FC2ブログ
2
3
4
6
7
8
10
11
13
15
17
23
24
25
26
27
28
31
  01 ,2020

NFL テネシータイタンズの戦いを応援していきます。


プロフィール

Code Blue Tokyo

Author:Code Blue Tokyo
テネシー・タイタンズの戦いぶりを通してNFLの面白さや素晴らしさを、皆さんにお伝えする機会としてお役立てれば幸いです!

最新コメント
20

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  デリックヘンリー  

Comment: 12  Trackback: 0

1月20日(月) AFCチャンピオンシップゲーム 対カンサスシティチーフス戦
スーパーボウル出場権を賭けたAFCチャンピオンシップゲーム、敵地カンサスシティに乗り込みカンファレンスチャンプを狙いましたが、残念なことに力尽きてしまいました。チーフスはさすがでしたね、攻守にわたって実に強力でした。CCの仮想敵としてニューイングランドペイトリオッツを想定して準備していたそうですが、きっちりとテネシータイタンズも分析されており、チーフスの実力を見事に発揮していましたね。



テネシータイタンズのディフェンスは、最後までQBパトリックマホームズの足を止めることができませんでした。パスラッシュに人数を割かずに彼をポケットに封じ込めるような策は用いず、カバーを厚くする傾向が多く、ゾーンでもマンでもマホームスがスクランブルした際には走り負けてしまい完敗でした。
早い段階でILBラシャーンエバンスが負傷してサイドラインに下がってしまったのは痛手でした。

タイタンズのオフェンスはOLが良くなかったです。ランでもスクリメージラインをコントロールできずタイタンズ唯一の切り札であるRBデリックヘンリーのランを活かせずじまいでした。ハーフタイムの直前のシリーズで安直なランプレイを続け簡単にパントを蹴る羽目におとって以降、後半戦においてもなぜかデリックヘンリーのランを中心としたゲームを進める選択をしませんでした。デリックヘンリーは怪我でもしたのでしょうか?
前半12キャリーで62ヤード走っていましたが、後半はわずか7キャリー7ヤードです。これは本来のゲームプランからかけ離れていますね。

テネシータイタンズの今シーズンの功労者の一人QBライアンタネヒルはこの日は良いパフォーマンスを発揮できずじまい(終始プレッシャーを浴びていたこともあり)でした。パスプロは及第点だったようですが被3サックでした。危険なパスを通そうとしたり レシーバーを見つけられず苦しんだようです。
シーズンを通して優秀な活躍をしてくれたライアンタネヒルに対しこんな事を言ったら異論百出かもしれませんが、このプレイオフという大舞台において”プレイメーカー””ゲームチェンジャー”という特殊スキルは持ち合わせていない事を確認した気がします。(決して彼を非難しているわけではありません)

STは後半にフェイクパントを決めていますが、あっさり決まりすぎでお情けで助けてもらったのか?と思ってしまいました。



9勝7敗でギリギリ第6シードに滑り込み、第3シード(東地区1位)、第1シード(北地区1位)を連続撃破してここまで駒を進められたことに対し、健闘を称え感謝します。テネシータイタンズのチームの皆さん お疲れさまでした。1月のこの時期まで楽しめたことを喜んでおります。

カンサスシティチーフスにはぜひスーパーボウルで勝ってほしいです。


関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ