FC2ブログ
1
3
4
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  12 ,2019

NFL テネシータイタンズの戦いを応援していきます。


プロフィール

Code Blue Tokyo

Author:Code Blue Tokyo
テネシー・タイタンズの戦いぶりを通してNFLの面白さや素晴らしさを、皆さんにお伝えする機会としてお役立てれば幸いです!

最新コメント
28

Category: アメフト

Tags: NFL,  テネシー・タイタンズ,  マーカス・マリオタ,  ニッサンスタジアム  

Comment: 2  Trackback: 0

9月28日(月): NFL第4週 インディアナポリス コルツ対テネシー・タイタンズ戦
テネシー・タイタンズの本拠地がニッサンスタジアムとなってのNFL開幕戦は、AFC南地区のライバル:インディアナポリス コルツを迎えての対戦でした。 敵コルツはここまで2連敗と調子に乗れていないスタートとなり 3連敗は絶対避けたいところ、一方タイタンズは1勝1敗も新スポンサー:ニッサンが長期ネーミングライツを契約してくれた記念すべき’杮落とし’セレモニーとなっており、やはり勝利を飾りたいところでした。

結果は37-35でインディアナポリス コルツの勝利となり、対タイタンズ戦8連勝、地区内連勝記録(いくつか忘れましたw)を更新する残念な結果に終わってしまいました。 敗因としてはいくつも挙げることができますが、要約すると 自ずからの「ミス」で勝利の芽を摘んでしまったということになるのではないでしょうか?

オフェンス、ディフェンスともに総力戦で戦い 調子の上がらないコルツをよく抑えていたのですが、終盤4Qに敵の反撃を許してしまいました。 惜しい試合を落としてしまいました。



HOFディック ルボー師率いるタイタンズディフェンスですが現有戦力を考えたら 終始良く戦っていたと思います。 でもここ2戦終盤の4Qに息切れ気味となり相手にビッグプレイを許してしまうパターンが続きました。

DLはジュレル ケーシー、カール クルッグ、ダクアン ジョーンズらのみならずデプスメンバー総出で奮闘していました。 前2戦はランを抑えてきましたが、この試合では100ヤード以上を許してしまいました。

両OLBはパスラッシュでAラックにプレッシャーを与え続けました。 デリックモーガンはこの3試合を含めサックをトータル3個決めておりNFLのスタッツ上位にリストされています。 結果が出てきているようです。素晴らしいですね。 ILBではザック ブラウンがインタ-セプトを決めたものの、リターンTDを狙えるのに(目の前には倒れている敵QBしかいなかった) 倒れた選手に当り倒れてしまうというプレイはいただけないと思います。 決められるものは決めないと! INTしたぬか喜びで終わってしまっている彼には失望しました。

CBポジションはジェイソン マッコウティ欠場の穴を良くカバーしていたと思いますが、やはり苦しいです。 辛抱の時期ですね。
SセーフティはFS:マイケル グリフィン、SS:ダノーリス サーシィも後半は敵に読まれてきていたようで工夫が必要な気がします。 マーキストン ハフがスロットについたりとDBとしてプレイしていましたが、終盤のビッグプレイではマンカバーの相手に着いていけずTDを許す事になってしまいました。 見事に狙われてしまいましたw



我らがエース:マーカス・マリオタは、44回試投27回成功、367ヤード、2TD、2INTというスタッツを記録。 初INTを献上してしまいました。 彼は被3サックでしたが ポケット内での動きは先週の反省を思わせるものでした。

OLは良くなかったです。 ラン攻撃で試合を作れませんでした。 2年目RB:アントニオ アンドリュースが復帰し先発に大抜擢されるも、12回キャリー49ヤード、1TDをマークするも、ビショップ・サンキーは10回5ヤード、デクスターマクラスター5回7ヤードと不発に終わっています。 インサイドへのランは走路をこじ開けることができずじまいという感じでしょうか? パスプロについても先週よりは良かった(コルツが本調子でなかったから)ものの、不安定さは相変わらずです。 新人RT:ジェレミア ポータシは現状のままだと厳しそうです。

レシーバー陣はWR:ケンドール ライトとTE:デラニー ウォーカーが各7回レシーブも、ハリー ダグラス3回、DGB2回、ジャスティン ハンター1回、RB達はBサンキー2回、Dマクラスター、Aアンドリュース各1回。 ジャスティン ハンターとDGBの若き長身2名はコルツ先発CBが控え選手たちなのでアウトサイドで、ディープで活躍すべく準備していたもののDGBのレッドゾーンにおける1TDのみに留まっています。 彼らがアウトサイドで輝ければタイタンズオフェンスもビッグプレイが増えると思うのですが、マリオタとの呼吸と言う以前に 彼らとの練習すら足りていないのが現実でもあるのでしょう.....もっとWR内で優先順位を上げないといけません。

スペシャルチームは、敵にフェイクパントを大胆に決められてしまう注意力の無さw パントリターンも今一で なかなか良いポジションから始められないあたりは常態化してきています。 



最後にあの2ポイントコンバージョンのプレイですが、 マリオタに投げさせるか、ダイブフェイクのQBランで勝負してほしかったです!

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

23

Category: アメフト

Tags: NFL,  テネシー・タイタンズ,  マーカス・マリオタ,  Madden  NFL  16  

Comment: 2  Trackback: 0

7月23日(水): Madden 16 ルーキー・レーティング

新版発売目前の’Madden NFL16’ の各選手達のレーティングが紹介されています。

今年のルーキー トップ10に我らがマーカス・マリオタ選手が選ばれています。



上記映像を見てもわかるように、マリオタ自身はMadden NFL 16での評価にはけっこう不満のようです。
(78 OVR) ドラフト全体2位指名というハイピックの割には物足りない気もしますね。

アマリ・クーパーが82でトップ。 ジェームス・ウィンストン 81、 トッド・ガーリー 80、 レオナード・ウィリアムス 80、 ブランドン・シャーフ 80、 ダンテ・ファウラー 79、 メルビン・ゴードン 79, ケビン・ホワイト78、 ビック・ビーズリー77.

それでもマリオタの優秀な評価点を見てみると、
87点 Throw Accuracy Short and 88点 Throw Accuracy Mid, as well as 90点 Throw on the Run, 88点 Speed, 90点 Acceleration, and 79点 Elusiveness. 高得点を得ているのに’78’とは、どこが弱点と見られているのでしょう?

来年の評価では90以上を目指してほしいですね。

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

22

Category: アメフト

Tags: NFL,  テネシー・タイタンズ,  マーカス・マリオタ,  ジム・ワイアット  

Comment: 4  Trackback: 0

7月22日(水): マーカス・マリオタ 契約締結!
テネシー・タイタンズは期待の星:マーカス・マリオタとの契約を、キャンプイン前に締結させました。 4年24.2M$、サインボーナス15.9M$。  ああ嬉しい! やっと安心しました~

もうひとつ明るいニュース;

テネシータイタンズはその前日にジム・ワイアット氏を、テネシー・タイタンズの公式HPである 'Titansonline.com' の編集者兼ライターとして迎え入れることを発表しています。 長い間地元メディアの雄:’テネシアン’でスポーツを担当してきた一人で、実績のある知られた人でした。 彼が加わればさらにファンにとって良いサービスを提供できるようになるのではないでしょうか? 
 ’ボイスオブタイタンズ’:マイク・キース氏と紅一点:エイミー・ウェルズ嬢 とともに頑張ってください♪
(でも 今後は’チーム愛’あるがゆえの辛口な批評はもうだめですね..そちらは後任に期待ですかね)




関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

07

Category: アメフト

Tags: NFL,  テネシー・タイタンズ,  マーカス・マリオタ,  ディック・ルボー,  ケン・ウィゼンハント  

Comment: 2  Trackback: 0

6月7日(日): タイタンズ短信
ルーキーキャンプからOTAへと我らがマーカス・マリオタ関連のニュースが多数発せられましたが一休み。
練習の本格化とともにまたメディアを賑わしてくれることでしょう。

 先日テネシー・タイタンズは元レイブンズのTE:フィリップ・スパーナウを獲得、替りにDT:ルーカス・ビンセントをカットしています。 6-5、248とサイズはまあまあなジャニーマンで、ヒューストン、ボルチモア、カンザスシティと在籍歴があります。 通算8試合出場、3レシーブで30ヤード。 タイタンズでは生き残れるでしょうか? がんばってください。

 コーリン・マッカーシーの引退のことを書かねばなりません。 先に引退を発表したジェイク・ロッカーと同期でドラフト4巡指名され、タイタンズでは初年度からゲームに出場し活躍して見せました。 ただ残念なことに翌年に負った怪我に苦しみ、以降彼のパフォーマンスは戻りませんでした。 まだ若く 引退を決断するのは苦渋の選択だったでしょう。 ご苦労様でした。

 このところオフェンスにばかり脚光があたり ディフェンスが目立たないのですが、テネシー・タイタンズはFAにてしっかりお金を使っています。 新アシスタントHC:ディック・ルボー師を加え 密かに期待しています。

 そこで見つけたのが以下のグラフ。 NFL on ESPNさんのツイートです。
FA_Deffense2015_AFC.jpg

NYジェッツがいかにディフェンスに金をかけたか?みたいな記事なんですが、ジェッツ:納得というか すごいや! ドルフィンズ:すーを獲ったんだから当然か? タイタンズ:知らず知らずのうちにけっこう使ったのね!という印象を受けました。 

 最後に ウィズHCについて.....
ファンサイトで見かけて、そういえばと同感してしまったのですが。 このところウィズHCは昨シーズンの屈辱的な戦績がダメージとして残っていないように見えるというものです。 就任初年度が球団ワースト記録を塗り替えた悪夢のような成績だと、次年度は背水の陣で挑む真剣勝負という切迫した背景のもと、余裕なんてかましてられない筈なんですが.....?
懐が深いというか いや人間の器が大きいのでしょうか? なかなかできないですよね。 





関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

19

Category: アメフト

Tags: NFL,  テネシー・タイタンズ,  マーカス・マリオタ,  ザック・メッテンバーガー  

Comment: 6  Trackback: 0

5月19日(火): ミニキャンプを終えて
2015 ドラフトのトップ7で契約を締結していないのは、テネシー・タイタンズとマーカス・マリオタだけになりました。 それでも19日から話し合いを始める予定で、遠からずアナウンスがあると思います。

ここまでの流れでは、昨年の新人QB:ザック・メッテンバーガーが、”トレード希望”や、”決闘モード” アピールなど、いろいろとマリオタとの対比で話題を提供してくれていました。 わずか6試合出場という経験だけでは、何も判断できないですし、2年目になって彼の成長も楽しみではあるのですが、巡り合わせと言うのでしょうか? 少し苦難の時を迎えるようです。
ウィズHCは彼のニュー・システムにおいて、マリオタとザック・メッテンバーガーが共存することに何の問題もないと発言していますが、実際のところどうなんでしょう? 非常に気になる部分ではあります。

QB, WR, OL, FB, HB, C, WR と、ドラフトにおいてオフェンスは良い補充ができました。 しかし、それでもまだ重要な問題が解決されていないことが気になって仕方がありませんw それはOLのことで、ここ数年課題となっているのに解決されていないユニットです。 現時点で先発を任せられるのは、LT:リーワン、RG:ウーマックのみ。 残り LGはおそらく(残念ながら)Aレビトレ(非力w)、C:シュウェンケ(シーズンを通して戦えていない)、RT:不在のまま という不安感一杯の編成です。

レビトレはFAで高額契約があと1年残っていますが、それでもUDFAのOG:ジョス・マティアスの大抜擢を望みます。 Cは控えを補充できたので何とか回せそうです。 RTを新人のジェレミア・ポータシに任せられるのか? に注目したいです。(彼はマリオタと同じサモアンなので、特別に奮起してくれるのではと期待してます) 
ここからFAでベテランRTを獲りに動くアクションを、ラストン・ウェブスターGMにお願いしたいです。 

オフェンスに特化したドラフトだったため、ディフェンス関連のニュースがほとんど見当たらないですね。 守備選手も攻撃プレイさせられていたりのミニキャンプみたいでした。

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

13

Category: アメフト

Tags: NFL,  テネシー・タイタンズ,  マーカス・マリオタ,  ドラフト  

Comment: 0  Trackback: 0

5月13日(水): 2015 ドラフト組 番号決定
今年のドラフト組の番号が決まりました。

テネシー・タイタンズ 2015ドラフト組 番号

ミニキャンプすら始まっていませんが、新人に期待を寄せてしまう良い写真だと思います!
以下はかって各番号を背負っていた先輩達の例です。

8 (Marcus Mariota)- Matt Hasselbeck, Matt Mauck, and Archie Manning

17 (Dorial Green-Beckham)- Damian Williams, Kris Durham, and Dave Krieg

72 (Jeremiah Poutasi)- Brad Hopkins and Michael Oher

95 (Angelo Blackson)- William Hayes and Kamerion Wimbley

45 (Jalston Fowler)- Ahmard Hall and Quinn Johnson

44 (David Cobb)- Jackie Battle...and Quinn Johnson

53 (Deiontrez Mount)- This will always be Keith Bulluck's number and shouldn't be worn by anyone else..sorry Deiontrez

69 (Andy Gallik)- John Runyan and Zach Piller

16 (Tre McBride)- The only players to wear this number in the Titans era are Sloan Thomas and Joseph Hillis. George Blanda wore it for the Oilers.

(Music City Miracles ジミー・モーリス氏記事から引用)

53番はキース・バラックのイメージが強いですが、彼の前にもいましたし.....
ミネソタ大で27番だったデビッド・コッブは、44番でスタートです。


関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

12

Category: アメフト

Tags: NFL,  テネシー・タイタンズ,  マーカス・マリオタ,  UDFA  

Comment: 0  Trackback: 0

5月12日(火): UDFA契約選手 発表
ようやく テネシー・タイタンズもUDFA選手14名を、公式に発表しました。

LB Yannik Cudjoe-Virgil - Maryland
DT Toby Johnson - Georgia
WR Deon Long - Maryland
DE Derrick Lott - Tennessee - Chattanooga
G Josue Matias - Florida State
K Mike Meyer - Iowa
FB Connor Neighbors - LSU
S Cody Prewitt - Mississippi
CB Cody Riggs - Notre Dame
CB Curtis Riley - Fresno State
G Quinton Spain - West Virginia
LB J.R. Tavai - USC
WR Andrew Turzilli - Rutgers
DT Lucas Vincent - Missouri
(太字は有望視されている選手)


ゼッケンはマリオタ8番以外誰も決まっていません。
15日から始まるルーキー・キャンプ、頑張ってください。

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

02

Category: アメフト

Tags: NFL,  テネシー・タイタンズ,  マーカス・マリオタ,  ドリアル・グリーンーベッカム,  ジェレミア・ポータシ  

Comment: 2  Trackback: 0

5月2日(土): 2015 NFL DRAFT day 2
注目のドラフト2日目、テネシータイタンズは、2巡でWR: DGBドリアル・グリーンーベッカムを、3巡ではOL:ジェレミア・ポータシ(ユタ)をそれぞれ指名しました。

タイタンズはトレードダウンし、40位でDGBを(オフフィールド・イシューがなければトップ10圏候補と言われていた)指名しました。 ヤング ランディ・モスと称される素質の持ち主ですが、ミズーリ大追放処分という強烈な経歴の持主です。 プロとなり、心を入れ替えて頑張ってくれることを祈りましょう。




ジェレミア・ポータシはOGでエントリーしていますが、大学時代はOTでした。 6'5" 335 と大型で重量級サイズの持ち主です。 先発をベテランと争うことになりそうですが、まだ20歳と若くてのびしろがありそうですね。 

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ