FC2ブログ
1
3
4
6
7
8
9
10
11
13
14
15
16
17
18
19
21
22
23
24
25
28
29
  11 ,2012

NFL テネシータイタンズの戦いを応援していきます。


プロフィール

Code Blue Tokyo

Author:Code Blue Tokyo
テネシー・タイタンズの戦いぶりを通してNFLの面白さや素晴らしさを、皆さんにお伝えする機会としてお役立てれば幸いです!

最新コメント
20

Category: NFL

Tags: NFL,  テネシー・タイタンズ,  Ruby、ジェイクロッカー,  アルテランバナー,  アキームエイヤーズ,  コーリンマッカーシー  

Comment: 0  Trackback: 0

11月20日(火): BYE WEEK
さてさて今週はBYEということで、平穏な1週を過ごしています。
テネシータイタンズにとっても1勝4敗スタートから悪戦苦闘の前半を終え、
チームには、戦術的にも、選手の体力的、精神的にも、ちょうど良い休養となったことでしょう。
ここからは全勝で折り返してもらって、プレイオフへつなげて欲しいと願いはすれど、
そう簡単には達成できそうもないでしょう.....

攻撃面では、クリスジョンソンのランがやっと機能しだしてきたので、オフェンス全体の幅を
広げて欲しいですね。 特に「ダイヤモンド・フォーメーション」と呼ばれているフォーメーションからの
ランプレイが成功しています。パーソネル:12、または21ということになります。
2WR、3RB(TBとTE&FBまたはTEX2のセット)で構成される体型です。

 OLのランブロッキングも少し良化したのでしょう。RG:リロイハリスの抜けた穴をデュースルツイ
うまく埋めてくれています。 このOLユニットには怪我なく、そのまま頑張ってもらいたいです。

 レシーバー達は一応駒が揃ってはいます。 エースWR:ケニーブリットがスピードと感を
取り戻してくれれば願ったり叶ったりなのですが、どうかなあ~?
ネイトワシントンダミアンウィリアムスはそれぞれ昨年並みレベルではプレイできていると見ます。
ルーキードラ1:ケンドールライトも活躍していますが、もっと輝いて欲しいと願うのは欲張りでしょうか?
TEはジャレッドクックがプレイ数が少々減っており、選手とファンは少々不満が残ります。
ディープで大仕事をやってのけるプレイメーカーなのですから、大事にしてほしいですね。
早く大型契約更改をまとめてすっきりさせてあげてほしいものです。
クレイグスティーブンスはブロッキングでも活躍してくれています。まさにステディな男です。
新人:テイラートンプソンのランブロッキングがここにきて評価されているようです。
パスレシーブの方はまだ成長途上としか言えない成績ですが、将来楽しみです。

QBは紆余曲折ありましたが、もうジェイクロッカーしか選択肢がありません。
さすがのベテラン:マットハッセルベックも劣化が激しくて.....
ジェイクロッカーも怪我からの復帰戦だったドルフィンズ戦で成長の跡を確認できました。
レシーバーがキャッチしにくい弾丸パス一辺倒だったのが、ふんわりとした制御されたパスを
投げるではありませんか! パスに緩急を付けられるようになって帰って来てくれたのは嬉しいです。
スティーブマクネアに続くフランチャイズQBとして、更なる成長をお願いします。

 さて守備にも触れましょう。
シーズン前、RUBYフォーメーション導入だの何だのと期待が高かったジェリーグレイDCの
ディフェンスですが、ここまでリーグワーストと言っても良いザル振りには驚かされました。
コートランドフィネガンの離脱が殊の外大きかったのでしょうか? ワタシはそうは見ていない
のですが、むしろセーフティ陣の不調が悲惨すぎることに起因しているように見えてしまいます。
パスのカバレッジがまるで毎回プリベントディフェンスやってるのか?というぐらいディープへの
ロングパスを警戒しすぎな気がします。 たまにプレッシャーを与えるつもりでSが前に詰めると、
待ってましたとばかり敵QBにロングパスを決められる単調さがとても悲しかったでしたw
セーフティとCBの連携に問題があったのでしょうか?
 プレシーズンゲームでは、2年目トミー・キャンベルCB、アルテランバナーをニッケルという配置を
ずっと試していたのに、シーズン・インしてからかたくなにアルテランバナーをCBで起用し続けています。
トミーキャンベルの出場機会を増やしてあげて欲しい、またはアルテランバナーをニッケルで使って
欲しいと願っているファンは多いのではないでしょうか?
そのニッケルポジションですが、ここまで最初はライアンモートンが起用されましたが、ここにきて
新人:コティセンサボーが使われだしました。 Rモートンより良さげです^^
今後更に修正が入るかも知れませんね。
 LB.... 2年目MLB:コーリンマッカーシーの序盤の怪我が大きく影響していると思えてならない
タイタンズ守備の不調です。開幕時の彼の素晴らしい動きからするとまだ完調とはいえないと思います。
今年全休させてでも温存して欲しい逸材だと思うのはワタシだけでしょうか????
OLBアキームエイヤーズもますます存在感が高まっています。 もっと経験を積んでいけば
プロボウル級になれるのではないでしょうか? この人を見ているとサイズって大事だなと
改めて認識させられます。 WLB:ウィルウィザースプーンに取って代わってルーキー:
ザックブラウンの出番が増えてきました。 今NFLに慣れつつあるというところでしょうか?
この先持ち前のスピードを活かしパスラッシュにパスカバーに活躍を期待したいです。
2年目と新人が先発を張るタイタンズLBユニットです。(控えの層の薄さは深刻な課題です)

 DLは今季あまり問題視されていません。 なぜなら他に酷い状況が多発していたからです。
ラン守備:昨年よりはマシというレベル。パスラッシュ:キャメロンウィンブリーを加入させ、
強化されたはずですが、サック数が増えません! 一方のドラ1:デリックモーガンも奮闘
していますが、パスラッシュでは、QBにプレッシャーを与えるまでサックには届かないです。
ワイドナインみたいな割り切り方をすれば、もっとサック数も増えるのでしょうが、
現在のタイタンズ守備のスキームでは望めません。パスラッシュスペシャリストという新たな
コーチングスタッフまで加わった割りには、タイタンズのパスラッシュは、
だいぶ物足らないという感想です。(このあたりはJフィッシャー前HC時代の前陣強調守備が
懐かしく思えてしまいます)
DTは、サンデリックマークスジュレルケーシーが先発、マイクマーティンカールクルッグ
ローテーションで回していますが、カールクルッグが2年目のジンクスでスランプ気味とのこと。
ダジョーンハリスも出たり出れなかったりという状態です。全体的には頑張っていると思うのですが、
まだまだ精進して欲しいです。

前半アランロウリー率いるスペシャルチームで何度チームのピンチを救ったことか!
STチームのビッグプレイが無ければ今頃1勝9敗でコーチ陣の首が飛んでいたかもしれないです。
'Music City Miracle Ver.3'を早く見てみたいものです^^;

長々と書き連ねてしまいましたが、タイタンズがどのような修正をしてくるのか?
楽しみにしてみたいと思います。 (スーパー取れそうもないから、ドラフト順位を上げるのも
今回は特別にありだと思います) ドラフト1巡でOGまたはCをって、3年連続オフェンスばっかり
優先的に指名できないですよね~ さすがに今度はむりだろうなあ)


Continue

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ