FC2ブログ
2
3
4
5
6
7
8
10
11
12
13
15
16
17
18
21
22
23
24
25
26
28
29
30
  06 ,2018

NFL テネシータイタンズの戦いを応援していきます。


プロフィール

Code Blue Tokyo

Author:Code Blue Tokyo
テネシー・タイタンズの戦いぶりを通してNFLの面白さや素晴らしさを、皆さんにお伝えする機会としてお役立てれば幸いです!

最新コメント
27

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  Igniting  the  Fire  

Comment: 2  Trackback: 0

6月27日(水) Igniting the Fire Episode 2: Taking Flight
来月の下旬まで、NFL関係は静かな期間が続きます。 あとひと月の我慢です。

Igniting the Fire 第2弾がリリースされました。

The Evolution of the Tennessee Titans offense
Episode 2: Taking Flight




今回はテネシータイタンズの新オフェンスについて、マットフルールOC、パットオハラQBコーチ、ロブムーアWRコーチらにスポットを当てています。

ジョーイブランコ:アシスタントエクイップメントマネージャーの仕事も紹介されていました。
そして次回はRB編だそうです。

TITANUP !





関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

20

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  Igniting  the  Fire  マイクブレイベル  

Comment: 0  Trackback: 0

6月20日(水) Igniting the Fire 第1弾
自家製版"Hard Knocks"のような "IGINITING THE FIRE"シリーズ。
さっそく第1弾がリリースされました。

Igniting the Fire: Episode 1 - Who Is Mike Vrabel?

どうでしょう? 個人的にはなかなか良いと思いました。
テネシータイタンズファンは新HCのことをもっと知りたいと思っているでしょうし、タイムリーでもあります。

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

19

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マイクブレイベル  

Comment: 0  Trackback: 0

6月19日(火)  “Igniting the Fire”シリーズ 始まります♪
テネシータイタンズは、ミニキャンプを2日目で切り上げ、最終日は地元警察を訪問して地域交流活動を行いました。次のチーム集結は7月下旬になります。 約一月間隔があきますが、選手の皆さん どうぞ有効活用してください。

テネシータイタンズは、エイミーアダムストランク コ オーナーがリーダーシップを発揮し、球団経営に積極的に関与しだしてから、とても良い方向に進んでいるように見えます。
広報活動についても同様で、着実に宣伝媒体を増やしたり、新しい技術を取り入れてきています。

今年から"PODCAST"サービスを開始していますが、明日からは、"Igniting the Fire" という映像シリーズを、Facebookで始めるそうです。

マイクブレイベルHC率いる新テネシータイタンズの2018年オフシーズン舞台裏を取り上げていくとのこと!

まずは予告編です。



”イグナイト”って、(確かナイキのゴルフ製品のブランド名でもありましたね) "着火"、"燃やす"とか、今のタイタンズのチームを表現するのにピッタリな気がします。







関連記事

テーマ : Tennessee Titans    ジャンル : スポーツ

14

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マーカスマリオタ  テイラーリーワン    

Comment: 0  Trackback: 0

6月14日(木): テネシータイタンズ ミニキャンプ
テネシータイタンズのOTAニュースは、LTテイラーリーワンのホールドアウトのニュースから始まりました。契約期間中ですからいずれペナルティを課せられるでしょうが、早く解決してほしいところです。

2016年のドラフト全体33位ケビンドッドが参加しています。しかしマスコミを避け、逃げかくれしているようです。本人は相当追い込まれているようで、厳しい状況なのでしょう。 もうOLBでの居場所はなく、DEとして活路を見出さねばならない状況のようです。このままだとロスターに残れない可能性が非常に高そうです。

タイタンズのオフェンスは最初の2日間はディフェンスに圧倒されてしまい、かなり苦しんだようです。 QBマーカスマリオタは、パスを封じられてしまったとのこと。かなりサックやプレッシャーを受け続けたようです。 コリーデイビスは早あがり、リシャードマシューズは不参加、マイケルカンパナーロは練習見学までという状況はいただけません。

タイタンズ番記者によると、新マットフルールOCのシステムの導入時期はどこも(スキンズ、ファルコンズ、ラムズ等)苦労してきたそうで、現段階では問題ではないそうです。 早くタイタンズオフェンスはその新システムを習熟してほしいですね。

マーカスマリオタはミニキャンプ終了後、ハワイへ里帰りし、LAでパーソナルコーチにクオーターバッキングを習い、またタイミングを図りタイタンズレシーバー陣と合同練習する機会を持ちたいと語っています。 ぜひパワーアップと言いますかレベルアップして戻ってきてほしいです。

ディフェンスは順調に練習メニューをこなしているようですが、特にセカンダリーが素晴らしいと評判になっています。 ケビンバイアードローガンライアン、新加入マルコムバトラー、2年目アドリージャクソンらは期待通りの仕上がり具合。 さらに昨シーズン負傷して途中で出場機会を失ったラショーンシムズも良いようです。CB/Sを兼務できるカランリードも好調ぶりをアピールしているようです。

テネシータイタンズのアシスタントトレーナー:ジェロームリードさんが、フィラデルフィアイーグルスのヘッドトレーナーに就任することになったそうです。 おめでとうございます。新しい門出を皆が祝福したのは言うまでもありません。


関連記事

テーマ : Tennessee Titans    ジャンル : スポーツ

09

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  ジョンロビンソン  マイクブレイベル  

Comment: 4  Trackback: 0

6月9日(土) タイタンズ 2018シーズンに想う
NEペイトリオッツのTEロブグロンコウスキーのトレードの噂で、49ersとタイタンズと交渉中なのだそうです。 ビルベリチックHCはトレードに出したがっているのだそうです。 うーむ どうなんでしょう? 実績は文句のつけようがないですが.....   チームと合わない気がしますが? 




テネシータイタンズはここまで順調にOTAを消化し、来週からミニキャンプに入ります。

いよいよシーズンが近づいてきたんだなと感じられるようになりました。2018シーズンのタイタンズの活躍について、見当をつけにくく あれこれ思いあぐねている感じです。

マイクブレイベル新HCもHC業1年目です。この人がチームの舵取りをどこまでうまく操れるかにかかっています。NEで同じ釜の飯を食ったジョンロビンソンGMがきめ細かいサポートをするでしょうから、大きく心配する事はないと思いたいです。

チームの選手達もFA補強やドラフトを重ね この2年で大きく戦力を高めてきており、デプスにも少しづつですが厚みが増してきている気がします。
 
オフェンスは、主要メンバーはそのままで4年目を迎えるQBマーカスマリオタとWRグループのコミュニケーション力強化と、RB:デリックヘンリーとRB:ディオンルイスの2トップ体制によるラン攻撃も昨年までのデマルコマレーディオンルイスに替わっただけで大きな変化とは言えません。
TEも同様でデラニーウォーカージョンヌスミスルークストッカーが主力と見込まれます。
OLも昨年の先発はそのまま残り、新加入FAとバトルになりそうなのはOG,Cのポジションでしょう。 OCが替わり、ゾーンブロッキングスキームがより重要度を増すと予想されるため、得手不得手もあるでしょうし、メンバーの入れ替えも在り得るのかもしれません。

このオフェンスについてはマットフルール新OCの手腕にすべてを託されています。 シャナハン流伝承の戦法は、きっとマーカスマリオタにフィットするものと期待したいです。
注目すべきはマットフルールOCもプレイコールを任されるのは初めてという部分です。 成功を祈って止みません。 (昨シーズンまでのテリーロビスキOCよりは絶対安心できるはずです?)

ディフェンスは、来るシーズンの目玉でしょう。 DB強化、LB強化と FAやドラフトでしっかり補強をしてきました。
パス守備が不安視されてきたここ数年と比べると、昨年のルーキーCBアドリージャクソンの成長、FAでCBマルコムバトラーの獲得はうまく補強できた感があります。新人ラシャーンエバンスハロルドランドリーのドラフトでの指名も、ファンから見ると的確に補強を進められたように見えます。 ディックルボー翁からのディーンピーズDC/マイクブレイベルHCシステムへの切り替えは、スムーズに移行してくれるものと期待しています。

スペシャルチームに関してはまだよく見えてきていませんが、クレイグオークマン新コーチがどのような手腕を発揮してくれるのか?注目してみたいです。

エミーアダムストランク:オーナーG代表は新ユニフォーム発表会でのメディアインタビューで、「2018シーズンはプレイオフはもちろんAFCチャンピオンシップまで進んでほしい」とコメントしていました。
ジョンロビンソンGMはスーパー制覇を目指すと言っていた気がします。
マイクブレイベルHCはまだ具体的な目標について語っていません。
Sケビンバイアードは「スーパーボウルを勝つ」と、事あるごとにスローガンのように口にしています。

AFC南地区は、どのチームも戦力強化に余念がないようで、混戦必至と予想されます。
ジャクソンビルジャガーズの戦力充実度も脅威でしかなく、いつまで凄い戦力を維持し続けられるのか?ライバルとしては困ったものです。 ヒューストンテキサンズも、QBデショーンワトソンが怪我から復帰して昨年同様の活躍をされると苦戦必至となるでしょう。 
インディアナポリスコルツは、HCが替わってどう変化するのか興味深いです。QBアンドリューラックが復帰直近なのかどうなのか気になります。

TITAN UP

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

01

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  UDFA  OTA  

Comment: 2  Trackback: 0

6月1日(金) タイタンズ近況
テネシータイタンズはOTA"organized team activities" を順調に消化しているようです。
タイタンズ関連ニュースをいくつか拾ってみました。

今年テネシータイタンズがドラフトで指名した選手はわずか4名。過去にないチーム最小指名数記録となりました。 この結果 UDFA選手を多く(22名)採用することになり、多くのルーキーがNFLロスター入りを狙える機会を提供することに。

2017シーズンの最終53人ロスターには11名のUDFA出身選手が含まれていました。約2割という構成はバランス的に程よい加減なのかもしれません。

タイタンズ番記者によると、今年のUDFA選手はバラエティに富んでいて、「量」と「質」で有望そうだそうです。

RB:アキームワドリイ アイオワ大
WR:デオンテイバーネット USC
LB:シャリフフィンチ テンプル大
ぜひ最終ロスターに残ってほしいものです。




OTAの方では、5日目現地水曜日に、フィールドで、"Hail to the Victors"というミシガン大学のファイトソングが鳴り出して話題になったとのこと。新HCマイクブレイベル一派がオハイオ州立大関係者が多いこともあり、彼らに向けた軽い洗礼ジョークだったのでしょう。チーム内にミシガン大出身者はLT:テイラーリーワン一人しかいません。彼に疑いの目が向けられたのは当然ですね。

マイクブレイベル新HCのポリシーが垣間見えたのは、新加入FAOLジョンテウスとDLマットディッカーソンの争いに両者を即刻ロッカールームへ引き揚げさせた措置でした。「チーム内で戦わないこと」をポリシーとしてメンバーに伝えたとのこと。
OTA、キャンプ、プレシーズンと内輪で戦っている時間なんてないと明言したそうです。

4年目を迎える若き司令塔マーカスマリオタは順調に調整が進んでいるそうです。今年はレシーバーとの連携もより深まるでしょうし、期待は膨らみます。

昨年のドラ1位WRコリーデイビスも好プレイ連発で、今年は開幕から活躍が期待されています。
そして目立っているのがPSにいたWRダリウスジェニングズだそうです。昨シーズンも最終ロスター入りか?というところで漏れてしまいましたが、今年こそ加わってほしい人材だと思っています。

今年はディフェンスの仕上がりが早そうだとの記事を目にしましたが、新ディーンピーズDCの手腕に期待したいです。オールプロに選ばれたSケビンバイアードや、CBアドリージャクソン、LBジェイオンブラウン、アーロンワレスらの成長が楽しみです。

TEフィリップスパーナウが練習に参加していないそうです。ムラーキー前HCが連れてきた選手でしたし、ルークストッカーも入りましたし、構想から外れたということでしょうか? 
これ以外の練習不参加選手は、WRリシャードマシューズ、RTジャックコンクリン、DLデビッドキング、OLBケビンドッドらです。

TITAN UP !




関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ