FC2ブログ
1
3
4
5
6
9
11
12
13
14
15
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  01 ,2019

NFL テネシータイタンズの戦いを応援していきます。


プロフィール

Code Blue Tokyo

Author:Code Blue Tokyo
テネシー・タイタンズの戦いぶりを
通して、NFLの面白さ、すばらしさを
皆さんに伝えられればと願ってます♪

最新コメント
08

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マイクブレイベル  マットフルール  マーカスマリオタ  

Comment: 8  Trackback: 0

1月8日 ブレイキングニュース: マットフルールOC グリーンベイHCに!
2018シーズンにテネシータイタンズOCに招聘され、初めてプレイコール権を得て、1年を戦ったマットフルール氏が、グリーンベイパッカーズのHC職に就任するようです。

グリーンベイパッカーズは以下の10人を候補として検討した模様。

ジムコールドウェル(元コルツ、ライオンズHC)
チャックパガーノ(元コルツHC
ジョーフィルビン(暫定HC)
ジョシュマクダニエル(ペイトリオッツOC)
ブライアンフローレス(ペイトリオッツDC)
マットフルール(タイタンズOC)
ピーターカーマイケルJr.(セインツOC)
アダムゲイズ(ドルフィンズHC)
ダンキャンベル(セインツアシスタントHC/TE)
トッドモンケン(バッカニアーズOC)

マットフルール、39才。2008年にテキサンズでQCコーチとしてスタートを切り、2010年レッドスキンズでQBコーチ、そこからノートルダム大で1年、またNFLに戻ってアトランタで2年、ラムズでOCとして1年。今年テネシータイタンズに移り、来期はグリーンベイへ。 なんと慌ただしいキャリアなんでしょう。それでも自身の「才」を周囲に認めさせるものがあるのでしょうね。

さてさて我らがテネシータイタンズは、OCの穴を埋めなければなりません。 すでにもう動いているようです。現時点でタイタンズは2名の候補を検討中らしく、

ケビンステファンスキー(バイキングスOC)
ジョンデフィリッポ(元バイキングスOC)

なかなか興味深い人選という気がしますが、皆さんはどう思われますか?
しかし、マーカスマリオタにとっては5シーズンで4人目のOCを迎えることになります。その点はマリオタがかわいそうに思えてきます。 ポジティブにとらえれば、短期間で多くの指揮官を知ることができ、幅広く見識を得ることができ、良い経験を蓄積できたとも言えますね。

この動きについては、タイタンズからグリーンベイへ働きかけたという背景があるとか? つまり、マイクブレイベルは別のOCに切り替えたかったという意味でしょうか? 少し調べてみようと思います。

早くも慌ただしくなってきましたね!!






関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

Comments

Re: 切に
リッキーさん

わたしも同感です。

外部から、内部昇格で等いろいろ情報が錯綜していて楽しいですね。
切に
いつもコメントが遅くてすみません。
今度こそ、マリオタを活かせるOCが来てくれることを、切に望みます。
僅差の勝負やレッドゾーンオフェンスに強く、ノーハドルも得意なマリオタは、
プレイコールが改善されれば、もっと活躍できる筈と信じています。
Re: タイトルなし
ふて猫さん

チームが低迷すると再建作業が軌道に乗るまで、試行錯誤を繰り返す訳です。

今回はマットラフルールの踏み台にされてしまった感がありますが、チームからみればあんなプレイコールを繰り返されたらたまりませんという部分もあるわけですから、まあしょうがないですねってことでしょうか?

OCは5年で4人が交代ですか?この割合は、1年に1回の割合で交代してるようですがね😓果たしてこれが良いのか悪いのかはともかく、そろそろ纏って欲しいものですね😅
Re: 嫌な予感的中!
TwentySevenさん

グリーンベイパッカーズHCの過去データは面白いですね。
マットフルールがGBでどんな活躍を見せるのか?興味深く見守っていきたいです。

嫌な予感的中!
「いやらしいチームに目をつけられた」と先日ラフールの段で書きましたが、当たってしまいました。
こんなのが当たっても1円にもならないのに(爆

「なぜラフールなの?」と驚く向きもあるかもしれませんが、
・パッカーズで勝ち越したヘッドコーチは全員が、HC経験がない、オフェンス系、就任時に50歳未満
・今年成績が出ていないコーチをあえて指名する傾向がある(前任マッカーシーも、49ersでオフェンス最下位の年にHC指名)
・しかも、全員「Mike」とつくorファミリーネームが「L」で始まる(前者は、ホルムグレン・シャーマン・マッカーシー。後者は、カーリー・ランボーとロンバルディ)
 この3点でかなり有力だったのではないでしょうか。(巷の言うようなマクダニエルズは無いと思っていました)。

より詳細は、パッカーズの有名サイト、PackerZoneさんが”モーメント"におられますのでどうぞ。過去の記事はいまでも愛読しております。
https://twitter.com/i/moments/1082544030162939905

影響等については、今日は触れません。が、オハーラQBコーチ昇格など、「安パイ」狙いでないことは良いと思います。まだそんな段階じゃない。
Re: Code Blue Tokyo さん
ハンニバルさん

GBはよくもまあ大胆な選択をしたものですね。あちらで大成されることを祈りたいです。

そうですね。マリオタの成長につながるようなOCを期待したいですね。

Code Blue Tokyo さん
いや〜、驚きましたね。
まさか本当にラフルールがいなくなるとは・・・こう度々OCが代わるとなかなかオフェンスの習熟が難しいですね。
ただせっかくOCが代わるんですから、マリオタにとって最善のOCを見つけて欲しいですね。

Leave a Comment