aultman
WR Alan Bonner
WR Antwan Goodley
WR Colin Lockett
QB Dustin Vaughan

QB マックロード ベセル-トンプソンは27才、2011年の49ersのUDFA選手でした。その後ドルフィンズ、バイキングス、ペイトリオッツにいたことがある経歴の持ち主だそうです。 今年はジャガーズとシーホークスでワークアウトを受けましたがお声がかからずという状態だったようです。 個人的には第3QB探すのに時間をかけるなら、チャーリー残しておいて、他に時間を使え!と言いたくなります。 まあ色々ありそうです。 事はそう単純ではないですよね。






関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

09

Category: アメフト

Tags: NFL,  テネシータイタンズ,  ムラーキー,  マーカス  マリオタ  

Comment: 4  Trackback: 0

11月9日(月): NFLシーズン第9週 @ニューオリンズ戦 
ムラーキー体制 テネシータイタンズの初戦となったニューオリンズセインツ戦はチームが一丸となって戦い、オーバータイムに持ち込んでの逆転勝ちを見せてくれました。34-28、こんなに得点したのは開幕戦以来でしょうか? 

ルーキーQB:マーカスマリオタは復帰戦でしたがプロ自己ベストの成績で活躍してくれました。 パス39回試投28回成功、371ヤード, 4TD, 0INT いくつものラッキーも味方してくれた成果ですが、すばらしいですね。 

RB:アントニオ アンドリュースは19キャリー88ヤード、期待に応えてくれました。 デクスター マクルスターは8/19でした。
OLのメンバーが固定されないので大変だと思いますが、良く奮闘してくれています。

TE, このポジションの人たちは元TEコーチだった新HCの船出のために、特に勝利への執念を燃やしていたのではないでしょうか? デラニーウォーカー, アンソニー ファサーノ, クレイグ スティーブンス, フリップ ス-パーナウらはしっかり仕事をこなし勝利に大きく貢献しました。
Dウォーカーは7レシーブ95ヤード2TDを記録。 みんなグレートジョブ。 

WRはDGBの起用が増え、5レシーブ77ヤードと見事に期待に応えて見せました。 復帰したハリー ダグラスも5回73ヤード、ジャスティン ハンターは3回17ヤード1TDでした。 みなさん良かったです。

シャッフルされた新OLユニットはなんとサック無しを記録! これはマリオタがクイックパスを多用し、最後までボールを持ちすぎないことを徹底させたことが大きいです。 新造ユニットなので複雑なラン攻撃はできず、シンプルなランブロックもアベレージレベルに届いたのかどうか? それでもQBプロテクトを貫徹させたことはGJです。

ディフェンス。 この試合でもディフェンスがドリュー ブリーズのパス攻撃に耐えてみせたことが、勝利の鍵となったと思います。 この試合では特にLBが輝いていました。 セインツのランをわずか61ヤードに押さえ、パスラッシュは大事な局面で機能し、Dブリーズにプレッシャーを与えました。 ブライアン オラクポが2サック、ウェズレイ ウッドヤードが1サック。 デビッド バスも良い動きをみせました。

DLも悪くありません。 ジュレル ケーシーはもちろん、2年目ダクアン ジョーンズが目立っていました。 今後が楽しみです。 
ルーキーDT:アンジェロ ブラックソンは1サックをマークし、通算2サック、ルーキーとして悪くないです。彼も楽しみ。

セカンダリーはPSから直前にロスター入りしたBW ウェブが1INTを奪い、ブリーズのディープパス攻撃を止める転機になった気がしています。 お見事でした。 ルーキーCB:コディ リッグズもがんばりました。 復帰したパリッシュ コックスは序盤ブリーズに奥を狙われました。 コティ センサボーも含め みな耐えきりました。 セーフティもDサーシイ、Mグリフィン、Dスタフォード、Mハフとまずまず頑張りました。

ディック ルボーアシスタントHCとレイ ホートンDCの二人のシステムがどんどんチームに浸透している様が試合を重ねる度に明らかになっているのを見るのが楽しみになってきています。 

ジェイソン マイケルOCによるプレイコールも前任者よりも(当然でしょうが)良かったですね。 マリオタもプレイしやすかったのではないでしょうか? コーチ陣にとっても嬉しい勝利だったでしょう♪ 

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

05

Category: アメフト

Tags: NFL,  テネシー  タイタンズ,  ケン  ウィゼンハント,  マイク  ムラーキー,  マーカス  マリオタ  

Comment: 0  Trackback: 0

11月5日(木): ファイヤー その後
ウィズ解任については先週のテキサンズ戦の前に決定していたような話が出ています。 @テキサンズ戦を観戦に来ていたオーナーグループ代表:エイミー アダム ストランクに、暫定CEO:スティーブ アンダーウッドがマイク ムラーキーを紹介しているところを撮影されていたようです。 組織ですから今日の公式発表までにいろいろとプロセスを経てきているのでしょうから、きっとそうなのでしょう。 

もう一人責任を取らなければならないヤツがいます。 そう GMのラストン ウェブスターです。 彼を切るのはどのタイミングなのでしょうか?  この辺もすっきりしていただきたいものです。

早くも2016年のHCの噂が飛び交っており 興味深く見ております。 現時点で印象的なのは、チップ ケリーをフィラデルフィア イーグルスから譲ってもらうという噂。 チップ ケリーとマーカス マリオタの師弟コンビをどうしても実現させたいという人々が結構いるんですね。 双方が認め合っているのは間違いないところでしょうし、可能性はわずかにでもあるのでしょうか??
次がジム シュオーツ元ライオンズHCをナッシュビルに呼び戻すという説。 情熱的で人望もある野心家です。 フィッシャー色の完全払拭まであとわずかというところでこの人選はどうなんでしょう? うーむ バッドチョイスではありません、でもベストでもないです。 さらに今期で首確実と言われるインディアナポリス コルツのチャック パガーノHCを迎えるというもの。 もう何でもあり!状態です。 ファンを含む外野の妄想が楽しいです。 こうなったら私の妄想も披露しちゃいましょう。 GMにHOF:ウォーレン ムーンを就任させるというのはいかがでしょう! 彼は経験がないだけです。 逆境にめちゃくちゃ強かった人です。(でもやる気もないでしょう (苦笑 

試合結果はともかく来期ネタでシーズン後半を乗り切れる気力を維持できそうです。


 
 

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

30

Category: アメフト

Tags: NFL,  テネシー  タイタンズ,  マーカス  マリオタ  

Comment: 0  Trackback: 0

10月30日(金): タイタンズ GM & HCは?
シーズンも中盤に入ろうという時期です。 この時点で負けが先行しているチームは立て直しに必死。 我らがテネシー タイタンズも1勝5敗という昨年同様の低空飛行振りの体たらくでファンを失望させてくれています。 ウィズHCになってここまで3勝19敗、いいかげん見切りをつける時期だと思いますが、ご本人はまだまだやる気のようで.....

故バド翁が健在だったら、とかタラレバの話をしてもしょうがないのですが、今期ここまでオーナーサイドが球団マネージメントに注文をつけたという話もないようで、オーナーサイドの球団経営の関心の薄さを チーム売却方針へ結びつける論調がまたぶり返してきました。 なにせ球団CEOが暫定という立場にあり 強い指揮権を発動しにくい状況のようです。 次期CEOの望むチーム作りの裁量権を極力残しておこうという意向なのでしょうか。 (ペイトン マニングとそのビジネスパートナーグループによる球団買収の話も消えませんと言いますか逆に望まれているのかもしれません)
 
このような背景を考えると 今GMやHCの首を挿げ替えるのは得策ではないという判断なのでしょう。 今の戦いぶりが続くようだと来期続投の芽は完全にありえないでしょうから..... そして今年獲得したフランチャイズの卵:マーカス マリオタを育て上げるためにどうすればよいか? ウィズHCのピッツバーグ人脈により招いたHOFディック ルボー師の指導により成長が見られるタイタンズディフェンスですが、もしウィズHCを更迭するようだとルボー師の去就にも影響が出るかもしれませんね。

どこかの星一つチームのオーナーのようにガンガンでしゃばるのも困りものだと思うのですが、ここタイタンズの場合、もう少しオーナーサイドに頑張ってもらわないとチームは好転していかないような気がします。 もっとも中長期的な展望のもとに少しづつプロセスを進めていると言われるとそれまでなんですが、ファンには辛い日々が続きます。

次戦@ヒューストン戦は必勝体制で挑んでいただきたいです。 JJワットが待ち構えていますが、Aジョンソンは去り、Aフォスターは戦線離脱、QBは先発級不在という弱体化したチーム戦力が相手なので、がっつり勝っておきましょう。 マリオタを命がけで守り通してください。

Continue

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

27

Category: アメフト

Tags: NFL,  テネシー  タイタンズ,  マーカス  マリオタ,  ケン  ウィゼンハント  

Comment: 3  Trackback: 0

10月27日(火): 誰がグッド プレイコーラーだって?
これまで1勝5敗、奇しくもほぼ昨年の結果をトレースしているような結果になっておりとても残念です。 「昨年とは内容が違う」とウィズHCは言い続けますが勝利を増やせない戦績では意味がありません。 

必然的に内外から不満の声が上がってきます。 昨日のプレスカンファレンスでは対ファルコンズ戦におけるランとパスのバランスについて問われ、彼は自身のプレイコールの正当性を説明しようと試みました。 そして 勝利を渇望していること。 自分は良いプレイコーラーである。 自身何の疑問もない。 もしプレイコールをシェアすることで試合に勝利するのであるなら、それに何の問題も抱えていないとコメントしています。

それならとっととシェアしてくださいな!と叫びたいところですが、我慢できるよう鍛えられていますのでまだ大丈夫です。 
タイタンズ選手達の必死さは見ていて痛々しいくらいわかるのですが、コーチ陣の必死な工夫が見れない気がしてなりません。 例えばスペシャルチームで何か試合の流れを変えるようなプレイを出せたか?.... そんなプレイは皆無です。 もう死に物狂いでトリックプレイだろうが何だろうが敵の裏を書くような、疑心暗鬼を脳裏に印象付ける作戦(ルボー師は成功しています)を恥も外聞も無く展開すべきと思ったりします。 
NFLのワーストディビジョン:AFC南地区の中から這い出しましょうよ~

明日はマリオタの復調具合のチェックです。 ヒューストン戦には出てほしいものです。

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

22

Category: アメフト

Tags: NFL,  テネシー  タイタンズ,    マーカス  マリオタ,  ザック  メッテンバーガー  

Comment: 0  Trackback: 0

10月22日(木): Show must go on タイタンズ
マーカス マリオタの捻挫も日を追って良化しているそうで一安心。 本人はファルコンズ戦に出場したい意向のようです。 C:ブライアン シュウェンケは手術も無事終了したようで、これから復帰へのリハビリに勤しむ事に。

BシュウェンケのIR登録とともに、C/G:ジョー ルーニーを獲得。 新天地のタイタンズでがんばってほしいです。

翌日にLB:マークス ピース-ブリュウスター(6-3, 243) をPS登録。 今年のUDFAでニューオリンズ セインツのキャンプにいました。 PSで伸びてくれると嬉しいです。

遅ればせながらテネシー タイタンズは公式にチームのキャプテンを発表しました。
オフェンス: テイラー リーワン、デラニー ウォーカー、
ディフェンス: ブライアン オラクポ、ジュレル ケーシー、ジェイソン マッカーシー、ウェズレイ ウッドヤード
順当な人選だと思います。 より結束を固め、高いモチベーションを維持していってください。

今週のファルコンズ戦、ウィズHCはどのようなゲームプランで戦うのでしょうか? マリオタ or メッテンバーガーか 先発がわかりませんが、しっかり対戦相手を研究しておいてくださいね。 

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ