FC2ブログ
7
9
14
16
20
22
23
24
26
30
  09 ,2017

NFL テネシータイタンズの戦いを応援していきます。


プロフィール

Code Blue Tokyo

Author:Code Blue Tokyo
テネシー・タイタンズの戦いぶりを通してNFLの面白さや素晴らしさを、皆さんにお伝えする機会としてお役立てれば幸いです!

最新コメント
18

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マーカスマリオタ  デリックヘンリー  

Comment: 6  Trackback: 0

9月18日(月) NFL 2017シーズン第2週@ジャクソンビルジャガーズ戦
2017年レギュラーシーズン第2週テネシータイタンズは敵地サックソンビルジャクソンビルジャガーズとアウェイで対戦しました。

ジャクソンビルジャガーズは先週のヒューストンテキサンズ戦で10サック奪取等数々のチーム記録を塗り替え大勝しておりチームの士気が非常に高く油断できない相手です。

今年のドラフト全体4位でRB:レオナードフォーネット(LSU)、キャムロビンソン(アラバマ大)を獲得し攻撃の幅を広げ、ここ数年ドラフトとFAで名だたる逸材を加えてきた守備陣、ジャーレンラムジーA.J.ボイエマイルスジャックヤニックンガコウエダンテファウラークラリスキャンベル等々昨シーズン終盤から一気に守備の総合力が結実してきているような感があります。


37-16 WIN!

テネシータイタンズは昨年同様前半スロースタートで2FGで6点を取るのがやっという出だし。それでも後半戦で爆発し31点を奪う猛攻で勝利しました。 
 
今日のゲームボールはRB:デリックヘンリーです。14/92ヤード, 1TDの活躍を見せ、故郷に凱旋して見せました(ハイスクール時代)♪
新人TE:ジョンヌスミスも初TDを記録、ブロックでも活躍しています。この人もフロリダインターナショナル大出身という事で凱旋ですね。 
新人WRコンビはというとコリーデイビス:1レシーブ4ヤード、タイワンテイラー:1/42ヤードというスタッツ。テイラーのA.J.ボイエを振り切ってのディープキャッチは素晴らしいキャッチでした♪

ディフェンスでもダノーリスサーシィカーティスライリーがそれぞれIntを記録。ラン守備では注目のレオナードフォーネットを14/40ヤードと抑えきりました。後半得点を積み重ねリードを広げ、ランの機会を減らしてしまいました。 ディフェンスはGJ。

スペシャルチームはやっと良い面が出てきました。 アドリージャクソンの64ヤードパントリターンはさすがです。 ジャガーズのオンサイドキックをエリックデッカーが冷静にさばいて22ヤードゲインとナイスプレイが見られました。

QB:マーカスマリオタは15/27、215ヤード,1TD,!Int  まだ新レシーバー達とうまくシンクロできていません。
あのインターセプトは必要なかったです。 先週よりはもちろん良化していますがまだまだ物足りないと思いました。 それでも昨年クリスマスイブの悪夢(負傷)から学んで無理なランを自制していたのはきっと成長の証しでしょう。

OTジャックコンクリンがペナルティ3つも取られています。(ホールディングx2、背中から押したx1) 今後は修正してくれることでしょう。 OLは被サック1ということで及第点です。

CB:ローガンライアンアドレージャクソンはまだもたついているようです。不要なパスを許していました。 ローガンライアンもこんなレベルではないはずですし、アドリージャクソンは日々学習してくれることでしょう。今後の練度アップに期待したいです。

タイタンズのプレイコールを出しているのは、テリーロビスキOCではなく、ジェイソンマイケルQBコーチなのでしょうか? サイドラインを見ているとそのような光景が数度見えた気がしますが気のせいでしょうか?

タイタンズが奪ったサックは2つ。(ブライアンオラクポデリックモーガンが各1) 敵新人LTをもっと翻弄できなかったのか(欲張っているわけではありませんが)不満と感じました。

これで1勝1敗と星を戻しました。 AFC南地区での直接対決での勝利ですからとても嬉しいですね。 次戦がホームでシアトルシーホークス、その次がアウェイでヒューストンテキサンズです。 ここから一気に連勝を積み上げていってほしいですね!


Tennessee Titans vs. Jacksonville Jaguars Highlights | Week 2







関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ