FC2ブログ
1
2
3
5
6
7
8
9
10
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2019

NFL テネシータイタンズの戦いを応援していきます。


プロフィール

Code Blue Tokyo

Author:Code Blue Tokyo
テネシー・タイタンズの戦いぶりを通してNFLの面白さや素晴らしさを、皆さんにお伝えする機会としてお役立てれば幸いです!

最新コメント
31

Category: NFL

Tags: NFL,  Tennessee  Titans,  Pro-Bowl,    

Comment: 2  Trackback: 0

12月28日(火):あと1週ありますがedition

プロボウルに選出された選手が発表されました

テネシー・タイタンズからは2名が選ばれました

  DE:ジェイソン・バビン(初)

  KR/PR: マーク・マリアーニ(初)ルーキー!


選ばれた二人には祝福を!  おめでとうございます♪
一方昨年に続き選ばれると思われた RB:クリス・ジョンソンは不選出でしたw
一応リーグ3位のラッシング記録をマークしているのですが、昨年のインパクトが大きすぎたのか?
かわいそうな気もしますが、この悔しさをバネに来期がんばってください




脱力感に打ちひしがれている中で、総括する意味であれこれ考えてみました
テネシー・タイタンズが今期活躍できなかったのは,どこに問題があったのでしょう?

シーズン・インの前までは、いや5勝2敗の時点まで、まだ希望を捨てていなかったし、
楽観的ですらあったことを認めざるをえないです
ただ危惧すべき事項はその時点でみえていました そしてそれらを放置したまま進みました
主力選手の相次ぐ負傷も例年の比ではなかったですね
オフにチームの中軸にいたベテラン功労選手を切ったツケも響いてしまいました
チームの新リーダーと期待されたビンス・ヤング:QBに至っては、HCとの軋轢からIRへ入れられてしまう始末
ディフェンス・コーディネーター:チャック・セシル(シーソー)は、なんら守備のシステム強化の策も無く、
無能ぶりを曝け出し、オフェンス・コーディネーター:マイク・ハイマージンガーとの闘病生活を続けながら
指揮をとるという困難に陥ってしまうし、コーチ陣にもいろいろありましたね
QB3人を擁しながら、それらQBの個性にフィットした戦略&戦術だったのか? 
QBが吸収し得るものだったのか? QBのみならず現有選手デプスで成功できそうなプランだったのでしょうか?
ここ数年ずっと疑問に思ってましたw

オーナーのバド・アダムスJr翁は、フィッシャーとヤングの戦いに仲裁に入ろうとして傷口を広げるし....

ジェフ・フィッシャーHCは地元メディアのインタビューで、タイタンズでのHCキャリアが
終わろうとしていると指摘された際、まだ自身の進退について言及していません

テネシー・タイタンズのファンにとって、フィッシャー政権を続けることが良いのか?
新しい体制で再出発することが良いのか? しがらみがいくつも絡みあって事態を複雑にしています

来期こそ! 夢を見させてください!





関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ