FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2020

NFL テネシータイタンズの戦いを応援していきます。


プロフィール

Code Blue Tokyo

Author:Code Blue Tokyo
テネシー・タイタンズの戦いぶりを通してNFLの面白さや素晴らしさを、皆さんにお伝えする機会としてお役立てれば幸いです!

最新コメント
11

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マイクブレイベル  アーサースミス  デリックヘンリー  

Comment: 8  Trackback: 0

11月11日(月)NFL2019シーズン第10週 カンサスシティチーフス戦
今週の試合 どう表現したらいいのでしょう? ....思いがけず勝ってしまいました!かな? いや こんな勝ちもある!でしょうか?




テネシータイタンズは開幕からここまでチームとしての戦力が整わず苦戦を続けています。その戦いぶりにタイタンズファンからの厳しい不満が充満してきていることがひしひしと伝わってきたのが、スタジアムの半分がカンサスシティチーフスのジャージーカラーを身に付けた観客だったことです。バッファロービルズ戦も同様でしたが今回は赤ということもあり凄く目立ちました。
スティーブアンダーウッド球団社長がジョンクーパー市長を招いて一緒に観戦していたようですが、もっとフランチャイジーを強化する必要があることを認識してくれれば良いのですが....

パトリックマホームズも投げも投げたり443ヤード,3TD。 タイタンズディフェンスはパスを通され続け、止めることができません。ファーストダウン28回(タイタンズ19回)、タイムオブポゼッション チーフス 37:51、タイタンズ 22:09とほぼ倍近い差がついています。
いつもなら大差をつけられて余裕で逃げ切られて負けというパターンなのですが、この試合はディフェンスがターンオーバーを誘発させファンブルリカバリーTDをLBラシャーンエバンスが決めたり、デリックヘンリーのランを中心にタイタンズオフェンスが食いついていき僅差のシーソーゲーム的な展開となりました。

4Q終盤残り1分27秒でタイタンズ5点ビハインドでチーフスが47ヤードFGと言う場面でテネシータイタンズは絶体絶命のピンチでしたが、チーフスSTが大ポカをかましてくれます。ホルダー、Kの準備が整わない状態ですLSがスナップしてしまい、ホルダーは慌ててボールをサイドラインに投げ捨ててインテンショナルグランディングのペナルティを取られてしまいました。
残り1分21秒自陣39ヤードラインからタイタンズは必死に反撃を開始します。QBライアンタネヒルのスクランブル、WRアダムハンフリーズへのTDパスを決め、逆転に成功します。33対32としましたが2ポイントコンバージョンを選択しタネヒルのトリックランで2点を加え35対32。粘るチーフスはマホームスがパスを続けてとおし残り時間3秒で52ヤードFGで同点、延長を狙いました。そこでもタイタンズのスペシャルチーマーDBジョシュアカルーが値千金のFGブロックを決めて劇的な勝利を決めました。

WRコリーデイビス、TEデラニーウォーカー、DTジュレルケーシー、LBジャイオンブラウン、CBマルコムバトラーら主力の欠場で大いに心配していましたが、よく戦ってくれました。
RBデリックヘンリーが188ヤード、2TDという活躍を見せたことがタイタンズ勝利に大きく貢献しています。
QBライアンタネヒルの体を張ったプレイはチームメイトの士気を大いに高めたことでしょう。素晴らしかったです。
パスターゲットはTEが10回、WRが7回と”相変わらず”なのですが、Dヘンリーが走ってくれたおかげということで今回はオッケーです。
OLはパスプロは相変わらず不安定でした。LTテイラーリワンは不用意な反則を重ねて良くなかったです。要反省。

ディフェンスはかなり攻められてしまいました。チーフスオフェンスは凄い破壊力ですね。リーグ最強オフェンスの噂に違わぬパフォーマンスを演じられてしまいました。
タイタンズディフェンスはマホームズに対してサック2回しか奪えませんでした。パスも36回446ヤードも決められてしまいました。タイタンズのゾーン守備はそうとう研究されていたのでしょう。この試合ではタックルミスも目につきチーフスレシーバー陣に手をやいていました。それでもこのディフェンス陣の奮闘でここまで5分の成績を残せたのですから感謝しなければいけませんね。

どうにか5勝5敗でBYEウィークを迎えることができました。この貴重な時間をじっくり有効に使ってチーム力の向上に役立ててください。




こんな勝ちもあるのですね! 
関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

Comments

Re: ずっとふて寝していると、、、
twenty sevenさん

ご無沙汰しております。
そうですね。ここまで5勝5敗でしのいでこれました。途中いくつか変化がありましたがBYEウィークまで自力地区優勝の可能性を残せてきました。

私はQB交代以降どうにもモチベーションを維持できず苦しんでいます。Jロブ-ブレイベル政権に批判的になってきつつあります。がんばっているタネヒルが嫌いなわけでもないのですが(苦笑



ずっとふて寝していると、、、
冬眠になりそうなので(爆)ちょっと起きます。
ここまで綱渡りながらも、QB交代を経て5勝5敗。苦闘しながらも、なんとかチーム空中分解もせず、QB論争もなく、平和裏に体制移行できた、というところでしょうか。

今年は2勝4敗時点で、「課題を一つ一つ乗り切るシーズン」と割り切っております。攻撃は少しずつ乗り越えつつある。守備にもほころびが出始めたので、一つ一つ問題を乗り越えていってほしいですね。

焦りは禁物ですよ。
Re: タネヒル
リッキーさん

タネヒル.....
タイタンズでの内容としてはここまで及第点以上の結果を出せていますよね。 
レシーバーのドロップ率の低さについては今後注目していきたいと思います。けっこうリスク承知で投げてるような(思い切りの良い?)気もします。

タネヒル
コメント遅くなりました。
タネヒルの、3rdダウンの時と、2ポイントコンバージョンの時の、セカンドエフォートは、素晴らしかったですね。
どちらも、QBのランには見えませんでした。
リーワンらのミスを、タネヒルとヘンリーが、救ってくれましたね。

それにしても、タネヒルのパスに対するレシーバーのドロップ率が、異様に低いのは、何故なのでしょうかね?
Re: code blue tokyo さん
ふて猫さん

一晩たってじんわり勝利の喜びを感じるようになってきました。

スタジアムにタイタンズファンを集客できない問題は、フランチャイズ移転時からの構造的なものにつながってくるので、難しそうです。
遠方の外野から叫んでもどうにもなりませぬ。そういうチームなのだと理解して丸ごと愛していくという懐の深いファンになろうと努めてまいります!
code blue tokyo さん
今週は何となく勝ってましたね😅正しく“勝ちに不思議の勝ちあり”でしたね。それとは別にどうもフロント(球団)の考えに疑問符がつきますね。もう少しバックアップ体制を何とかして欲しいものですね
Re: Code Blue Tokyo さん
ハンニバルさん

なんという勝利でしょう。チーフスのミスをしっかりタイタンズのチャンスとして活かせたのが見事でしたね。
解説者が紹介していましたが、アンディリードHC/チーフスが唯一1回しか勝てていないNFLチームはテネシータイタンズだけなのだそうです。おっしゃるようにKC戦は不思議な勝ち方が多いですね!
Code Blue Tokyo さん
いや〜、まさかまさかの展開で勝っちゃいましたね。
マホームズとヒルにはヤラレっぱなしでしたが、ここぞという時のディフェンス陣の頑張りでTDを取らせずFGにさせたからこその逆転劇だったので、やっぱりディフェンス陣には感謝ですね。
タネヒルの最後のドライブは凄かったですね。スクランブルの判断も良かったです。2ポイントも決まって文句なしです。
オフェンス陣は相変わらずでリワンのペナルティが多くなかなか波に乗れませんでしたが、ヘンリーが188ydと爆発してくれたのが大きかったですね。
それにしてもKC戦は不思議な勝ち方が多い!

Leave a Comment