FC2ブログ
1
3
5
6
10
11
12
13
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2019

NFL テネシータイタンズの戦いを応援していきます。


プロフィール

Code Blue Tokyo

Author:Code Blue Tokyo
テネシー・タイタンズの戦いぶりを通してNFLの面白さや素晴らしさを、皆さんにお伝えする機会としてお役立てれば幸いです!

最新コメント
20

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マーカス・マリオタ  

Comment: 2  Trackback: 0

11月20日(金): NFL第11週TNF @ジャクソンビル戦
ブルー&ゴールド、ユニークなカラーリングのユニフォーム着用のTNFゲーム。 テネシー タイタンズは今年唯一の全米放送となるゲームということで、今年のルーキー:マーカス マリオタを世間にお披露目する機会だったのですが.....13-19 で負けてしまいました。 前半は一応互角に戦えていましたが、終盤いつものように逆転されていつもの結果に。
 
マーカス マリオタは35回試投22回成功、231ヤード、0TD、ラン29ヤード、1TD という結果でした。
RBはアントニオ アンドリュース:78ヤード、マクラスター:0ヤード、デビッド コブ:-3ヤード 0とか-3とか残念な結果でした。
WRはDGB:3回40ヤード、Hダグラス:2回16ヤードと合わせてわずか5回キャッチ(Hダグラスは良く反則を誘発させていましたが) TEはDウォーカー:8回109ヤード、スーパーナウ、ファサーノ各2回、FB:Jフォウラー1回、Aアンドリュース2回、マクラスター2回。
OLはパスプロもランブロックも低調でした。4サックを許していました。 
ディフェンスではDL, LB, CB, S 皆よく動いていました。 欲を言えば...なんてとても言えません。 
スペシャルチームはJAGSに良いリターンを許し、タイタンズのリターンは全然戻せずにフィールドポジションで苦しみました。 この2シーズン、スペシャルチームは何の改善すら見られません。 

ムラーキー暫定政権も前任者同様 やはり敗者の血が染込んだ「負」の戦いぶりが露呈したようです。 
4thダウン&インチズで勝負できない消極的な作戦ではチームの士気も上がるわけないですねw

残り6試合をどう戦うのか? 経営者は大きな決断をするタイミングなのではないでしょうか? オフェンスとスペシャルチームのコーチ全員解雇に値すると思うのですが現実的ではないでしょうし、ここは外部からアドバイザーを招いて来期以降に備えるという手順が良いのではないか?と思ったりしています。


関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

09

Category: アメフト

Tags: NFL,  テネシー・タイタンズ,  マーカス・マリオタ  

Comment: 0  Trackback: 0

10月9日(金): ビルズ戦を前に
テネシー タイタンズは第4週が一足早い休みとなり、序盤を振り返りつつ ここからの戦いの準備に余念が無かったようです(はずです?)。 戦列を離れていた選手達が復帰してきたのも明るいニュースでした。 

今週はバッファロー ビルズを迎えてのホームゲームです。 レックスライアンHC率いる強豪チームですから、胸を借りるつもりで挑んでいただきたいところです。 若きエース:マーカス マリオタにとって看板の強力守備が彼の前に立ち塞がります。 どんどん経験値を積み重ねて上を目指してください。 チームの総合戦力という観点からはバッファロー ビルズの方が一枚も二枚も上手だと思います。 この試合での戦いが今後を占う試金石となるでしょう。

そろそろタイタンズもロスターの見直しをするのかな?と見ていたのですが 現時点まではその兆候がみられません。 5TE、4WRの組み合わせで進む模様。 これまでマリオタのパスターゲットとしてTE:46%強という数値だそうですが、今後もこの傾向がつづくことになるのでしょう。 

RBの3選手(Bサンキー、Dマクラスター、Aアンドリュース)使いまわしを’コミッティー’とウィズHCは呼称していますが、このスタイルも継続していきます。 TEも数多くいますし、ラン攻撃を成功させてもらいたいものです。
OLもランにパスプロに錬度が上げていってほしいですね。

ディフェンスではJマッコウティの復帰はありがたいです(新人:Cリッグスも) これでスロットにCセンサボーが入り、敵のビッグプレイを止められるでしょうか? ブラウンズ戦、コルツ戦ともに良く守っていたものの 要所で長いパスを通されて敗戦しているだけに今回も気になります。

マッチアップで心配なのは、RT:Jポータシ対DE:マリオ ウィリアムスです。 TEやFBも加えたWチームでのブロックが必要になりそうです。 

ディフェンスはビルズのラン攻撃を止められるのかに注目したいところです。 それとモバイルQBにスクランブル等走られないよう守れるのでしょうか? ルボー&ホートン守備の成長に期待したいです。

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

02

Category: アメフト

Tags: NFL,  テネシー・タイタンズ,  マーカス・マリオタ  

Comment: 6  Trackback: 0

10月2日(金): 開幕3戦を終えて
まずはマーカス・マリオタです。 タイタンズQB:マーカス・マリオタは NFL オフェンシブ ルーキー オブ ザ マンス 9月に選出されました♪ ファンとしては素直に嬉しいですね。 タイタンズではこれまでにRB:エディー ジョージ1996の9月 、DE:ジェボン カース1999の9,11,12月、RB:クリス ジョンソン2008の9月の記録があり、彼は4人目の受賞ということになりました。 この調子で頂点まで登りつめていただきたいものです。


テネシー・タイタンズは先週のホームゲームでコルツを相手に惜しい試合を落としてしまいました。 その後何人かの選手が、「責任は俺にある!」と自省したコメントを発していました。 チーム内の雰囲気やチーム情報がメディアを通じて年々オープン化されてきているのもあるのでしょうが、選手達が真剣にチームのことを思っているこの感じは これまでなかったのではないでしょうか? チームが良い方向にベクトルを向けている兆候だと考えたいです。

ここまで2015-6シーズンの3戦戦い終えたわけですが、テネシー・タイタンズは1勝2敗の成績です。 事前の予想では順当な成績ですが、考え方によってはもう少し勝ち星を増やしていけたかも?とも思える内容でした。 残り13試合 楽な相手はいませんけれど来期に繋がる戦いを進めてほしいところです。 タイタンズHPにここまで開幕から3戦の内容を昨2014年と本2015年で比較しています。
Three-Game Comparison: A Look at 2015 vs. 2014 Titans

オフェンスの得点は格段に向上しています。 NFLランク 2014: 31位 →2015: 5位
タッチダウン数、3rdダウンコンバージョン成功率、タイムオブポゼション等あらゆるカテゴリーで改善傾向にあります。
ディフェンスにおいても、ラン守備、3rdダウンディフェンス、サック数等で良化が見られます。
オフェンスの改善が顕著であり、これもマーカス・マリオタの活躍が大きく貢献しているわけで、すばらしいです。

CB:ジェイソン マッコウティ、RG:チャンス ウォーマックのビルズ戦出場、NT:サミーリー ヒルの復帰間近と明るいニュースが発表され、チームの士気も更に高まってくることと思います。 難敵との対戦が続きますが、戦いきってください。




関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

24

Category: アメフト

Tags: NFL,  テネシー・タイタンズ,  マーカス・マリオタ  

Comment: 0  Trackback: 0

9月24日(木): NFL 第3週 ニッサン スタジアム 開幕戦ウィーク
今週テネシー タイタンズは本拠地ニッサンスタジアムで開幕戦です。 先週の反省を糧に地区内天敵:インディアナポリス コルツを迎え討ちます。 今シーズン連敗スタートのコルツですが、その実力は悔しいですが折り紙つきです。 スーパー候補に挙げるアナリストは少なくありませんでした。 我らがテネシー タイタンズはホームでどのような戦いを準備しているのでしょうか?

マーカス マリオタの足首の具合は軽度であり プレイするに支障ないとのことですが、ぜひ無理だけは謹んでください。 RG:チャンス ウォーマックは今週は欠場です。 ただでさえ不安なOLですが、更なる試練を迎えてしまいました。 2試合欠場が続いていたCB:ジェイソン マッコウティとRB:アントニオ アンドリュースが練習(リミテッドw)に復帰してきたのは朗報です。 TE:デラニー ウォーカーもリミテッド復帰。 ILB:ザック ブラウンは風邪で練習お休み、DB:マーキストン ハフは筋肉痛で練習お休みです。

トランザクション: 元49ers C Dillon Farrell (ニューメキシコ大)をプラクティススクワッドに登録。 6-5という大きさは魅力的?

トライアウト情報: Carrington Byndom, Jean Fanor, Robert Lester, Robert McClain, Shaun Prater, Robert Steeples, and Nick Toon. ニック トゥーンは先週NYでトライアウト受けてましたが....

今週はぜひとも新スポンサーのためにもホームで勝ってください。



関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

21

Category: アメフト

Tags: NFL,  テネシー・タイタンズ,  マーカス・マリオタ  

Comment: 4  Trackback: 0

9月21日(月): NFL 第2週 @クリーブランド戦 
開幕週が快勝だったこともあり 戦前はタイタンズ有利という見方が多かったのですが、ジョニーマンジール率いるブラウンズに完敗してしまいました。 

この試合をしっかり反省して 成長してもらいたいものです。 ’グローイング ペイン’ってやつですね。
マーカス マリオタは 7サックを浴びせられダメージをもらったようです。 足首を負傷しながら出場し続けた気概は買いますが、将来を棒に振ってくれたんじゃあ困ります。 

@クリーブランド戦の寸評

オフェンス

ウィズHC特有(昨シーズン嫌というほど見せられた工夫の無い)ゲームプランとプレイコールが復活。 クリーブランドのディフェンス戦術に適応するのに苦戦させられ、常時リードされたこともあり 主導権を握れずじまいでした。

マーカス マリオタのパフォーマンス:

やはりブラウンズディフェンスは易しくなかったw 先週のゆるゆるカバーと違い、ブラウンズはバンプ&ランでタイタンズWRの出足を封じ マリオタのクイック系パスを止めてきました。  これでかなり制限を受けてしまい、ストレスを感じているようでした。

マリオタの大学時代からの悪癖?と言うか 弱点?。 パスの正確さの代償なのか、QBサックを受けやすい しかも回避する動きもあまり意識していないスタイルをそのまま引きずってプロの世界に来ているのが心配です。 猛者の中で戦っていくわけですから、この部分は彼にとってまず解決していかなければならない重要課題なのではないか?と思わずにいられませんでした。

ランゲームはDマクラスターが10キャリー98ヤードと活躍、Bサンキーは12回42ヤード、Tウェストは3キャリー10ヤード1ファンブルw
前半のテランス ウェストのファンブルが痛かったです。 このターンオーバーで苦しい戦いを強いられたようなものでした。

OLは被7サック、反則、チャンス ウォーマックの負傷退場と散々な結果でした。 WR:ドリエル-グリーン ベッカムの初キャッチがTDキャッチでおめでとうございました。 彼はもっとプライマリ ターゲットになっても良いと思うのですが もう少し辛抱が必要なのでしょうか? ファンとしては待ち遠しくもあります。 

ディフェンス

NT:サミーリー ヒル欠場中控えのアル ウッズが先発していますが、アル ウッズ、彼は良くやっているのではないでしょうか? 反則もやらかす一面もありますが、着実に成長してきているように見えます。 

2サック、少し物足りない気がします。序盤のBombパスで前に人を集めにくくなり、マンジールにプレッシャーをかけにくくなってしまいました。 ブラウンズのオフェンスも決して良かったわけではないのに、マンジールに長いパス2本を決められたのが致命傷でした。

ST

先週に続きパントリターンで返されすぎです。 ブロックミスもけっこうありました。 このチームも要練習です。

ターンオーバー

タイタンズ:マリオタ2回、ウェスト1回、 ブラウンズ:0回 これでは勝てるわけありませんw

この試合がチームを目覚まさせ、来週の地区内対戦に向けて奮起してください。

 

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

17

Category: アメフト

Tags: NFL,  テネシー・タイタンズ,  マーカス・マリオタ  

Comment: 6  Trackback: 0

9月17日(木): タイタンズ短信
マーカス・マリオタの衝撃デビューの興奮が心地良く 長い余韻となって続いています。
この若者はテネシータイタンズにて これから幾多の経験を積んで成長し、テネシータイタンズのフランチャイズ・アイコンのみならず、NFL、ワールドスポーツ界のスターとして輝き続けてほしいと願わずにいられません。




今週テネシー・タイタンズは以下の選手のトライアウトを実施します。
WR Jarrett Boykin
WR Kevin Cone
WR DaVaris Daniels
C Dillon Farrel
WR Tavarres King
C Austin Reiter
QB Dustin Vaughan
TE D.J. Williams

転ばぬ先の杖となるか? C、WRですね。



関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

14

Category: アメフト

Tags: NFL,  テネシー・タイタンズ,  マーカス・マリオタ  

Comment: 2  Trackback: 0

9月14日(月): NFLレギュラーシーズン第1週 @タンパベイ戦 ~新星輝く
祝 開幕! NFLファンが待ちに待ったシーズンが始まりました。 (老境の身ながら 前夜はなかなか寝つけず、朝は3時前に起きてしまう興奮振りで、みっとないというか 恥ずかしいですねw) 

我らがテネシータイタンズはタンパベイ・バッカニアーズのホーム:レイモンド・ジェームス・スタジアムにて開幕戦を戦い、42-14と圧勝しました。 先発したルーキー:マーカス・マリオタは最初のドライブからTDパスを決める大活躍でパーフェクト・デビューを飾って見せました。 16回試投13回成功 パス成功率81.3% 4TD 0INT ♪ 大量リードで4Qはザック・メッテンバーガーに交代し、QBレーティング158.3という最高数値をマーク。 ルーキーらしからぬ落ち着きぶりで素晴らしいプレイをしました。

デビュー戦で前半4TDを記録したのは過去に NFLレジェンド:フラン・ターケントンしかいないとのこと。 あの時代のバイキングスはパープル・ピープル・イーターでしたっけ? 懐かしいですね。 ショットガン・フォーメーションからのパスは10回試投10回成功、リードオプションも見せましたし、自身のデザイン・ランも盛り込んでいました。
まだ初戦が終わったばかりですけれど テネシー・タイタンズはマーカス・マリオタがスムーズにプロの世界にフィットするようプレイブックを作ってきたというアプローチ戦略が正解だったように思えます。 

次戦ももっと輝いてください タイタンズの将来はあなたに託されています。




オフェンスでは不安視されていたOLですが、まあ及第点をあげれるかなという出来だったように思います。 パスプロもマリオタは被サック2回、現状はこんなものでしょうがもっと防いでいかないと強豪チームとの対戦だと危険です。 ランブロックもまだまだ錬度という点で足りていませんが、良い雰囲気そうなのでそれぞれ強化していってください。

RB:ビショップ・サンキーは12キャリー74ヤードとハードワークをこなしました。 GJ!(ファンブル癖だけは直しましょうね 危なかったから) アントニオ・アンドリュースはインアクティブとなり、テランス・ウェストが控えで出場。パワフルそうで今後が楽しみです。

WR:ケンドール・ライトがレシーブ4回101ヤード、1TD、TE:デラニー・ウォーカー3回43ヤード1TD、WR:ハリー・ダグラス2回24ヤード1TD、TE:アンソニーファサーノ、WR:ジャスティン・ハンター各1回、RB:Bサンキー2回1TDとなかなか良かったです。
DGBドリエル-グリーン・ベッカムの初キャッチは反則で無効にw 次回期待ということに。 デラニー・ウォーカーの手の怪我が心配です。

守備はさすがディック・ルボー師&レイ・ホートンDCコンビです。 Jウィンストンを混乱に落とし込んだのはお見事でした。 サミーリー・ヒル欠場の穴をアル・ウッズとアンジェロ・ブラックソンが埋めていました。 DLは合格点です。
LBはOLBでデリック・モーガンが2サック決め.Bオラクポもプレッシャーをかけ続けました GJ。 ルーキーOLB:ディオントレス・マウントは初INTをデビュー戦というメモリアルデーで記録。おめでとうございます。 

DBはCB:Jマッコウティ欠場が心配されましたが、代わりのコティ・センサボー、パリッシュ・コックス、ブリジレー・ウィルソン、コディ・リッグズら奮闘していました。 良くやっていたと思います。 後半の既に勝負が済んでいる時間でのタックルミスによるビッグゲイン(TD)提供は要反省です。 Sの二人 タックルが甘すぎ!KC戦での反省が足りないようです。 今後タイタンズディフェンスのウィークポイントとして、’大型TEを止められない’と狙われるかなw.....

スペシャルチームは今回特に過不足なく 良かったのではないでしょうか。 マクラスターとサンキーがリターナーでした。

反則は相手が多発してくれてましたが、タイタンズも8回(そのうちオフェンスが6回)は多すぎです。 イリーガルフォーメーションとかフォールスタートは減らしてください。

テネシー・タイタンズは相対的にも上々のすべりだしでした。




Continue

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

13

Category: アメフト

Tags: NFL,  テネシー・タイタンズ,  マーカス・マリオタ  

Comment: 2  Trackback: 0

9月13日(日): @タンパ戦 プレビュー
テネシー・タイタンズ開幕戦の@タンパ戦ですが、メディアの多くは接戦となり バッカニアーズが6点差以内で勝利するという予想が多いようです。 スポーツベッティング屋さんでもバッカニアーズに-3 のハンデをつけている所がだいたいのようです。 アウェイでこれなら悪くないような気もしますが....

テネシー・タイタンズ@タンパベイ・バッカニアーズ戦:

初めてその年のドラフト全体1位指名QBと2位指名QBが先発出場する記念すべきゲームとなるそうです。 ウィンストンとマリオタの大学時代からのライバル関係がプロの世界でも続きます。 何より二人にとっては夢にまで見たプロデビューを果たすメモリアルゲームですから気合が入りますね。

この試合 ジェイミス・ウィンストン対ディック・ルボー・ディフェンスがキーポイントだと誰もが認識しているはず。
ルーキーQBに老獪なディフェンスメンターがプロの洗礼を浴びせる儀式になってくれるのでしょうか? ディック・ルボー師はルーキーQBとの対決では、これまで19勝2敗という圧倒的な勝率を誇っています。 今回も同様にと願いたいものですが、そうは問屋がおろさないかもしれません。 ただでさえ脆弱なタイタンズCB陣の要:ジェイソン・マッコウティを怪我で欠いていることが、かなり大きなマイナス要因に成りえるからです。 バッカニアーズのWR陣は質、量ともに充実しており、タイタンズ守備陣を苦しめること必至とみられています。 この厳しいデプス事情でルボー師はどう戦うのか? 注目したいです。

マーカス・マリオタ対タンパ2ディフェンスも興味深いですが、テネシー・タイタンズはラン攻撃を確立させるプランを貫徹せねばなりません。 ビショップ・サンキー以外アントニオ・アンドリュースはクエッショナブル、デビッド・コブはIR、テランス・ウェストは加入したばかりということで、少々心許ない気もしますが(デクスター・マクラスターもいますね) ここ一番 ビショップ・サンキー君に奮起してもらわねばなりません! 
ジャスティン・ハンターとDGBにはアウトサイドで活躍してもらい、マリオタを助けねばなりません。 

 続く(たぶん)

 

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ