FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
8
9
10
12
13
14
15
16
17
19
20
22
23
25
27
28
29
30
  11 ,2014

NFL テネシータイタンズの戦いを応援していきます。


プロフィール

Code Blue Tokyo

Author:Code Blue Tokyo
テネシー・タイタンズの戦いぶりを通してNFLの面白さや素晴らしさを、皆さんにお伝えする機会としてお役立てれば幸いです!

最新コメント
18

Category: アメフト

Tags: NFL,  テネシー・タイタンズ,  ザック・メッテンバーガー  

Comment: 4  Trackback: 0

11月18日(火): マンデーナイトゲーム
RBベルがラン200ヤード突破、スティーラーズが逆転勝ち
 
 現地17日、第11週のマンデーナイトフットボールとなるピッツバーグ・スティーラーズ対テネシー・タイタンズ戦が行われ、ランニングバック(RB)レベオン・ベルがラン204ヤード、1TDと大暴れのスティーラーズが27対24で競り勝った。これでスティーラーズは7勝4敗、タイタンズは2勝8敗となっている。
(NFL JAPAN)

 全米中継で ワンサイドゲームになるような 「大恥だけはかくな!」と祈っていたのですが、どうやら免れたようです。 しかしタイタンズのホームであるLPフィールドは、多数の黄色いテリブルタオルが乱舞していますし、橋を渡ってスタジアムに向かっている人々を映している風景では、スティーラーズの黒と黄色のユニフォームを着ている人ばかりでした。
スタジアムではここは「ハインツフィールド・サウス」だと敵ファンが誇らしげに看板を掲げていました。 今に始まったことではないですが、ここまでの惨状を目にするとつらいものがあります。

 試合はというと、先週に比べ1Q分くらい上積みが見られました。 後半戦の貧弱なゲームプランは相変わらずでした。ケン・ウィゼンハントHC、レイ・ホートンDCにとってかって在籍していたNFLキャリアのルーツ的なチームが相手とあって、気合が入っていたように見受けられました。
レイ・ホートン守備は徐々に良化が見られ、前半戦はロスリスバーガーに良いプレッシャーを与え続けました。 後半戦はオフェンスがいつものようにダウンを更新できず時間を使えなかったことや、スティーラーズの集中的なラン攻撃に対応できませんでした。 昨年までタイタンズのHCだったマイク・マンチャックOLコーチの面目躍如たる結末となりました。

 先発3戦目のザック・メッテンバーガーも少しづつ成長しているように見えました。 後半戦の戦い方や、プレッシャーを受け、特にぎりぎりの状態で投げるパスの精度(丁寧さとも言えるか?)の向上が求められるでしょう。 良い経験を積んでいってほしいものです。

 この先ホープレスな状態が続くとなるとウィズHC政権も外部から崩壊が進む可能性もありうるかもしれません。
勝つために最大限の努力をし続けていただきたいものです。

 




関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ