FC2ブログ
3
4
5
6
7
8
9
11
13
14
15
17
18
20
21
22
24
25
26
27
28
29
  09 ,2013

NFL テネシータイタンズの戦いを応援していきます。


プロフィール

Code Blue Tokyo

Author:Code Blue Tokyo
テネシー・タイタンズの戦いぶりを通してNFLの面白さや素晴らしさを、皆さんにお伝えする機会としてお役立てれば幸いです!

最新コメント
10

Category: アメフト

Tags: NFL,  テネシー・タイタンズ,  マイク・マンチャック,  ジュレル・ケーシー,  ザックブラウン,    

Comment: 0  Trackback: 0

9月9日(月): NFL開幕ゲーム テネシー@ピッツバーグ
テネシータイタンズは、マンチャックHC&ウェブスターGM体制でもう後が無く今シーズンに賭けます。
オフェンスではOLの建て直し、OC交代による戦術変更:ランヘビー・オフェンス、QB:ジェイクロッカーの3年目本格化?あたりが注目されている焦点でした。一方ディフェンスはグレッグ・ウィリアムズの参加によるブリッツ・ヘビー戦術、DB(特にSS、FS)ベテラン補強、DL、LBも若手の成長やFA補強で、昨年最悪だった守備をテコ入れしました。

テネシー・タイタンズ@ピッツバーグ・スティーラーズは、16対9でタイタンズがアウェイで勝利!
タイタンズディフェンスがスティーラーズラン攻撃をわずか32ヤードに押さえ込み、QB:ベン・ロスリスバーガーから5サックを奪う大活躍を見せ、快勝しました。 
 ゲーム開始のキックオフをミスしてセーフティでいきなり2点を敵に与えたときはどうなるのか?心配しましたが、なんとかその後持ち直してくれました。タイタンズのオフェンスは、まだまだ練習不足でラン攻撃もCJ、Sグリーン、Jバトルが走りましたが、敵の守備力の高さもあってか、獲得ヤード自体はたいしたことありませんでした。それでもボールコントロール時間はかなり稼げており、今後RBは3人でゴリゴリ回してゆくことになりそうです。
QBジェイク・ロッカーは、20/11,0TD,0INTとパス精度の向上も見られず、機動力を活用するというプランも前半に少し織り込まれたというぐらいでした。もう少し成長してくれないと、この先苦しい戦いが続きそうです。

 ディフェンスは、今回奮闘しました。スティーラーズのラン攻撃をシャットアウトできたことが大きかったです。C:パウンシーの負傷離脱にも助けられたのでしょうが、敵OLに仕事をさせませんでした。サックもDLではケーシーX2,モーガンX1,LB:ザック・ブラウンX2と5個奪っています。心配されたDB陣も長いパスにはうまく対応できたと言っても良いでしょうか? マッコウティー、バナーが先発しましたが、がんばってくれました。バナーは1intを奪っています。 次戦テキサンズ戦ではキャンベル先発を既にアナウンスしています。このままバナーもキャンベルも切磋琢磨してスキルと経験を高めてください。SS:バーナード・ポラードも良い動きをしてくれていました。
この人を採って正解という気がします。
 スペシャルチームは、最初のセーフティ献上が効いたのか、リターンゲームは低調でした。Kロブ・ビロナス、P:ブレット・ケーンらは、及第点でした。

 この試合は敵の調整不足に助けられた感があり、テネシー・タイタンズのプレイ、特に攻撃は低調でした。
しかし球団、コーチ、先週が一丸となり必死に戦ったという部分もあり、見えないですが勝因と言えるかもしれません。




マーキス・パウンシーをこの試合で失ったスティーラーズは、フェルナンド・ベラスコとサイン!
スティーラーズはラッキーというかナイスだと思います。ベラスコはすぐに先発を任せられるでしょう。
タイタンズでもがんばってくれていましたが、スティーラーズへ行ってもしっかりお願いします。

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ