FC2ブログ
3
4
5
6
7
8
9
11
13
14
15
17
18
20
21
22
24
25
26
27
28
29
  09 ,2013

NFL テネシータイタンズの戦いを応援していきます。


プロフィール

Code Blue Tokyo

Author:Code Blue Tokyo
テネシー・タイタンズの戦いぶりを通してNFLの面白さや素晴らしさを、皆さんにお伝えする機会としてお役立てれば幸いです!

最新コメント
23

Category: アメフト

Tags: NFL,  テネシー・タイタンズ,  ジェイク・ロッカー,  クリス・ジョンソン,    

Comment: 0  Trackback: 0

9月23日(月): NFL第3週ホーム開幕戦
待ちに待った本拠地ナッシュビルでのオープニング・ゲームは、プレゲームショウとして大物歌手エイミー・グラントを準備する気合の入れようで、試合もファンにとっては最後までハラハラドキドキのスリリングな展開となりました。

タイタンズ逆転勝ち、QBロッカーが終了間際に決勝TD

テネシー・タイタンズは現地22日、本拠地でサンディエゴ・チャージャースと対戦。クォーターバック(QB)ジェイク・ロッカーが試合終了間際に決勝のTDパスに成功し、に20対17で勝利した。これでタイタンズは2勝1敗、連勝を逃したチャージャースは1勝2敗となった。(NFL JAPAN)

最後にドラマチックなTDパスで逆転勝ちを決めたタイタンズでした。この試合のMVPはディフェンス陣に与えたいと思います。チャージャーズの主力が欠場したことにも助けられましたが、Pリバースのパスを184ヤード、1TD に抑えられたのは、評価してあげたいです。 
 
オフェンスではQB:ジェイク・ロッカーがキャリア2位の記録となる299ヤード1TDと期待に応える活躍を見せ、WR:ネイト・ワシントンは8捕球131ヤード、ケンドール・ライト:6捕球71ヤード、TE:デラニー・ウォーカー:5捕球49ヤードとレシーバー達も結果を出せています。地元テネシー大出身のルーキーWR:ジャスティン・ハンターはプロ初捕球がTDレシーブ、しかも勝負を決する大事な局面で魅せてくれました。試合前金曜の練習でハンターがロングパス捕球を練習で決めていたニュースを写真付きで見ましたが、まさに同じ事を大一番で決めてくれました。
クリス・ジョンソンは19回キャリーで90ヤード、平均4.7ヤードとしっかり仕事をしてくれています。ロッカーのTDを決めたプレイでは、良いところでブロックをし、貢献しています。
 
ディフェンスではDL,LB、DBそれぞれが良いタックルを見せ、大きなダメージにつながる流れを作らせなかった事が大きいと思いました。DT:アントニオ・ジョンソン、LB:モイス・フォコウ、CB:ジェイソン・マッコウティらが印象に残りました。SS:バーナード・ポラードはFGブロックを決めてくれました。この人が加入したことで若い選手たちが成長しているのでしょう。本当に良い選手を獲得できものだとつくづく感ぜずに入られない今日この頃です。
LB:アキーム・エイヤーズ、ザック・ブラウンの二人はそれぞれ1タックルと数字的には物足りないですが、負傷で無ければ良いのですが気になります。

一方この試合でメタメタだったのがケニー・ブリットでした。ここまで全然調子が上がってきていませんw 大事な局面でのミスを連発し、最終的に0捕球は痛いです。 つい先日ツイッターでタイタンズとは今年限りで終わりだとか問題発言をしたばかりでその余韻も覚めやらぬタイミングでこの体たらくとは、自分で墓穴を掘ったも同然です。ここまでチームがどれだけプライベートでやらかした数々の失点を庇い続けてくれたのか、念頭にもうないんでしょうねw パックマン・ジョーンズ、ビンス・ヤング、ケニー・ブリットと続いたタイタンズのドラフトの黒歴史時代に幕を引いてもらいましょう.....
K:ロブ・ビロナスもミスが続きます。 昨年もシーズンイン直前までスランプに苦しんでいましたが、シーズンにはしっかり本来の自信を取り戻してプレイできていましたが、今年は心配です.....
チームで反則:11回116ヤード罰退: これは目を覆いたくなる酷さです。これを減らせればもっと楽になれるのですが、なかなか難しいですね~ 

思えば1992年以来チャージャースには勝てていなかったらしいです。9連敗中という不名誉な記録更新中だったわけで勝ててよかったです。今のコーチ陣のコアメンバーはその1992年現役選手として活躍していたですから、ずいぶん時代を感じます。

これで2勝1敗、ここから波に乗って勝利を重ねてください!







関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ