FC2ブログ
2
3
5
6
8
9
10
12
13
14
16
17
20
21
22
23
25
26
27
28
30
  08 ,2015

NFL テネシータイタンズの戦いを応援していきます。


プロフィール

Code Blue Tokyo

Author:Code Blue Tokyo
テネシー・タイタンズの戦いぶりを通してNFLの面白さや素晴らしさを、皆さんにお伝えする機会としてお役立てれば幸いです!

最新コメント
24

Category: アメフト

Tags: NFL,  テネシー・タイタンズ,  マーカス・マリオタ  

Comment: 0  Trackback: 0

8月24日(月): プレシーズンゲーム第2週 セントルイス・ラムズ戦
ニッサンスタジアムとなってタイタンズの開幕はセントルイス・ラムズを迎えてのプレシーズン第2戦。 この試合はテネシー・タイタンズとなって 初代HCとしてチームを長く率いてきた功労者:ジェフ・フィッシャーが初めてナッシュビルに帰ってきた試合でもありました。 タイタンズファンにスタンディングオベーションで迎えられたフィッシャーHCはとても良い顔をしていました。 懐かしいのはHCだけではありません。 コーチ、選手らにフィッシャー時代の元タイタンズがあちらこちらに見受けられました。 ケニー・ブリット、ジャレッド・クック、ダミアン・ウィリアムズ、ウィリアム・ヘイズ、アキーム・エイヤーズ... 皆さん元気そうでなによりでした。

試合前この試合はひょっとして両チーム併せた"大ブリッツ祭り"が繰り広げられるのではないか?と妙な心配をしていました。 私の大好きなグレッグ・ウィリアムスDCのことですから 「4-3超ブリッツヘビー」でルーキーQBに洗礼を浴びせてくれようとするのではないか? そしてタイタンズ側も前週不調だったパス守備を見直し ルボー師 伝家の宝刀「3-4ゾーンブリッツ」を 特にパスラッシュを多用するのではないか?と脳裏を過ぎったのですが、タイタンズ側の球団事情等を理解しているフィッシャーHCのことですから、大人の対応をしてくれるのではないか?とも思いました。 (結果的には(ラムズ側で)そのように配慮してくれた気がします)

この試合を簡単に振り返ってみますと、ラムズもQBが替わってニック・フォールズ調整中という、タイタンズと似たような状況だったことが幸い?したような気がします。

*マーカス・マリオタの先発2戦目

 8-5、59ヤード、0TD、0INT なかなか落ち着いてプレーできていました。 レッドゾーン近くで デクスター・マクラスターに投じたパスがポロリとこぼれTDとはなりませんでしたが良いパスでした。 ドロップバックするプロのスタイルにもスムーズに適応しているようでこの部分は心配の必要はなさそうです。 ルーキーとしては頑張っていると思います。

*OL再構築

 この日の先発組は LT:リーワン、LG:ベル、C:シュウェンケ、RG:ウォーマック、RT:ポータシという組み合わせでした。 結果的に大きなミスもなく それどころかランゲームでRBの活躍に貢献していたように見えました。 ラムズ先発DL陣がペネトレーション控えめだったことに助けられたのでしょうか? それでもNFL屈指のDLを相手に良い勉強をさせてもらえてなによりでした。
控えに降格させられたAレビトレはもう復活の目は無いかもしれません。

*RB

 先週はデビッド・コブが活躍し今週は先発組でのプレー機会を増やす予定だった我らがタイタンズでしたが、今日はビショップ・サンキーが見事な爆発を見せてくれました。 6キャリー、45ヤードですから立派です。 アントニオ・アンドリュースも5キャリー、24ヤードと良いレベルでのプレーができていました。 注目のデビッド・コブは8キャリー、26ヤードと数字的には低調でしたが なかなか良かったと思いました。 この3人でローテーション回したら心強いでしょうね。 

*レシーバー

 DGBが4レシーブ、40ヤードを記録、だんだん実戦の感を戻せてきているようで何よりです。 TEのスティーブンス、コフマン、スパーナウも要所で良いレシーブを見せていました。 Jハンターも練習番長から脱出するのは時間の問題だと思います。 ハキーム・ニックス初キャッチ、Aタージル、リコ・リチャードソン、Jフォードら各1回。 レシーバー陣はロスターに残るのは大激戦です。

*QB

 ザック・メッテンバーガーはこの試合でも良いプレーを見せてくれました。 ボールを持ちすぎることが無くなり、小気味良いパスを投げれています。 タイタンズが長いシーズンを戦うにあたり、バックアップとして心強い存在ですね。 4番手QB:アレックス・タニーもなかなか良かったです。9回試投7回成功、105ヤードとまずまず。

*DL 

 NT:アル・ウッズ、DE:カール・クルッグ、ダクアン・ジョーンズら皆良かったですね。 ニック・フォールズらラムズQB陣をプレッシャーに晒し続けていたように見えました。 確実にたくましくなってきていますね。 今後が楽しみになってきました。

*LB

 BオラクポとDモーガンらOLB陣も良いパフォーマンスを見せていました。 ラムズのランを止めたのは彼らのおかげと言えるかもしれません。 

*CB

 パリッシュ・コックスが早い段階でINTを奪い先制点をマーク、お見事でした。 Jマッコウティの代役を務めているコティ・センサボーも人が変わったかのようなすばらしい出来だったと見えました。 この人 やればできる子だったんですね~ 良い収穫でした。

*S

 マイケル・グリフィンはベテランらしく良いプレーを随所で示していました。 Dスタフォード、Mハフら2年生の成長が待たれます。

全体的に良い試合ができたタイタンズでしたが オフェンスの錬度をかなり向上させないとシーズン戦は苦戦必至です。 
がんばれタイタンズ!

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ