FC2ブログ
1
3
4
5
6
7
8
10
12
13
14
17
18
19
21
22
23
25
26
27
28
29
  09 ,2019

NFL テネシータイタンズの戦いを応援していきます。


プロフィール

Code Blue Tokyo

Author:Code Blue Tokyo
テネシー・タイタンズの戦いぶりを通してNFLの面白さや素晴らしさを、皆さんにお伝えする機会としてお役立てれば幸いです!

最新コメント
09

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  アーサースミス  マーカスマリオタ  デラニーウォーカー  

Comment: 14  Trackback: 0

9月9日(月) NFL2019シーズン第1週 @クリーブランド戦 
テネシータイタンズファンの皆様、NFLファンの皆様、アメフトファンの皆様 開幕おめでとうございます♬

待ちに待った2019シーズンの到来。 テネシータイタンズは初戦をオハイオ州クリーブランドにて戦いました。
前評判ではメディアも専門家もクリーブランド有利予想一色で困惑していたのですが、不利予想を覆しタイタンズは敵地で大勝してくれました。
ブラウンズの若く才能あふれる人材集団も 「Discipline」「Execution」の面で少し準備ができていなかったようでした。( ナッシュビルのメディアよりLuke Worsham氏の表現を引用)
18ペナルティで182ヤード罰退は逆の意味でスゴイです。ディシプリン 「鍛錬」、「訓練法」、「(鍛錬で得た)抑制」、「自制(心)」、あとフィットするのは「しつけ」でしょうか。「規律」と「(それを踏まえたうえでの)実行力」 この点においてテネシータイタンズの方がしっかり仕上がっていたという感想でした。

そしてこの日まで三味線を弾いていたタイタンズの心理戦といいますか、1年ぶりTEデラニーウォーカーや新加入のベテランエッジ:キャメロンウェイク、2年目エッジ:ハロルドランドリーらをあまり表面に出さず準備してきたことも功を奏したように思います。 デラニーウォーカーはマリオタのNo.1ターゲットですが、昨年怪我で休んでいたこともあって対策ができていなかったのでしょうか? 2TDで華麗なカムバックを魅せてくれました。

テネシータイタンズファンの注目ポイントとして、”OCに就任したアーサースミスOCの実力や如何に?”があるのですが、バランスよくオフェンスを組み立てていたと思いました。マーカスマリオタのモビリティも制限を徹底させて、グラウンドアタックとショート中心のパスを多用して難敵ブラウンズのパスラッシュを牽制していました。
その副作用として安定しないOL(特にパスプロテクション)のパフォーマンスのボロが出にくかったこともあげられるでしょうか?

タイタンズディフェンスは素晴らしかったです。
ブラウンズの希望星ベイカーメイフィールドから3INTを奪う活躍をしたDB陣はお見事でした。 DL及びフロントボックスは終始良いプレッシャーを与え続けました。

3rdダウンコンバージョンが10回中2回成功というのは早急に改善していかねばなりません(ブラウンズは10回中1回)。
急遽交代したキッカー:カイロサントスは、上々のデビューを飾りました。53ヤードを決めるあたり良いアピールになりました。ライアンサコップには期待していなかった距離でした。

久しぶりに開幕戦を勝てた気がします。 最高です!



このプレーで試合の流れが決まりました。









関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ