FC2ブログ
2
3
6
8
10
12
15
17
18
19
20
24
25
27
28
29
31
  01 ,2018

NFL テネシータイタンズの戦いを応援していきます。


プロフィール

Code Blue Tokyo

Author:Code Blue Tokyo
テネシー・タイタンズの戦いぶりを通してNFLの面白さや素晴らしさを、皆さんにお伝えする機会としてお役立てれば幸いです!

最新コメント
14

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マーカスマリオタ  マイクムラーキー  ディックルボー  デリックヘンリー  

Comment: 11  Trackback: 0

1月14日(日) ディビジョナルプレイオフ 対ニューイングランドペイトリオッツ戦
チーム力の差をまざまざと見せつけられた試合でした。 途中からワンサイドゲームと化していたと言っても過言ではないでしょう。 昨シーズンのチャンピオンに楽勝されてしまいました。

ベリチックHCのゲームの行方が決まっても相手のプライドを折りに来る容赦ない戦い方は, 見ているファンの心もへし折ってくれました。 プロたるものこういう心構えで戦わないと頂点など夢のまた夢という事なのでしょう.....

テネシータイタンズは勝つために望んだ試合展開を作れずじまいでした。 ルボーディフェンスは特に前半はいろいろと対策を講じてプレイに盛り込んでいましたが、オフェンスの攻撃が続かずプレイ時間が増すとともになし崩し的になってしまい、弱点であるTEやRBのカバーを狙われ崩されてしまいました。

PATSオフェンスの繰り出す各プレイが如何にロジカルに構成されているかを垣間見た気がしました。その上でディフェンスの気配を読み、QBが適切な選択をするという仕組みが見事に構築されていて、試合への準備度合いが全く違う(タイタンズが足りない)とつくづく考えさせられました。

タイタンズのオフェンスには「不完全燃焼」のまま終始してしまい、これでよいのか?と大いに憤慨させられました。しかし、試合後のマイクムラーキーHCの囲み取材で、「マーカスマリオタは1Qのランで負傷してしまい、限定的な動きしかできなくなっていた」とコメントを残したことが判明。 これが原因かと一部納得するものの、デリックヘンリーの起用(すなわち今回の場合:ランプレイ)が極端に少なかったのはどうしたことでしょう。 そしてRTジャックコンクリンが早々に膝を負傷し退場してしまったことは本当に不運でした。 彼が不在のOLはガタガタにされ被サック8個という屈辱を喫しています。マーカスマリオタを守ることが至上命題でしたが、なすすべもなく.....

出だしは珍しく良いドライブを続けてWRコリーデイビスのスーパーキャッチで先制できたことは素晴らしかったのですが、2Qの不運なペナルティが連続し敵に勢いに乗せてしまった事が悔やまれます。
この試合、審判のジャッジがかなりPATS寄りだと多くの人は感じたのではないでしょうか? 4Qの大勢が決まった場面でタイタンズに少し甘めにして帳尻を合わせた感が気に食わなかったです。

若い選手にとって貴重な体験となったのではないでしょうか? また、頂点を極めるには何が必要か?それぞれ学ぶものが多々
あったことでしょう。 来年以降のプレイに活かしてください。


テネシータイタンズの2017シーズンはこの試合で終了となりました。

シーズンをとおして良くも悪くもハラハラドキドキの連続だったように思います。 来期はさらにパワーアップしたテネシータイタンズとなって世界中のお茶の間を沸かせるようになってほしいですね♪

TITAN UP !

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ