FC2ブログ
1
4
5
6
7
9
11
12
13
15
16
19
20
21
22
23
25
27
29
30
  09 ,2018

NFL テネシータイタンズの戦いを応援していきます。


プロフィール

Code Blue Tokyo

Author:Code Blue Tokyo
テネシー・タイタンズの戦いぶりを通してNFLの面白さや素晴らしさを、皆さんにお伝えする機会としてお役立てれば幸いです!

最新コメント
17

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マーカスマリオタ  マイクブレイベル  

Comment: 10  Trackback: 0

9月17日(月) NFL 2018シーズン第2週 ヒューストンテキサンズ戦
開幕戦での手痛い敗戦から ヒューストンテキサンズ戦までの1週間、テネシータイタンズは災難続き。 マーカスマリオタの肘と手のダメージが影響し、木曜の練習ではボールを投げれなかったそうです。
LTテイラーリーワンはコンカッションプロトコル中で欠場決定、復帰が近いと思われたRTジャックコンクリンも木曜時点で欠場が決まり、第3OTのデニスケリーはウィルス性の病気で病院治療中とのスクープ報道も飛び出しました。タイタンズOLは第4第5OTを先発させて戦わなくてはいけない状況に追い込まれました。 プラクティススクワッドからタイラーマーズを引き上げて先発させます。
QBもマリオタはユニフォームを着ていますがサイドラインまで、控えのブレインギャバートを先発させることに。マイクブレイベル新HCチームは絶体絶命のピンチに陥ってしまっての戦いでした。

いざ試合が始まってみると、劣勢が予想されたテネシータイタンズ”なりふり構わない”戦いを繰り広げ始めました。

17-20 WIN!

同地区ライバルを相手に 何とか接戦をものにすることができました。マイクブレイベル新HC待望の初勝利をホーム:ニッサンスタジアムで挙げることができました。

スペシャルチームによるトリックプレイでいきなりTDを奪い先制した事は、強烈なインパクトとなりました。(SケビンバイアードからSデーンクルーシャンクへのパス)

続いてタイタンズオフェンスは”ワイルドキャット”をはじめてテキサンズのディフェンスを幻惑させようという作戦に出て、うまく時間を使って攻めようとしました。 テネシータイタンズの今年のプレイブックには入っていないとの事ですが、週末に練習していたのでしょうか? 

マイクブレイベル新HCの采配。特に4thダウンギャンブル2回。いずれも成功! けっこう強気な人柄なようですね....

ブレインギャバートのスタッツ 20回試投13回成功117ヤード1TDという内容からもわかるように、如何にランゲームでオフェンスを作るか?がメインテーマでした。 RBデリックヘンリーは18キャリー58ヤード、ディオンルイスは14キャリーで42ヤードとコツコツと走り続けました。急造OLも良く頑張ったと思います。

第3Qでオフェンスがまったく機能しなくなった時は もはやここまでかと見ていて覚悟を決めかけたのですが、敵のサイドラインからの援護射撃(クローニーの反則)等もあり、17-17の同点に追いつき、終盤FGを加えて3点リードすることができました。

守備の選手達も奮闘してくれました。 前半にデショーンワトソンに強烈なプレッシャーを与え続けたことが功を奏し、彼にペースをつかませなかった事は良かった気がします。 今年のドラフト2巡ハロルドランドリーがデビューを飾りました。サックこそ付きませんでしたが、スピード溢れるプレイでワトソンを狙っていたのが印象的でした。怪我と上手く付き合って行ければ活躍できそうな素材です。

デショーンワトソンは32回試投22回成功、302ヤード2TD1INTという成績です。CBマルコムバトラーが狙われ続け、長いパスをこの試合でも許してしまいました。Wフラー、Dホプキンスにそれぞれ100ヤード以上稼がれています。2年目CBアドリージャクソンの初INT等もあり 良く守っていたのですが、やられ過ぎです。

ラン守備についてもワトソンを含め148ヤード走られています。先週に続き、改善が早急に必要です。
ジュレルケーシーの働きには頭が下がる思いです。2サックを含めよく動いてくれました。ラシャーンエバンスはプレイしなかったようです。うーむまだ筋肉に問題があるのか?準備ができていない段階なのか? 何か怪しいものを感じます。

この試合はテキサンズのミスに助けられたような試合ではありましたが、タイタンズの選手もコーチ陣もよく踏ん張ってくれました。 こんな戦い方もあるのだと、ファンとして良い刺激をもらえた事が嬉しかったです!

Titans Pull Off Fake Punt Pass for TD!


関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ