FC2ブログ
1
2
3
5
6
7
9
10
12
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
26
27
29
30
  11 ,2013

NFL テネシータイタンズの戦いを応援していきます。


プロフィール

Code Blue Tokyo

Author:Code Blue Tokyo
テネシー・タイタンズの戦いぶりを通してNFLの面白さや素晴らしさを、皆さんにお伝えする機会としてお役立てれば幸いです!

最新コメント
15

Category: アメフト

Tags: NFL,  テネシー・タイタンズ,  クリス・ジョンソン,  ライアン・フィッツパトリック  

Comment: 0  Trackback: 0

11月15日(金):NFL第11週対インディアナポリス戦
コルツが首位攻防戦を逆転勝ち、独走態勢に

現地14日、第11週のサーズデーナイトゲームが行われ、インディアナポリス・コルツが敵地で同地区
テネシー・タイタンズと対戦。序盤に14点を先制されたが持ち前の勝負強さで後半にひっくり返し、
30対27で競り勝った。AFC南地区の首位攻防戦を制したコルツは7勝3敗、一方のタイタンズは4勝6敗となり、
同地区は首位コルツの独走態勢となった。(NFL JAPAN)

こういう展開で負けることはお見通しだ~ ってくらい同じ事を繰り返して自滅してくれるタイタンズです。
新入りリターナーが大事な局面でファンブルするは、スペシャルチームは一向に改善の兆しが見えません。
先週同様最後のオンサイドキック失敗をチームはどう扱うんでしょう? 
ミュージックシティミラクルも遠い昔となりました。

同様にオフェンスの戦い方に芸がありません。ジェイク・ロッカーの控えにライアン・フィッツパトリックというタイプが違うQBを揃えたこともかなり響いています。 プレイコールも首を傾げたくなるような場面が多々あり、
攻め続けることができずにディフェンスの疲労を軽減させてやれません。
前半だけでささっと70ヤード走ったクリス・ジョンソン(疲労や怪我はなかったはず)を後半ではあまり使わず、
フィッツのパスに頼るという愚行を重ねれば、勝てるわけありませんねw

ディフェンスも前半は良く敵QBへプレッシャーを効かせていて健闘していましたが、後半は時間を支配され、
コルツの3人T起用のパワーハウスユニット(メイヨックの解説によると)に穴をこじ開けられ続けました。
こちらが工夫しなければいけない攻め方を敵に用いられ、コーチ達に少しは恥じ入ってもらいたいものです。

これでマイク・マンチャック政権は確実に終わりますね。 GMのラストン・ウェブスターも一緒に首でしょう。
ジェイク・ロッカー、クリス・ジョンソンらとの契約問題とかいろいろありますね。
新コーチによる再出発としてドラフト1巡でQBを指名する可能性もありますし、もう今期は全敗でお願いします。
ドラフト指名順位を上げることが最優先ではないでしょうか? まだ6試合残っていますが......(苦笑

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ