FC2ブログ
1
3
4
6
7
8
11
12
13
14
15
17
19
20
21
22
25
26
27
28
29
31
  12 ,2019

NFL テネシータイタンズの戦いを応援していきます。


プロフィール

Code Blue Tokyo

Author:Code Blue Tokyo
テネシー・タイタンズの戦いぶりを通してNFLの面白さや素晴らしさを、皆さんにお伝えする機会としてお役立てれば幸いです!

最新コメント
16

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マイクブレイベル  アーサースミス  デリックヘンリー  

Comment: 14  Trackback: 0

12月16日(月) NFL2019シーズン第15週 ヒューストンテキサンズ戦
AFC南地区の覇権を賭けた大一番ということで、久々にスタジアムに馳せ参じるファンに向けてドレスコード「コードブルー」が発令されました。その甲斐あってかニッサンスタジアムはタイタンズブルー色が目立っていました。そんな大勢の応援も空しくテネシータイタンズは大切な試合に敗れてしまいました。

敗因はいろいろとあげられるかと思いますが、敢えてまとめてみると ”チームが力み過ぎてしまった”結果と言えるかもしれません。
ここまで絶好調だったライアンタネヒルのパスも(悪くはないスタッツを残していますが)総じて上ずってしまったように見えました。何度もあった大事な局面でパスを通せませんでした。

RBデリックヘンリーの健康面(ハムストリング)の心配で彼をフル活用できなかったこと。これは非常に大きかったです。なにせタイタンズのオフェンスは”ランヘビー”。ラン、ラン、パスでプレイアクションパスを織り交ぜていくスタイルです。その主軸たるデリックヘンリーが3日連続練習不参加という状態での出場ということで、やはり大事を取って途中で起用をあきらめていました。 これでランを多用できなくなってしまい攻め方が限られてしまいました。

この日のOLはパスプロテクションは合格(被サック2)、ランブロックは物足りずという印象でした。テキサンズDLにてこずってしまっていました。

レシーバー陣ではAJブラウンがまたもや100ヤード超、ジョンヌスミスコリーデービスタジャエシャープらもそれに続いています。TEアンソニーファークサーが4回ターゲットになり1レシーブ(レッドゾーンでターンオーバーのミス)だったのは誤算でした。
TEジョンヌスミスがランで57ヤード走ったプレイは驚かされました。彼はRBもできそうですね?もっと見たくなってしまいました。

ディフェンスはいつもタイタンズの試合を支えてきた功労者軍団でしたが、今回はテキサンズオフェンスを攻略できずに終わってしまいました。デショーンワトソンを捕まえきれずデアンドレホプキンスウィルフラーケニースティルらに良いレシーブを決められました。

タイタンズフロントボックスは中央に穴を開けられランで走られてしまいました。またパスラッシュも全然かからずハロルドランドリーは見せ場も作れずじまいでした。ちょっとこの状態が続くようだとディーンピースDCシステムの危機が深刻化しそうです。

セカンダリーは敵の有能なWRに大苦戦。ディープのカバー枚数を減らすとしっかり狙われてしまいます。セカンダリ、特にCBは現存メンバーで何とか乗り切ってほしいものです。先週の試合でコンカッションを心配されたSケニーバッカーロは練習にもフル参加しており今日も元気なプレイを見せてくれたので一安心でした。

タイタンズのセカンダリーコーチ:ケリークームス氏が古巣オハイオ州立大でco-DCとして復帰するのではという噂が流れており心配です。オハイオ州立大のDCがボストンカレッジのHCに就任するための後任人事案件だそうです。デンゼルワード、マーションラティモア、ガレオンコンレイ、イーライアップル、ブラッドリーロビーらそうそうたる教え子の活躍は彼にとっても大学にとっても輝かしい栄誉の記録を共有しています。しかしこのオフにタイタンズから離れてしまうと、マイナスの影響を受けてしまいそうです。ブレイベル-ピーズでなんとか残留させてほしいところです。

スペシャルチーム.... Kの危惧が現実化してしまいました。大切なロスターに2名もKを入れるのはどうなんでしょう? 完治していないライアンサコップを起用し続けるのも疑問です。今日の試合では最後の望みをつなぐオンサイドキックをサントソに蹴らせたという起用も?です。

パントフェイクも焦燥感に駆られて小細工した挙句失敗というは痛かったです。リッキーさんからコメントをいただきましたが、タネヒルにパスを投げさせた方が良かったかも?です。

私はシーズン前からヒューストンテキサンズは今シーズン怖くない、GM不在のチームなんて途中で脱落すると考えていましたが、ここに来てこちらが脱帽せねばなりません。”申し訳ないです”! オブライエンHCの今シーズンに賭ける必死さはドラフトやFA補強を見て理解していたつもりでしたが、うまく戦力アップにつながっていますね。

タイタンズの敗戦.... 自分の中でけっこう冷めて受け止めています。 










関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ