FC2ブログ
1
2
3
5
6
7
8
9
10
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
26
27
28
  11 ,2019

NFL テネシータイタンズの戦いを応援していきます。


プロフィール

Code Blue Tokyo

Author:Code Blue Tokyo
テネシー・タイタンズの戦いぶりを通してNFLの面白さや素晴らしさを、皆さんにお伝えする機会としてお役立てれば幸いです!

最新コメント
04

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マイクブレイベル  アーサースミス  デリックヘンリー  

Comment: 6  Trackback: 0

11月4日(月) NFL2019シーズン第9週 カロライナパンサーズ戦
NFL2019シーズンも後半戦へと折り返し、第9週のゲームが行われました。テネシータイタンズは敵地カロライナへ赴きパンサーズと対戦しました。
ここまで4勝4敗という成績でAFC南地区では最下位ながらも差が少ない接戦となっています。キャムニュートン不在のパンサーズを相手に調子を上げていってほしいと願っていましたが、タイタンズは攻撃の歯車が噛み合わず(いつもです)前半戦を終了。後半に入りデリックヘンリーのランでTDを上げたりと少し反撃しかけましたがパンサーズに逃げ切られてしまいました。

もうスタッツに触れる気にさえなりません....

チーム低迷の原因はいろいろ考えられますが、マイクブレイベルHCの方針は既存メンバー(選手&コーチングスタッフ)でフィックスさせると言い続けています。ほんとうにそれが最適解なのでしょうか? 
毎回批判の矢面に立たされているアーサースミスOCも自分で選択したポジションコーチではないですし(新任ですし人脈すら乏しいでしょう)、可哀そうではあります。チームも経済的な面でタイタンズだけでなくNFLにも影響を与える大企業の子息ということで処遇にも注意しないといけないですね。
とりあえずまだシーズンは続くわけで、抜本的な改革はさておき局所手術的な施術を速やかに実施してほしいです。例えばポジションコーチやコーディネーター、HCを補助する”(知能面や指導経験豊富な)アドバイザー”的な人材を補充するとか....

ジュレルケーシー不在のDフロントは全然パスラッシュでプレッシャーをかけられませんでした。Kライアンサコップが復帰してきましたが、非力さに磨きがかかっておかえりのようで、もう少し養生していた方が良かったかもしれません。CBマルコムバトラーが手首を痛めたみたいです。深刻でなければ良いのですが....

怪我人が増えてきてロスターのやりくりも大変そうです。もう1試合でBYEウィークになりますから、なんとかしのいでほしいものです。一応まだプレイオフへの望みも消滅したわけではありませんし....




きっと来週はしっかり自分たちのプレイをパフォーマンスを見せてくれることを期待しましょう....

関連記事