FC2ブログ
1
5
7
8
11
12
13
14
16
18
21
22
26
28
29
30
  10 ,2017

NFL テネシータイタンズの戦いを応援していきます。


プロフィール

Code Blue Tokyo

Author:Code Blue Tokyo
テネシー・タイタンズの戦いぶりを通してNFLの面白さや素晴らしさを、皆さんにお伝えする機会としてお役立てれば幸いです!

最新コメント
31

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マーカスマリオタ  コリーデイビス  

Comment: 2  Trackback: 0

10月31日(火) タイタンズの後半戦スタート
テネシータイタンズはシーズン中盤のちょうど良いタイミングでバイウィークを迎え、チームはしっかりリフレッシュし、残りのシーズンを戦い抜く準備が整ったかのように見えます。 タイタンズ関連のニュースをいくつか

明るいニュースから行きましょう。
今年のドラフト全体5位WRコリーデイビスはようやく復帰できそうとのことで、月曜の練習に限定的ではありましたが参加しました。 やっと という感じですね~ 長かった。 そろそろ活躍してくれないとプレイオフへの道は険しさを増すことでしょう。 
同様に今年加入したSジョナサンシプリエンも練習に限定参加し出場に望みをつないでいます。 この人がフルにプレイできるようになるともっとSケビンバイヤードが生きてくることでしょう。 やはり復帰が楽しみでなりません。

TE:デラニーウォーカーは月曜に練習を休んでいますが、マイクムラーキーHCは楽観的に捉えているようです。RB:デマルコマレーも月曜練習には参加するも限定的なものになっています。 それでも主力ベテラン選手は順調に調整できているようです。

タイタンズオフェンスの核となるQB:マーカスマリオタに関してもハムストリングの怪我は順調に癒えているようで一安心というところでしょうか。 WR陣とのコミュニケーションをアップさせ、攻撃力を高めてほしいものです。

怪我で心配なのはLG:クイントンスペインのつま先の怪我です。月曜練習は休んでいます。今日がゲームだったら不出場とHCが言っていましたのでゲームタイムデシジョン濃厚です。 代役としてブライアンシュウェンケが練習しています。 この人がいないとOLのパワーは減退する気がしますが仕方ありません。 新人コリーレビンはまだ使えないのでしょうか? 少し見てみたいのですが....

明るい... かな?
NFLは最近ロンドンでのゲームを複数回シーズン中に開催していますが、NFL UK マネージングディレクター:アリステアーカークウッド氏は2018年シーズンに向け6チームを候補に挙げており、テネシータイタンズグリーンベイパッカーズフィラデルフィアイーグルスヒューストンテキサンズシアトルシーホークスカロライナパンサーズがその意中のチームだそうです。
仮にタイタンズが選ばれた場合、フィラデルフィアイーグルスヒューストンテキサンズというカードしかありませんね。 遠距離移動を伴うロンドンでのゲームは正直避けてほしいですがどうなるでしょう? 12月には発表があるそうです。

悲しいニュースいきます
「タイタンズ」、「レイブンズ」、「女性」、「事件」というキーワードが揃うと、なんともやりきれない残念な記憶が甦ってしまいますが、なんと同じパターンが発生してしまいました。 テネシータイタンズ勃興期のレジェンドの一人:WR:デリックメイソンが(重罪級)家庭内暴力で逮捕されてしまいました。 家庭外の「女性」の存在が発端のようです。 デリックメイソンは43才、引退して数年、スター選手はいろいろと大変ですね。

噂話
2年目OLBケビンドッドは怪我から回復するも出場機会を得られずインアクティブの扱いが続いています。どうもケビンドッドは4-3のDEに適性がある(というかそこしか働けないw)そうで、タイタンズのルボーシステムの中に居場所がないため、トレードを画策しているそうですがまとまらないそうです。トレードの交換条件として2018年のドラフト6巡指名権でもだめで、7巡にまで落とすかというレベルなのだそうです。ドラフト全体33位(2巡1位)だったんですけど.....
できればタイタンズでブライアンオラクポデリックモーガンの後継者になってほしいのですが、かなわぬ夢だったのでしょうか? 長い間タイタンズはドラフトで特に2巡で苦労しますね。

トレードの期限を迎える直前に目まぐるしいほどのトレードが成立して驚いています。 テネシータイタンズではRB:デマルコマレーが候補になっている記事を見ました。ランオフェンスをテコ入れしたいデトロイトライオンズへのトレードという内容でしたが、コルツのフランクゴアもライオンズが検討しているとか? よほどの条件でないとタイタンズはマレーを出さないと思います。

ジャガーズやテキサンズがシーズン半ばで戦力の梃入れを実施したことで地区内対決も激戦必至です。
今一度タイタンズのオールドスクールコーチ陣の老獪な采配に夢を託します。

TITAN UP !


関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

27

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  サユリさん  マリさん  

Comment: 4  Trackback: 0

10月27日(金) タイタンズ 日本人チア奮闘中
リッキーさんに日本人チアの記事がテネシータイタンズHPに掲載されていると教えていただきましたのでここで紹介させていただきます。 いつもありがとうございます♪

今シーズンからテネシータイタンズチアリーダーズの一員となり活躍されている
サユリさんマリさんについて紹介されています。 

From Japan to Nissan Stadium, Dreams Come True for Titans Cheerleaders

シーズン中は試合以外にもスケジュールが目白押しで忙しくされているようですが、健康に気を付けて頑張ってください。

タイタンズファンのみなさん、NFLファンのみなさん 彼女たちの応援 よろしくお願いします。

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

25

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マーカスマリオタ  

Comment: 4  Trackback: 0

10月25日(水) ロスタームーブ等
テネシータイタンズは現地24日付でDLジュリウスワームズリーをプラスティススクワッドに加えました。 替わりにリリースされたのはQBタイラーファーガソンでした。

これはチーム事情を鑑みるとやむを得ないのでしょう。 チームにQBはマーカスマリオタマットキャセルブランドンウィーデンと3人ロスターに置いていますし、DLに昨年並みの迫力が見られていない現状があります。
ジュリウスワームズリーは2015年にUDFAでヒューストンテキサンズに加入後、シアトルシーホークス、マイアミドルフィンズと渡り歩き、テネシータイタンズにたどり着きました。 ぜひ3年目の今年に頭角を表してほしいものです。




マイクムラーキーHCは先のクリーブランドブラウンズ戦を振り返り、34パス中13回しかWRはターゲットになれなかったと反省材料として言及しています。タイワンテイラー:4、リシャードマシューズ:6、エリックデッカー:2、エリックウィームス:1 各WRがターゲットになった詳細です。 そんなオープンになれなかった不甲斐ないレシーバー陣を非難した形となりました。またWRによるメンタルエラーが無かったことはハッピーだったとも加えています。 
リシャードマシューズはそれに対し、レシーバーはいつもこういう時非難されるんだとツイートしました。
しかしムラーキーHCはWRばかりを批判しているわけではなく、QBマリオタのミススロー等にも触れており、不公平感は無いと思われます。 チーム内部でのコミュニケーションでもってすぐ解消されることでしょう。 

SNSを選手らが活用し、それをファンらが楽しめるのは大きな魅力の一つですが、自分の意見をストレートにアップしてしまうのも考え物ですね。 リシャードマシューズは先般の国歌斉唱問題でも割りと頑固といいますかエキセントリックな感情をツイートし少し炎上させていました。 

タイタンズの練習再開は来週月曜日となっています。


関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

24

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マーカスマリオタ  コリーデイビス  セレブレーション  

Comment: 4  Trackback: 0

10月24日(火) ブラウンズ戦を終えて
昨日のブラウンズ戦に関し多くの関係者やタイタンズファンは不満を溜めてしまった事と思います。 特に”オフェンス”のパフォーマンスについてがっかりさせられました。 昨年以降より続いている”スロースタート”や昨年と打って変わって今年絶不調の”レッドゾーンでの決定力”等 これら重要な課題が改善の気配がまったくない事が残念でした。

コーチ陣はこのバイウィークを利用して詳細にフィルムスタディにて ゲームプラン、プレイブック編集、プレイにおける選手構成の再評価等徹底的にやると発表しています。 オールドスクールコーチたちを支える若手アシスタントの奮起を期待して止みません! 




ブラウンズ戦でのWRエリックデッカーは(たったの)2回ターゲットとなり、ドロップありの0レシーブという結果でしたが、この内容にデッカーの夫人である人気歌手ジェシージェームスデッカーツイッターで「先週(コルツ戦)は何だったの? なんでそれをリピートする決断をしないの? わたしはとても困惑してしまうわ!」と書き込んでいます。 夫であるデッカーはコルツ戦では大活躍していましたから気持ちはわからくもないですが、けっこうストレートにものを言う方なんですね~

ブラウンズ戦を終えて、TEデラニーウォーカーがふくらはぎの筋肉ではなく骨が原因の痛みが出ているようです。とても痛いらしいのですがレイブンズ戦には出場してほしいとマイクムラーキーHCがコメントしていますから深刻なレベルではなさそうです。
LGクイントンスペインがつま先を傷めたそうです。以前から引きずっていたらしいのですが、ここで同じ個所をまたやってしまったという事らしいです。

今年のドラフト1巡WRコリーデイビスは今週(月曜)から練習に参加し、レイブンズ戦に出場を予定しています。同じくS:ジョナサンシプリエンも同様でボルチモアレイブンズ戦に帰ってくる予定とのこと。 これはグッドニュースです。




アメフトで良く使われる言葉や慣習に ”セレブレーション”がありますが、テネシータイタンズは昨年あたりから 勝利後のロッカールームで 80年代の名曲「セレブレーション」のフレーズを歌うことを続けているのだそうです。 キースウィリスDLアシスタントコーチが盛り上げ役で一役買っています♪
オリジナルはクールアンドザギャング(Cool & The Gang)で当時世界中で大ヒットを記録した名曲と言えます。アメリカの今の若い人たちの中には”クールアンドザギャング”やEWF(アースウィンド&ファイヤー)を知らない人が多数いるという(信じられない)事実に驚きを隠せません。 そういう時代になったんですね~
音楽的にオールドスクールとして扱われていますが、彼らの音楽はクラシックの名曲として燦然と輝くものばかりです。 機会があればぜひ聞いてみてください♪

テネシータイタンズは今年とうとう本物をチームに招いてしまったというトピックスがESPNで映像になっていますので、興味のある方はどうぞお楽しみください♪

The Titans are celebrating the good times




Continue

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

23

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マーカスマリオタ  グレッグウィリアムズ  

Comment: 8  Trackback: 0

10月23日(月) NFL 2017シーズン第7週 クリーブランドブラウンズ戦
12-9OT   かろうじて勝利

クリーブランドブラウンズ戦を前に何故か嫌な感じがしていました。まるで昨年の終盤KC戦勝利後の集中力が途切れた感覚みたいな?そんなJAGS戦を完敗の上マーカスマリオタを負傷させプレイオフを逃がした時に似ていると感じていたんです。

ゲームではやはり低調な内容に終始し TDを一つも取れずオーバータイムでやっと勝てたという残念なものでした。ブラウンズの謎采配に助けられたとしか言いようがないと思います。 しかしブラウンズはもったいないです 経験が浅いQBを使い回し壊していくのでしょうか? QBとWRを固定出来たらこのチームは見違えるのではないでしょうか(プレイコーラーも)?

テネシータイタンズは水、木、金と練習はこなしていますが 選手たちはもちろんチーム全体に緊張感を維持してほしかったです。それに対戦相手の研究が足りなかったのではないでしょうか? 4-3プレッシャー守備の前にタイタンズは最後まで攻め切れませんでした。 思い切りのよいブリッツやプレッシャーにタイタンズのパスオフェンスは精度を欠き、ラン攻撃もきっちり止められました。
グレッグウィリアムズDC頑張ってますね。 今期もっともプレッシャーを効かされたゲームでした。このプレッシャーもまたマーカスマリオタにとって良い経験となってくれることでしょう(と思います)
注目のドラ1:マイルスギャレットは1サックを決めています。まだ本調子ではなさそうですが今後が楽しみでしょうね。

テネシータイタンズのMVPは、Sケビンバイヤードです。 この試合だけで3INTをマーク。 敵QBの乱調の結果と言いえますが、良くやりました!

Kevin Byard highlights | Week 7

とりあえず幸運にも4勝3敗で地区首位をキープできました。バイウィークを有効活用してチームを立て直してください。

TITAN UP









関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

20

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マーカスマリオタ  デリックヘンリー  

Comment: 2  Trackback: 0

10月20日(金) 木曜練習他 
テネシータイタンズは木曜の練習を終えました。 主力選手に練習不参加が出てきています。

RB:デマルコマレーは水、木と練習を見合わせています。 一部の関係者筋からの噂では、ブラウンズ戦に不出場となる見込みだとか。 もし彼が出場しない場合、替わりはプラクティススクワッドにいる今年のドラフト7巡:カルファニムハマドをプロモートすると報道されています。 先発デリックヘンリー、2本目デビッドフルーレン、3本目カルファニムハマドというデプスになります。

TE:デラニーウォーカーは木曜はふくらはの損傷で限定練習とのこと。水曜は何もなかったはずですが気になります。LB:デリックモーガンも腹部重圧ということで水曜を休みましたが木曜は限定練習(基礎的なもの)をこなしました。

マーカスマリオタはこの日も練習をフルにこなしています。 ブラウンズ戦では少しモビリティを加えてくるのでしょうか? ブラウンズのプレッシャーディフェンスで怪我だけは注意してください。

シーズンも中盤に差し掛かり戦力の消耗が目立つようになってきました。この後はバイウィークなのでここは踏ん張ってほしいです。 

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

19

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マーカスマリオタ  グレッグウィリアムズ  

Comment: 4  Trackback: 0

10月19日(木) ブラウンズ戦準備
ここまで6週を戦い3勝3敗という成績でした。 宿敵インディアナポリスコルツに勝利して、もう1試合勝ったうえでバイウィークを迎えたいところですが、今度の相手は”手負いの狂犬”クリーブランドブラウンズで敵地での戦いです。

ここまで全敗というまさに傷だらけのブラウンズですが油断は禁物。 そろそろエンジンがかかってくる頃合と考えなければいけません。 今年のドラフト全体1位:マイルスギャレットも出場するでしょうし、ディフェンスはランストップが強そうです。 だんだんグレッグウィリアムズDCのディフェンスづくりが順調に進んでいるようで怖いです。 

以前も書きましたが、わたしはグレッグウィリアムズの守備が大好きなんです。 2期にわたり(フィッシャー&マンチャック)コーチに加わってくれていたタイタンズに縁があった人物です。 ニューオリンズセインツでスーパーボウルを勝つも、残念な事件もあり一時下野していた時期もありました。 それでもブラウンズの再建に一役買ってくれる人材だと信じていますし、応援しています。 しかしタイタンズ戦ではお手柔らかにお願いします。 

そうそうジェイソンマッコウティもいるんですね。 彼は残しておけば良かったのに~  ケニーブリットはどうしたんだろ?

テネシータイタンズの水曜練習では、マーカスマリオタは練習にフル参加したようです。 WRコリーデイビス、Sジョナサンシプリエンはブラウンズ戦も欠場決定。 RBデマルコマレーはハムストリングを傷め練習に参加せず、OLBデリックモーガンが腹部重圧Iで同じく休み。 二人とも’day to day’だそうです。OLBブライアンオラクポは休暇を取り参加せず という状況だったようです。 OLBの二人は大丈夫でしょうか? 
このところインアクティブ扱いが続いている2年目ケビンドッドが出場に向けてやる気をアピールしているようです。 ぜひ本来のパフォーマンスを見せてほしいものです。

けっこう怪我人が増えてきています。 特にOLBは少し心配です。 DLもジュレルケーシーは奮闘していますが、ユニットとして見た場合、少々見劣りがする内容が続いているようです。 NTはオースチンジョンソンが今後先発するようでシルベスターウィリアムスが調子を落としているようです。 大枚払ったFAとしてはここまで物足りない内容となっています。

油断大敵 ブラウンズ戦も気合を入れて戦いましょう。


関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

17

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マーカスマリオタ  テイラーリーワン  ディックルボー  

Comment: 6  Trackback: 0

10月17日(火) NFL 2017シーズン第6週 インディアナポリスコルツ戦 MNF
テネシータイタンズにとって久しぶりのマンデーナイトゲーム 対戦相手はAFC南地区ライバルのインディアナポリスコルツです。 ともに2勝3敗と負けが先行しており この試合を落とすと地区優勝争いから一歩後退という厳しい状況になるため、双方にとって大切な一戦となりました。

インディアナポリスコルツはエースQB:アンドリューラックの欠場が確定しており、これまで通り控えのジャコビーブリセットが先発。CB:クインシーウィルソン、RB:マットジョーンズ、LB:アンソニーウォーカー、LB:アイザイアーウィリアムスらがインアクティブ。

テネシータイタンズはNT:シルベスターウィリアムスがインアクティブになっており驚かされました。 LB:ケビンドッド、WR:ダリウスジェニングス、OL:コリーレビン、DB:カランリード
S:ジョナサンシプリエン、WR:コリーデイビスも出場しません。 用心のためでしょうが QB:ブランドンウィーデンを出場登録しています。

22 - 36   最終的に点数は開きましたが、終始接戦となり最後まで楽しめるゲームとなりました。

試合後のLT:テイラーリーワンのコメントを紹介します。

「マリオタは完璧に逞しかった! まさしくフランチャイズQBだ。この勝利に値するすべてだ。俺は彼のLTであって満足だよ!」 まあこんな感じだと思います。 「(彼の)ワークエシック(真面目で熱心で皆から尊敬されている) そんなプロフェッショナル、そんな男なんだよ! マーカスマリオタについて十分に言い足りていないよ。 彼は BOMB DOT COMだ!」

チームメイトから最高の賛辞が飛び出していますね。 マーカスマリオタの体調は完全復活には遠そうで、見ていて心配でしたが、ポケットに極力とどまり良いプレイを見せてくれました。 このポケットでのパッシング経験は今後に役立ってくれそうです。

OLは素晴らしかったですね。マリオタを守ろうという強い意志を感じられました。TE、FB、RBも同様で、チームが一体になっていたようでした。 ランにおいても良いブロックができていて 今日は特に高評価を与えたいです。 

マーカスマリオタは 23/33、306ヤード, 1TD, 1INT 今年初めて300ヤードを超えました。 4Qに限ってみれば8/8と完璧でした。 動けない中で良く頑張ってくれたと思います。

RBはデマルコマレー:12キャリー、デリックヘンリー:19キャリーでしたが、ムラーキーHCが試合前に話していたようにバランスよく起用されていました。 デリックヘンリーは終盤にダメ出しのロングゲインをTDにまとめ、ファンを喜ばせていました。

WR陣はエリックデッカー:7回、リシャードマシューズ:4回、タイワンテイラー:2回、デラニーウォーカー:4回、ジョンヌスミス:1回、デマルコマレー:4回、デリックヘンリー:1回とうまく投げ分けています。 4Qのタイワンテイラーのロングパスレシーブは初TDとなりました。おめでとうございます!

ディフェンスについては、前半の ”ゆるふわ”パスカバーでパスを通させたのはディックルボー師の作戦だったのでしょうか? 後半はカバーをタイトにして フロントに選手を集めてブリッツを多用しプレッシャーをかけ続けました。 この後半のアジャストメントが効果を発揮し、敵QBを苦しめることになりました。 何とか逃げ切れましたけれど、守備陣はまだまだ改善が必要だと思いました。 

この試合でタイタンズはサックを一つも奪えませんでした。 特にDL、LB陣はもっと元気が欲しい気がします。 ブライアンオラクポに至ってはまだ今シーズン、サックを記録していないのではないでしょうか? ケビンドッドアーロンワレスら若手が出てこれないのは痛いです。 

DBではCB:ローガンライアン、CB:アドリージャクソン、FS:ケビンビヤードらが活躍していました。 LBですがジャイロンブラウンもGJでした。

STスペシャルチームはまたチームの足を引っ張りました。 タックルミスを連発し敵に大きなリターンを許していました。 スペシャルチーム要員の若手をもっと鍛えないといけませんね。 真剣に。

今回の勝利で対インディアナポリスコルツ戦 やっと連敗地獄から脱出できました。 良かった良かった~!
そしてホームであるニッサンスタジアムのタイタンズファンの声援が大きくてすごく良い雰囲気だったように見えました♪ 

これで3勝3敗。 地区首位タイに並べました。 ここから巻き返しましょう♪



DERRICK HENRY 72-YARD TD SEALS THE GAME!




Marcus Mariota with an absolute DIME for the 53-yard TD !











関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

15

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マーカスマリオタ  マイクムラーキー  

Comment: 2  Trackback: 0

10月15日(日) MNFへ向けて
テネシータイタンズにとって久しぶりのマンデーナイトゲームがいよいよ迫ってきました。

まずは怪我人情報

テキサンズ戦で負傷したQB:マーカスマリオタは今週水、木、金と限定的ではありますが練習に参加しています。そしてチームのオフィシャルインジュリーレポートでは ”クエッショナブル” というステイタスになっています。ムラーキーHC曰く 日を追うごとに良化してきているようですが、まだ全力疾走できていない様子。 マリオタの出欠判断は "ゲームタイムデシジョン" に変わりはない!とコメントしています。 マリオタ本人はやる気満々で 「マンデーナイトゲームでプレイすることを夢見てきた」とリップサービスしています。

LT:テイラーリーワンは水、木はじめ全練習工程を無事にこなしており、出場できる見込みです。
S:ジョナサンシプリエンは今週も欠場、復帰は未定、バイウィーク明けあたりが目安でしょうか?
WR:コリーデイビスはクリーブランドブラウンズ戦から復帰させたいとHCはコメントしています。

開幕戦から出場を続けている新人WR:タイワンテイラーは、今週の練習で FS を試されたそうです。彼のプレイ数をもっと増やすべきだと思うのですが、ディフェンスでというのはどうでしょう? シプリエン不在の影響と彼のスピードを活かしたいのでしょうが、WRとしてもっと活躍できると思います。

MNFはホームのニッサンスタジアム開催ということで、地区ライバルのインディアナポリスコルツには負けるわけにはいきません! ここまで11連敗という眩しすぎる恥ずべき記録を更新中です。真剣にここらで止めないと! 

今回は敵の看板QB:アンドリューラックが不在です。しかもコルツも調子が上がってきていません。 ここまで2勝3敗ですが、勝ったのは相手が全敗中のチームのみです。 正直ここで勝てなきゃコーチ陣全員クビぐらいの覚悟は必要だと思います。 マリオタがでなくても戦力的には5分以上という見方をしています。

見どころとしては、タイタンズディフェンスが代理QB:ジャコビーブリセット率いるコルツオフェンスをどう抑え込むか?に注目したいです。 ルボーシステムはテキサンズ戦でボロボロにされましたが、先週のドルフィンズ戦ではカトラーに90ヤードしか与えませんでした。(しかし失礼ながらドルフィンズの最低オフェンスが相手だったので計測不能だと思います) 今週の戦い方で実態が見えてくるものと考えます。

ESPNのタンタンズ番記者の記事によると、マイクムラーキーHCいわく MNFではラン重視に回帰し、デマルコマレー:60、デリックヘンリー:40の配分でバランスよく起用を予定しているとのこと。 

Colts at Titans Week 6 Game Preview




CJ2K かってテネシータイタンズにドラフト指名され大記録を達成するも、契約更新がまとまらず他所へ移ってしまっていたクリスジョンソンもとうとう引退の時期を迎えたような状況です。 彼をテネシータイタンズで引退させてあげるのか否か? 彼もタイタンズで引退することを望んでいないかもしれませんが、他チームで引退するのも不自然な気もするし、まだ全然わかりませんが微妙な関係ですね~この人の場合。 





関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

10

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マーカスマリオタ  ジョンロビンソン  テイラーリーワン  

Comment: 8  Trackback: 0

10月10日(火) バックアップQB考
怪我情報

マーカスマリオタの状態は日増しに良くなっているとのこと。まだ day to day ステータスは変わりませんが、MNFには出そうな様子。
テイラーリーワンについてもMRIを終え、深刻ではなかったとの報告がありました。 一応MNFは出場見込みと見ています。



あまりも不甲斐ない敗戦のショックはなかなか引いてくれません。 しかしいつまでも怒っていても健康に良くないので、建設的な事に想いを向けるよう努力しているところです。

バックアップQBについて書いてみます。

エースQB:マーカスマリオタの負傷から図らずもテネシータイタンズのQBデプスに大きな不安が内在していたことが表面化してしまいました。 その後 既に3本目としてブランドンウィーデンを獲った事だし、マットキャセルブランドンウィーデンでこのまま走るしかないのでしょうか?

これには異論を持つファンが多数存在しているようです。 わたしもその一人です。

現時点でのバックアップQBリストです。(上段が各チームのQBリスト、下段がFAのQBリスト)
Backup NFL Quarterbacks

なかなかタイタンズファンの望むような逸材は見つからないですね~

そこで参考までにブライアンムーア氏(cover32誌記者)のプッシュするバックアップQBを紹介してみます。

コリンケーパニック? 彼は対象外のようです。直近2年で3勝13敗、プアなリード、プアな投法は、現在政治的抗議行動やチームへの負的影響力を除外してもゲームで問題であるとしています。

テネシータイタンズファンへ期待を与えられるQB選手が過去2年のドラフトにいたと言っています。 一人は2016年のドラフトで、ボルチモアレイブンズに6巡全体182位でRBとして!指名されたキーナンレイノルズ選手。(2016年9月にレイブンズよりリリースされましたが最終試合にロスター入り。2017年9月に再度カットされました)その後テネシータイタンズのキャンプにWRとして参加もカットされ、その後ペイトリオッツに参加するもカットされています。 本来はネイビーで名を馳せたQBですが、プロ入りに際しRBとしてプロテストやコンバインにエントリーし加わってきました。まだQBとしては未知数であるという魅力を漂わせているとも言えそうです。
もう一人は今年ピッツバーグに4巡で指名されたテネシー大出身のジョシュダブスを挙げています。 まだ伸びしろがありそうなプレイメーカータイプという印象があるのですが、スティーラーズがすぐには出さないでしょう。
上記二人はモビリティがあります。キャセルよりはかなりマリオタに近いというのは魅力です。パサーではありませんがバックアップとしてなら面白いという気にさせられました。 

様々な見解があるものですね。 タイタンズファンのみなさんが指摘されているように ファンを失望させる選択をされるのは困りものです。現コーチ陣及びGMをはじめとするスカウティング部門に欠けているのは、”ファンに期待を与える”選択をする事です。シンプルですが最優先事項だと思います。 チームはこれらをしっかり完遂してほしいです。

Keenan Reynolds || Naval Academy Highlights



出でよ!タイタンズファンに希望/期待を与えられるバックアップQBよ!



関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

09

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マーカスマリオタ  

Comment: 10  Trackback: 0

10月9日(月) NFL 2017シーズン第5週 マイアミドルフィンズ戦
先週の手痛い敗北を吹っ切るためにも調子の上がっていないマイアミドルフィンズを破っておきたいテネシータイタンズでしたがそうは問屋が卸してくれませんでした。

この日はマットキャセルマーカスマリオタに代わり先発したものの攻撃を組み立てられず攻めあぐね、とうとう最後まで解決の糸口を見いだせませんでした。

マイアミドルフィンズのオフェンスを見て、これは酷い!と思ったのですが、タイタンズオフェンスも負けず劣らず醜悪さをさらけ出してくれました。 キャセルのスタッツを見ると21/32、141ヤード、1TD と成功率は悪くありませんが、終始プレッシャーにさらされ意図したプレイをできずじまいという内容でした。テネシータイタンズは3rdダウン更新13回中わずか2回、15%という情けなさです(ドルフィンズは5/15、33%)

審判のジャッジが全体的にドルフィンズ寄りだったと感じたのですが、穿った見方でしょうか? デラニーウォーカーのTDレシーブ時のジョンヌスミスのペナルティ(パスインターフェアランス)は厳しすぎると思うのですが仕方ないですか。その数プレイ後のマットキャセルのファンブル。あれはパス不成功だったように見えました。 この2つのジャッジは痛かったです。反則も11回77ヤードです。ラン/パス合わせて全体で188ヤードしかゲインできていないにもかかわらず。(ドルフィンズは178ヤード!)

ドルフィンズのディフェンス、特にフロント7はアグレッシブで優秀なユニットだと思いました。 オフェンスさえ建て直せば見違えるチームになるのは明白ですね。 羨ましい~

LTテイラーリーワンが膝を傷めたようで、明日MRI検査を受けるようです。 軽傷だといいのですが....

試合のリキャップ、もう書きたくなくなりました(笑




QBのデプスどうするんでしょう? マットキャセルまだ残しておくんでしょうか? 敗戦処理専用なら許せますが、先発とかやめてほしいですね。 マーカスマリオタは次戦MNFは絶対に出場してもらわないと困ります。もう3年目です。今回のようなケースでは甘やかすのもいい加減にしろとも思いたくなります。 今後はもっと働いてもらわないと困ります。 
彼には新しい(彼を更に高い次元へ導いてくれるような)指導者が必要なのだと感じています。現コーチ陣ではここまでだと思います。
来年ドラフト高位でQBを獲得してマリオタと競わせるアイデアは良いと思います。 そのタイミングで新コーチ陣も刷新されると最高のシナリオかもしれません。

まだ5戦を消化したにすぎません。シーズンはまだまだ続きます。 できれば笑顔で楽しみたいものです!



関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

06

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マーカスマリオタ  

Comment: 8  Trackback: 0

10月6日(金) 2017シーズン1Q終了 ~捕らぬ狸の皮算用なの?
早いものでもうNFL2017シーズンも4週を終え、今週から第5週へ入っています。 第4週を終えた段階で全勝を続けているのがカンサスシティチーフス1チームのみという大混戦モードになっています。

われらがテネシータイタンズは2勝2敗の成績です。 ここまではまあしょうがないと強引に納得しようとしているのですが、みなさんはいかがでしょうか? 

タイタンズは地区内対決での勝利を今シーズンの主要テーマに掲げてきたわけですから、先週の地区内対戦(テキサンズ)を落とすのはいただけないです。そしてその衝撃的な大敗が後に引かなければ良いのですが.....
開幕戦のオークランドレイダース戦は力負け。ジャクソンビルジャガーズ戦はゲームプラン通り。シアトルシーホークス戦は相手の不調(特にオフェンス)に乗じて逃げ切り勝ち。ヒューストンテキサンズ戦は新人QBの予想外の(失礼! でもそう思っていたんです)活躍に適応できず、なすすべもなく沈黙。 これまでの戦いを荒っぽいですがこのような捉え方をしています。

ここからテネシータイタンズは、ドルフィンズコルツブラウンズレイブンズベンガルズと対戦が続きます。 なんとここまで不調なチームばかりではないですか! なんとスケジュールに恵まれているのでしょう。 これはぜひ5連勝といきたいところです。(世間もNFLもそう甘くないのは重々承知しておりますが、せめて今だけでも夢を見させてください) 
2017シーズンの第2Q以降をタフに戦い抜いてくれることを期待します。
 

マーカスマリオタの怪我に関してですが、水、木と限定的な練習をこなしているようなので ぜひドルフィンズ戦には出場してもらいたいです。急遽契約したQBブランドンウィーデンは早速練習に参加しています。 コーチ陣がどんな判断を下すのかまだ予断を許さないです。




ニッサン ハイズマンハウス CM集





エディジョージ 役者らしくなってきましたね!


関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

04

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  

Comment: 4  Trackback: 0

10月4日(水) -Pt.2 
テネシータイタンズはQBを求め ブランドンウィーデンマットバークリーマットマグロインTJイエーツのワークアウトを予定していたそうです。

ブランドンウィーデンに決めたのが、ワークアウト後なのか途中だったのかわかりません。. どうなんでしょう この人選?  うーん うーん .....

タイタンズは現地火曜に5人のWRをワークアウトに招いたとのこと。

WR CJボアード

WR クリスハーパー

WR アンソニーナッシュ

WR ティムパトリック

WR キーナンレイノルズ

良い選手が見つかればよいですね。


ウィーデンの代わりにり放出されてしまった 新人エッジ:ジョシュキャラウェイが残念です。 悪くなかったのに!PSに加えられれば良いのですが。

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

04

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  

Comment: 2  Trackback: 0

10月4日(水) 速報 ロスタームーブ
QBのロスター見直し .....  チームが選んだ人材は.....

ブランドンウィーデンでした.....

33才のベテラン。 

今年のドラフト7巡OLBジョシュキャロウェイをウェイブし枠をつくりました.....

とりあえずここまで 

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

03

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マーカスマリオタ  

Comment: 4  Trackback: 0

10月3日(火) タイタンズ ニュース
第4週@ヒューストン戦で負傷したマーカスマリオタの診察結果を受け、テネシータイタンズマイクムラーキーHCは「ハムストリングの疲労という報告だった。 day to day(日々経過観察)をし判断したい」とコメントしています。 深刻な事態にならなくてほっと胸をなでおろしている感じでしょうか。 ひょっとするとドルフィンズ戦に出場するかもしれません(してほしい)。
水曜の練習ではマーカスマリオタに代わりマットキャセルが多くを引き受けることにはなるのでしょう。

その控えQBマットキャセルですが、やってきた出番では期待に応えることができませんでした。 これを受け急遽チームはQBのデプスを今週末までに見直しをかけるとのことです。 キャセルも確かにプレシーズンゲームでも物足りなさがあった気がしますし 3番手だったアレックスターニーはIRとなっていて、現在PSにUDFAルーキー:タイラーファーガソンがいるだけです。 ファンの中には、話題のコリンキャパニックを獲れ!とかジェイクロッカーを連れ戻せ!やティムティーボウを使ってみろなど無責任な意見も出ていますが、この行方は気になります!

NFLの今シーズンもあっという間に4分の1が終了しました。テネシータイタンズは念願のAFC南地区優勝を成し遂げられるのでしょうか? いろいろ浮き沈みがあって例年になく面白いですね。 



関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

02

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マーカスマリオタ  デショーンワトソン  

Comment: 4  Trackback: 0

10月2日(月) NFL 2017シーズン第4週 ヒューストンテキサンズ戦
今シーズンこそ地区優勝を目指しヒューストンテキサンズ戦(アウェイ)できっちり勝って、優位に立って戦っていこうという目論見は見事に粉砕されてしまいました。

このゲームを見終わった感想を一言で述べるとこうなります。

テキサンズ新人QB:デショーンワトソン 凄い! あっぱれ!

14-57 完膚なきまでに叩き潰されました。 カレッジみたいなスコアになってしまいました。 チームも手痛い敗戦を喫したわけですが、更にエースQB:マーカスマリオタが負傷し後半はマットキャセルがプレイしました。 マリオタの怪我.....痛いです。

テネシータイタンズのプレイ時間 20:19 ヒューストンテキサンズ 39:41 終始攻められっぱなし。
タイタンズ 1stダウン 9回に対し、テキサンズ 33回 なすすべもなくしてやられました。

ゲームパスで観戦していたのですが、あっという間に点数を重ねられていくのを見ていて、正直悔しいとか悲しいという感情を超えた驚きと感動を覚えました。新人QBとはいえ昨年の大学王者、優秀な運動能力に加え、パサーとしても視野も広そうで判断力にすぐれ度胸といいますかプレイメーカーたる才能を発揮されてしまいました。 テキサンズはいつものようにQB難で苦しんでこそテキサンズだと思うのですが、とうとう大物を掘り当てた!という事になるのでしょうか!? 大事に育ててAFC南を代表する、いやNFLのスターとして成功してください。 タイタンズも負けずに切磋琢磨します。

テキサンズの攻撃が爆発した要員をあれこれ考えると(考えなくても)、新人ワトソンの活躍ももちろんなのですが、テネシータイタンズの守備が”ひどすぎたから”というのもあります。 タイタンズディフェンスはここまでの4戦 26, 16, 27, 57点を取られています。 先週のシーホークス戦に続き57点の失点です。ここに至って”パスディフェンスは崩壊している”と断言できそうですね。 ルボー師匠、早急に抜本的な対策を講じないといけないと思います。セカンダリーだけではないですもの。




タイタンズファンの心配はなんと言っても 若大将マーカスマリオタの怪我の具合です。現地月曜にMRI検査を受けるようですが、すでにあらぬ怪情報が飛び交っています。

心配なのはこれ↓



元ESPNでタイタンズ番記者だったポールカハースキー氏による読唇術で、マリオタは  “I heard it pop.” 「ポンと鳴るのを聞いた」と言っているとか??  まあこの人の場合ショッキングで少々ネガティブに取れるような記事が多い(デリックヘンリーがキャンプ無断欠席とか)ので眉唾かもしれません。 (でも私もそう言っているように見えます)
月曜にははっきりするわけですし。 OT:テイラーリーワンは大丈夫そうだとコメントしています。

絶対にインジュリープローン化だけは避けてほしいものです。走れることも魅力的ですが、先を見据えたら怪我のリスクをヘッジしていかないと長くプレイできません。 コーチ陣のみならずマリオタ本人の再考を望みます。






関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ