FC2ブログ
1
2
3
5
7
8
9
11
12
14
15
18
19
21
22
24
25
26
28
30
  11 ,2017

NFL テネシータイタンズの戦いを応援していきます。


プロフィール

Code Blue Tokyo

Author:Code Blue Tokyo
テネシー・タイタンズの戦いぶりを通してNFLの面白さや素晴らしさを、皆さんにお伝えする機会としてお役立てれば幸いです!

最新コメント
13

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マーカスマリオタ  アドリージャクソン  

Comment: 6  Trackback: 0

11月13日(月) NFL 2017シーズン第10週 シンシナティベンガルズ戦
20-24 WIN

勝つには勝ちましたがとても非効率的な戦いを自ずからしでかしてしまい、最終ドライブで逆転しなければならない展開を作ってしまいました。 この試合は前半でリードを広げ、後半で安定リードを保ちながらの逃げ切り勝ちができたはずです。

40分9秒という圧倒的なタイムオブポゼッションはゲームプランどおりですが、リードを広げたい局面でのミス(リシャードマシューズのTDパス落球やコリーデイビスのパスレシーブがファンブル扱いになりタッチバックになったプレイ)やディフェンスがターンオーバーを奪い攻守交代直後のマリオタのINTプレイ等少々集中力が足りていない印象でした。

QBマーカスマリオタは25/44、264y、1TD,1INT, ラン 6/51y, しかし 左肩を痛めてしまいました! ランでサイドラインへ逃げた時でしょうか? 一応次戦への出場は問題ないとのことです。テネシータイタンズはもうマリオタなしのオフェンスは考えられません! どうかこの先は健康維持最優先で願います。

タイタンズはランでトータル180ヤードを稼ぎました。デマルコマレー14/42y, 2TD、デリックヘンリー11/52y、マーカスマリオタ6/51y、アドリージャクソン3/30yとラン攻撃に43%を割り振れました。

パスも多くの選手 WRリシャードマシューズコリーデイビスタイワンテイラーエリックデッカー、TEデラニーウォーカージョンヌスミス、RBデマルコマレーに投げ分けています。 特にコリーデイビスはターゲットになることが多くなり、実戦での強化練習という様子に見えました。 ドラフト全体5位はまだまだこんなものではないと思います。
この試合もTEデラニーウォーカーが6レシーブ、63ヤードと活躍してくれました。マッチアップ相手から反則を引き出すパフォーマンスは熟練の域に達していますね。 ちなみにベンガルズは反則:12回84ヤード、タイタンズは5回55ヤードでした。

OLは4サックを与えましたが、深刻だったのは実質OGブライアンシュウェンケがスルーさせた1回と見て良いかもしれません(PAを読まれたのもありましたが)。

オフェンスの課題である”スロースタート”についても先週に続き1Qで得点(TD)できました。 またレッドゾーンオフェンスもこの試合では3回/3成功で先週に引き続きパーフェクト!でした。 この傾向をぜひ続けてください。

この試合もディフェンスの奮闘が目立ちました。 ベンガルズのランをトータル53ヤードに抑え込み、14スナップしか選択できなく運べました。3rdダウン成功率も1/10、10%と要所をしっかり守ることができました。 

セカンダリーの成長/充実ぶりが目立っていました。ローガンライアンが先週に続き良いカバーを見せ、アドリージャクソンも攻守とSTリターナーとして大車輪の活躍と言ってよいでしょう。Sジョナサンシプリエンもだんだん調子を上げてきているようですし、Sケビンバイヤードも大きく目立てはしませんでしたが良いプレイをしていたようです。

LBではウェズレイウッドヤードが元気で、パスシチュエーションでは新人ジャイロンブラウンが良いカバーを見せていました。どんどん起用機会が増えているようで、ディックルボー師の好みに育ってきているようです。

欲を言えばもっとパスラッシュを効かせてサックを奪ってほしいのですが(アンディダルトンにきついプレッシャーをかけられたのは数スナップのみ)、一応全体的に守れているのでこれで良いのでしょうか??

スペシャルチームはキッカー、パンターは問題ない(Kサコップが50ヤード以内を久しぶりに外しましたがw)ですが、キッキングゲーム、リターンゲームともどもより練習が必要なようです。


この珍しい失敗を教訓にして精進してください! ↓

Corey Davis fumbles on the goal line for a touchback



さて現地木曜は敵地ピッツバーグで対戦があります。 AFC南地区の優勝争いは同率首位のジャクソンビルジャガーズも勝ったので、ともに6勝3敗です。 こうなると最終戦での直接対決まで負けられない戦いが続くことになりそうです。 

テネシータイタンズは第10週終了時でプレイオフ進出率:77% AFC南地区優勝率:27%なのだそうです。 ジャクソンビルジャガーズの評価が極めて高くなっているようです。AFCスーパーボウルコンテンダーなんて言われだしているようです。 ムムム....

ここからが正念場です。 TITAN UP !










関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ