FC2ブログ
1
2
4
6
8
9
11
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2018

NFL テネシータイタンズの戦いを応援していきます。


プロフィール

Code Blue Tokyo

Author:Code Blue Tokyo
テネシー・タイタンズの戦いぶりを
通して、NFLの面白さ、すばらしさを
皆さんに伝えられればと願ってます♪

最新コメント
27

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マーカスマリオタ  ディックルボー  

Comment: 6  Trackback: 0

11月27日(月) NFL 2017シーズン第12週 インディアナポリスコルツ戦 
前週のTNFピッツバーグ戦でのショッキングな負け方をした後、テネシータイタンズはどうチームを立て直してきたか?が注目されるAFC南地区ライバル対決インディアナポリスコルツ戦をアウェイで戦いました。

テネシータイタンズは6勝4敗で地区2位、プレイオフ圏内に位置していますが、ジャクソンビルジャガーズと競い合っているために地区内対決ではこれ以上負けるわけにはいかない状況にあります。一方インディアナポリスコルツは主戦QBアンドリューラックを欠き3勝7敗と悪戦苦闘のシーズンを送っています。
2007年以降敵地ルーカスオイルスタジアムで勝利から遠ざかっているタイタンズは今シーズンはぜひとも不名誉な記録更新に終止符を打ちたいところでした。

20-16 WIN !

勝ちはしましたが少々物足りないと言うのでしょうか、相手の不調に助けられたような内容に見えました。
オフェンスのゲームプランやプレイコール、ラン攻撃が全く機能しない(4Qを除く)、QBマーカスマリオタは2INTを献上等 主要課題だったオフェンス強化はあまり改善されていないようでした。 コーチ陣はエースWRリシャードマシューズがハムストリングを傷めたこともあり大事を取ってインアクティブとし、ベテランハリーダグラスを思い切って起用してきましたが 起爆剤とはなりませんでした。逆に彼にパスプロテクションさせてあっさり敵にかわされマリオタがサックされそうになったり、レシーバーとしてクロスルートを走りパスをレシーブするはずがINTを喫したり と良い結果には転びませんでした。

この試合にあたりタイタンズはFBジャルストンフォウラーインアクティブに入れてしまいました。彼は健康そのものだったのですが、リードブロッカーが必要な場合はTEフィリップスパーナウが代役を務め、更にDLカールクルーグもGL等何度も経験があるためとの説明だとか.....これもおかしな話です。デマルコマレーがフィリーで不振だったのはFBを置かないスタイルで成果を出せなかったと分析した上で昨年はリードブロッカーをつけて戦い成果を出してきているのですが、今回の奇妙な選手起用は不安を掻き立てられます。 タイタンズファンのOC更迭願望がさらに燃え上がったことでしょう。

この試合もディフェンスで勝利することができました。 
ディックルボー師はきっちりと守備を鍛えなおしてきました。
奪ったサックは8個、与えたプレッシャーは15回、コルツのパスは29投ですから29回中23回プレッシャーを与え続けたことになります。テネシータイタンズとなって以降初めての1試合8サックというレコードを樹立しました。DLダクアンジョーンズは2サックを決め久しぶりに脚光を浴びることになりました。ブライアンオラクポも1.5サックをマークし元気なところを見せてくれました。

TYヒルトンを2回レシーブ15ヤードとしっかりカバーに努め活躍機会を減らすことに成功しましたが、TEジャックドイルに7レシーブ94ヤードと稼がれています。コルツのパスを196ヤードと200ヤード以下に留めたことは一歩前進でしょうか?
Sケビンバイヤードはファンブルリカバーを記録しています。 この調子でプロボウルに選出されると良いのですが♪ 

オフェンスは今後どうするんでしょう?
エースRBデマルコマレーは12キャリー、トータル9ヤード、1TDという成績です。 やはり負傷しているのでしょうか?このところ低迷が続きます。デリックヘンリーは13キャリー、トータル79ヤードとそこそこ走りましたがそれもほとんどは4Qです。OLのランブロックはもっと鍛えないとHCが掲げている”エキゾチックスマッシュマウス”戦法を名乗れません。OLのみなさん、もうひと踏ん張りお願いします。

レシーバーはTEデラニーウォーカーが4レシーブですが大事な局面で働いてくれています。新人コリーデイビスも4レシーブと少しづつメインターゲットへと進みつつあるようです。マリオタはいつものようにエリックデッカー3、デマルコマレー3、デリックヘンリー1、ハリーダグラス1、タイワンテイラー1と投げ分けています。

前半終了まであと少しの時点でタイタンズはまだ攻める気を見せず、先週に続き 時間の消化を選びました。これは敵にモメンタムがあることを嫌ってのことなのでしょうが、どうももったいない気がしてならないのですが....逆に冷静なのかな?

今週ジャクソンビルジャガーズアリゾナカーディナルズに敗れ、テネシータイタンズはAFC南地区の首位に返り咲くことができました。もうタイタンズはこのまま突き進むしかないのですね。次戦はホームに帰ってきてヒューストンテキサンズ戦です。さらにその先を見据えてオフェンスを改善してほしいものです。


Titans vs. Colts highlights | Week 12





関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

Comments

Re: 勝ちに不思議な勝ちあり
リッキーさん

コルツ戦は守備チームの奮闘で、不思議っぽい勝ち方でしたね。

ここに来ても タイタンズは強くなったのか、大したことないレベルなのか 測りかねますね。
ダグラスの起用が今後生きてくれることを少しだけ期待してみます。

次のテキサンズ戦は絶対負けられませんね。
勝ちに不思議な勝ちあり
これは、野村克也氏の名言ですが、そんな試合でした。
ゲームパスで後追いで見るのですが、ゲーム時間が実質2時間と短かったので、これは最後はランゲームで逃げ切った試合かなと思って、見始めました。
するとコルツはランが出るのにタイタンズは全くランが出ず、インターセプトが2回もあって、6-16という点差になれば、まあ負けたと思いますよね。
しかもダグラスがパスを落としたところで、もう諦めかけました。
兎に角勝って良かったです。
Re: タイトルなし
ふて猫さん

そうですね。 地道に反省と訓練を繰り返しチーム力をアップさせてほしいです。

地区優勝のためには負けられない試合が続きます。そう、大事に戦ってほしいですね!

先ずは逆転勝ちで何よりですね。ですが、第4Qになってようやくエンジンがかかるのは戴けないですね〜😅今からプレーオフの事を考えても仕方ないので、先ずは今日の反省点をしっかりと炙り出して欲しいものですね。先ずは地区優勝を目指して1試合1試合を大事に戦って欲しいものですね〜
Re: Code Blue Tokyo さん
ハンニバルさん


オフェンスの強化は急務ですよね。コリーデイビス、ジョンヌスミス、タイワンテイラーら新人をもっと使えるようになって欲しいですし、OLも内側3人は少しレベルアップしてほしいと思います。

おそらく....プレイオフにはたどり着けそうな感じがあるのですが、そこを勝ち上れるのか?というと高い壁がそびえたっている気がします。ここまで来たら 最後まで夢を託したいものです♪
Code Blue Tokyo さん
相変わらず勝っても消化不良なゲームが続きますね。
4Q以外はランが全く機能しませんでしたし、マリオタは多少不運もあるとはいえ、2INTは問題ですねぇ。
ディフェンスは相変わらず頑張っていますね。コルツのOLが弱いとはいえ、8サックは良かったですね。まぁ、相手がラックだったらこうはいかないでしょうが。
当面のライバル、ジャガーズがカーディナルスに負けましたので、勝敗では並びましたが、タイタンズもカーディナルス・ラムズと強敵との対戦が控えていますので、同地区対決は全て勝っておきたいですね。

Leave a Comment