FC2ブログ
2
3
4
6
7
8
10
11
13
15
17
23
24
25
26
27
28
31
  01 ,2020

NFL テネシータイタンズの戦いを応援していきます。


プロフィール

Code Blue Tokyo

Author:Code Blue Tokyo
テネシー・タイタンズの戦いぶりを通してNFLの面白さや素晴らしさを、皆さんにお伝えする機会としてお役立てれば幸いです!

最新コメント
30

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マイクブレイベル  ディーンピース  タイロンマッケンジー  

Comment: 2  Trackback: 0

1月30日(木) タイタンズ コーチング人事アップデート

昨日の記事を書いている時にテネシータイタンズ公式HPでコーチ紹介の部分を確認していたら、ディフェンス部門が寂しかったんです。オフェンスは9名が名を連ねているのにディフェンスは6名のみ....しかもディーンピースさんはまだ残っていました。そこにあまり気にかけずにいたのですが、一夜明けて内部昇格候補1番手と噂されていたILBコーチ:タイロンマッケンジーが解雇されたとの報道が駆け巡りました。確かに昨日確認できなかった事を思い出しましたが.... 解雇?

タイロンマッケンジーの新しい職場は、デトロイトライオンズマットパトリシアHCのもとLBコーチとして加入することになりました。彼がコーチ業を始めたのがパトリシア氏の元だったとのこと。


しかしなぜ「解雇」だったのでしょう? ペイトリオッツコネクションで、ライオンズで苦戦している旧友を助けるため!とか、タイロンマッケンジーのキャリアアップのためにILBのみでなくLBポジション全体を任せる機会を提供したとかなら、自然な流れとも思えるのですが、「解雇」はないですよね~ 一体何があったのでしょう??

2019-20シーズンはラシャーンエバンスジャイオンブラウンそして後半にはデビッドロングJRが台頭してきており、ポジションコーチとして十分な評価を得ていたはずです。ファンとして時折サイドラインでの仕事ぶり等を垣間見る時、いつも精力的でコーチングボックスに居たディーンピースDCとマイクブレイベルHCの間を上手く繋いでいたように見えたのですが、どうしてしまったのか?知りたいです。

マイクブレイベルHCはDC役も兼務するつもりということになるのでしょうか? 大丈夫かなあ??





関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

29

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マイクブレイベル  ディーンピース  ケリークームス  ダントンリン    

Comment: 0  Trackback: 0

1月29日(水) 新シーズンへ向けて ~コーチングスタッフ人事(訂正版)
テネシータイタンズは新シーズンに向けて始動しています。

マイクブレイベル政権第2期となるコーチ人事が決まってきたようです。タイタンズの屋台骨となっていた「守備」でしたが、ディーンピースDCの引退とケリークームスセカンダリーコーチの栄転と、二人のキーパーソンを失ってしまうことに。

新シーズンのための戦力補強やドラフト指名を検討するためにも、早くコーチングスタッフを決める必要がありました。
まず見えてきたのがセカンダリーコーチのポジションです。ヒューストンテキサンズの元ディフェンシブバックコーチだったアンソニーミジェット氏を招へいすることになったようです。

ケリークームスさんの後釜として大任を課せられました。アンソニーミジェット氏は41才、バージニアテック出身の元CBでコーチ経験はカレッジ、NFLとそれぞれ経験を積んでいます。2014-2017年にヒューストンテキサンズAJボイエジャスティンリードらの活躍時期に指導していました。

若くて才気あふれるコーチの着任はワクワクしてきちゃいますね♪

さてDCはどうなるのでしょう? インタビュー情報が全然ないのは、球団の情報管制が優秀だからでしょうか?はたまたインタビューの必要がない内部昇格だからでしょうか? DCはブレイベル政権の「肝」となるので、よく考え抜いていただきたいです!



TITANUP !!



テネシータイタンズで短い期間でしたが良く活躍してくれたRB:デマルコマレーが母校オクラホマ大のRBコーチに就任するようです。
おめでとうございます。 非常に温和な人柄で、人とのコミュニケーション力が高い選手だったと思います。きっと素晴らしい指導者として成功されることでしょう。 頑張ってください♪

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

22

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マーカスマリオタ  

Comment: 6  Trackback: 0

1月22日(水) さようなら マーカスマリオタ
2019-20シーズンの終わりと共に、この選手もチームを去ることになります。2015年ドラフト全体2位指名QBマーカスマリオタ。低迷していたチーム復興の救世主としてハワイ生まれのオレゴン大出身ハイズマン賞QBを選び、彼を核とした計画的なチームづくりを進めました。途中何度も負傷に苦しみながらもチームを率いてきました。彼が入団したのがケンウィゼンハント時代でその後マイクムラーキーマイクブレイベルとHCが替わり、OCに至っては毎年変更という慌ただしい流れに当たってしまいました。

入団が決まってからのマーカスマリオタの評判については、仲間を大切にする若き人格者、練習熱心な努力家などほとんどが彼を称賛するものばかりでした。チームに入ってからもその評判に違わぬ優等生振りに、周囲の選手達も大きな影響を受けたと思います。寡黙であまり口数が多いタイプではないこともあり、”サイレントリーダー”という呼ばれかたもされていました。
ファンサービスも丁寧で多くの老若男女に愛された選手でした。

今シーズン前半の不調?でベンチに下げられ、控えでドルフィンズから移籍してきたライアンタネヒルが高パフォーマンスを発揮したことで第7週以降先発する機会はありませんでした。チームの練度不足等も重なってしまったこともあり気の毒ではありました。
思えば昨シーズン(2018)のレギュラーシーズン最終戦対インディアナポリスコルツ戦、勝てばプレイオフ進出が決まるという大一番を休まざるを得なかった事が彼のタイタンズライフを変えてしまったと思えてなりません。NFLはこのゲームを全米中継放送へ変更し盛りあげようとしていましたし、マイクブレイベルHC初年度の成績にもプレイオフ進出ならずという結果を与えてしまいました。ジョンロビンソンGMもしかり。それ以降チーム(球団)とマリオタ間に微妙な距離ができてしまったことをファンは感じていたと思います。故障が続きインジュリープローン化されるのは困ると考えるのは当時の状況では経営側とすれば当然だと思います。
今年テネシータイタンズのお膝元ナッシュビルNFLドラフトを初開催し無事成功させましたが、この時のプロモーションにおいても、これまでと違ってマーカスマリオタを前面に出さなかったのも、この結末の伏線になっていたと考えるのは邪推でしょうか?

マーカスマリオタの成功を信じての5年間、とても楽しかったです。 彼には尊敬と感謝しかありません!!
次のチームでの活躍を期待しています。彼と対戦したくないのでできればNFCに行ってほしいものです。


日頃ツイッターで精力的に活動されているタイタンズファンの一人 maceさんのすばらしい記事を紹介させていただきます。

もうひとつ素晴らしいマリオタ動画を紹介

本当に残念でなりません。

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

21

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  ディーンピース  ケリークームス  

Comment: 0  Trackback: 0

1月21日(火) テネシータイタンズ アップデート
テネシータイタンズは2019-2020シーズンを終了しました。それに合わせてディーンピースDCとケリークームスセカンダリーコーチがチームを離れることを発表しました。とても残念です。

マイクブレイベルHCの掲げる「フロントマルチピラシー」ディフェンスの構築に貢献してきましたが、体調や年齢の問題等もあり、ここで勇退という決断をされました。ディックルボーのシステムから巧みに現行システムへ移行させた手腕はさすが名将に相応しい仕事でした。NEペイトリオッツボルチモアレイブンズと2つのチームでスーパーボウルを勝たせた偉業は本物でした。もう1年お願いしたいと誰もが望んでいたでしょうが....お疲れさまでした。

ケリークームスさんは古巣となるオハイオ州立大に戻ってDCに就任されるとのこと。おめでとうございます。いつも元気いっぱいで選手達に熱い指導を続けた姿勢は、チームの雰囲気向上に大きく貢献していたかと容易に想像できます。オハイオ州立大で優秀な選手をたくさん育成してください。成功を祈っています♪


惜しまれてチームを去るなんて久しぶりといいますか久しく無かったような気がします。(あとで触れる予定のマーカスマリオタを含めて) 
テネシータイタンズの今シーズンのチームが上手くいっていた証しと言えるのでしょう。




テネシータイタンズは10名の選手とfutures contractsを結びました。おなじみの名前も結構いますね!




我らテネシータイタンズからプロボウルに2名が選出されました。おめでとうございます。




関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

21

Category: アメフト

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

1月21日(月) 速報 ディーンピーズDC 勇退!
テネシータイタンズでマイクブレイベル政権を支えてきたディーンピーズDCが引退を表明したようです。

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

20

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  デリックヘンリー  

Comment: 12  Trackback: 0

1月20日(月) AFCチャンピオンシップゲーム 対カンサスシティチーフス戦
スーパーボウル出場権を賭けたAFCチャンピオンシップゲーム、敵地カンサスシティに乗り込みカンファレンスチャンプを狙いましたが、残念なことに力尽きてしまいました。チーフスはさすがでしたね、攻守にわたって実に強力でした。CCの仮想敵としてニューイングランドペイトリオッツを想定して準備していたそうですが、きっちりとテネシータイタンズも分析されており、チーフスの実力を見事に発揮していましたね。



テネシータイタンズのディフェンスは、最後までQBパトリックマホームズの足を止めることができませんでした。パスラッシュに人数を割かずに彼をポケットに封じ込めるような策は用いず、カバーを厚くする傾向が多く、ゾーンでもマンでもマホームスがスクランブルした際には走り負けてしまい完敗でした。
早い段階でILBラシャーンエバンスが負傷してサイドラインに下がってしまったのは痛手でした。

タイタンズのオフェンスはOLが良くなかったです。ランでもスクリメージラインをコントロールできずタイタンズ唯一の切り札であるRBデリックヘンリーのランを活かせずじまいでした。ハーフタイムの直前のシリーズで安直なランプレイを続け簡単にパントを蹴る羽目におとって以降、後半戦においてもなぜかデリックヘンリーのランを中心としたゲームを進める選択をしませんでした。デリックヘンリーは怪我でもしたのでしょうか?
前半12キャリーで62ヤード走っていましたが、後半はわずか7キャリー7ヤードです。これは本来のゲームプランからかけ離れていますね。

テネシータイタンズの今シーズンの功労者の一人QBライアンタネヒルはこの日は良いパフォーマンスを発揮できずじまい(終始プレッシャーを浴びていたこともあり)でした。パスプロは及第点だったようですが被3サックでした。危険なパスを通そうとしたり レシーバーを見つけられず苦しんだようです。
シーズンを通して優秀な活躍をしてくれたライアンタネヒルに対しこんな事を言ったら異論百出かもしれませんが、このプレイオフという大舞台において”プレイメーカー””ゲームチェンジャー”という特殊スキルは持ち合わせていない事を確認した気がします。(決して彼を非難しているわけではありません)

STは後半にフェイクパントを決めていますが、あっさり決まりすぎでお情けで助けてもらったのか?と思ってしまいました。



9勝7敗でギリギリ第6シードに滑り込み、第3シード(東地区1位)、第1シード(北地区1位)を連続撃破してここまで駒を進められたことに対し、健闘を称え感謝します。テネシータイタンズのチームの皆さん お疲れさまでした。1月のこの時期まで楽しめたことを喜んでおります。

カンサスシティチーフスにはぜひスーパーボウルで勝ってほしいです。


関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

19

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  デリックヘンリー  アーサースミス  ディーンピース  マイクブレイベル  

Comment: 2  Trackback: 0

1月19日(日) ”TAKE EVERYTHING”
テネシータイタンズ頑張れ!




関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

18

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マイクブレイベル  デリックヘンリー  

Comment: 2  Trackback: 0

1月18日(土) タイタンズ インジュリーレポート他
テネシータイタンズ、今週のインジュリーレポートのアップデートです。


LBグループが3名もクエッショナブルになっています。おそらくジャイオンブラウンは当日判断レベルか見送りか?微妙そうです。CBローガンライアンも風邪から無事に戻ってきています。RTジャックコンクリンが肩を痛めたようで状態が心配です。
スーパーボウル出場を賭けた大一番ですから持てる戦力を総動員してほしいです。


懐かしのブライアンオラクポのナレーションが効果的なショートムービーです。 プレイオフ時のスローガン:”TAKE EVERYTHING” スタイリッシュで気に入っています♪





フランチャイズのお膝元だって盛り上がっているようです。
ナッシュビル0118
ファンも個人レベルから地域や組織でタイタンズを応援している写真や動画がたくさんアップ!


同じナッシュビルのNHLチーム:プレデターズも洒落た応援をしてくれています♪



地域の学校の看板でもタイタンズを応援。

TITANUP !!


関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

16

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  デリックヘンリー    

Comment: 7  Trackback: 0

1月16日(木) タイタンズ、チーフス インジュリーレポート
テネシータイタンズは現地水曜日の練習にWRアダムハンフリーズとLBジャイオンブラウンが戻ってきています。これは朗報ですね。
アダムハンフリーズは12月1日のコルツ戦で負傷し6週間ぶりとなります。ジャイオンブラウンはまだ様子を見ながらという状況のようです。無理は禁物です。
CBローガンライアンは風邪で練習を休んだようです。






どうか悔いのない戦いを見せてください。
TITANUP !!

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

14

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  デリックヘンリー  アーサースミス  

Comment: 8  Trackback: 0

1月14日(火) テネシータイタンズのウィークポイント
2019-20シーズンを9勝7敗でぎりぎりプレイオフに進めた我らがテネシータイタンズでしたが、ワイルドカードでAFCチャンプニューイングランドペイトリオッツを破り、ディビジョナルプレイオフではAFCトップで第1シードのボルチモアレイブンズを撃破し、周囲を驚かせていることでしょう。しかしプレイオフの2戦はいずれもしっかり完勝という勝ちっぷりでファンとしてはとても頼もしく思えます。

勢いに乗って難敵カンサスシティチーフスを攻略してもらいたいものですが、テネシータイタンズの今シーズンを通してここまで致命的な弱点を抱えたまま来ていることも事実です。

キッカーが定着せずタイタンズは極力フィールドゴールを狙う状況を避けています。レギュラーシーズン第13週以降一度もFGで得点できていません。12月15日のヒューストンテキサンズ戦以降一度もFGを蹴ってもいません。今シーズンFGを18回トライして、成功はたったの8回という凄いデータを残してくれています。

プレイオフではRBデリックヘンリーの大活躍とアーサースミスOCのプレイコールが冴えてここまで勝ち進むことができましたが、Kは心配でなりません。Kライアンサコップが故障してから選手を入れ替え、サコップが復帰したと思ったら全然復調に程遠くて、また代理を探して急遽起用している状態です。TD後のPATを外すのではないかとけっこうヒヤヒヤしながらタイタンズファンは見守っています。

弱点だけ触れてもあれですから、良い面も一つ。
シーズン終盤~プレイオフに入ってからの過去4戦でテネシータイタンズのレッドゾーンオフェンスが劇的に向上していまして、11回トライ11回成功という驚異的な結果を出せています。 デリックヘンリーの強烈なランとともにレッドゾーン攻撃も楽しんでいただけるかと思います。

こんなテネシータイタンズですが、どうかNFLファンのみなさま 応援をよろしくお願い申し上げます!


やっとプレイオフへ出れたチームですから、最後までアンダードッグはしょうがないです。

TITANUP!

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

12

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  デリックヘンリー  ライアンタネヒル    

Comment: 16  Trackback: 0

1月12日(日) ディビジョナルプレイオフ  ボルチモアレイブンズ戦 
テネシータイタンズの素晴らしい戦いぶりに感動させられ 打ち震え、貴重な勝利の喜びにむせび泣いてしまいました。なんという誇らしい戦いぶりでしょう!!

テネシータイタンズはまたまたやってくれました。ディビジョナルプレイオフゲームで14勝2敗という素晴らしい戦績でAFC第1シードのボルチモアレイブンズを撃破し、AFCチャンピオンシップゲームへ駒を進めました!


RBデリック”キング”ヘンリーがこの試合でも活躍してくれました。30スナップ、195ヤードをこなしてくれています。ファンとしても本当に頭が下がる思いです。

タイタンズオフェンスはこの試合もラン偏重の戦い方で、QBライアンタネヒルは14回試投7回成功、88ヤード、2TD、ランで13ヤード,1TDという結果でした。レイブンズの強力ディフェンスを相手に冷静にプレーしていました。

OLもランにパスプロにとても良く動けていました。被サックは1個のみでした。
レシーバー陣はTEジョンヌスミスが超絶ワンハンドキャッチを決めて先制TD、WRカリフレイモンドがPAからのディープパスをTDレシーブと、序盤に2TDを決めて先制できたことは大きかったと思います。パスレシーブ数は稼げませんでしたが彼らはランブロックでもしっかり活躍してくれています。

1年目アーサースミスOCのゲームプランやプレイコールもどんどん良化が進んでいるようです。これも喜ばしい成果ですね。さすがの一族の血を引く者だからでしょうか?これからも期待できそうです。



先週のNEペイトリオッツ戦に続いて、この試合でもタイタンズDLいやフロントボックスは強固な守りを見せてくれました。レイブンズの4thダウンギャンブルをことごとく封じてみせました。タイタンズ守備フロントがこんなに強い状態って、過去を振り返っても今が最強かもしれません?! ルーキーのDLジェフリーシモンズを獲って大正解でした。次戦以降敵チームはGLダイブタイプのプレイを選択しづらくなったのではないでしょか。


レイブンズ強力オフェンスへの対策としてセーフティを増やしてパスカバーにランストップにQBラマージャクソンのラン用スパイにと敵QBを困惑させることができていたようです。ディフェンスにおいてもDCディーンピースが入念なゲームプランを準備してきた成果でしょう。素晴らしいディフェンスでした。

よくぞここまで勝ち上がってきたものです。次戦の相手はどちらでしょうか? ここまできたら頂点を目指すしかないです!

TITANUP!!




関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

09

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  デリックヘンリー  ミュージックシティミラクル  

Comment: 4  Trackback: 0

1月9日(木) 祝!ミュージックシティミラクル20周年


伝説のプレイ”ミュージックシティミラクル”から今日でちょうど20年だそうです。
祝20年! ここはひとつ ディビジョナルプレイオフへ向けて縁起を担ぎたいものです♪





現地水曜時点でのインジュリーレポートです。
テネシータイタンズはOLBカマレイコレアとRGネイトデイビスは風邪をひいたようですがネイトデイビスは出場できそうな感じでしょうか? WRカリフレイモンドはコンカッションプロトコルから脱出できたようで、本人は出場を希望しているようです。

先週の試合で負傷(古傷の肩)してしまったLBジャイオンブラウンは火曜日に簡単なストレッチをしている動画を目にしましたが、火、水とチーム練習ができていません。今一番帰ってきてほしい選手ですが今後に注目。もし彼が不在となるとその穴をウェズレイウッドヤードダーレンベイツデビッドロングJRで埋めていくことになります。シーズンが進むにつれて新人デビッドロングJRが順調に成長してきているようで一層の期待をしたいです。

WRアダムハンフリーズは今週も無理そうです。先週復帰したCBアドリージャクソンも火、水の練習には参加できていませんが、地元メディアによると試合には出場する見込みとの事です。
OLBカマレイコレアがもし出場できないとなるとエッジ/DE/OLBのフロントボックス(ハロルドランドリーの反対側)が厳しい事態に陥ってしまいそうです。新人デリックロバーソンは数試合しか経験を積めていませんが新人にここで奮起してもらわねばならなくなりそうです。あとはレジーギルバートです。

タイタンズのSグループは健康を維持できていそうなので、レイブンズ戦でもランにパスに活躍を期待せずにおれません。ケビンバイアードケニーバッカーロアマニフッカーデーンクルーシャンクジョシュアカル全メンバー出陣して敵オフェンスをかく乱してほしいものです。

今シーズンのAFCトップチーム:ボルチモアレイブンズは圧倒的な攻撃力と堅守な守備を兼ね備えたベストチームです。戦力的に1枚も2枚も劣ることは周知の事実だと思いますが、チームの雰囲気は素晴らしい状態を維持していますし、唯一の切り札デリックヘンリーが健在なので、戦略、戦術面でも知恵を絞ってぶつかってほしいです。



関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

05

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  デリックヘンリー  ライアンタネヒル  

Comment: 10  Trackback: 0

1月5日(日)プレイオフ ワイルドカード NEペイトリオッツ戦

我らがテネシータイタンズは敵地で昨年のチャンプを相手に勝利を勝ち取ってくれました!!


ここしばらくダイナスティを築いていたニューイングランドペイトリオッツ王朝の終焉を示唆したかのようなゲームだったと感じたのは私だけでしょうか? タイタンズが祇園精舎の鐘を鳴らしちゃったみたいです。



ライアンタネヒルの無理投げINTやお手玉等ありましたが、タイタンズディフェンスが要所でペイトリオッツの攻撃を抑え込む健闘を見せてくれました。CBアドリージャクソンの復帰は良く効いていました。Sケニーバッカーロ、CBローガンライアンらが良く働いてくれていました。DLの面々も今回素晴らしかったです。ダクアンジョーンズジェフリーシモンズジュレルケーシーらも良く守っていました。
レッドゾーン特にゴールラインでの守備にはしびれました!!

オフェンスはレシーバーがしっかりカバーされてしまい働けずじまいでした。コリーデービスAJブラウンは仕事をさせえもらえませんでした。それでもタイタンズはデリック”キング”ヘンリーのランでゲームを組み立て活路を開いていきました。TEアンソニーファークサーのTDレシーブも貴重なプレイでした。

STもPブレットカーンが安定のパントで活躍してくれました。KはFGを外すのではないかとヒヤヒヤしていましたが何とか仕事をしてくれました。まだ弱点であることに変わりはなさそうです。

今日は めでたいです! ディビジョナルプレイオフ進出おめでとう!!


関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

01

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マイクブレイベル  デリックヘンリー  

Comment: 10  Trackback: 0

2020 謹賀新年
テネシータイタンズファンの皆様、NFLファンの皆様、アメフトファンの皆様、
あけましておめでとうございます。新年もよろしくお願いします。



テネシータイタンズはプレイオフへ進むことができました。ワイルドカードでニューイングランドペイトリオッツと対戦します。敵地フォックスボロに乗り込みます。

今週の朗報として CBアドリージャクソンが練習にフル参加できています。これまでNo.1No.2CB共に不在で苦しんでいたタイタンズディフェンスにとって嬉しいニュースです。
またLB/STダーレンベイツ、WRコディホリスターも限定的ですが練習に復帰してきました。
練習に参加できていないのはWRアダムハンフリーズとWRカリフレイモンドの2名です。
きっとチームの雰囲気も更に向上していることでしょう♪

ワイルドカードの試合ですが、ニューイングランドペイトリオッツ勝利を予想するところがやはり多いです。ただそれほど大きな差をつけられてはおらず、充分覆す可能性がありそうです。

元NFLヘッドコーチにして現NBCアナリストをしているトニーダンジー氏がニューイングランドペイトリオッツにテネシータイタンズには気をつけるべきと発言しています。
Tony Dungy warns Patriots to ‘watch out’ for Titans in wild card game

テネシータイタンズ
のオフェンスを見るのが楽しい。タイタンズのスマッシュマウスフットボールは脅威だぞ!と言ってくれています。

タイタンズファンはシーズン後半以降のタイタンズオフェンスには何ら心配を持っていないでしょう。ただし、前半素晴らしかったディフェンスが主力選手の負傷欠場で崩壊気味なのが不安材料になっていると思います。特にDE/OLBとCBのポジションですね。ブレイベルHCとピーズDCがどんな準備をしてくるか注目したいです。

我らがテネシータイタンズ(含ヒューストンオイラーズ)はプレイオフのワイルドカードゲームにおいて、記録&記憶に残る名勝負を繰り広げてきました。
Top 10 Wild Card games of all-time

1. Buffalo Bills 41, Houston Oilers 38 (OT) – 1992
2. Tennessee Titans 22, Buffalo Bills 16 – 1999
3. San Francisco 49ers 30, Green Bay Packers 27 – 1998
4. Indianapolis Colts 45, Kansas City Chiefs 44 – 2013
5. San Francisco 49ers, New York Giants – 2002
6. Arizona Cardinals 51, Green Bay Packers 45 (OT) – 2009
7. Seattle Seahawks 10, Minnesota Vikings 9 -2015
8. Seattle Seahawks 21, Dallas Cowboys 20 – 2006
9. Denver Broncos 29, Pittsburgh Steelers 23 – 2011
10. Seattle Seahawks 41, New Orleans Saints 36 – 2010
(Patriots’ shocking loss, NFL playoff schedule Fansidedサイトより)
最近では一昨年カンサスシティチーフスを相手にアップセットを演じてみせてくれましたね♪
今度もきっと立派に戦ってくれるに違いありません!

タイタンズ頑張れ~!





関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ