FC2ブログ
1
2
3
5
7
8
9
12
14
15
16
17
21
23
24
26
27
29
31
  12 ,2017

NFL テネシータイタンズの戦いを応援していきます。


プロフィール

Code Blue Tokyo

Author:Code Blue Tokyo
テネシー・タイタンズの戦いぶりを通してNFLの面白さや素晴らしさを、皆さんにお伝えする機会としてお役立てれば幸いです!

最新コメント
30

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マーカスマリオタ  

Comment: 2  Trackback: 0

12月30日(土) 第17週へ向けて

Titans Players to Fans: We Need You Sunday


テネシータイタンズは2017レギュラーシーズン最終週 対ジャクソンビルジャガーズ戦にプレイオフ進出を賭けて戦います。

怪我人について RBデマルコマレーの欠場が発表されています。 これを受けて 先週登録したばかりのCBデモントレハーストをウェイブし、プラクティススクワッドから新人RBカルファニムハマドを引き上げました。
これでタイタンズRBは、デリックヘンリーデビッドフルーレンカルファニムハマドというデプスになりました。 シーズンの仕上げとして ”エキゾチックスマッシュマウス”を完成させてほしいものです。

CBローガンライアンは先週欠場していますが、今週も練習に参加できていません。一応ステイタスはクエッショナブルとなっていますがゲームタイムデシジョンとなりそうです。 厳しそうですね?
代役タイスミスが先週69スナッププレイしており、今週も彼の奮闘にかかってくることでしょう。先週からの成長に期待です。

WRエリックデッカーはハムを傷めたそうですが、ムラーキーHCによると「シリアスではない」ということで、一安心というところです。

大切なゲームとなった最終戦ですが、マーカスマリオタはキャリアで初めて17週のゲームに出場となります。デビュー年、2年目の昨年も怪我で出場なりませんでした。3年目にしてプレイオフを賭けて戦うチャンスを得て本人は気合が入っている事でしょう。 シーズン低迷からの脱却の足掛かりを作ってほしいです。

粛々とシーズン最終戦を待ちたいと思います。



関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

28

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  2018  スケジュール  

Comment: 4  Trackback: 0

12月28日(木) テネシータイタンズ 2018スケジュール 他
テネシータイタンズはプレイオフ進出を賭けた2017年シーズン最終戦を控えていますが、来2018シーズンのスケジュールが決定しました。

タイタンズは今シーズン既にAFC南地区2位の位置が決まったため、AFC西地区のロサンゼルスチャージャーズ、AFC北地区のボルチモアレイブンズとの対戦があります。

2018年は順番でAFC東、NFC東両地区との対戦が組まれます。 さらにこの組み合わせの中からロンドンでプレイする可能性も残っています。これはタイタンズがまだロンドンでプレイしていない6チームに含まれているからだそうです。(以前に少し記しましたが、フィラデルフィアイーグルスヒューストンテキサンズテネシータイタンズ) 最終的な日時スケジュールは4月の発表ですから、もう少し待たねばならないようです。できれば2018年以降でお願いしたいものです?

2018シーズン対戦相手

<ホーム>

ニューイングランドペイトリオッツ

ニューヨークジェッツ

ボルチモアレイブンズ

フィラデルフィアイーグルス

ワシントンレッドスキンズ

ヒューストンテキサンズ

インディアナポリスコルツ

ジャクソンビルジャガーズ

<ロード>

バッファロービルズ

マイアミドルフィンズ

ロサンゼルスチャージャーズ

ダラスカウボーイズ

ニューヨークジャイアンツ

ヒューストンテキサンズ

インディアナポリスコルツ

ジャクソンビルジャガーズ

なかなかタフなシーズンになりそうですね。 過去の対戦成績は見ないようにしないと精神衛生上よろしくないですね。




まずはジャクソンビルジャガーズを破ってプレイオフへ進むことに全精力を注いでください。 ブックメーカーさんたちはタイタンズの勝利を予想しているところが少なくないです。 彼らはすでに地区優勝もプレイオフも決めていますから、選手の健康維持を最優先してくるでしょうし..... ここで勝たなくてどうする!というお膳立てが整っていますぞ!

TITAN UP




日本人チアリーダーの活躍シーン  ~ロサンゼルスラムズ戦

日本人チアリーダー2017_1
日本人チアリーダー2017_2
日本人チアリーダー2017_3
日本人チアリーダー2017_4
日本人チアリーダー2017_5
タイタンズチア2017_06

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

25

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マーカスマリオタ  コリーデイビス  

Comment: 4  Trackback: 0

12月25日(月) NFL 2017シーズン第16週 ロサンゼルスラムズ戦 
27 - 23 Lose

プレイオフ出場を目指すテネシータイタンズはホームで必勝を期し戦いましたが、ロサンゼルスラムズに敗れてしまいました。

連敗でチームの勢いに陰りが出ている事や守備の主力クラスの相次ぐ欠場など不安要素が多く心配されましたが、現有戦力でできるパフォーマンスは出せたのかな?と思いました。

ラムズのトッドガーリーがシーズンMVP候補に相応しい活躍をランとレシーブで魅せてタイタンズを圧倒しました。 敵ながらあっぱれと言わざるを得ない逸材でした。 この試合のタイタンズの12番目の男に選ばれたジェフフィッシャー元HCが自慢していただけの事はありました。

タイタンズオフェンスもこれまでの反省からマリオタを活かすべくスプレッド体型、ノーハドル、アップテンポを積極的に取り入れて戦いましたが、攻撃力はやはり今一つ物足りないまま終始してしまいました。
マーカスマリオタは39回試投22回成功、275ヤード、1Intという成績でした。 序盤タイタンズの攻撃2プレイ目で手痛いIntを奪われたのはマリオタのミスに見えました。今シーズンを通じ、ほんとうに良いスタートをきれないです。
ラムズ守備がマリオタのラン対策を講じてきており、ランパスオプションで自ずから持って走る選択を封じられてしまった事もタイタンズオフェンスの攻撃の幅を狭められてしまったようです。

WRコリーデイビスが9レシーブ、91ヤードと自己ベストをマーク。ターゲットに13回ですから、今回は頑張りました。ランアフターキャッチでも光っていました。マリオタとの連携をもっと深めていけるでしょうし、来期はNo.1WRに育ってくれそうなイメージは持てるようになった気がしました。 エリックデッカーも6レシーブ、73ヤードとまあまあでした。 リシャードマシューズデラニーウォーカーが少なめでそれぞれ3レシーブにとどまっています。

OLではインテリアラインメンがパスプロテクションにおいてラムズのロバートクインをはじめとする強力DLを受け止める奮闘を見せてくれました。 一方ランブロックではうまく動けず、デマルコマレーデリックヘンリーマーカスマリオタの3人合わせてもランは100ヤードに届きませんでした。デマルコマレーは試合中に膝を故障してしまい、おそらくシーズンエンドになりそうです。

タイタンズ守備は特にセカンダリーが先発2枚落ちの緊急事態となり 緊急継ぎ接ぎデプスで戦ったことを考慮すれば、良く戦ったと言えるかもしれません。 DLジュレルケーシーの鋭いペネトレーションからTDにつながったプレイは見事でした。 トッドガーリーに118ヤード走られましたが、タイタンズのブリッツを逆手にとられてのスクリーンプレイを何度も決められまくったのは痛かったです。 パスではブライスマッケインが狙われました。そしてそれを阻止でいないままでした。 来週も心配の種になりそうです。

スペシャルチームは成果を出そうと頑張ったことは認めなければいけません。 奇襲オンサイドキック攻撃は見事に決まったのになぜかラムズがタイムアウトを取ったということでやり直しになってしまった事はアンハッピーでした。
この試合 審判団は随所でラムズを贔屓気味にジャッジしているように写りました。(私の穿った見方なのでしょうか?)ラムズのキッカーがPAT、FGをそれぞれ失敗してくれるラッキーもありましたが、タイタンズには足りなかったようです。

とうとう8勝7敗まで負けが増えてきました。それでも次週自力でプレイオフ進出を決めれる立場は維持できました。去年はクリスマスにマリオタが負傷しチームも敗れシーズン終了でした。今年は最終戦までかろうじて希望を持てた事は手痛い連敗中の中でファンにとって救いです。最後まで必死で戦ってほしいです。

Rams vs. Titans highlights | Week 16

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

22

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マーカスマリオタ  マイクムラーキー  ディックルボー  

Comment: 4  Trackback: 0

12月22日(金) 怪我人情報
2017シーズンもいよいよ2戦を残すのみです。 テネシータイタンズはここまで 8勝6敗、AFC南地区第2位、プレイオフ第5シードという位置にいますが、プレイオフ進出を確実にするには2戦2勝でフィニッシュする覚悟をしていないといけません。

今週はロサンゼルスラムズとの対戦です。 ここまで10勝4敗、NFC西地区首位を独走中、今週タイタンズに勝利すると地区優勝を決められるとあって、敵も必勝態勢で準備している事でしょう。

テネシータイタンズはここに来て負傷者が続出しています。
CBが一大事、ラショーンシムズローガンライアンが水、木と練習に参加していません。 主力の二人がともに欠場の可能性が高そうです。 この事態をブライスマッケインタイスミスがカバーすることになりそうです。そしてPSからカランリードをプロモートしてくる案も検討中とのことです。
Sケビンバイヤードをニッケルバックで起用する案もあるとかないとか?
いずれにせよセカンダリーは大ピンチとなってしまいました。

ラムズのランプレイの80%が3WRセットから繰り出されているというデータから、アドリージャクソンブライスマッケインタイスミス or カランリードの役割はパス守備のみならずラン守備でも重要度が高そうです。タックルミスには十分に気を付けてください。

2戦欠場していたOLBデリックモーガンはチームの危機に復帰してくるようで練習に参加しています。
DLカールクルーグは今週練習に参加しておらず、欠場の可能性が高そうです。

マイクムラーキーHCはじめディックルボー師らコーチングスタッフはどのような対策を講じようとしているのでしょう?

オフェンスでは プア、醜い、古臭い等 散々な批判を集めてきましたが、チーム内でどう話し合い、改善してくるのか? いや改善できるのか? 気になるところです。 はたして マリオタに適したノーハドル&アップテンポをどこまで取り入れるか?にも注目です。

タイタンズのホームタウンであるナッシュビルに、3つ目のプロスポーツチーム(MLS)が誕生する事になってしまったわけですが、お客/ファンの重複とか大丈夫なのでしょうか? 今のタイタンズにはフランチャイズをより強固なものにするためにも「勝利」が特に必要だと思います。


MUSIC CITY MIRACLESよ、再び!




Titans vs. Rams Week 16 Preview | 'NFL Playbook’




関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

20

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マーカスマリオタ  テイラーリーワン  

Comment: 0  Trackback: 0

12月20日(水) プロボウル選出
フロリダ州オーランドで開催される”プロボウル”テネシータイタンズから以下の3名が選出されています。

DLジュレルケーシー
LTテイラーリーワン
P ブレットケーン

おめでとうございます。

注目していたSケビンバイヤードはここには名を連ねることができませんでした。 残念。

また選出選手の欠場時の代理候補として、

スペシャルチーマー ブライデントラウィック
TEデラニーウォーカー
Sケビンバイヤード
リターナー アドリージャクソン
RT ジャックコンクリン
QB マーカスマリオタ
LB ブライアンオラクポ

上記選手らがリストされています。

この発表を見て、特に違和感は持ちませんでした。 まあこんなものかな?というのが正直なところです。(OTジャックコンクリンは選ばれても良いと思いましたが)

ちなみに プロボウル ロスターも記しておきます。

AFC Pro Bowl Roster

Offense

Quarterback: Tom Brady, Patriots; Philip Rivers, Chargers; Ben Roethlisberger, Steelers
Running back: Le’Veon Bell, Steelers; Kareem Hunt, Chiefs; LeSean McCoy, Bills
Fullback: James Develin, Patriots
Wide receiver: Antonio Brown, Steelers; DeAndre Hopkins, Texans; A.J. Green, Bengals; Keenan Allen, Chargers
Tight end: Travis Kelce, Chiefs; Rob Gronkowski, Patriots
Tackle: Alejandro Villanueva, Steelers; Taylor Lewan, Titans; Donald Penn, Raiders;
Guard: Kelechi Osemele, Raiders; David DeCastro, Steelers; Richie Incognito, Bills
Center: Maurkice Pouncey, Steelers; Rodney Hudson, Raiders

Defense

Defense end: Joey Bosa, Chargers; Calais Campbell, Jaguars; Khalil Mack, Raiders
Interior linemen: Geno Atkins, Bengals; Jurrell Casey, Titans; Malik Jackson, Jaguars
Outside linebacker: Von Miller, Broncos; Jadeveon Clowney, Texans; Terrell Suggs, Ravens
Inside/middle linebacker: C.J. Mosley, Ravens; Ryan Shazier, Steelers
Cornerback: A.J. Bouye, Jaguars; Jalen Ramsey, Jaguars; Aqib Talib, Broncos; Casey Hayward, Chargers
Free safety: Eric Weddle, Ravens
Strong safety: Reshad Jones, Dolphins; Micah Hyde, Bills

Special Teams

Punter: Brett Kern, Titans
Kicker: Chris Boswell, Steelers
Return specialist: Tyreek Hill, Chiefs
Special teamer: Matthew Slater, Patriots


NFC Pro Bowl Roster

Offense

Quarterback: Carson Wentz, Eagles; Russell Wilson, Seahawks; Drew Brees, Saints
Running back: Todd Gurley, Rams; Alvin Kamara, Saints; Mark Ingram, Saints
Fullback: Kyle Juszczyk, 49ers
Wide receiver: Julio Jones, Falcons; Adam Thielen, Vikings; Michael Thomas, Saints; Larry Fitzgerald, Cardinals
Tight end: Zach Ertz, Eagles; Jimmy Graham, Seahawks
Tackle: Tyron Smith, Cowboys; Trent Williams, Redskins; Lane Johnson, Eagles
Guard: Zack Martin, Cowboys; Brandon Brooks, Eagles; Brandon Scherff, Redskins
Center: Alex Mack, Falcons; Travis Frederick, Cowboys

Defense

Defensive end: Everson Griffen, Vikings; Demarcus Lawrence, Cowboys; Cameron Jordan, Saints
Interior linemen: Fletcher Cox, Eagles; Aaron Donald, Rams; Gerald McCoy, Buccaneers;
Outside linebacker: Chandler Jones, Cardinals; Ryan Kerrigan, Redskins; Anthony Barr, Vikings
Inside/middle linebacker: Luke Kuechly, Panthers; Bobby Wagner, Seahawks
Cornerback: Xavier Rhodes, Vikings; Patrick Peterson*, Cardinals; Marshon Lattimore, Saints; Darius Slay, Lions
Free safety: Earl Thomas, Seahawks
Strong safety: Landon Collins, Giants; Malcolm Jenkins, Eagles

Special teams

Punter: Johnny Hekker, Rams
Kicker: Greg Zuerlein, Rams
Return specialist: Pharoh Cooper, Rams
Special teamer: Budda Baker, Cardinals


2018年は昔のように AFC対NFC に戻るようです。 1月28日(現地)のスケジュールです。






関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

19

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マーカスマリオタ  マイクムラーキー  

Comment: 6  Trackback: 0

12月19日(火) 敗戦から一夜明け....
遠征2連敗で後が無くなってしまったテネシータイタンズナッシュビルに戻ってきましたが、チームは批判の嵐にさらされています。 かなり前からくすぶっていたコーチングスタッフの問題がここに来て加速してクローズアップされてきています。

タイタンズのエースレシーバー:リシャードマシューズは、「(テリーロビスキOCよりも)マーカスマリオタがコールすべきだ」、「そうなった時それを証明していきたいと思っている」と発言しています。 とうとう選手たちからもゲームプランやプレイコールに対する不満が飛び出してきてしまいました。「このゲームでもそうなった時(ノーハドル&アップテンポ)は、俺たちはとても良かった」とも.....

新人WRタイワンテイラーは起用機会がめっきり減ってしまい不満を募らせていたであろうことは想像に難くないですが、ファンのチーム批判(コーチングスタッフについて)にSNSで”いいね”ボタンを押していたことが露呈しています。

もっとマーカスマリオタの適性を活かせというプレイ方針への変更を選手たちは望んでいるそうです。契約更新を控えるエースWRリシャードマシューズが大胆な発言をした意味は大きいと思います。腹をくくっての発言でしょう。

ここまでくるとテリーロビスキOCだけの問題ではすみません。 マイクムラーキーHCとそのスタッフ達が対象になっています。 

試合前に敵に手の内をさらすのも如何なものかと思いますが、ホームのラムズ戦ではマーカスマリオタのコール機会が増えることになりそうですね。 

守備も ダクアンジョーンズデリックモーガンの欠場が如何に痛手だったかが如実に表れてしまっています。ディフェンスも無様なパス守備を早く修復してください。

しかし! 今は内紛でごたついている場合ではありません! チーム一丸となって難敵に立ち向かってくれないとファンは離れていってしまいますぞ!




Top 5 Marcus Mariota throws | Week 15

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

18

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マーカスマリオタ  

Comment: 6  Trackback: 0

12月18日(月) NFL 2017シーズン第15週 サンフランシスコ49ers戦 
23 - 25 Lose

テネシータイタンズは今週サンフランシスコにて49ersと対戦し敗れました。

先週のアリゾナカーディナルス戦での敗戦ショックはかなり深刻だったようでチーム内のムードも良くなかったそうですが、どう気持ちを入れ替えて戦う準備をしてきたのかが問われる試合でした。

心配されたマーカスマリオタの乱調/不調は、33試投23回成功、241ヤード、2TD、パサーレイティング110.8(シーズンハイ)とまずまず盛り返せた内容でしたが、レシーバー達とのコミュニケーションはまだまだ深まっていないように見えました。マリオタのせいだけではないですがスロースタートもいい加減にしろというくらい物足りない前半のプレイで、見せてくれたのは前半ラスト2ミニッツのクロージング(ノーハドル、アップテンポ攻撃)だけでした。
試合を通してINTされなかった事には一安心です。(プロ以前はパス精度が高く、インターセプトされないQBだったのですから、困った話です(苦笑

ラン攻撃の2枚看板 デマルコマレー(18キャリー、59ヤード)とデリックヘンリー(7キャリー、19ヤード)はこの試合も活躍の機会は多くありませんでした。 多くのファンのみならず専門家も含めてデマルコマレーデリックヘンリーのプレイバランスについて疑問を持っているのですが、マイクムラーキーHC、テリーロビスキOCらは何を考えていたのでしょうか? デリックヘンリーはどこか具合の悪い部分を抱えているのでしょうか?
 
レシーバー陣はリシャードマシューズが復調のようでメインターゲットとして機能し、6レシーブ、95ヤード、1TDと活躍。次がエリックデッカーで5レシーブ、63ヤード。TEデラニーウォーカーは古巣への凱旋記念試合でしたが5レシーブ、37ヤード、1TDも1ファンブルロストを記録。新人コリーデイビスは3レシーブ、28ヤードにとどまっています。 いつになったらドラフト全体5位のポジションに相応しい活躍を見せてくれるのか?シーズン前半怪我等に苦しんだとはいえやや物足りないパフォーマンスに終始しています。早くマリオタと信頼関係を築いてほしいと多くのファンは願っている事でしょう。 同じく今年の新人タイワンテイラーはジェットスイープ1キャリー、8ヤードゲインのみでパスレシーブは記録していません。新人TEジョンヌスミスは1レシーブ、5ヤードのみです。 この二人もまだ端役の域から抜け出せないようです。 タイタンズのデプスではまだまだ活躍のチャンスはあるはずなので、これからも精進してほしいものです。

OLは序盤にデフォーレストバックナータンクキャラディンに1つサックを奪われましたが、その後はしっかりパスプロテクションは守れていました。ただしランブロックではまだまだ修正ができていないようでRBを走らせられません。ラスグリムOLコーチ、もうひと頑張りお願いします。

ディフェンスはTDこそ1つしか許しませんでしたが、ジミーガロポロにビッグプレイをたくさん献上してあげました。 セカンダリーはローガンライアンが負傷しサイドラインへ下がり復帰できなかったこともあり、ここ数試合の中では一番よくなかった出来でした。 コミュニケーションミスを連発してしまったと選手がコメントしています。ディープでフリーにさせたり、ミドルの中央をがら空きしたり、ジミーガロポロを楽にさせてしまいました。 Sジョナサンシプリエンは怪我から復帰して少しづつ良化しているようですが、好プレイと痛いミスと極端にパフォーマンスが別れ気味なのが心配です。

DLは全員で良く働いていたようですがカールクルーグが負傷しサイドラインへ下がってしまったのが残念でした。次週以降へ響かなければ良いのですが.....

LB陣はパスラッシュではILBの二人が良い場面で鋭いサックを決めて49ersの勢いを止めたりしてくれましたが、パス時の守りを徹底的に狙われてしまいました。 担当の受け渡しもコミュニケーションミスをしたりでは守れませんね。 OLBデリックモーガンの代役エリックウォルデンも頑張っていましたがTEGセレックのカバーをし忘れビッグプレイを許しているなどパス守備ではちょっと困った君のようです。

スペシャルチームはキッカー、パンターはいつものように良いプレイができていました。リターンゲームではあまり走る機会がなく見せ場も無しという感じでしょうか? Pブレットケーンはプロボウルに選出確定とのことでおめでとうございます。

コーチ陣の評価は今回も不満たらたらです。 3rdダウンショートの大事な場面で調子の上がっていないデマルコマレーに持たせるのか? 謎のプレイコールでした。 マイクムラーキーHCは「FGを考えサックを受けて下がりたくなかったから」と弁明。また「マリオタはオーディブルでプレイ変更することもできた」ともコメントしています。一方マーカスマリオタは「この場面の判断を仰ぎにHCに相談に行って、指示を受けてからプレイを進めた。確かに変更することもできたがコーチと話し合い決めたプレイで行けると思った」と言っていました。 このあたり少しチームのほつれが見え隠れしてきているように感じます。
保守的で消極的なプレイコールが敗戦へと導いたも思われ、ケンウィゼンハント時代を思い出させてくれます。

Titans vs. 49ers highlights | Week 15

「こんなはずじゃなかった!」というNFC西地区2連戦。 がっちり2勝を想定したツアーだったはずが、まさかの2連敗は痛いです。
取らぬ狸の皮算用になってしまいました。 情けない....

AFC南地区の優勝争いはジャクソンビルジャガーズが勝利しているため2勝の差がついてしまいました。 直接対決が控えているとはいえ、優勝は風前の灯火と言えるでしょう。 プレイオフへの進出もまだ可能性は残されていますが、バッファロービルズボルチモアレイブンズとともに8勝6敗で並んでしまいました。 残り2戦はマストウィンです。 幸いホームでの2戦ということで、そこにわずかな期待を賭けたいと願っています。

奇蹟を呼ぶクリスマス&ハッピーニューイヤーになることを祈りたいと思います。

起これミュージックシティミラクルパート2!









関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

13

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マーカスマリオタ  マイクムラーキー  

Comment: 6  Trackback: 0

12月13日(水) 残り3試合
先週のアリゾナでのゲームでオフェンスが崩壊してしまったテネシータイタンズ。その後周囲から手厳しい声が飛び交う展開になっています。その怒りの矛先はマイクムラーキー政権、特にテリーロビスキOCに集中砲火を浴びせています。シーズンを通してオフェンスの強化が進まないだけでなく、リーグの底に近い攻撃力という事実はファンにとっては辛いものです。

次の標的はジェイソンマイケルQBコーチに向いています。 彼のコーチングキャリアの大半はTEコーチであって、QBコーチを務めたのはタイタンズの前に1度NYジェッツで1年経験しているだけです。しかもクオリティーコントロールからQBコーチへシーズン中に移ったので実質1年未満。当時のHCはエリックマンジーニでQBチャドペニントンの時代。わずかな経験で実績も上げていない人物にマーカスマリオタを育て上げることができるのかという部分を不安視されているようです。マリオタの入団年はOC、去年と今年はQBコーチというポジションでしたから、批判もやむなしというところです。

マイクムラーキーHCとそのコーチングスタッフとしては、サンフランシスコ49ers戦でぜひとも巻き返しを果たし、ホームでの2連戦に向かいたいところです。 ぜひともここは踏みとどまってもらいたいものです。



テネシータイタンズをリリースされたばかりだったジャルストンフォウラーシアトルシーホークスのPSに加わってしまいました。 とても勿体ない気がしています。 あちらでも活躍してくれることでしょう。 頑張ってください。

ケニーブリットがNEペイトリオッツと2年契約だそうです。果たして何日間在籍していられるのか?興味深く見守っていこうと思います。彼にとってプロフェッショナリズムを身に付けるラストチャンスとなるのでしょう。まあがんばれ....

今年UDFAでキャンプに参加し最終ロスターに惜しくも残れなかったRBアキームジャッドがNYジェッツのPSからアクティブロスター入りにこぎつけました。 おめでとうございます。プレシーズンゲームでも好印象だったんですが、このチャンスを生かして定着してください。




マーカスマリオタが試合中膝を傷め、その影響で悪いパフォーマンスとなってしまったとマイクムラーキーHCは説明していましたが、怪我の方は深刻なものではないようで助かりました。
LTテイラーリーワンもMRI検査までしましたが、次戦への参加は可能のようです。
マリオタとレシーバー達の信頼関係を一刻も早く復旧させてください。 

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

11

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マーカスマリオタ  テイラーリーワン  

Comment: 6  Trackback: 0

12月11日(月) NFL 2017シーズン第14週 アリゾナカーディナルズ戦 
テネシータイタンズはNFC西地区連戦スケジュールの初戦をアリゾナで戦いました。
先週のテキサンズ戦で主力選手が複数負傷したためロスターを調整してこの試合に挑みました。 またエースWRリシャードマシューズを先週は休ませて大事を取りましたが、今週はしっかり復帰してきました。 AFC南地区の地区優勝を狙うためには負けるわけにはいかない状況が続きます。

結果は 7-12 Lose

タイタンズ守備はプレイオフを睨んででしょうか?どんどん良化してきているようです。 この試合でもよく守り、前半をシャットアウトし最後までTDを許しませんでした。 奪ったサックはまた8個を数えます。 ラン守備は及第点ぐらいでしたが、全体で高評価をあげたい内容でした。

一方オフェンスは ”Ugly” そのもの! 醜悪な内容に終始しました。 マーカスマリオタの乱調(31回試投16回成功、159ヤード、0TD、2Int)でオフェンスが自滅しました。

いや酷い.... 自分の失投で茫然とした様でベンチに座っているマリオタに誰も近づかない光景が映し出されていましたが、コーチ達がフォローまたはサポートに向かわないのはどんなもんでしょう? 最初のIntは復帰してきたリシャードマシューズへのミドルパスですが、どちらかがプレイを間違えたのか?コミュニケーション不足なのか? もったいない残念なプレイでした。 2度目のは完全にマリオタがLBを見ていないで安易に投じてしまったミスのようです。先のピッツバーグ戦での大敗時と似たような精神的ダメージを負ったのではないでしょうか?

今シーズンのマーカスマリオタはスランプ状態が続いていると言わざるを得ないです。 昨シーズンの終盤、ブロンコスチーフス戦あたりから続いている気がします。優秀なディフェンスと対峙してからパスに迷いがあるのではないでしょうか? 現コーチ陣でその解消の手助けをしてあげられる人材がいない事が依然から指摘されてきているのですが.....
今シーズンはこのまま走る切るしかありませんから、この問題はオフに手が入ることを期待します。

醜いのはマリオタだけではありませんでした。ゲームプラン、プレイコールも敗戦の大きな一因でした。 ”必殺”でなければならないスペシャルチームのトリックプレイ(今シーズン初めて)パントフェイクも見え見えで失敗。相手の虚を突けない醜態をさらしました。

LTテイラーリーワンが序盤で背中を傷めて戦線離脱したのも痛かったです。OLはランブロックもパスプロテクションも良くなかったです。 

欠場したダクアンジョーンズデリックモーガンの穴埋めは控え選手たちがローテーションで回してしのいでいましたが、起用機会が増えた2年目ケビンドッドはOLBの体を作れておらず、モサモサとまるでDLがLBを守っているように見えました。もう少し俊敏さとスピードを出せないとこの先生き残れないのではないでしょうか? 限られた残りの試合で頑張ってほしいです。

これで8勝5敗となりました。 AFC南地区の首位から陥落です。 まだジャガーズと1差ですからこのまま喰らいついて行けば最終戦で自力優勝を狙えるのですが、今回の敗戦はチームに自信喪失という大きな影響を与えそうです。 次戦サンフランシスコ49ers戦も雲行きが怪しくなってきたのではないでしょうか? あちらは復調気配ですから心配になってきました。下手すれば8勝8敗フィニッシュまでありえるような雰囲気になってしまったと言ったら言い過ぎでしょうか?

NFLのシーズンは短いようで長いですね~ だから魅せられるんでしょうね!

Titans vs. Cardinals highlights | Week 14

この試合はもう見たくないかな....





関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

10

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  

Comment: 2  Trackback: 0

12月10日(日) ロスタームーブ ~緊急処置
テネシータイタンズアリゾナカーディナルズサンフランシスコ49ERSとNFC西地区チームとアウェイで2連戦というスケジュールのため、西海岸に2週間プラス滞在する体制で戦います。

タイタンズはFBジャルストンフォウラーをリリースし、プラクティススクワッドからOLB:ジョシュキャロウェイを引き上げました。

先週のヒューストンテキサンズ戦で負傷した DEダクアンジョーンズ、OLB:デリックモーガンが欠場確定となり、タイタンズは急遽ロスターに変更を加えました。

DLダクアンジョーンズの代役としてオースティンジョンソンデヴィッドキングらが考えられますが、2年目のケビンドッドをOLBではなくDEとして起用するプランも持ち上がっています。
デリックモーガンの穴は エリックウォルデンや新人ジョシュキャロウェイで埋める形です。

タイタンズ守備の片側DL、LBの先発が不在となりけっこう心配されますが、ディックルボー師はうまく戦ってくれるものと期待します。

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

06

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マーカスマリオタ  デラニーウォーカー  

Comment: 6  Trackback: 0

12月6日(水) タイタンズ アップデート
今シーズン ここまで8勝4敗で来て もう少しでプレイオフ確定まで漕ぎ着けられそうな、テネシータイタンズです。
しかし テネシータイタンズの進撃(直近で7戦6勝ですからそう表現させてもらっても良いですよね?)をNFLご本尊はあまり話題にしてくれません。大都市の監督が首になったり、試合中の選手同士の暴力行為ばかりに偏向しているのが気に食わない今日この頃です。
チームだけではありません。TE:デラニーウォーカーやS:ケビンバイヤードらはここまでリーグを代表できるレベルの活躍を見せているのですから、もっと脚光を浴びさせてあげたいと多くのタイタンズファンは思っている事でしょう。

先のテキサンズ戦を終えて 「これ(タイタンズ)はコルベットではない。 これはダンプトラックだ」と 元NFLのヘッドコーチのトニー・ダンジー(Tony Dungy)氏はテネシータイタンズを評して語ったようです。さらに 「これは彼らが持っているすべてです。 醜い(Ugly)、しかし彼らは勝っている」と締めくくってくれています(一応スマイルな表情で言ったと補足されています)。

このコメントを知ったマイクムラーキーHCは、「私は本当にそれが何を意味するのか分からない」、「私たちが退屈でそれに対処する負担があるとしても、私はそれでOKだ」とコメントしています。
トニーダンジーさんが思ったことは多くのタイタンズファンも同感だと想像しますが、勝ち進んでしまっているので、ムラーキーHCに「それがどうした!」と跳ね返されてしまいますね。 タイタンズのオールドスクール軍団は頑固で容易に自説を曲げないです。

そんなオールドスクール軍団率いるタイタンズですが、今週ロスターに手を入れました。
DLダクアンジョーンズが負傷しIR登録とし、FAでTE:ルークストッカー(Luke Stocker)を2年契約で53名ロスターに迎えました。

今シーズンテネシータイタンズはランオフェンスで目指した効果をあげられず苦闘中で、その課題の解決策としてブロッキングTEを探してきたと見られています。昨シーズンまで在籍していたアンソニーファサーノ の穴が埋まらないための措置ですね。 新人ジョンヌスミスにこの役割も期待していたようですがままならず、今後はデラニーウォーカー同様レシービングTEとしてアサインしていくようです。もう一人のTE:フィリップスパーナウもプレイ品質の面で重い責任を任せられないという判断です。
FB:ジャルストンフォウラーはここ2試合インアクティブ扱いされており、構想から外れつつありそうです。TE出身のTE大好きHCですからやむなしなのでしょうか? UT(テネシー大)出身でもあるルークストッカーの活躍を願うばかりです。

対戦相手に恵まれている、チームスタッツ上プレイオフチームに相応しくない等辛口評価もいただいておりますが、もっと勝ち進んで第2シードまで目指してしまいましょう! 然ればいやでもメディアが取り上げるようになりますね♪

TITAN UP !



関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

04

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マーカスマリオタ  ディックルボー  

Comment: 6  Trackback: 0

12月4日(月) NFL 2017シーズン第13週 ヒューストンテキサンズ戦 
テネシータイタンズは7勝4敗でAFC南地区の首位にジャクソンビルジャガーズとともに位置しています。 地区優勝やその先を狙うためにはジャガーズとの最終戦まで競い続けねばなりません。

第13週の対戦相手は同地区のライバル:ヒューストンテキサンズです。 シーズン序盤のアウェイゲームでは新人QBデショーンワトソンに大活躍され50失点を奪われタイタンズディフェンスが崩壊させられました。またマーカスマリオタが負傷するというアクシデントもあり、タイタンズ2連敗の原因となった内容でした。

新人らしからぬ大活躍を見せたQBデショーンワトソンを含め主力級メンバーが出場しない状態のようですし、ホームのニッサンスタジアムでの対戦とあってここは負けるわけにはいきません。


13 - 24 WIN !!

テネシータイタンズはいきなりパントリターンでアドリージャクソンがファンブルし出鼻をくじかれたりミスを連発してしまい、またスロースタートとなりました。 10点先制されるも前半終了間際に10-10の同点に戻せたのは助かりました。3QでTEデラニーウォーカーへTDパスが通り、そのリードを守り逃げ切ることができました。途中テキサンズのキッカーが簡単なFGを2本外してくれたことにも助けられました。

この試合もまたまたディフェンスの奮闘で勝てました。
ディックルボーシステムがタイタンズのレッドゾーンを守りきりました(サベージにポケットから抜け出され見事なパスを何本か決められましたが)
驚異のWR:DホプキンスにCBローガンライアンが脳震盪?でサイドラインへ下がってしまうまでマッチさせ続けました。 ホプキンスには素晴らしいレシーブを随所で見せられ 8レシーブ80ヤード稼がれています。
テキサンズはラン攻撃がうまく機能しなかったようで、その分365ヤードもパスを通されました。それでも得点には結びつけさせませんでした。 そういう意味ではタイタンズセカンダリーは前回よりも進歩できたのでしょうか? 

ラショーンシムズのインターセプトは嬉しいビッグプレイでした。自分で’サイレントキラー’を名乗るように無口でいつも微笑んでいるだけというシムズの活躍を仲間が褒め称え心から喜んでいたのがとても印象的でした。これで一皮剥けてくれたら最高ですね♪

決して盤石に見えないテキサンズOLですが、タイタンズフロント7はパスラッシュを効かせられずQBトムサベージにプレッシャーを与えられませんでした。 このあたり敵に充分研究されているのでしょう。タイタンズもこうありたいものです。

オフェンスはというと良い意味でも悪い意味でも いつものタイタンズでした。マーカスマリオタは23試投15回成功150ヤード、1TD、Int無しというもの。ランが25スナップですから、ほぼ半分ずつという配分でした。エキゾチックスマッシュマウス戦法でフィジカルや精神面でもタフな戦いを志向しているわけで、この点に関してはぶれていないですがもう少しスマートなプレイコールをしてもらえないものかと思い続けています。それでもここまで勝ち進んでいるわけで今はいじれるわけありませんね。

ランに関してはデマルコマレーデリックヘンリーともに11回キャリーと50/50配分となりかなり気配りしているようです。デマルコマレーは66ヤード、デリックヘンリーは109ヤード、タイタンズはランでトータル198ヤード稼ぎ出しました(最後のダメだしTDランでデリックヘンリーは75ヤード)

パスではデラニーウォーカーが5回63ヤード。1TD、エリックデッカー3回27ヤード、コリーデイビス2回12ヤードと距離は稼げませんでしたが、現状のエースWRリシャードマシューズの欠場を考えればこんなものでしょうか?
タイタンズOLは許したサックは2個とパスプロテクションは及第点でした。

この試合をGamePassで観戦していて感じたのは、フランチャイズのニッサンスタジアムクラウドノイズが試合中ずっと大きかった事です。 こうやってネットで試合観戦できるようになってからしかわかりませんが、かってない大きな声援だったと思います。
これはタイタンズの選手も試合後のインタビューでコメントしていました。 本拠地での声援の大きさは選手にとっても心強い味方となり、気合も入ってくるでしょう。 タイタンズがプレイオフをホームで戦うときに勇気づけられるでしょう♪ フランチャイズスタジアムはこうでなければいけません。少しだけ伝統あるチームに近づけた気がしました。


Texans vs. Titans highlights | Week 13

テキサンズも今シーズンは残念な結果ですが、来期デショーンワトソンが復帰してくると恐ろしいチームになりそうです。AFC南地区のレベルアップは期待できそうです。タイタンズもしっかりステップアップしていかないといけませんね。











関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ