FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  06 ,2020

NFL テネシータイタンズの戦いを応援していきます。


プロフィール

Code Blue Tokyo

Author:Code Blue Tokyo
テネシー・タイタンズの戦いぶりを通してNFLの面白さや素晴らしさを、皆さんにお伝えする機会としてお役立てれば幸いです!

最新コメント
21

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  ジュレルケーシー  

Comment: 4  Trackback: 0

3月21日(土) タイタンズ アップデート
NFLは連日大物の移籍情報に沸き返っています。我らがテネシータイタンズも大きなニュースを発表しています。

テネシータイタンズDLの柱ジュレルケーシーデンバーブロンコスへドラフト7巡指名権とトレードされました。低空飛行時代にチームを支えてきた貢献度を考えると申し訳なく思わざるを得ませんが、ピークは越えたのかなという?タイミングではあります。(ドラフト7巡とのトレードというのが何とも....) そしてGMにはプランがあるのでしょう。


かねてよりエッジの強化がチーム補強の最優先項目でしたが、先日キャメロンウェイクをカットしていましたが、アトランタファルコンズのビックビーズリーを1年契約(12M$、9,5M$保証)で獲得しています。キャリア2年目2016年に良いパフォーマンスを見せましたが、それ以降は期待に応えるほどのパフォーマンスを発揮できているとは言い難いシーズンを過ごしてきています。環境変化でもう一皮むけてほしいところです。まだ27才ですしね。

今年のFA市場の目玉ともいえる注目選手エッジ:ジャデベオン・クラウニー獲得に参戦中との噂が聞こえてきています。 現在テネシータイタンズニューヨークジェッツシアトルシーホークスの3チームまでに絞られてきているそうです。タイタンズの売りはマイクブレイベルHCとの良好な関係でしょうか。クロウニーのベストリザルトはテキサンズでブレイベルコーチの下で出したものです。彼を追い出したテキサンズをシーズン中2回も叩けるというのも動機になるでしょうし? あとテネシー州は州税が無いというのもおまけとして魅力的に映るでしょうか?
タイタンズとしては幾つかハードルをクリアせねばならないようですが、ぜひこのビッグディールをまとめていただきたいものです。

もし獲得できない場合は、ミネソタバイキングズをリリースされたエバーソングリフィン(Everson Griffen)がターゲットになるのではとの話もでています。32才プロボウル4回選出、昨シーズンは8サック、10シーズンのキャリアがあり、比較的健康な選手そうです。

他にもNEからタイタンズに移籍し3年間チームに貢献して守備をまとめ上げてきてくれたローガンライアンの去就が気になります。何とかチームに残留させてもらいたいですが.... 

TITANUP!






関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

17

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マーカスマリオタ  ジョンロビンソン  デリックヘンリー  

Comment: 2  Trackback: 0

3月17日(火) FA市場解禁
昨日のQBライアンタネヒルとの複数年契約に続き、RBデリックヘンリーもテネシータイタンズに残留となりました。ヘンリーは予想通りフランチャイズタグを貼られることになり、今後複数年契約変更を話し合っていくことになります。
RB,QBというタイタンズオフェンスの主軸をキープできたことは喜ばしいです。

一方でRTジャックコンクリンクリーブランドブラウンズと3年契約を結びました。それにしても残念です。 ブラウンズではLTをまかされるのでしょうか? むこうでも頑張ってください。
ジャックコンクリンの替わりにRTを勤めるのがデニスケリーです。これまで控えOLだったデニスケリーと3年21M$、8,75M$ギャランティで契約。ジャックコンクリンの負傷中にデニスケリーは立派に代役を勤めてくれていました。しかしこの金額ではタイタンズの先発OTの水準に達していないですね。ずいぶん謙虚なのか?過小評価されているのか? こうなると本年のドラフトで将来の先発候補(OT)を指名する可能性が出てきたように思います。

LTテイラーリーワンのツイートを紹介しておきます。





マーカスマリオタがラスベガスレイダースと契約とのニュース。 とりあえず良いチームに拾ってもらえた気がしてます。 マイクメイヨックGMとジョングルーデンHCならきっとマリオタを活かせると大いに期待したいです。ネバダならオレゴンから近いし(ナッシュビルより)、ハワイからもですね。 
私にとっては最愛の息子を失うような悲しみです。 ウォーレンムーンを失った時以来でしょうか、この気持ちは....また乗り越えなければいけません.....

次はぜひ”強烈な”エッジラッシャーを獲得してほしいものです。ローガンライアンも残してほしいですぞ。

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

15

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  ジョンロビンソン  デラニーウォーカー  チアリーダー  

Comment: 2  Trackback: 0

3月15日(日) ナッシュビル ストロング! 


現地時間3月3日早朝にテネシータイタンズのお膝元ナッシュビルで、竜巻が発生し大きな被害をだしてしまいました。オーナーのエイミーアダムストランク以下テネシータイタンズは被害復旧の支援に積極的に加わっています。タイタンズの属するAFC南地区のインディアナポリスコルツヒューストンテキサンズジャクソンビルジャガーズ各チームも共同で10万ドルを被災地コミュニティに寄付してくれています。本当にありがたいことです。ナッシュビルでは”NASHIVILLE STRONG”を掲げ不屈の精神をアピールしています。 遠方より早期復興を祈ります。




昨シーズン活躍したQBライアンタネヒルの契約について交渉を持ったようです。RBデリックヘンリーも球団周辺がタイタンズ残留を匂わせだしたようなので、近々アナウンスが出そうな感じでしょうか?
タグ(フランチャイズorトランジション)貼りが大方の見解ですが?

昨年加入したエッジ/LB”未完素材”レジーギルバートと1年契約を締結しました。うーむ 覚醒してくれる可能性は疑問符がつきそうな気もしますが?

DBクリスミルトンと1年契約です。スペシャルチーム要員のジャーニーマン。

更にOLBキャメロンウェイク、RBディオンルイスをカット。このあたりは予想通りの動きなのでサプライズとかないです。キャメロンウェイクはもうシーズンを通してプレイするのは困難でしょう。2~3ゲームだけと割り切っての起用なら可能性も無きにしも非ずかなというレベルですね。
ディオンルイスはRB2としてのパフォーマンスを発揮できずじまいでしたね。

翌日にはTEデラニーウォーカー, Kライアンサコップがカットされました。これも予想通りです。
デラニーウォーカーには本当にここまでご苦労様でしたと彼のタイタンズライフを労いたい気持ちでいっぱいです。
チームの低迷期によくチームを支えてくれていました。彼もタイタンズの”Unsung Hero”に名を連ねたことでしょう。
Kライアンサコップは昨年怪我に苦しみ、復帰後も低パフォーマンスしか発揮できずじまいでしたから、当然の措置だと思います。Kはドラフトの下位指名を使ってみてもよいのではと思ったりしますが、今年も指名数が少ないので難しそうです。

キャップスペースを6410万ドルまで広げ、リーグで上位から8チーム目に位置しています。 トレーダージョンさん、絶対に舵取り間違えないでくださいね! さすが!という仕事を期待していますから!





今年もテネシータイタンズチアリーダーのオーディションが始まります。 SAYURIさん、MARIさんが先鞭をつけた日本人のメンバー入りを継承してもらいたいものです♪

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

26

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  デリックヘンリー  ジョンロビンソン  マイクブレイベル  

Comment: 0  Trackback: 0

2月26日(水) スカウティングコンバイン直前
スーパーボウルも終えて新シーズンに向かって各チームも戦力補強計画に忙しくしていることでしょう。
我らがテネシータイタンズも新シーズンに向け契約が切れてフリーエージェントになる選手が20名以上いるために慌ただしい毎日を送っているようです。

タイタンズでは QBライアンタネヒルRBデリックヘンリーOTジャックコンクリンCBローガンライアンといった選手達に注目が集まっています。テネシータイタンズのキャップスペースも悪くはないものの有力選手を残すためにはかなり上手くやり繰りしていかないといけません。
5年目にしてジョンロビンソンGMの手腕が問われる時期を迎えたと言えます。

2020シーズンのコーチングスタッフは昨シーズンからディフェンスではディーンピースDCとその息子、ILBコーチが抜けてジムハスレットILBコーチが新加入。プレイコールはマイクブレイベルHCとしているものの、ジムハスレットコーチにスイッチを検討中という感じでしょうか。
オフェンスはアーサースミスOC以下今のところ変動が見られません。(アーサースミスOCも2年目なので自分でスタッフを選びたくなるでしょうがまだ見習いモードみたいですね)

オフェンスの戦術は2018-2019を継承しそうなので、RBデリックヘンリーについては契約更新のNo.1プライオリティだと思います。RB2:ディオンルイスはリリースされるのではないでしょうか?

次にOTジャックコンクリンです。この選手は2年目以降怪我に苦しみ続けましたが2019シーズンはしっかりと復調を遂げ重要な役割をプレイし続けてくれました。初年度のパフォーマンスの85%ぐらいまで戻っている感じに見えました。ルーキー契約の5年目オプションを更新されずにきて、フリーエージェントになってしまいます。この選手をひき留めるのにいくらお金が吊り上がるのか非常に怖いです。それでも絶対手放してはならない選手だと信じて疑いません。

QBについてもライアンタネヒルで続けていきたいところですが、金銭面で折り合いがつくかどうか? タネヒルはエージェントをデリックヘンリーと同じところに変更してきています。QB3:ローガンウッドサイドは昨シーズンIRでしたが、2020も残るようなことをGMかHCが話していました。
あのトムブレイディをタイタンズに招聘するという噂も未だに消えません。スーパーボウルウィークあたりにはナッシュビルの学校に子供の転入手続きに来たとか話題になっていましたが真偽のほどはどうなんでしょう?
タイタンズが真剣にスーパーボウルを勝ちにいくのであれば、タネヒルでいいのか?という疑問を感じますが、ブレイディならば2020年一発勝負という賭けなら”あり”だと思います。(もっとも金銭的な問題を解決しなければならないでしょうが)
それでもNEペイトリオッツが最後まで面倒見てあげるのが最善だと思うのですが....

ディフェンスはディーンピースDCが抜けてどう変化が起こるか?興味深いです。 2019シーズンはフロントマルチピラシースタイル2年目で怪我人が出るまではとても良く機能していたのですが、立て続けにエッジの選手が戦線離脱し、CBマルコムバトラーがIR入りし、アドリージャクソンローガンライアンらも負傷を抱えながら戦うはめに陥ってしまいました。そういった事情もあったせいでしょうか? パスラッシュが効かない事態に苦しんでいました。
ディーンピースDCはQBへのプレッシャーとパスカバレッジのバランスをみると、カバレッジに枚数を割きたい傾向が見られるように思いましたが、マイクブレイベルHC/ジムハスレットコーチになるとこのあたりが大きく変わってくるのではないかと考えたりしています。

スペシャルチームはキッカーをどうするのでしょう? ライアンサコップは復調できたのか気になります。 ドラフト下位指名でキッカーを指名するのもありだと思います。パンターはブレットカーン様が健在なので何の心配もなし。STとしてはリターンゲームをもっと改善していく必要があると見ています。この辺もおろそかにせぬようお願いします。

スカウティングコンバインでタイタンズの宝石を発見してほしいですね。
今年のドラフト指名巡は29番目ですから、じっくり構えてこぼれてくる選手をBPAで拾うのも良いでしょうし、”トレーダージョン”が動いて繰り上がり指名を狙うのか?楽しみではあります。
とは言ってもまずはFAでしっかり仕事を決めてくれないといけませんね。

TITANUP!





関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

07

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マイクブレイベル  ジムハスレット  

Comment: 2  Trackback: 0

2月7日(金) ILBコーチ決まる
テネシータイタンズは現地木曜日にジムハスレット氏をILBコーチに採用したと発表しました。
マイクブレイベルHCは筋金入りのベテランコーチを連れてきました。

選手として9年、NFLコーチとして24年というキャリアを持っています。マイクブレイベルHCがピッツバーグで最初に指導を受けたDCがジムハスレットでした。HC、DC、ポジションコーチとあらゆる立場を経験しており、補佐役としては適任かもしれません。
もしDCの後任をブレイベルHCが兼務するのであれば、職務の役割分担を細分化させて何人かでアシストするような体制をつくるのでしょうか? 師匠にあたるNEペイトリオッツのビルベリチック流を踏襲するのでしょうか? 現時点ではワクワクドキドキというよりもハラハラドキドキが強い気がしますが、ブレイベルHCの能力を問われるシーズンになりそうです。

関連記事

06

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マイクブレイベル  デリックヘンリー  

Comment: 0  Trackback: 0

2月6日(水) タイタンズ アップデート
今年のスパーボウルはカンサスシティチーフスが勝利しました。 見応えのある素晴らしい試合でしたね。

私個人では痛い目に会いました。GamePassで観戦していたのですが、GAMEPASSが不調で苦労させられました。DAZNに助けられています。


NFLは2020シーズンに向け動き出しました。 各チーム準備に余念がないと思います。 これからのNFL主要スケジュールを以下に記します。

Feb. 24-March 2: NFL Combine in Indianapolis.
2/25: First day clubs can designate franchise or transition players.
3/10: Prior to 3 p.m., deadline for clubs to designate Franchise or Transition Players.
3/16-18: Clubs are permitted to contact, and enter into contract negotiations with, the certified agents of
players who will become Unrestricted Free Agents upon the expiration of their 2019 player contracts.
3/18: The 2020 league year and free agency period begin at 3 p.m., Nashville time.


全てのNFLチーム、ファンがチームビルディングに夢を抱ける貴重な時間ですね。 しっかり楽しみましょう♪



テネシータイタンズは第2期マイクブレイベル政権の組閣に取り組んでいます。
ブレイベルHCはマイアミでスーパーボウル行事にアテンドしていてその間活動が制限されていた感がありましたが、これからいろいろと人事等表面化してくるのでしょう。

さっそく飛び込んできたのがLBポジションコーチにオハイオ州立大ネットワークで、シンシナティ大DCマーカスフリーマン氏にオファーを出していたものの振られてしまったニュースでした。

こちらはフューチャー契約でTE獲得のニュースです。若く6-4とサイズがあるので期待したいですね。


タイタンズ唯一の主攻撃力デリックヘンリーがフリーエージェントとなります。契約について恐ろしい事を話しています。ダラスカウボーイズのRBエゼキエルエリオットの契約が下敷きになると!
これまでの奮闘を称えてリーグ最高のRB契約をまとめてあげてほしい気もします。しかしタイタンズは主力の繋ぎ止めにかなりの金額を要する厳しい懐事情も事実ですね。本人には不本意でしょうがフランチャイズタグを貼ることになるのでしょうか?



ドラフトのため下準備にも動いているようです。 主力選手の離脱やベテランのFA獲得等が容易に予想されますが、テネシータイタンズのドラフトニーズはけっこうはっきりしていると思われます。

エッジ(DE,OLB)、CB、QB、RB、OL, LB、WR 毎年のことながらどこもかしこもではありますが、ドラフト高位ではエッジ、CB、QBあたりが有力視されています。 先日行われたシュラインボウルでは、QBジョーダンラブ(ユタ州立大)に関心を示したり、エッジ:ブラッドリーアナエ(ユタ大)にインタビューをかけたりしていたようです。
これから多くの選手がピックアップされてくるのが楽しみです!


今年のCM 凄く良い出来だと思いました。将来のドラフト1位指名候補。



関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

30

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マイクブレイベル  ディーンピース  タイロンマッケンジー  

Comment: 2  Trackback: 0

1月30日(木) タイタンズ コーチング人事アップデート

昨日の記事を書いている時にテネシータイタンズ公式HPでコーチ紹介の部分を確認していたら、ディフェンス部門が寂しかったんです。オフェンスは9名が名を連ねているのにディフェンスは6名のみ....しかもディーンピースさんはまだ残っていました。そこにあまり気にかけずにいたのですが、一夜明けて内部昇格候補1番手と噂されていたILBコーチ:タイロンマッケンジーが解雇されたとの報道が駆け巡りました。確かに昨日確認できなかった事を思い出しましたが.... 解雇?

タイロンマッケンジーの新しい職場は、デトロイトライオンズマットパトリシアHCのもとLBコーチとして加入することになりました。彼がコーチ業を始めたのがパトリシア氏の元だったとのこと。


しかしなぜ「解雇」だったのでしょう? ペイトリオッツコネクションで、ライオンズで苦戦している旧友を助けるため!とか、タイロンマッケンジーのキャリアアップのためにILBのみでなくLBポジション全体を任せる機会を提供したとかなら、自然な流れとも思えるのですが、「解雇」はないですよね~ 一体何があったのでしょう??

2019-20シーズンはラシャーンエバンスジャイオンブラウンそして後半にはデビッドロングJRが台頭してきており、ポジションコーチとして十分な評価を得ていたはずです。ファンとして時折サイドラインでの仕事ぶり等を垣間見る時、いつも精力的でコーチングボックスに居たディーンピースDCとマイクブレイベルHCの間を上手く繋いでいたように見えたのですが、どうしてしまったのか?知りたいです。

マイクブレイベルHCはDC役も兼務するつもりということになるのでしょうか? 大丈夫かなあ??





関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

29

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マイクブレイベル  ディーンピース  ケリークームス  ダントンリン    

Comment: 0  Trackback: 0

1月29日(水) 新シーズンへ向けて ~コーチングスタッフ人事(訂正版)
テネシータイタンズは新シーズンに向けて始動しています。

マイクブレイベル政権第2期となるコーチ人事が決まってきたようです。タイタンズの屋台骨となっていた「守備」でしたが、ディーンピースDCの引退とケリークームスセカンダリーコーチの栄転と、二人のキーパーソンを失ってしまうことに。

新シーズンのための戦力補強やドラフト指名を検討するためにも、早くコーチングスタッフを決める必要がありました。
まず見えてきたのがセカンダリーコーチのポジションです。ヒューストンテキサンズの元ディフェンシブバックコーチだったアンソニーミジェット氏を招へいすることになったようです。

ケリークームスさんの後釜として大任を課せられました。アンソニーミジェット氏は41才、バージニアテック出身の元CBでコーチ経験はカレッジ、NFLとそれぞれ経験を積んでいます。2014-2017年にヒューストンテキサンズAJボイエジャスティンリードらの活躍時期に指導していました。

若くて才気あふれるコーチの着任はワクワクしてきちゃいますね♪

さてDCはどうなるのでしょう? インタビュー情報が全然ないのは、球団の情報管制が優秀だからでしょうか?はたまたインタビューの必要がない内部昇格だからでしょうか? DCはブレイベル政権の「肝」となるので、よく考え抜いていただきたいです!



TITANUP !!



テネシータイタンズで短い期間でしたが良く活躍してくれたRB:デマルコマレーが母校オクラホマ大のRBコーチに就任するようです。
おめでとうございます。 非常に温和な人柄で、人とのコミュニケーション力が高い選手だったと思います。きっと素晴らしい指導者として成功されることでしょう。 頑張ってください♪

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

22

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マーカスマリオタ  

Comment: 6  Trackback: 0

1月22日(水) さようなら マーカスマリオタ
2019-20シーズンの終わりと共に、この選手もチームを去ることになります。2015年ドラフト全体2位指名QBマーカスマリオタ。低迷していたチーム復興の救世主としてハワイ生まれのオレゴン大出身ハイズマン賞QBを選び、彼を核とした計画的なチームづくりを進めました。途中何度も負傷に苦しみながらもチームを率いてきました。彼が入団したのがケンウィゼンハント時代でその後マイクムラーキーマイクブレイベルとHCが替わり、OCに至っては毎年変更という慌ただしい流れに当たってしまいました。

入団が決まってからのマーカスマリオタの評判については、仲間を大切にする若き人格者、練習熱心な努力家などほとんどが彼を称賛するものばかりでした。チームに入ってからもその評判に違わぬ優等生振りに、周囲の選手達も大きな影響を受けたと思います。寡黙であまり口数が多いタイプではないこともあり、”サイレントリーダー”という呼ばれかたもされていました。
ファンサービスも丁寧で多くの老若男女に愛された選手でした。

今シーズン前半の不調?でベンチに下げられ、控えでドルフィンズから移籍してきたライアンタネヒルが高パフォーマンスを発揮したことで第7週以降先発する機会はありませんでした。チームの練度不足等も重なってしまったこともあり気の毒ではありました。
思えば昨シーズン(2018)のレギュラーシーズン最終戦対インディアナポリスコルツ戦、勝てばプレイオフ進出が決まるという大一番を休まざるを得なかった事が彼のタイタンズライフを変えてしまったと思えてなりません。NFLはこのゲームを全米中継放送へ変更し盛りあげようとしていましたし、マイクブレイベルHC初年度の成績にもプレイオフ進出ならずという結果を与えてしまいました。ジョンロビンソンGMもしかり。それ以降チーム(球団)とマリオタ間に微妙な距離ができてしまったことをファンは感じていたと思います。故障が続きインジュリープローン化されるのは困ると考えるのは当時の状況では経営側とすれば当然だと思います。
今年テネシータイタンズのお膝元ナッシュビルNFLドラフトを初開催し無事成功させましたが、この時のプロモーションにおいても、これまでと違ってマーカスマリオタを前面に出さなかったのも、この結末の伏線になっていたと考えるのは邪推でしょうか?

マーカスマリオタの成功を信じての5年間、とても楽しかったです。 彼には尊敬と感謝しかありません!!
次のチームでの活躍を期待しています。彼と対戦したくないのでできればNFCに行ってほしいものです。


日頃ツイッターで精力的に活動されているタイタンズファンの一人 maceさんのすばらしい記事を紹介させていただきます。

もうひとつ素晴らしいマリオタ動画を紹介

本当に残念でなりません。

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

21

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  ディーンピース  ケリークームス  

Comment: 0  Trackback: 0

1月21日(火) テネシータイタンズ アップデート
テネシータイタンズは2019-2020シーズンを終了しました。それに合わせてディーンピースDCとケリークームスセカンダリーコーチがチームを離れることを発表しました。とても残念です。

マイクブレイベルHCの掲げる「フロントマルチピラシー」ディフェンスの構築に貢献してきましたが、体調や年齢の問題等もあり、ここで勇退という決断をされました。ディックルボーのシステムから巧みに現行システムへ移行させた手腕はさすが名将に相応しい仕事でした。NEペイトリオッツボルチモアレイブンズと2つのチームでスーパーボウルを勝たせた偉業は本物でした。もう1年お願いしたいと誰もが望んでいたでしょうが....お疲れさまでした。

ケリークームスさんは古巣となるオハイオ州立大に戻ってDCに就任されるとのこと。おめでとうございます。いつも元気いっぱいで選手達に熱い指導を続けた姿勢は、チームの雰囲気向上に大きく貢献していたかと容易に想像できます。オハイオ州立大で優秀な選手をたくさん育成してください。成功を祈っています♪


惜しまれてチームを去るなんて久しぶりといいますか久しく無かったような気がします。(あとで触れる予定のマーカスマリオタを含めて) 
テネシータイタンズの今シーズンのチームが上手くいっていた証しと言えるのでしょう。




テネシータイタンズは10名の選手とfutures contractsを結びました。おなじみの名前も結構いますね!




我らテネシータイタンズからプロボウルに2名が選出されました。おめでとうございます。




関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

20

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  デリックヘンリー  

Comment: 12  Trackback: 0

1月20日(月) AFCチャンピオンシップゲーム 対カンサスシティチーフス戦
スーパーボウル出場権を賭けたAFCチャンピオンシップゲーム、敵地カンサスシティに乗り込みカンファレンスチャンプを狙いましたが、残念なことに力尽きてしまいました。チーフスはさすがでしたね、攻守にわたって実に強力でした。CCの仮想敵としてニューイングランドペイトリオッツを想定して準備していたそうですが、きっちりとテネシータイタンズも分析されており、チーフスの実力を見事に発揮していましたね。



テネシータイタンズのディフェンスは、最後までQBパトリックマホームズの足を止めることができませんでした。パスラッシュに人数を割かずに彼をポケットに封じ込めるような策は用いず、カバーを厚くする傾向が多く、ゾーンでもマンでもマホームスがスクランブルした際には走り負けてしまい完敗でした。
早い段階でILBラシャーンエバンスが負傷してサイドラインに下がってしまったのは痛手でした。

タイタンズのオフェンスはOLが良くなかったです。ランでもスクリメージラインをコントロールできずタイタンズ唯一の切り札であるRBデリックヘンリーのランを活かせずじまいでした。ハーフタイムの直前のシリーズで安直なランプレイを続け簡単にパントを蹴る羽目におとって以降、後半戦においてもなぜかデリックヘンリーのランを中心としたゲームを進める選択をしませんでした。デリックヘンリーは怪我でもしたのでしょうか?
前半12キャリーで62ヤード走っていましたが、後半はわずか7キャリー7ヤードです。これは本来のゲームプランからかけ離れていますね。

テネシータイタンズの今シーズンの功労者の一人QBライアンタネヒルはこの日は良いパフォーマンスを発揮できずじまい(終始プレッシャーを浴びていたこともあり)でした。パスプロは及第点だったようですが被3サックでした。危険なパスを通そうとしたり レシーバーを見つけられず苦しんだようです。
シーズンを通して優秀な活躍をしてくれたライアンタネヒルに対しこんな事を言ったら異論百出かもしれませんが、このプレイオフという大舞台において”プレイメーカー””ゲームチェンジャー”という特殊スキルは持ち合わせていない事を確認した気がします。(決して彼を非難しているわけではありません)

STは後半にフェイクパントを決めていますが、あっさり決まりすぎでお情けで助けてもらったのか?と思ってしまいました。



9勝7敗でギリギリ第6シードに滑り込み、第3シード(東地区1位)、第1シード(北地区1位)を連続撃破してここまで駒を進められたことに対し、健闘を称え感謝します。テネシータイタンズのチームの皆さん お疲れさまでした。1月のこの時期まで楽しめたことを喜んでおります。

カンサスシティチーフスにはぜひスーパーボウルで勝ってほしいです。


関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

19

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  デリックヘンリー  アーサースミス  ディーンピース  マイクブレイベル  

Comment: 2  Trackback: 0

1月19日(日) ”TAKE EVERYTHING”
テネシータイタンズ頑張れ!




関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ